中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

効果的なダイエット!肥満解消を促進する「ケトン体」とは~回路って?糖尿病に効く?発生すると臭い?一体どんな成分なの?~

「ケトン体」という言葉に関しては、一般的には聞きなれない方が多いと思われますが

こと生活習慣病・肥満に悩む年頃の方にとっては、非常に重要な意味を持つ物質と言えます。

 

ケトン体という言葉自体は、おそらく「ダイエット」に絡む話題において

その中でも「糖質制限ダイエット」に関する内容で耳にした、という方が多いと思われまが

それが一体どんな成分なのか、何にとって重要なのか、イマイチ分からない方もいるはずです。

 

ケトン体とは、

脂肪酸・アミノ酸が、不完全に代謝されることで発生する物質であり

また激しい運動や、過食によっても発生が促進される

ある意味で、老化を招くことになる「活性酸素」と似た存在と言えます。

 

しかしながら、「基本的にはマイナス」と考えられるこのケトン体ですが

「発生している状況」が、場合によっては体にとって「プラス」となることもあり

その発生が必ずしもよくないことである、とは言い切れない側面もあるのです。

 

「体に蓄積された脂肪」が燃えている証拠でもある

 

冒頭で挙げた通り、ケトン体とは糖質を制限することで

エネルギーが欠乏した際、体内に蓄えられたいた「中性脂肪」が燃えることでも発生します。

 

糖質制限ダイエットとも呼ばれる、この減量法というのは

全てのダイエット法に共通することでもあり、単純に「持っていたエネルギーとなるもの」

すなわち「いわゆるぜいにく」を燃やすことで、減量が進むことになります。

 

主に「肝臓」に蓄えられている脂質(グリコーゲン)が

分解されエネルギーとなることで、ブドウ糖の不足を補うことになります。

 

ケトン体は、この過程で発生する成分の1つであり「燃えカス」とでも言うべきものです。

 

糖質制限ダイエットと、「ケトン体ダイエット」は実は微妙に異なるものであり

糖質制限ダイエットの場合には、「今までより少ないブドウ糖の量」にする一方

 

ケトン体ダイエットの場合は、1日に摂取していいブドウ糖の総量を決める等

より細かい、厳しい設定を定めるものとされます。

 

※参考記事

>>最も血糖値を上げる食べ物はなんだろうか?

 

>>「糖質制限ダイエット」中には筋トレとたんぱく質が必要不可欠!

 

「ケトン体回路」とは

 

ケトン体にまつわる話題の中では、「ケトン体回路」という名称が出てきます。

 

「ケトン体回路を作る」という表現をされることもあります。

 

このケトン体回路とは、難しい概念ではなく

ブドウ糖の次に燃焼されることとなる、脂肪の「着火」をする経路であり

ケトン体回路を作ることは、単に「エネルギーとなるブドウ糖を減らす」ことと言えます。

 

ただし言葉にするのは簡単ですが、ブドウ糖が不足した際には

脂肪を燃焼させる前に、体内でブドウ糖を作り出す現象である「糖新生」が起きるため

体質によってはこのケトン体経路が、なかなか「開通」しないことも考えられます。

 

特に、体内のブドウ糖の総量が多い「高血糖体質」の場合には

なかなかうまく脂肪を燃やすことができず(インスリンも少ないため)

これは、高血糖体質の人が痩せにくい原因の1つでもあります。

 

※参考記事

>>血糖値が高いと痩せにくいのはなぜ?でも最終的には痩せていく?

 

>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~



ケトン体の発生によるデメリット

 

ケトン体とは、「発生することがいいこと」ではなく

発生しているということが、「減量」や「糖尿病対策」にとってメリットがあります

 

しかしながら、そもそもは「エネルギーの不完全燃焼」によって発生する物質の1つであり

その発生によって招かれるものには、デメリットとなるものも存在します。

 

体臭が悪化してしまう

 

ケトン体の話題において、必ず挙げられるものが

「体臭の悪化」であり、特に「口臭」が強くなることが特徴的です。

 

この「あずっぱい」と表現されることもある独特の臭いは

「ケトン臭」と呼ばれるものであり、ケトン体を構成する「アセトン」という物質が原因です。

 

ケトン体は、基本的には「血液」に溶けるものですが

同時に「汗」にも混ざるものであり、発汗によって体臭が顕著になります。

 

更に「尿」に溶けだすことによって、排尿の際に臭うこと

また「心肺」は血液が密集する部分であり、「吐息」にも混ざりやすくなります。

 

とにかく「代謝」を上げて排出するしかない

 

ケトン回路を作り出し、脂質を燃焼させる際には

このケトン臭の発生を避けることはできません。

 

そのため、発生してしまったもの・発生するメカニズムを

早く解消することが必要であり、代謝の向上が非常に重要になります。

 

  • 水分補給
  • 運動
  • 入浴
  • サウナ

 

これらを組み合わせ、特に入浴は汗を洗い流す行為であり

またそれ自体が発汗を促すことになるため、ぜひ意識して取り組むべきと言えます。

 

そしてケトン体の発生を防ぐことを考える際に、忘れてはならないことが

 

そもそもケトン臭が発生するような、極端なダイエットはよろしくないこと

 

この「ケトン体の発生が喜ばしい」とされる状況を作らなければよかったこと

 

つまり、そもそも肥満・高血糖にならないことが何より大切なことと言えます。

 

 

<PR>

総合的な「血糖値ケア」にはおススメのアイテムとは

血糖値が高い症状を早めに自覚して「食生活の改善」と「運動による対策」に「サプリ習慣」をプラス!

生活習慣病の代表とも言える「糖尿病」は、(食後でない状態の)血糖値が

基準以上となる「高血糖」の状態が継続することによって、招けれる症状になります。

 

このメカニズム・家庭というのは、非常に一般的な知識であり

ほとんど「常識」として、知られているものでもあります。

 

しかしながら、

 

それでも症状・患者が、なくならない(いなくならない)、

むしろ年々増えている疾患であり、明確な因果関係が解明されているにもかかわらず

「それでもなってしまう」という事情を抱えた、典型的な疾患と言えます。

 

「原因」も「注意すべきこと」も分かってはいる

 

そもそも糖尿病とは、「暴飲暴食」を中心とした

食生活の乱れの「繰り返し」によって、引き起こされる症状です。

 

過剰なエネルギー摂取には、急激な血糖値の上昇がつきものであり

急激に上昇した血糖値を下げる(正常に戻す)ため

「インスリン」に関しても、急激に分泌・機能することになります。

 

血糖値を下げる物質(代謝のためのホルモン)はインスリンしか存在せず

このインスリンが「疲れ果てて壊れてしまう」ことで、血糖値が下げられなくなり

いつしか「上がりっぱなし」の、高血糖状態が慢性化してしまうことになるのです。

 

>>糖尿病の基礎知識について詳しく

 

以上の「原因」と呼べる過程に関しては、多くの方がご存じのことでもあり

深い部分まで知らなくとも、「乱れた食生活が問題なんだ」ということは理解されているはずです。

 

結局は「油断しっぱなし」が招く症状

 

原因が分かっているにも関わらず、防ぎきれずに発症してしまう人が多いということは

それだけ、予防することが難しい症状である・・・というよりも

前兆を察知することが難しい症状であることが、まずは1つの要因であることも事実です。

 

生活習慣病全般に言えることですが、とにかく「初期症状」が少ないことが特徴です。

 

症状を感じないことには、「まだ大丈夫だろう」と油断しがちであり

特に根本的な欲求である「食欲」が影響すること、また「付き合いによる飲酒」や

「〆のラーメン」といった要求も、様々な意味で抗うことが難しいものでもあります。

 

しかしながら、結局はこの「油断の継続」こそが

本来であれば防げた可能性のある症状を、発症にまで発展させることになります。

 

だからこそ、まず大切なことは「自覚する」「危機感を持つ」ということなのです。

 

※危機感を持つための参考記事

>>「糖尿病」の進行によって現れる「合併症」とその危険な症状

 

>>血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性~高血糖の人が「老けて見える」理由とは~

 

基礎的なケアである「食事制限」と「運動」では足りない?

 

糖尿病の、初期治療として実践することになる

  • 食事制限
  • 運動療法

 

こういった、治療とは言えないような内容が

治療の過程で必要なこと自体、いかに生活習慣が重要であるかが分かります。

 

食事制限に関しては、「血糖値の上昇」という

最も基本的な・根本的なリスクを、避けるために必要なことは言うまでもありません。

 

そしてそれに加えて、運動によって

  • 血糖値を緩やかに下げる
  • 代謝を向上させてインスリンの働きを活性化する

 

ということが目的であり、更に脂肪の分解というのは

インスリンの機能を活発にさせる、非常に効果的なアプローチになります。

 

しかしながら、この初期段階のアプローチというのは

実際には、「なる前に、やってたよ」という方も多いはずです。

 

冒頭で述べた、

「原因が分かっているのになってしまう」理由として

「ある程度注意しても、防ぐことができない」という、

「予防・改善のハードルの高さ」が理由でもあるのです。

 

「ちょっと気を付ける」くらいでは足りない、

「かなり注意していても」なってしまうことが多いことが現実でもあります。

 

「サプリ」を効果的に利用する

 

糖尿病だけでなく、生活習慣病全般に対して

「ならないように、頑張っている(いた)」という方は、大勢いらっしゃると思われます。

 

これだけ健康に対する知識や、様々なケアが紹介されている現在で

危機感を持たず・何もなっていない、という人は少ないはずです。

 

しかしながら、「それでもだめ」だからこそ、患者数は減らないのです。

 

その理由を断定することはできませんが、

「幼い頃から欧米化されていた食生活」等の影響によって

今の中年世代というのは、更に上の世代(現代の高齢者)よりも

生活習慣病に対する、根本的なリスクが高いと考えられます。

 

また日本人の遺伝子が「生活習慣病になりやすい」という可能性もあります。

 

あくまで「可能性」としては、様々なものを想定することができますが

食生活・運動習慣でも足りない、というのであれば

ぜひ「サプリ」といった、特別なプラスアルファを利用してみることをおススメします。

 

サプリは「薬」とは異なり、「治す」という能力はありません。

 

しかしながら、「お腹の調子が悪い」という場合に

「乳酸菌」や「食物繊維」を摂取するように

ある程度想定される原因に、アプローチできる成分を摂取することで

より効果的なケアにつなげることができる、強力なサポートとなるはずです。

 

インスリンの働きを助ける

 

血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~

 

以上でも紹介しているように、高血糖の状態に効果的な食材の成分を抽出し

サプリとしたアイテムは、最も分かりやすい存在と言えます。



 

特に「ピニトール」は、インスリンを似た働き・助けとなる成分ですが

ピニトールを配合したサプリは1つしかないため、非常に貴重でもあります。

 

>>「ピニトール」に関する参考記事はこちら

根本的な要因に働きかける

 

更に昨今では「下げる」ということよりも、

「上げない」といった、より根本的なリスクに働きかける

「血糖値の上昇を抑制する」成分を配合したサプリも人気です。

 

ルックルックイヌリンプラス

 

すでに高血糖の方にとって、血糖値の上昇はよりリスクとなる現象であり

また「まだ大丈夫」という方こそ、インスリンを壊さないために有意義なケアとも言えます。

 

>>「ルックルックイヌリンプラス」の詳しい紹介ページはこちら

 

自分に相応しい方を「自分のペースで」ただしお早目に

 

「どちらがいい」ということは、自分の状況を見極めて決めることであり

その判断も難しいものですが、自己判断で利用できることもサプリのメリットと言えます。

 

上記のアイテムは、「健康系サプリ」の中でも比較的リーズナブルであり

また早い段階の予防のサポートとしても、危機感がより強まってきた段階であっても

ぜひおススメしたい、また利用者の多いアイテムをピックアップしています。

 

⇒ピニトールを配合した唯一のサプリ「グラシトール」の公式ページはこちら

 

⇒オールインワン糖尿病サプリ「ルックルックイヌリンプラス」の公式ページはこちら

幅広い効果が期待できる飲みやすい青汁~森永製菓「おいしい青汁」~他と比較してもぜひおススメ!

当サイトでも度々紹介してきた「青汁」というアイテムは

非常に長きに亘るロングセラーアイテムである一方で

常に新しいアイテムが開発・発売され続けているアイテムでもあります。

 

基本的には「ケール」や「大麦若葉」といった緑の野菜に加えて

飲みやすくするために、「抹茶」や「豆乳」を加えられていたりと

内容に関してきまりはなく、無限のパターンがあると言えます。

 

最近では、特定の症状に効果的な成分を配合したものや

「トクホ(特定保健用食品)」「機能性表示食品」といったアイテムも

「青汁として」販売されているものが、非常に目立ってきています。

 

「なんとなく体にいいイメージがある」ということも影響した

続々と青汁にあやかった商品が販売する中でも

最近では「手作り」といった、より本来の形を望む方も増えているようです。

 

そういった中で、改めて「スタンダード」な青汁が注目されており

少しだけ「健康的なプラスアルファ」を加えた

シンプル・ハイパフォーマンスな青汁が流行となってきています。

 

「生活習慣病」の要因・結果に働きかける青汁が注目を浴びている

 

以前にも紹介した、

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン配合)」のように

生活習慣病に働きかけるための、「特別な成分」を配合したアイテムは

サプリだけでなく、青汁といったアイテムの中にも増えてきており

本来の目的(青汁による栄養摂取)に加えて、特別なケアができることから人気となっています。



 

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」に関しては、「難消化性デキストリン配合」による

血糖値の上昇を抑制する効果から、高血糖・糖尿病への働きかけができるとして

血糖値に悩む方に、人気のアイテムであると言えます。

 

>>「ヘルスマネージ大麦若葉青汁(難消化性デキストリン配合)」について詳しく

 

よりスタンダードに・より幅広い効果をもった「おいしい青汁」

 

もちろん、この他にも新しい・おススメの青汁は増え続けており

その中でもより「青汁感」の強い、また特別な成分を含んだアイテムとして

大手食品メーカーである「森永製菓」が販売する「おいしい青汁」を紹介したいと思います。

 

 

 

まず最も大きな特徴として、非常に「青汁らしい青汁」と言えます。

 

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」がシンプルな配合である一方で

より「青汁を楽しみたい」という方にも、おススメのアイテムになります。

 

最近の傾向としては

  • 配合成分・食材の多さ
  • 厳選したシンプルさ

 

という、両極端の青汁が目立つ一方で

「昔ながらの青汁」という印象を受ける含有成分となっています。

 

また、

  • 国産野菜のみ使用
  • 飲みやすい

 

といったことに関しては、今となってはそれほど珍しくはなく

他の青汁に比べて、メリットが少ないように思えますが

注目すべき「プラスアルファ」としては、やはり「機能性表示食品」として

生活習慣病の予防のサポートとなる、特定の効果に関するものになります。

 

こちらは、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」と重なるものになりますが

「難消化性デキストリン」を配合することによって

食事の際の、血糖値の急上昇を防ぐことが期待できます。

 

難消化性デキストリンは、

  • 脂肪の吸収の抑制・排出の促進
  • 糖の吸収をおだやかにする
  • そもそもの「整腸効果」

 

といった、今や生活習慣病対策の中心となっている成分であり

「栄養補給のついで」に摂取できるアイテムは、多くの方が利用し始めています。

 

 

手軽で美味しいから「続けやすい」

 

別の角度からの特徴・メリットとしては

1食(杯)ごとに、紙パックで包装されており

混ぜる・振るといった手間がかからない仕様となっています。

 

健康習慣にアイテムを導入する際には

「習慣化しやすい」ということは、非常に重要なポイントであり

また食事に合わせやすいことも、飲み忘れ防止につながります。

 

「すごくおいしいかどうか」ということに関しては、

こういったアイテムというのは「それほど」とは言えないことが現実です・・・

 

「普通のものに比べたら」という程度に考える必要もありますが

「青汁感」というのも、重要なポイントとして考えられるものであり

とにかく利用してみて「自分に合うもの」に出会う事が必要なのです。

 

「メチャクチャお得」なタイミング

 

そして、やはり購入することを考えた際には

やはり「価格」に関してが、最も気になるところですが

実はその点が、最も注目すべきとも言えるポイントです。

 

定期コースでの購入であれば、初月「約160円/1本」
2か月以降も「約180円/1本」で購入することができます。

 

 

また、始めての方限定の「お試し購入」も設定されており

「12本入りで1,000円」と「83円/1本」での購入ができる

非常に・異常にお得な条件での提供も行っています。

 

 

「本当に飲めるか不安」という方以外にも

「なんとなく何か青汁を試してみたい」という

軽い気持ちであっても、ぜひとも試して欲しいタイミングです。

 

内容等を考慮すれば、非常にコスパの高いお試しセットであり

キャンペーンを行っているうちに、検討してみることをおススメします。

 

このお得な期間は、いつまで続くかは分からない状態です。

 

森永製菓「おいしい青汁」のお得な定期購入はこちらから

 

森永製菓「おいしい青汁」の初回お試し購入はこちらから

 

「飲んでオシマイ」ではないが「強力な助っ人」

 

青汁だけに限らず、「飲んだから一生健康」というわけにはいきません。

 

こういったアイテムというのは、ぜひ「気合を入れるきっかけ」として

利用して欲しいものであり、必ず「継続」が必要なものと言えます。

 

「お酒」「スナック菓子」「缶コーヒー」といったものを

いち早く青汁に「置き換える」ことは、マイナスをプラスにするものであり

そのままの状態に比べて、どれだけメリットがあるかは計り知れないものです。

「難消化性デキストリン」配合!血糖値・中性脂肪対策におススメの「大麦若葉青汁」の効果!

「高血糖」「脂質異常症(高脂血症)」の両症状は

血液内のトラブルであるという、共通点があるとと共に

「動脈硬化」や、それに伴う心筋梗塞等の根本原因でもあります。

 

何より、放置していることで確実に体への負担となり

寿命(健康寿命)を縮めてしまう、典型的な症状と言えます。

 

これらの状態というのは、見た目では分からないものであり

数少ない・最大の特徴は「肥満傾向が見られる」ということのみですが

当サイトでも何度も述べている通り、そもそも太っている状態は慢性的なリスクです。

 

早急に解消する必要があります。

 

そしてその際、高血糖を解決するための「血糖値のコントロール」

中性脂肪の減少を目的とした「ダイエット」は、非常に関係性の高いものでもあり

これらの「メカニズム」を利用することで、より効果的なアプローチができるのです。

 

そのカギを握る栄養素として注目されている栄養素が

「難消化性デキストリン」であり、現在では様々な血糖値対策アイテム

またダイエットアイテムに配合されている、非常に効果的な成分の1つです。

 

更にそのアイテムのでも、特に注目すべきおすすめとして挙げられるものが

「難消化性デキストリン配合青汁」である「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」であり

発売以来、人気・利用者共に急激に伸びているアイテムになります。



 

「特定健康食品(トクホ)」にも認定されており

中高年の「青汁デビュー」にも相応しく、また高血糖の傾向がある

太っている方であれば、尚更おススメできる秘密があります。

 

「大麦若葉青汁」の公式ホームページはコチラ

 

なぜ「難消化性デキストリン」が効果的なのか

 

そもそも、なぜ難消化性デキストリンが注目されているかというと

ブドウ糖の「急激な吸収」を抑制することによって、血糖値の上昇を穏やかにする点です。

 

この働きには、

  • インスリンの負担を減らすことにつながること
  • 中性脂肪の燃焼効率が上がること

 

以上の「高血糖」「ダイエット」に関わる2つの面でメリットがあります。

 

糖尿病を招く「インスリンの疲弊」を抑える

 

まずは、血糖値の上昇が緩やかであることによって

インスリン分泌・機能等の、総合的な負担が減ることが挙げられます。

 

糖尿病に至る、最大の要因とは「インスリン環境の破壊」であり

血糖値の急激な上昇の繰り返しによって、「インスリンが壊れる」ことになります。

 

更には、「インスリンが効かない体」なることで

2つの角度から、糖尿病のリスクが上昇することことにもつながるのです。

 

中性脂肪が燃えやすくなる

 

皮下・内臓に「貯蔵されてしまった中性脂肪」を燃焼させるためには

「エネルギー不足」という状況が必要になります。

 

体を飢餓状態にすることで、足りない分の栄養素(ガソリン)を補うために

体に蓄積されていた中性脂肪・グリコーゲンを燃焼させます。

 

このメカニズムは、ダイエットの根本でもあり

その状況を作りやすくしてくれるのが、難消化性デキストリンの効果でもあります。

 

ぜひ日常的な習慣へと取り入れて欲しいアイテム

 

大麦若葉を配合した青汁はたくさんありますが(青汁の基本的な成分でもある)

難消化性デキストリンに関しては、青汁以外を考えてもまだ非常に珍しいと言えます。

 

また「トクホアイテム」に認定されているものが多く

「基本的に少し高い」という、特別であるが故の特徴もあります。

 

しかしながら、「大麦若葉青汁」に関しては<110円/1日>となっており

他の難消化性デキストリン配合アイテムに比べて、リーズナブルとい言える価格帯です。

 

これは他の「普通の青汁」と比べても、高いとは言えない価格です。



 

販売元は、大手製薬会社「大正製薬」であり

「大麦若葉青汁」以外にも、中高年向けアイテムを中心とした

様々なアイテムを多数販売していることで、広く知られる老舗です。

 

「高品質」であることが特徴的であり、安心して摂取することもできます。

 

いずれにしても「缶コーヒー」「アルコール」を

「大麦若葉青汁」に変えるメリットは、言うまでもありません。

 

「メリットが多い」ながらも「入門青汁」としてもおススメ!

 

「大麦若葉青汁」の構成は、非常にシンプルになります。

 

  • 大麦若葉
  • 難消化性デキストリン
  • 抹茶
  • 緑茶抽出物

 

一般的な青汁には

  • ケール
  • 桑の葉

 

といった、その他の「緑色の」成分も含まれますが

大麦若葉だけでも、十分な栄養素が含まれていること

尚且つ「難消化性デキストリン」の摂取を習慣化できることがメリットです。

 

また「青汁が苦手」だった人というのは、「ケールが苦手」ということも多く

血糖値対策・脂肪燃焼はもとより、始めやすいことも大きなメリットになるはずです。

 

「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ

血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性~高血糖の人が「老けて見える」理由とは~

血糖値を下げる効果・働きを持つ物質は

「ほとんどインスリンのみ」と考えてよいものであり

いかに「インスリンを取り巻く環境を壊さないか」どうかということが

高血糖・糖尿病を防ぐために、最も重要なことであると言えます。

 

しかしながら、血糖値の数値に関わる要素は

「下げる」ことだけではなく、「上げる」ことも重要であり

どちらかが苦手になっているということは、必ず高血糖にはつながるのです。

 

そしてインスリンを巧みに操ることで、血液中のブドウ糖の調節をする

「血糖値コントロールの司令塔」となっている器官が「肝臓」なります。

 

その時の体の状態を見極め、血液中にブドウ糖を「適切に」流すことで

結果的に活動するための、過不足ない状態を維持する働きを秘めた臓器なのです。

 

肝臓と血糖値の関係

 

肝臓が血糖値に対して、どう関わっている・影響を与えているのかというと

食事によって摂取したブドウ糖、その中の「余計な分」を「グリコーゲン」として

蓄積(貯蔵)しておくことが、まずは関わりの始まりになります。

 

そして、もし「エネルギー(ブドウ糖)が足りない」という状況になった際

そのグリコーゲンを、再度ブドウ糖に分解することで補います。

 

「多かったら貯めておく」「足りなかったら切り崩す」といった

「エネルギー源の貯金箱」という、非常に大きな役割を果たす組織でもあるのです。

 

「エネルギーの貯めすぎ」で壊れる肝臓

 

肝臓がグリコーゲンを蓄えすぎている状態は「脂肪肝」と呼ばれ

進行することで、「肝硬変」へと発展する危険な状態です。

 

これらの「肝機能障害」と呼ばれる症状は

結果的に、インスリンの働きを弱めることにつながります。
(インスリンが忙しくなり、それによってより壊れていくため)

 

肝臓が壊れる・インスリン本来の働きを果たせなくなく、ということは

結果的に・直接的に、血糖値をコントロールできなくなることになるのです。

 

この肝機能の障害による糖尿病は、「肝性糖尿病」と呼ばれ

糖尿病に至る理由としての、典型的なものでもあります。

 

※参考記事

>>「肝臓の機能」とその働きを良くする習慣・栄養素

 

>>血糖値が高いと痩せにくいのはなぜ?でも最終的には痩せていく?

 

内臓と血液が関わる症状は「醜いルックス」にもつながってしまう



 

肝臓は、血糖値のコントロール以外にも様々な役目を負っており

その結果の1つとして、症状の状態が「顔に出やすい」ことが特徴的です。

 

顔色(肌色)というのは、体の内側・外側の両方から変化するものです。

 

肝機能障害によって起きる、肌色の変化しては

肝機能の低下によって「ビリルビン」という物質が発生することで

「黄疸(黄疸)」と呼ばれる、黄色く見える色素が皮膚に沈着します。

 

もちろん「顔」だけにととまらず、体全体として

「見るからに不健康そうな」色・状態となっていきます。

 

忘れてはいけない「汚い血液」の影響

 

そして血液に関わる問題において、無視できない要素が「血流」であり

血糖値が高い状態、そして血中脂肪が高い状態(脂質異常症)というのは

「動脈硬化」を招く典型的な症状であり、「血流の悪化」は「肌色」を悪化させます。

 

それも「皮膚が薄い部分」に対し、より顕著に現れるため

「顔面」というのは、ま血流の悪化を反映しやすい部分でもあるのです。

 

負のサイクルは加速していく

 

そもそも、肝臓の機能に問題が発生する理由に関しても

基本的には、不摂生な生活習慣の結果であり

それはそのまま、直接的な高血糖のリスクでもあります。

 

  • 血糖値の急上昇
  • インスリンの疲弊
  • 肝臓の負担増
  • インスリンの機能不全
  • 高血糖

 

これらは、全てが全ての要因・結果であり

その悪影響の発生サイクルは、徐々に加速していきます。

 

そして、その結果は「体調不良」だけでなく「ルックス」にも影響します。

 

「最近、急に化粧のノリが悪くなった」と感じている場合

実は肝機能障害・高血糖が進行していた、ということも考えられます。

 

最終的には「顔色」にとどまらず、「残念な肉体」につながるものであり

そうならないためにも、その「起点」となる肝臓は死守するべき臓器なのです。

 

 

<PR>

「血糖値」からケアを始める

 

「肝臓」からケアを始める

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて