中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

年をとることで血圧はなぜ高くなる?安定しない血圧に注意せよ!~バラバラな数値の原因と改善方法~

「高血圧」とは、「糖尿病」に並び、最も代表的な「生活習慣病」の1つと言えます。

 

これら2つの症状は、「国民病」と呼ばれるほどに患者数が多く

こと高血圧に関しては、「和食」という食習慣も大きく影響すると言えます。

 

その理由としては、「塩辛い」「塩分多め」の味付けが

高血圧を招く最も大きな要因の1つである、「塩分の過剰摂取」そのものであるためです。

 

また「ストレス社会」という言葉が象徴するように

一瞬の「頭に血が上る」という現象の、その繰り返しによって

常に高い傾向に、徐々に傾いてしまうことになります。

 

ストレスというのは、「怒り」による「沸騰」だけでなく

「悩み」によっても、「自律神経の乱れ」が引き起こされることで

結果的に、血圧の数値の決定に悪影響を及ぼした結果でもあります。

 

>>高血圧に関する基礎的な知識について詳くしは

 

そもそも血圧はどうやって決定されるの?

 

上記したように、「意識して変えられない体の変化」というのは

その多くが自律神経の働きによって、決められていることになります。

 

そして血圧というのは、その際たる要素と言えるものです。

 

また血圧が関わるトラブルというのは、高血圧に限定されるわけではなく

「低血圧」といった、基準値よりも低くなる(常に低い)症状も含まれます。

 

ただしこの低血圧というのは、生まれつきの「体質」が大きく影響するものであり

こと「加齢」が伴う血圧のトラブルは、基本的に「高く」なる症状を指すことになります。

 

血圧とは、言うまでもなく「心臓が血液を起こる強さ(圧力)」を数値化したものです。

 

そのため、血圧に関するトラブルを解決するためには

この「圧力」がどうかわるのか、なぜ変わるのか

それらに対して、「年齢」が一体どう関わるのかを知る必要があります。

 

「心臓」は弱るにも関わらず「強く」なる圧力

 

血液を送り出す「圧」が決まる要素としては、

  1. 心臓自体の動き
  2. 血液の量
  3. 血液の質

 

以上の3つが、全て影響し合った結果として「程度」が決まることになります。

 

まず、最も大きな「それ自体」を左右する「心臓(脈拍)」とは

まずは「心臓の質(心筋等)」が大きく影響することになり

言うまでもなく、年をとることで弱っていくことになります。

 

そうであるならば、通常であれば

「じゃあ、弱くなる(低血圧に)になるのでは?」と考える方が多いと思われますが

これに関しては、「逆」の要素の方が強いことが多いと言えます。

 

つまり、高い血圧によって心臓が弱る、という考え方もできます。

 

その最終的な症状が、「心筋梗塞」といったものになりますが

心臓という存在を超えて高くなった血圧が、幅広い悪影響を及ぼしているのです。

 

このことから、高血圧の対策のためには

「心配機能」を高める・劣化させないことも有効であると言えます。

 

※参考記事>>加齢による「心肺機能」の低下が及ぼす影響

 

「自立神経」と「血管」と「血液」全てが悪化しているからに他ならない

 

加齢によって悪化する高血圧の原因としては、

  1. 自律神経の不安定さによる「高まり」の連続
  2. 血管の質の悪化(動脈硬化)

 

以上の2つの要素が挙げられますが

これらは、冒頭で挙げた血圧を決定する要因と微妙に異なるものです。

 

まず自律神経の不安定さは、「ストレス」といったものを超えて

「性ホルモン」の減少による影響を大きく受け始めます。

 

これは男性(主にテストステロン)・女性(主にエストロゲン)共に共通しています。

 

最も避けられない要因であり、ストレスによる乱れと同じく

「なるべくおだやかに過ごす(生活習慣・人間関係全て含めて)」ことしかできないことも事実です。

 

また女性の方に対しては、「更年期サプリ」の利用が

結果的に、高血圧対策のサポートとなる可能性もあります。

 

血管の質の悪化は、血液の質の悪化によって

血管にかかる負担が、増えることによるものと言えます。

 

「動脈硬化」と呼ばれるこの症状は、当サイトでも繰り返し述べている通り

原因が食生活であるならば、その改善も食生活を変えることが効果的と言えます。

 

※参考記事

>>「血管年齢」を若返らせるための「血管を柔らかくする」栄養素

 

>>血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~DHA・EPAからサーデンペプチドまで~



数値がバラバラの「安定しない血圧」の症状

 

以上は、あくまで「加齢によって血圧に起きる基礎的なトラブル」になりますが

加齢によって引き起こされる、より複雑な症状として

「数値が安定しない」といった、特別なの症状が現れることもあります。

 

この不安定な症状というのは、

「1日を通して高い時と低い時がある」といったものや

短い期間で、高い状態・低い状態を往復してしまうこともあります。

 

更年期に入った女性に起きる特徴的な高血圧

 

以上のページで解説した通りに、特に女性に多い症状であり

自律神経の状態もさることながら、やはり性ホルモンの影響が大きいと言えます。

 

この症状にこそ、漢方・更年期サプリといったアイテムのサポートが有効であり

「もともとこんな体質ではなかった」という人こそ、試してみることをおススメします。

 

血圧は「命に関わりやすい」要素

 

更年期障害とは、減少していく性ホルモンに対して

「体が慣れていくまでの我慢」とも言え、自然に快方に向かうことも多いものです。

 

しかしながら、少しでも楽になる・乗り越えやすくするために

できることは全て試す、ということが大切です。

 

特に血圧に対する悪影響が確認できるようであれば

最悪の場合には「命に関わる」ものであり、早急な対処が必要です。

 

加齢による高血圧に関する、最も懸念すべき点はやはり

「高い血圧が心臓に負担を与えることで心臓を弱らせる」ことと言えます。

 

脳卒中・心筋梗塞という、突発的な症状に限らず

じわじわと体を蝕んでいく、非常に恐ろしい現象ということを自覚しましょう。

 

 

<PR>

高血圧サプリ(機能性表示食品)の決定版はこちら

 

>>おススメの更年期サプリランキングへ

「降圧剤」を使わずに血圧を抑えたい~副作用の心配なく血圧を下げる方法~

血圧が一定の値を超えた際、また食生活等の改善だけでは

症状の改善が難しい、と判断された場合には

「降圧剤」と呼ばれる、高血圧の治療薬を投与されることになります。

 

高血圧は、国民病の1つと呼ばれるほどに患者数が多いものであり

降圧剤を利用している人は決して珍しくなく、基本的に年齢と共に増加します。

 

一説によると、高血圧は日本で最も多い「慢性疾患」とも言われています。

 

当然、その治療薬の利用者の割合も大きなものとなるはずです。

(50代で4割、60代で5割以上というデータも)

 

しかしながらこの降圧剤は、慢性的に血圧が高い状態

食生活のみにでは「どうにもならない」状態にとって

最も効果的である一方で、「副作用」に関して

常に懸念されている・度々問題になるものでもあります。

 

>>高血圧問題の基礎まとめ

 

降圧剤の「副作用」にはどんなものがある?

 

降圧剤の主な副作用としては

  • 頭痛
  • 動機
  • めまい
  • むくみ
  • 便秘
  • 味覚障害
  • 高カリウム血症
  • 痙攣

 

以上が一般的なものと考えられ、更に最近では

「認知症」のリスクを、高めるものことにもつながる疑いあるとされます。

 

また「糖尿病」といった、他の疾患の症状・治療薬によっても

副作用に関しても、違いが出てくるものであり

特定の食材との「食べ合わせ」によって、重篤な症状が懸念されることもあります。

 

「ちぐはぐ」が招く副作用

 

そもそも降圧剤の仕組み・種類としては

  1. 体液の浸透圧を調整するもの
  2. 自律神経に一定の操作を加えるもの

 

以上の2つが主なコンセプトになります。

 

1、の浸透圧の調整は、根本的な高血圧の原因である

「浸透圧の乱れ」を改善するものであり

「利尿薬」の一種や、カリウム・カルシウムといった

「ナトリウム」以外の成分で「中和」することが目的です。

 

これらは食生活の改善にも含まれる

体の仕組みを応用したアプローチになりますが

副作用の多くが、2、の「自律神経へのアプローチ」になります。

 

血圧の上昇は、体の「反応」とも言えるものになりますが

最終的に血圧を決定しているのは、「自律神経」になります。

 

そして、自律神経が血圧を上昇すると判断する際に

分泌されることになる、血圧上昇のきっかけとなる物質を

遮断する成分を投与することで、血圧の上昇を防ぎます。

 

しかしながら、本来であれば「血圧が上昇する状態」であり

それを強制的にやめさせることは、非常に「不自然」なのです。

 

これが、副作用を引き起こす要因となる現象と考えられます。



高血圧のリスク・降圧剤の必要性を「半減」させる

 

降圧剤は「薬」であり、血圧を下げるための

最も効率的な手段であることには間違いありません。

 

しかしながら、「自然な」方法で改善したいと考える人も多く

その際には、やはり「食生活」の内容が大きな鍵になります。

 

>>血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ

 

そしてその際には「塩分を控える」と同時に

血液・血管を綺麗にする、という考えが非常に重要になります。

 

血圧の上昇要因は、そのほとんどが「塩分の過剰摂取」

更に「慢性的なストレス」になりますが

それに加えて、非常に大きな要因が「動脈硬化」になります。

 

この動脈硬化は、「高血糖」の状態や

「血中脂肪」が多いことによって招かれるものであり

最終的な血圧の上昇は免れない・自然な現象と言えます。

 

その際に起きていることとは

  • 血液が汚れていること
  • 血管の質の低下

 

以上の2つであり、1は2の原因にもなります。

 

そのため、この2つを改善することは

高血圧のリスクを、半減させることにつながり

また、改善するためのアプローチとしては

最も自演で・強力なものと言えるのです。

 

動脈硬化の問題は、ありきたりなものであり

油断し「なめている」傾向のある人が多いと思われます。

 

しかしながら、血液・血管の改善ほど

体全体の健康リスクの減少に貢献するものはありません。

 

とても大切な考え方なのです。

 

>>肥満・動脈硬化対策に取り入れたいサプリ

 

「水分」は取った方がいい?

 

あらゆる健康問題の解決法に関して、

「水分をしっかり摂るべき」と言われます。

 

しかしながら、高血圧の問題の際には少し違った見方が必要なものであり

そもそもは、濃くなった浸透圧を薄めるために

水分を供給することが、血圧が上昇するメカニズムの一部でもあります。

 

そのため、一概に「水分を摂取することはいいこと」とは

言えないことが現実でもあります。(その分、排尿・排便が必要)

 

あくまでも、「適切な量」を摂り続けることが重要であり

「飲めば飲むほど薄まる」とは、考えないようにしましょう。

 

降圧剤は「使う必要のない人にも処方されている」ということが

問題になることが、多い薬になります。

 

とはいっても、どの程度で「本当に使うべきか」の判断は難しく

高血圧を改善することの最終目的は

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

といった、極めて危険な症状を防ぐことであり

「即死」のリスクを高めるよりは、降圧剤を利用した方がマシであることは確かです。

 

>>中高年が注意すべき・予防すべき病気ランキング~本当のトップ5~

 

そのため、少しでも「使う必要性を減らす」ことが

最も編実的で、体にも優しい考え方と言えるのです。

 

>>高血圧対策に取り入れたいサプリ

 

 

<PR>

血圧上昇を抑える注目の「トクホ」アイテムとは

 

認知症と血管・血液を同時にケアするためには

血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~DHA・EPAからサーデンペプチドまで~

高血圧もまた、糖尿病と並び「国民病」と呼ばれる典型的な健康トラブルであり

塩分の多い「和食」を主食としている、日本人にとっては避けがたいものでもあります。

 

だからこそ、より予防・改善についてしっかりと知っておく必要がありますが

基本的には

  • 塩分を控える
  • 運動をする
  • ストレスを避ける・解消する

 

といった、要因となる要素の「逆のアプローチ」をするしかありません。

 

また食生活が大きな鍵となり、食事自体が要因につながってしまうため

「たくさん食べた方がいい食材」という考え方が難しい点も、糖尿病と共通しています。

 

一般的に「血圧を下げる食べ物」と呼ばれるものに関しては

摂取することで、間接的に血圧の正常化につながるものであり

食べることと、血圧が下がることが「=(イコール)」ではありません。

 

しかしながら、それでも有効策の1つであることには違いなく

食習慣からのの改善を目指すのであれば、摂取していきたいものも多いと言えます。

 

DHA・EPA

 

高血圧対策・改善の話題において、欠かすことができない成分が

「DHA」「EPA」を中心とした「不飽和脂肪酸」であり

これらは、非常に長い間ブームとなっており

すでに一般的に、家庭内に浸透しているものでもあります。

 

これらは、血液内の「悪玉コレステロール(LDL)」を減らし

血中脂肪の割合を減らすことで、血液をサラサラの流れ安い状態にし

結果的に血圧を上昇させない、下げるサポートとなります。

 

同時に「動脈硬化」の予防にもつながるアプローチであり

言うまでもなく、動脈硬化の結果としての高血圧を防ぐことにもつながります。

 

「いい油を使うのは当たり前」という感覚を持っている方も多く

各食品メーカーが、従来よりもよりヘルシーなものを販売する傾向も見られます。

 

最近では「オリーブオイル」や「ごま油」でけでなく

「えごま油」や「アマニ油」といった、新たな食用油も広まっており

欠かせない調味料の一部だからこそ、より有効なものを摂取すべきと言えます。

 

またこれらは食用油以外にも、「青魚」と中心とした魚類からも摂取できますが

魚を食べる習慣が衰退していること、また「生食」が理想的であることから

現実的には、習慣化というのはそれほどハードルの低いとは言えないものになります。

 

そのため、魚由来のDHA・EPAを配合したサプリ

非常に利用者が多い、ヒット商品になりました。

 

「DHA」「EPA」を配合したおススメのサプリ



 

 

サーデンペプチド・ワカメペプチド

 

「サーデンペプチド」と呼ばれる成分は、聞いたことのない方も多いかもしれませんが

イワシ(サーデン)に含まれる、たんぱく質(アミノ酸)です。

 

特定のペプチド成分が、高血圧に効果的であることは知られていましたが

イワシに含まれるペプチドは、特に有効であるとして注目されています。

 

イワシは、DHA・EPAに関しても豊富に含まれており

高血圧対策のための食材としては、「最も取り入れるべきもの」と言えます。

 

またイワシ以外に含まれる、高血圧に有効なペプチド成分に関しては

「ワカメ」に含まれる「ワカメペプチド」も有効であるとされています。

 

どちらかというと、イワシに比べて取り入れやすい食材であり

その際にも、なるべくシンプルなメニューで摂取したい食材になります。

 

サーデンペプチドについて、詳しくは以下の記事も参照ください。

 

>>血圧を下げるための有効成分「サーデンペプチド」とは

 

サーデンペプチドを配合したサプリに関しては

非常に貴重な存在であり、その中でもやはり「大手」のものをおススメします。

 

「サーデンペプチド」を配合したおススメのサプリ

 

 

「ワカメペプチド」を配合したおススメのサプリ



「血中脂肪」を減らすというアプローチにもつながる

 

血液に含まれるコレステロールを減らすことが

結果的に、高血圧を防ぐことにつながる考え方と同じく

「血中脂肪」という、別の「邪魔者」を減らすことによっても

最終的な血圧の正常化に、効果的と考えられます。

 

中性脂肪とコレステロール(悪玉)は、非常に密接に関係しており

どちらかが増えれば片方も増える、どちらかが減れば片方も減ることになります。

 

そのため、どちらを先に減らしてもいいものになりますが

中性脂肪を減らすためにも、結局はDHA・EPAが有効であり

「運動」といった、脂肪燃焼効果のある直接的な働きかけをすることで

より効果的なものになることは、言うまでもありません。

 

いずれにしても、血圧の正常化に必要な要素は

血糖値に比べれば、アプローチしやすいものが多く

取り組み始めるためのハードルも低くなるはずです。



 

>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめはコチラ

 

 

<PR>

高血圧対策の大本命アイテムをキャンペーン価格で手に入れる

お風呂上りの立ちくらみ・気持ち悪くなる症状~高血圧の中年女性は要注意!~

お風呂上りに「めまい」がしたり、頭が「ぼーっ」としたり

「動悸」と同時に、腕が「突っ張って」しまったという経験は

誰もが一度はあることと思いますが、年をとることによって

特に女性の場合には、頻度が多くなっているのではないでしょうか?

 

なぜ「お風呂上がりなのか?」という点については

何となく理解されている方も多いと思います。

 

これらの症状は、症状そのものが危険であると同時に

転んで頭を打ってしまう、というような二次被害を起こす可能性もあり

正しい知識を持って、予防・対処する必要があります。

 

「リラックスの後」の危険な代償

 

このお風呂上りの不快な症状には

  • のぼせ
  • 貧血
  • 低血圧

 

主に以上の3つの要因が考えられます。

 

お風呂上りの「のぼせ」

 

入浴の際の注意点といえば「のぼせ」であることは常識的です。

 

この「のぼせている」状態というのは

入浴によって、体温が上昇していることはもちろん

血管が開いたことによって、どうしても「ふわーっ」とします。

 

一方で、水圧によって「心臓」はもちろんのこと

血管に関しても圧迫されており、これは「高血圧」の要因です。

 

開いた血管に、速い・強い血流が流れることで

のぼせの症状は起きると考えられています。

 

お風呂上りのリスクは様々であり、要因に関しても諸説ありますが

結局は、体内で「ちぐはぐな反応」が起きるていることが根本にあります。

 

お風呂上りの「貧血」と「低血圧」

 

「貧血」と「低血圧」も、有力な要因であり

それぞれのぼせとも、無関係ではない症状になります。

 

「上がった瞬間」に起きやすいものであり

その時、体内で起きていることを知っておきましょう。

 

まず「座っている状態」から「立ち上がる」ということで

脳内の血液・酸素が急激に低下し

これだけで意識障害や、四肢の突っ張りの原因になります。

 

「脳貧血」と呼ばれる症状です。

 

また「のぼせ」も含め、血管・血液が関わる症状というのは

血圧が「正常ではない」状態において、リスクが高まります。

 

貧血かと思いきや「起立性低血圧」の可能性もあるのです。

 

特に女性の場合は、基本的に貧血の傾向があり

同時に、高血圧と共に低血圧の方も多いため

中年以降、より注意が必要になります。

 

>>更年期に入った女性に起きる特徴的な高血圧

 

この症状は、現実として加齢と共に増加するものであり

老人と言われる年代の方は「5回に1回」は起きる、とも言われています。

 

安全に入浴するための対策・リスクの予防策



 

以上の症状を、予防するための対策というのは

これもまた極めて常識的なものであり

  • 熱すぎる湯に浸からない(適切な温度)
  • 長風呂し過ぎない(何事にも適度があります)
  • 急に・一気に立ち上がらない

 

以上の3大原則を守りましょう。

 

加えて「かけ湯」をしてから・体を慣れさせてから入浴する

「飲酒直後の入浴は控える」といった、それ以前のマナーも大切です。

 

また貧血・高血圧という、根本的なリスク要因の解消が

何より重要であり「起きにくい」状態になっておくことが何よりです。

 

「入浴」というのは、あらゆる体の不調を解消するために

非常に有効な習慣であり、ぜひ「いい入浴習慣」を実践して欲しいものです。

 

しかしながら、リスクがあるものだということを忘れず

メリットがデメリットにならないよう、意識することも習慣化しましょう。

 

 

<PR>

快適な入浴のお供として長年ロングセラー!

加齢による「心肺機能」の低下が及ぼす影響~「息苦しさ」の原因・高めることはできる?~

「息苦しさ」というのは、何らかの疾患が要因であることもありますが

中高年の場合には、「心肺機能が衰えただけ」ということがほとんどです。

 

「トラブル」というよりも「能力の劣化」なのです。

 

年をとることで、日常的になってくる「息苦しさ」

その状態が発展したことによる「動悸」といった症状は

ただ「苦しい」という、感覚的なデメリットだけでなく

その能力・機能の劣化によって、様々な悪影響を与えることになります。

 

最も深刻な「心臓」と「血管」への悪影響

 

「心肺機能」と呼ぶからには、心臓を中心とした

「呼吸」と「血流」が関係するものが、最も大きな影響を受けます。

 

その結果として

  • 高血圧
  • 動悸

 

これらが起きることは、容易に想像がつくと思います。

 

息苦しさが前兆となる、最も避けたい症状が「高血圧」であり

その結果としての「動脈硬化」や、正に「息苦しさ」なのです。

 

最終的には「心臓」が負担を受けることになる

 

これらの症状・疾患のどれがどう影響し

どのような結果を招くかは、人それぞれ微妙に異なります。

 

心肺機能の劣化が、高い血圧を招いたり

高血圧の結果して、動悸の症状がおきたとパターンは様々です。

 

何が「きっかけ」になるかは人それぞれですが

結果的には、心臓への負担が大きくなります。

 

しかしながら、いずれにしても心臓への負担につながる症状であり

「心肥大」を招いたり、「狭心症」や「心筋梗塞」といった

命に関わる合併症を引き起こすことになります。

 

>>特に注意すべき「合併症」のまとめ

 

「太っているから」は当たり前のこと

 

ちなみに、体の体積が大きい(太っている)ということは

必要な栄養素・酸素、そのための呼吸・血流

全てが、通常よりも大きなものになります。

 

しかしながら、体が大きいからといって

心臓や血管が特別強くなる、ということもなく

よりリスクが高まる一方になるのです。

 

多くのトラブル・疾患のリスクを減らすことにつなげる

 

年をとることによって、体全体としての劣化が起きているため

心肺機能が低下することは、ある程度は仕方のないことです。

 

だからこそ高血圧だけでなく、様々な疾患のリスクが上昇するのです。

 

ということは、

 

心肺機能を劣化させない・できるだけ保ち続けることで

様々なトラブル・疾患のリスクを減少させること

軽減することにつながることにもなるはずなのです。

 

まずは「定期的に使う」ことから

 

これは、どの器官にも言えることになりますが

「よく使う」ことは劣化させない・劣化スピードを落とすことにつながります。

 

「壊れないように使い続ける」ことで、新鮮な状態を保つのです。

 

そう考えると、

  • ランニング
  • スイミング

 

といった「習慣的な有酸素運動」が最も相応しいものになります。

 

「筋トレ」に代表される「無酸素運動」

短気的な血流・血圧の上昇を招くことになるため

心配機能が弱っている方は、最初に行うべきではありません。

 

もちろん、筋肉に刺激を与えることのメリットも大きなものですが

何よりも「安全」を重視し、「ランニングもつらい」という場合には

ウォーキングから始めたりと、「鍛える」前に「労り」を優先しましょう。

 

>>「運動」と「心臓」と「血管」と「寿命」の詳しい関係

「甘やかす」よりは「鍛える」

 

また、この運動にまつわることで

「勘違い」して欲しくないこととして、

血流が良くなるということは、血圧が高まることであり

血管への悪影響がある、と考えることができ、また事実でもあります。

 

しかしながら、血管が劣化することによる血圧への悪影響の方が

はるかに大きいいものであり、軽い運動程度の血圧の上昇で

ダメージを受けてしまう血管の方が、問題であると言えるのです。

 

 

<PR>

安全のためにも「運動」は「血液の質」の改善と並行して行いましょう

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて