中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「ブロッコリースプラウト」に含まれる<スルフォラファン>の効果~肝機能の向上が中高年の健康を救う~

健康状態や栄養学に関するトピックにおいて、度々名前が上がることとなる植物に

「ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)」というものがあります。

 

知っていても食卓に並ばない典型的な食材、と言える一方で

非常に幅広い働きを秘めており、今改めて注目されている存在になります。

 

もともとブロッコリースプラウトは、

  • コレステロールの減少
  • 脂肪燃焼の促進
  • 食物繊維による便秘解消

 

といった効果があるとして、女性を中心としたダイエッターに注目されていました。

 

現在では以上に挙げた効果に加え、中高年が抱える健康問題に対して

非常に期待できる効果的を秘めているとして、再注目されており

そしてその中心には、「スルフォラファン」と呼ばれる成分が存在します。

 

注目成分「スルフォラファン」とは

 

そもそもブロッコリースプラウトは、幅広い栄養素を配合しており

いわゆる「スーパーフード」の1つであるとも、考えることができる存在です。

 

※「スーパーフード」とは、質量の割に栄養素の高い食材

 

主な成分としては、

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 葉酸

 

以上が挙げられ、たんぱくそうな外見からは想像できないほどの栄養素が詰まっており

「ブロッコリー」に比べて、非常に高い濃度で含まれることが人気の秘訣です。

 

そしてその中の1つとして注目される成分が、スルフォラファンであり

  • 抗酸化作用
  • 解毒作用

 

といった効果が、衰えていく中高年の健康状態をサポートし

更に、「最も重要な臓器」を守ることにつながります。

 

肝臓機能のサポート

 

スルフォラファンの効果として、最も注目すべきものが解毒作用と言えます。

 

これは年齢が上がれば上がるほどに、重要度を増すものです。

 

疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

上記の記事でも解説しましたが、疲れがなかなか取れない状態が

慢性化している人というのは、肝臓機能が低下という症状が十分に疑われます。

 

そして体のあらゆる臓器の中で、最も大きな解毒作用を担うものが「肝臓」です。

 

アルコール摂取の後における、「解毒作業」は典型的なものであり

その他にも、あらゆる成分を無毒化するために日夜頑張ってくれている存在です。

 

  • 解毒酵素を活性させることによる、肝臓の解毒作用を強化
  • 抗酸化酵素の生成を促進による、新陳代謝の向上

 

肝臓の解毒作用を高め、更に代謝物質である「アセトアルデヒド」等の代謝を高めることから

肝臓の負担を一気に減らすことができ、これらは「γ-GDPの数値の減少」として判明しています。

 

※「γ-GDP」とは、肝臓機能を測る大きな指標となる数字であり

数値が高いほど肝機能が衰えている、悪化しているとみなされる。

 

更に、

  • ピロリ菌の減少につながる抗菌作用
  • 発がん性物質の解毒

 

といった効果にも注目すべきであり、

  • 飲酒
  • 喫煙

 

といった、解毒が必要な習慣を持っている人に、

特に注目して欲しい、ぜひ取り入れるべき成分なのです。

 

「結果的なメリット」が非常に多い食材(成分)

 

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)に限らず、

  • 何を食べれば健康になる
  • 何を食べれば痩せる

 

といったものは存在せず、あくまで「結果的に」と考えるべきです。

 

そして現在の健康状態というのは、あらゆる因果関係の結果と言えます。

 

スルフォラファンは、上記した肝臓のサポートによる作用だけでなく

あらゆる身体機能のサポートにつながるものとして、非常に「効率」が高いと言えます。

 

「そのまま」食べる

 

ブロッコリースプラウトを食卓に並べる際、

必ず意識するべきことが、「生」で食べることです。

 

主にサラダに使われることから、それほど心配はいらないと思われますが

ブロッコリースプラウトに含まれる有効成分は、過熱によって壊れてしまいます。

 

衰えた代謝機能・抗酸化機能は、健康にも悪影響を与えると同時に

「美容」にとっても、懸念材料となるものです。

 

そのためお酒を飲まない方、特に女性にも注目して欲しい隠れた食材と言えます。

【特茶】に含まれる「イソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)」の効能とは~副作用は?体脂肪を減らす効果は本当?~

昨今の健康ブームを象徴するアイテムに、「トクホ」と呼ばれるものが存在し

トクホが「特定機能性食品」の略であることは、今や常識的なこととなりました。

 

このトクホアイテムは、昨今劇的に増えたアイテムと言え

その中でも【特茶】と呼ばれる商品は、どのスーパー・コンビニのドリンクコーナーには

必ず存在するものとなり、その種類も日々増え続けています。

 

その利用者というのは、言うまでもなく健康志向・健康不安を抱えた方であり

また共通する目的として、「生活習慣病」にアプローチするために利用する方が多いはずです。

 

特に

  • 血糖値
  • 血中脂肪

 

これらの「食後の上昇を抑える」といったアイテムは

「食事のお供」として大ヒットし、売り上げを伸ばし続けているようです。

 

当サイトでも紹介している、「難消化性デキストリン」という成分は

ブドウ糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあり

この難消化性デキストリンを含むアイテムは、特茶の中心となっています。

 

※参考記事:>>「難消化性デキストリン」配合!血糖値対策におススメの「大麦若葉青汁」

 

当初は「カテキン」といった、比較的馴染のある成分から始まった特茶も

難消化性デキストリンを含んだものが、徐々にスタンダードになってきましたが

新たに「(酵素処理)イソクエルシトリン」と呼ばれる成分を含んだアイテムが増えてきました。

 

「体脂肪を減らすのを助ける」という特茶に含まれるこの成分は

どんな効果を持っていて、どんな働きによって体脂肪を減らすのでしょうか?

 

※「特定保健用食品」とは、

その食品に含まれる成分が持つ、特定の機能を表示できるアイテムであり

簡単に言えば、「こんな効果があります」と明記できる商品になります。

 

本来であれば、効果を謳えるのは「医薬品(医学部外品)」のみであり

当サイトをはじめ、様々なメディアで非常に「微妙な表現」が見られるのは

「薬事法」といったものによって、表現に制限があるためです。

 

馴染のあるサプリに関しても、ジャンルとしては「食品」であり

「効果を明記することができない」という事情がありますが

特定保健用食品は、「効果がある成分を含んでいる」と言える存在なのです。

 

実は身近な食材でも摂取できる成分

 

イソクエルシトリンという成分に関しては、ほとんどの方が聞いたことがないと思われます。

 

ヒマラヤ原産の「セイタカダイオウ」と呼ばれる植物に含まれる成分であり

当然のながら日本国内で採取・摂取できないものであり、また摂取するための方法として

トクホアイテムくらいしか存在しないため、確かに特別なアイテムであると言えます。

 

「ケルセチン配糖体」の1つであり、化学式が似ている(ケルセチンにグルコースを+)ことから

このケルセチン配糖体に関しても、イソクエルシトリンの量で計算さることが多くなっています。

(「イソクエルシトリンで換算」という表記が見られることと思います。)

 

そして、ケルセチン配糖体(イソクエルシトリン)が持つ

最も大きな効果として、「中性脂肪の分解」が挙げられます。

 

ケルセチン配糖体は、体内では「ケルセチン」として吸収・機能する成分であり

目的に対する効果として、「玉ねぎ」といったケルセチンを含む食材を摂取することと

実はそれほど変わらないものでもあります。

 

※参考記事:>>玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」の効果とは

 

ケルセチンには、

  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 降圧作用
  • コレステロールの分解

 

といった様々な効果が存在し、特茶によって手軽に摂取できることは

玉ねぎが苦手・手軽に摂取したい、といった方にとってメリットが大きいと言えます。

 

また水に溶けやすく(ケルセチンは本来溶けにくい)、吸収しやすくしたものが

ケルセチン配糖体であり、効率的な脂肪分解にはやはり効果的と言えます。

 

何より「ノン(ロー)カロリー」でケルセチンを摂取することができますが

やはり気になるのは、副作用・デメリットの存在と思われます。

 

「用法・容量」と守ってさえいれば副作用はないが

 

気になるイソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)に存在する副作用ですが

「異常な過剰摂取をしなければ、副作用はない」と言えるものになります。

 

トクホアイテムのほとんどが、基本的には「1日1本」という表記がされているはずです。

 

「3倍(つまり3本)」飲んでも、特に重大な副作用はないとされますが

「推奨されている摂取量を守る」ことは、こいったアイテムを利用する際に大切なことです。

 

ほとんどの場合、「それ以上摂取してもメリットがない」とされる量であり

健康的・経済的にも、デメリットの方が増えてしますことになります。

 

難消化性デキストリンが、糖(脂質)の「吸収」を抑える一方で

「分解」をサポートするケルセチンは、別の角度からのメタボ対策にもってこいと言えます。

 

様々な成分・アイテムを組み合わせることもまた

生活習慣病に立ち向かうための、効率的なアプローチであり

トクホアイテムは、常にチェックしておきたいアイテムと言えます。

「腎臓結石」の原因解消と予防は食事から~「腎臓にいい食生活」で大切な臓器を優しく長持ちさせる~

「腎臓」とは、非常に過酷な宿命を背負った臓器です。

 

「脳」や「心臓」とは別に、「別格」とも言える重要な働きを担い

また「最も犠牲になりやすい」という、悲しい一面もあります。

 

その理由としては、腎臓が持つ最大の機能として

「血液のろ過」というものがあり、休むことを許されないためです。

 

もちろん、心臓をはじめとした全ての器官が

生まれたから死ぬまで・常に動き続けているわけですが

食事の際に活性化する「胃腸」や、お酒を飲んだ際に出番の多い「肝臓」と異なり

血液は常に流れ続けるため、常に働き続けなければならないのです。

 

「汚れた血液」のリスクと比例して増える負担

 

そして、中高年の健康トラブルに「よく顔を出す」症状である

「動脈硬化」は、余計な「ブドウ糖」「中性脂肪」といったものによって

血液の濃度が上昇することが原因であり、血管の負担が増えるだけでなく

腎臓の負担が増えることそのものでもあるのです。

 

そして、「血管で構成されている」と言っても過言ではない

非常に繊細な血管の集合体である腎臓は

それ自体に動脈硬化が起きてしまうことで、より深刻な状態となります。

 

この症状は、一般的に「合併症」と呼ばれており

「高血糖」の結果としても、また「高血圧」の結果としても現れるものになります。

 

>>非常に種類の多い「腎臓病」の症状と臓器本来の役目

 

もちろん、悪化した腎臓の状態に付随するトラブルは

重いものだけでなく、様々なものがありますが

その中でも「腎臓結石」と呼ばれる「石」が発生する症状は

早期の命の危険はないながらも、非常につらい症状の1つです。

 

「腎臓結石」とは

 

「結石」と呼ばれるものは、腎臓から尿道にかけて

どこにでも発生するリスクのあるものであり

尿道(尿路)にできるものは、「尿管(路)結石」と呼ばれることでお馴染みです。

 

腎臓結石とは、その名の通り「腎臓にできる結石」であり

その原因は「過剰な(処理できなかった)栄養素」に加えて

最近では、「ストレス」も大きく関わると考えられています。

 

特に

  • 各種「ミネラル」の過剰摂取
  • 尿酸の発生

 

この3つが大きな要因となることは、昔から指摘されています。

 

また動物性脂質の分解過程や、アルコールによって発生する

「シュウ酸」は、リスクを加速されることになります。

 

いずれにしても、血液・尿といった

「体液」の濃度が上昇することで、発生リスクが高くなることは確かです。

 

※結石についての詳しい記事

>>「絶対に避けたい」激痛を伴う「尿管結石」の原因と症状

 

結石は、それ自体が動くことで「痛み」を感じるものであり

腎臓結石は、特に「背中」が痛いことで知られています。

 

そしてこの腎臓結石の原因の多くが「食生活」にあり

それを予防・改善するのもまた、食生活の質なのです。

 

「腎臓に優しい食生活」とは



 

腎臓に関するあらゆる合併症、更には腎臓結石までを

未然に防ぐ・状況を改善するためには

「腎臓のことを考えた食生活」を意識する必要があります。

 

まずは、「食事制限」によって、全体的な食事量(内臓の負担)を減らすこと

特に「ナトリウム」は、高血圧の原因ともなるため

中年以降は、特に意識して減らしていくべきなのは言うまでもありません。

 

これはあくまで「前提」となります。

 

それ以上に重要なことが「水分」を不足させないことです。

 

体液の濃度が濃くなってしまっている、ということは

中和するための綺麗な水分が、相対的に足りていないということです。

 

こまめな水分補給によって、濃度上昇に備えておく

また薄めることが、すぐにできることになります。

 

とにかく「血液」を綺麗にすること

 

食材・成分単体で、腎臓を回復させることは基本的に困難です。

 

これは各臓器にも言えることですが、全て間接的なケアとなり

そしてその最大の鍵を握る要素は、やはり血液になります。

 

これは体液の濃度を薄める(綺麗にする)最たるものです。

 

  • 高血糖
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • コレステロール

 

ありとあらゆるものが、血液を汚します。

 

血液を綺麗に保つためには、水分の摂取と同時に

やはり「DHA」といった、特定の「脂質」が効果的です。

 

「悪い脂質を減らすためにいい脂質を摂取する」というのは

現在では血液対策の主流であり、ぜひ食生活に取り入れる

また足りないと感じれば、「サプリ」等で補充することが大切です。

 

>>血液のためのサプリランキングはコチラ

 

「利尿作用」を持つ「カリウム」の摂取によって

「体液の循環」を早めることで

リスクを減らすという考え方もありますが

同時に「頻尿」のリスクを上昇させることにもつながるため

中高年にとっては「一長一短」と考えられます。

 

できればやって欲しいこと

 

負担の大きい臓器を休ませるための手段として

一度は試して欲しいものが「断食」です。

 

食事をしない(処理するものがない)ことで

腎臓だけでなく、全ての器官の負担が一時的に激減します。

 

汚いから・弱っているからこそ「リセット」が必要です。

 

無理のない範囲で、試して欲しいと思います。

 

  • 3か月に1度1日だけ
  • 半年に一度2日間

 

といった、「定期的」に行うことも意識しましょう。

 

「禁酒」とは比べ物にならないくらい、体が軽くなるはずです。

 

 

<PR>

高すぎる「尿酸値」には

血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~DHA・EPAからサーデンペプチドまで~

高血圧もまた、糖尿病と並び「国民病」と呼ばれる典型的な健康トラブルであり

塩分の多い「和食」を主食としている、日本人にとっては避けがたいものでもあります。

 

だからこそ、より予防・改善についてしっかりと知っておく必要がありますが

基本的には

  • 塩分を控える
  • 運動をする
  • ストレスを避ける・解消する

 

といった、要因となる要素の「逆のアプローチ」をするしかありません。

 

また食生活が大きな鍵となり、食事自体が要因につながってしまうため

「たくさん食べた方がいい食材」という考え方が難しい点も、糖尿病と共通しています。

 

一般的に「血圧を下げる食べ物」と呼ばれるものに関しては

摂取することで、間接的に血圧の正常化につながるものであり

食べることと、血圧が下がることが「=(イコール)」ではありません。

 

しかしながら、それでも有効策の1つであることには違いなく

食習慣からのの改善を目指すのであれば、摂取していきたいものも多いと言えます。

 

DHA・EPA

 

高血圧対策・改善の話題において、欠かすことができない成分が

「DHA」「EPA」を中心とした「不飽和脂肪酸」であり

これらは、非常に長い間ブームとなっており

すでに一般的に、家庭内に浸透しているものでもあります。

 

これらは、血液内の「悪玉コレステロール(LDL)」を減らし

血中脂肪の割合を減らすことで、血液をサラサラの流れ安い状態にし

結果的に血圧を上昇させない、下げるサポートとなります。

 

同時に「動脈硬化」の予防にもつながるアプローチであり

言うまでもなく、動脈硬化の結果としての高血圧を防ぐことにもつながります。

 

「いい油を使うのは当たり前」という感覚を持っている方も多く

各食品メーカーが、従来よりもよりヘルシーなものを販売する傾向も見られます。

 

最近では「オリーブオイル」や「ごま油」でけでなく

「えごま油」や「アマニ油」といった、新たな食用油も広まっており

欠かせない調味料の一部だからこそ、より有効なものを摂取すべきと言えます。

 

またこれらは食用油以外にも、「青魚」と中心とした魚類からも摂取できますが

魚を食べる習慣が衰退していること、また「生食」が理想的であることから

現実的には、習慣化というのはそれほどハードルの低いとは言えないものになります。

 

そのため、魚由来のDHA・EPAを配合したサプリ

非常に利用者が多い、ヒット商品になりました。

 

「DHA」「EPA」を配合したおススメのサプリ



 

 

サーデンペプチド・ワカメペプチド

 

「サーデンペプチド」と呼ばれる成分は、聞いたことのない方も多いかもしれませんが

イワシ(サーデン)に含まれる、たんぱく質(アミノ酸)です。

 

特定のペプチド成分が、高血圧に効果的であることは知られていましたが

イワシに含まれるペプチドは、特に有効であるとして注目されています。

 

イワシは、DHA・EPAに関しても豊富に含まれており

高血圧対策のための食材としては、「最も取り入れるべきもの」と言えます。

 

またイワシ以外に含まれる、高血圧に有効なペプチド成分に関しては

「ワカメ」に含まれる「ワカメペプチド」も有効であるとされています。

 

どちらかというと、イワシに比べて取り入れやすい食材であり

その際にも、なるべくシンプルなメニューで摂取したい食材になります。

 

サーデンペプチドについて、詳しくは以下の記事も参照ください。

 

>>血圧を下げるための有効成分「サーデンペプチド」とは

 

サーデンペプチドを配合したサプリに関しては

非常に貴重な存在であり、その中でもやはり「大手」のものをおススメします。

 

「サーデンペプチド」を配合したおススメのサプリ

 

 

「ワカメペプチド」を配合したおススメのサプリ



「血中脂肪」を減らすというアプローチにもつながる

 

血液に含まれるコレステロールを減らすことが

結果的に、高血圧を防ぐことにつながる考え方と同じく

「血中脂肪」という、別の「邪魔者」を減らすことによっても

最終的な血圧の正常化に、効果的と考えられます。

 

中性脂肪とコレステロール(悪玉)は、非常に密接に関係しており

どちらかが増えれば片方も増える、どちらかが減れば片方も減ることになります。

 

そのため、どちらを先に減らしてもいいものになりますが

中性脂肪を減らすためにも、結局はDHA・EPAが有効であり

「運動」といった、脂肪燃焼効果のある直接的な働きかけをすることで

より効果的なものになることは、言うまでもありません。

 

いずれにしても、血圧の正常化に必要な要素は

血糖値に比べれば、アプローチしやすいものが多く

取り組み始めるためのハードルも低くなるはずです。



 

>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめはコチラ

 

 

<PR>

高血圧対策の大本命アイテムをキャンペーン価格で手に入れる

血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~

今回は、中高年が最も恐れているであろう疾患の1つである

「糖尿病」へと発展する、「高血糖」を防ぐための食べ物・成分を紹介していきます。

 

「血糖値を下げる」と表現されることも多い、これらの栄養素ですが

実際には「上昇を防ぐ」といった方が正しいものであり

「慢性的な血糖値の急上昇の繰り返し」を避けることは

「インスリン」を「守る」ことにつながるため、より根本的な対策と言えます。

 

本当に大切なことは、「正常化」であると言えます。

 

また、「主要栄養素」と呼ばれる

  • 糖分
  • たんぱく質
  • 脂質

 

これらは、例外なく血糖値を上昇させるものであり

これらを制限することはもちろん、「バランス」を考えることも必要です。

 

ピニトール

 

「糖尿病対策」といえば、昨今の主流はやはり「ピニトール」になります。

 

「食べるインスリン」と呼ばれるこの栄養素は

インスリンの働きをサポートすることで、血糖値を下げるお手伝いをします。

 

「血糖値を下げる」というコンセプトに、最も近いと考えられます。

 

ピニトールは、主に「アイスプラント」と呼ばれる

食材に含まれていますが、一般的な食卓には並ばないものであり

「サプリ」での摂取が、効率的と言える栄養素と言えます。

 

このピニトールに関しては、過去にも詳しく解説しています。

 

>>血糖値改善に効果を見込める成分「ピニトール」とは

 

「ピニトール」を配合したおススメのサプリ



サラシア

 

「サラシア」は、古くから「漢方」として利用されてきた

東南アジア原産の植物であり、近年その効果が実証されています。

 

ブドウ糖の吸収を抑えることによって

血糖値の上昇を防ぐ働きをしてくれることになります。

 

また高血糖だけでなく、「高血圧」や「肥満」といった症状にも効果的なため

早いうちから、習慣的に摂取することをおススメしたい栄養素です。

 

それ自体が、効果的な食材になりますが

取り寄せることも困難であり、また高価なものであるため

こちらも、サプリでの摂取が現実的になります。

 

「サラシア」を配合したおススメのサプリ



 



サポニン

 

「サポニン」は、様々な食材に含まれる「抗酸化物質」であり

「血液を綺麗にする」という効果から、血糖値対策に利用されています。

 

もちろん糖分だけでなく、脂質といったものにも効果的であり

「脂質異常症(高脂血症)」対策としても、利用できるものです。

 

  • 大豆に含まれる「大豆サポニン」
  • ゴボウに含まれる「ゴボウサポニン」

 

何より、質・量共に優れているものが「人参サポニン」であり

主に「高麗人参」に含まれる成分です。

 

高麗人参は「滋養強壮」に効果的な食材として知られますが

それは抗酸化成分による、「若返り」の効果によるものです。

 

「サポニン」を配合したおススメのサプリ



 



亜鉛・ビオチン

 

これらは不足することで、インスリンの働きを弱くする栄養素であり

「下げる能力下げないために」摂取すべき栄養素と言えます。

 

特に「亜鉛」は、インスリンの生成にも関わる栄養素であり

糖尿病患者は、体内の亜鉛濃度が低いとされています。

 

また「ビオチン」に関しては、ブドウ糖の代謝に関わり

不足することで、しっかりと「使う」ことができなくなります。

 

もちろん「余ったブドウ糖」が多いほど
血糖値の上昇につながることになります。

 

これらは、非常に一般的な栄養素であり

  • 肉類(特にレバー)
  • 貝類
  • チーズ

 

等を中心に、様々な食材に含まれています。

 

最も日常的に摂取しやすい栄養素と言えますが

肉類に含まれることはデメリットであり、注意が必要です。

 

「亜鉛」を配合したおススメのサプリ



 

イヌリン

 

「イヌリン」もまた、糖尿病対策として広まり始めた「新しい栄養素」です。

 

「血糖値サプリ」の中にも、配合しているアイテムが増えたことで

一気に知名度が広がった栄養素になります。

 

>>血糖値対策におススメの最新サプリ「ルックルック・イヌリンプラス」

 

「菊芋」と呼ばれる「イモ科」の食材に含まれる成分であり

食材として、食べることのできるものになります。

 

しかしながら、それほど一般的に手に入るものではなく

自宅栽培も、簡単な食材ではありません。

 

だからこそ、サプリでの摂取が効果的であり

「比較的リーズナブル」なことも、特徴です。

 

「イヌリン」を配合したおススメのサプリ

 

ルックルックイヌリンプラス

 



難消化性デキストリン

 

「難消化性デキストリン」に関しても、血糖値対策に効果的として

近年、急激に注目されてきた栄養素になります。

 

その糖分の吸収を抑える働きは「サラシア」に近いものになりますが

最近では「トクホ(特定保健用食品)」に含まれる等

より「新しい」という印象のある成分になります。

 

また、難消化性デキストリンは「生成物」であり

この点も「天然植物」のサラシアと異なります。

 

よって、より「サプリらしいサプリ」での摂取が主な手段となります。

 

難消化性デキストリンを配合したおすすめのサプリ

 

アラプラス 糖ダウン

 

血糖値のための「青汁」も超おススメ!



プラス「腸内環境」の改善が効果的

 

以上は、あくまで「血糖値の上昇対策栄養素」であり

こういった食材・サプリを摂取することは、非常に効果的に違いありません。

 

そして、これらに加えて「腸内環境」を改善することが

高血糖を防ぐために、非常に効果的と考えられています。

 

腸は「代謝機能」にとって、最も重要な器官であると同時に

インスリンをはじめとした「ホルモン」の分泌の指令を出す器官でもあります。

 

今回紹介した栄養素だけでなく、根本的なインスリンの力がなければ

血糖値をコントロールすることができないことは、言うまでもありません。

 

>>「便秘」が高血糖・糖尿病を招く

 

 

<PR>

>>高血糖対策サプリのランキングページへ

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて