中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

高コレステロール血症の改善・動脈硬化の予防におススメの医薬品「ヘルスオイル」の効果とは

当サイトのメインコンセプトである、「生活習慣病」の予防とは

最終的に「動脈硬化」を、引き起こさないことが最大の目標と言えます。

 

生活習慣病の症状が、最悪の状態にまで進行した結果として

「合併症」といった症状があり、また「即死」にもつながる症状も想定され

これらには、多くの場合に「血液」や「血管」が関わっていることになります。

 

各種症状の、初期段階・一般的な症状である

  • 糖尿病によるだるさ
  • 高血圧による動悸
  • 内臓脂肪の増加による肥満体的

 

こういった症状というのは、あくまで「つらい」程度に過ぎませんが

これらの状態が進行することによって、

  • 糖尿病であれば「糖尿病性神経症」や「糖尿病性網膜症」
  • 高血圧であれば「高血圧性腎症」

 

といった、非常に重い症状が招かれることになり

これらには「失明」や「人工透析」といったものが伴うことになります。

 

また最悪の場合には

  • 脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血)
  • 心筋梗塞

 

といった、発病が即死につながるおそれもあります。

 

そしてこれらに関わるものが、動脈硬化症であり

血管の壁が硬く・厚くなることで、血液の流れが阻害されていることになります。

 

血液が流れにくい・詰まってしまうことで、その患部となっている場所によって

様々な弊害が現れること、その症状こそ合併症と言えるのです。

 

※参考ページ:>>生活習慣病の「合併症」のまとめ

 

動脈硬化が起きてしまったら

 

動脈が硬化してしまう状態は、基本的には「起こさない」ことが重要であり

何よりも「予防」が大切なことは、全ての生活習慣病に共通することでもあります。

 

しかしながら、すでに起きてしまった・傾向の見える状態に陥ってしまっている状態は

年齢を重ねるごとにリスクが高いものであり

  • 血糖値
  • 血中脂肪

 

といった数値に比例するものと言えます。

 

これらは、血液の状態を悪化させる主要要因であり

高血糖・高脂血症(脂質異常症)は、動脈硬化を引き起こす典型的な症状と言えます。

 

そういった状態に陥ってしまった場合に、合併症・危険な急性症状を予防するためには

  • 血液の状態を正常化すること
  • 血管を柔らかくするための働きかけ

 

これらに対し、可能な限り働きかけるしかありません。

 

昨今の健康ブームの中心とも言える、「油」に関するアイテムは

DHA・EPAといったオメガ3と呼ばれる脂肪酸を中心としたアイテムであり

それだけ血液の質が重要であることが、浸透してきた証でもあります。

 

※参考記事>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

生活習慣病の予防・改善のための本命アイテム「ヘルスオイル」

 

そして、今回紹介する「ヘルスオイル」に関しても

他のアイテムと同じく油(オイル)が中心となっているアイテムになりますが

その存在は、他のサプリとは一線を画すものと言えます。

 

 

最大の特徴は

 

「動脈硬化を予防できる」唯一の医薬品

 

である点と言えます。

 

 

「サプリ」というのは、あくまで「食品」であり

効果的と考えられる栄養素を配合していますが

「予防」や「改善」を、保証されたものではありません。

 

一方で「ヘルスオイル」は、サプリではなく「医薬品」であり

医師の処方が必要ないアイテムとしては、最高峰とも言えるものになります。

 

「ヘルスオイル」の公式ホームページはこちら

 

段階別の適格な働きかけができる成分を配合

 

「ヘルスオイル」は、「悪玉コレステロール(LDL)」が原因となって起きる

「高コレステロール血症」という症状による、血管の劣化の改善に働きかけます。

 

血管が硬化してしまうまでには、様々な要因・段階が存在しますが、

ヘルスオイルに配合されている成分は、それぞれの要素に細かく働きかけることができます。

 

 

まずは、そもそも動脈硬化を引き起こすことになる

コレステロールを低下させ、更に脂質の沈着を防止します。

 

 

更に血流の流れを促すことで、劣化してしまった血管を修復することにつなげます。

 

 

「ヘルスオイル」に含まれる成分は、非常にシンプルです。

 

しかしながら上記した各段階への効果に対し、特化した成分を配合しており

そのどれもが、一般的サプリには配合されていない貴重なものと言えます。

 

非常に論理的・効率的なアプローチができるアイテムです。

 

そして、その価格に関しても注目するべきであり

「初回1,900円(2回目以降4,500円)」という価格設定は

他のアイテムに比べて同程度であることから、まず検討する価値のあるアイテムと言えます。

 

「ヘルスオイル」の公式サイトをチェックしてみる

玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」の効果とは~<日清食品>の「DHA EPA+ケルセチン」がおススメ! ~

「血液の質を改善する」というアプローチは

近年の健康ブームの主流となっている、実際に非常に重要な要素と言えます。

 

中高年の健康不安とは切り離すことのできない、「生活習慣病」に関しても

「その何がよくないのか?」という、本質的な問題の答えとしては

最終的に「動脈硬化」につながることによって、重大なトラブルを引き起こすためと言えます。

 

動脈硬化は、「即死」につながることになる

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

これらは、命が助かったとしても

重い「後遺症」が残る可能性の高い症状です。

 

また糖尿病における、失明につながる「糖尿病性網膜症」

腎臓が汚れた血液によって、致命的なダメージを受けた結果として

「人工透析」といった、いずれにしても日常生活に支障の出るものになります。

 

血液の質というのは、決して軽く考えてはならない要素なのです。

 

※参考ページ:>>生活習慣病の合併症のまとめ

 

こういった知識が広まることで、血液の質を改善するという

根本的な考え方が浸透してきたことは、非常によい傾向と言えます。

 

実際に血液に働きかけるためには、「食生活」を中心とした

基本的な生活習慣の改善はもちろん、血液に働きかけるための

特別な食材・栄養素・成分を取り入れることも大切です。

 

最近目にすることが増えた、「トクホ(特定保健用食品)」

その多くが、最終的な血液の質の改善につながるものと言えます。

 

「ケルセチン」が再注目されている

 

血液のサラサラ成分としては、「DHA」や「EPA」といった

「オメガ3」を中心とした、「不飽和脂肪酸」が広く認知されています。

 

本来は血液を汚す要素である「脂質」によって血液を改善する

 

という、一見矛盾したような考えも

  • 悪玉コレステロール
  • 中性脂肪

 

といった、「悪い脂質」を減らす働きを持つ

「いい脂質」があるという認識が広まっています。

 

※参考記事>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

この「脂で脂を排除する」というのは、昨今の健康ブームの中心になりますが

もちろん、血液に対してメリットのある成分は脂質だけではありません。

 

「高麗人参」等に含まれる「サポニン」といった

昔から知られ、今も有効な、サラサラ成分はたくさんあります。

 

そしてその中でも、「ケルセチン」という「ポリフェノール」の一種は

身近な食材から摂取することができる、非常に有効な成分と言えるものです。

 

知られていたにも関わらず摂取が難しい成分

 

昨今では、抗酸化成分として知られているポリフェノールは

血中内のコレステロール値を下げる等、血液に対してもメリットの多い成分です。

 

ポリフェノールは、

  • イソフラボン(大豆)
  • アントシアニン(ブドウ)
  • カテキン(お茶)
  • クロロゲン酸(コーヒー)

 

等、名前を変えて様々な成分が存在します。

 

そして、血液をサラサラにする食材として知られていた「玉ねぎ」

もとはと言えば、ポリフェノールであるケルセチンが豊富に含まれていることで

「サラサラ」のイメージがついていた食材になります。

 

しかしながら、玉ねぎから、ケルセチンを摂取するには

問題があり、それは最も含まれる部分が「皮」であることになります。

 

皮に近いほどに、多く含まれているものであり

玉ねぎを食す際には、皮はもちろん、皮に近い部分は取り除くことが通常です。

 

サプリでの摂取がおススメの成分の1つ

 

こういった問題を孕む成分こそ、サプリで摂取すべきであり

「不足しがちな」という要素に加えて、「一般的に摂取が難しい」とされる

有効な成分の摂取は、ぜひ積極的にサプリを利用るることをおススメします。

 

このケルセチンに関しても、オメガ3等に続く新たな有効成分として注目され

大手食品メーカーが、新たなサプリの販売を開始しています。

 

「安心感」といった面でも、大手メーカーのアイテムはおススメできるものであり

最新の成分を取り入れたいと考える方は、ぜひチェックしてみて欲しいと思います。

 

<日清食品>海と大地のダブルのサラサラ成分「DHA EPA+ケルセチン」

 

 

最近では、やはりDHA・EPAは「鉄板成分」となっており

この成分に加えて、「プラスアルファ」を配合することが定番になっています。

 

初回キャンペーンで、非常にお得な価格で始められ

また定期購入の休止も、制限がなく始めやすい条件です。

 

また他の「DHAサプリ」と比べても、非常にリーズナブルな価格と言えます。

 

初回購入キャンペーンは、毎週事に「定員」が決まっているようなので

ぜひお得に始めることができるように、チェックしてお試しください。

 

<日清食品>の「DHA EPA+ケルセチン」の公式ページはこちら

「降圧剤」を使わずに血圧を抑えたい~副作用の心配なく血圧を下げる方法~

血圧が一定の値を超えた際、また食生活等の改善だけでは

症状の改善が難しい、と判断された場合には

「降圧剤」と呼ばれる、高血圧の治療薬を投与されることになります。

 

高血圧は、国民病の1つと呼ばれるほどに患者数が多いものであり

降圧剤を利用している人は決して珍しくなく、基本的に年齢と共に増加します。

 

一説によると、高血圧は日本で最も多い「慢性疾患」とも言われています。

 

当然、その治療薬の利用者の割合も大きなものとなるはずです。

(50代で4割、60代で5割以上というデータも)

 

しかしながらこの降圧剤は、慢性的に血圧が高い状態

食生活のみにでは「どうにもならない」状態にとって

最も効果的である一方で、「副作用」に関して

常に懸念されている・度々問題になるものでもあります。

 

>>高血圧問題の基礎まとめ

 

降圧剤の「副作用」にはどんなものがある?

 

降圧剤の主な副作用としては

  • 頭痛
  • 動機
  • めまい
  • むくみ
  • 便秘
  • 味覚障害
  • 高カリウム血症
  • 痙攣

 

以上が一般的なものと考えられ、更に最近では

「認知症」のリスクを、高めるものことにもつながる疑いあるとされます。

 

また「糖尿病」といった、他の疾患の症状・治療薬によっても

副作用に関しても、違いが出てくるものであり

特定の食材との「食べ合わせ」によって、重篤な症状が懸念されることもあります。

 

「ちぐはぐ」が招く副作用

 

そもそも降圧剤の仕組み・種類としては

  1. 体液の浸透圧を調整するもの
  2. 自律神経に一定の操作を加えるもの

 

以上の2つが主なコンセプトになります。

 

1、の浸透圧の調整は、根本的な高血圧の原因である

「浸透圧の乱れ」を改善するものであり

「利尿薬」の一種や、カリウム・カルシウムといった

「ナトリウム」以外の成分で「中和」することが目的です。

 

これらは食生活の改善にも含まれる

体の仕組みを応用したアプローチになりますが

副作用の多くが、2、の「自律神経へのアプローチ」になります。

 

血圧の上昇は、体の「反応」とも言えるものになりますが

最終的に血圧を決定しているのは、「自律神経」になります。

 

そして、自律神経が血圧を上昇すると判断する際に

分泌されることになる、血圧上昇のきっかけとなる物質を

遮断する成分を投与することで、血圧の上昇を防ぎます。

 

しかしながら、本来であれば「血圧が上昇する状態」であり

それを強制的にやめさせることは、非常に「不自然」なのです。

 

これが、副作用を引き起こす要因となる現象と考えられます。



高血圧のリスク・降圧剤の必要性を「半減」させる

 

降圧剤は「薬」であり、血圧を下げるための

最も効率的な手段であることには間違いありません。

 

しかしながら、「自然な」方法で改善したいと考える人も多く

その際には、やはり「食生活」の内容が大きな鍵になります。

 

>>血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ

 

そしてその際には「塩分を控える」と同時に

血液・血管を綺麗にする、という考えが非常に重要になります。

 

血圧の上昇要因は、そのほとんどが「塩分の過剰摂取」

更に「慢性的なストレス」になりますが

それに加えて、非常に大きな要因が「動脈硬化」になります。

 

この動脈硬化は、「高血糖」の状態や

「血中脂肪」が多いことによって招かれるものであり

最終的な血圧の上昇は免れない・自然な現象と言えます。

 

その際に起きていることとは

  • 血液が汚れていること
  • 血管の質の低下

 

以上の2つであり、1は2の原因にもなります。

 

そのため、この2つを改善することは

高血圧のリスクを、半減させることにつながり

また、改善するためのアプローチとしては

最も自演で・強力なものと言えるのです。

 

動脈硬化の問題は、ありきたりなものであり

油断し「なめている」傾向のある人が多いと思われます。

 

しかしながら、血液・血管の改善ほど

体全体の健康リスクの減少に貢献するものはありません。

 

とても大切な考え方なのです。

 

>>肥満・動脈硬化対策に取り入れたいサプリ

 

「水分」は取った方がいい?

 

あらゆる健康問題の解決法に関して、

「水分をしっかり摂るべき」と言われます。

 

しかしながら、高血圧の問題の際には少し違った見方が必要なものであり

そもそもは、濃くなった浸透圧を薄めるために

水分を供給することが、血圧が上昇するメカニズムの一部でもあります。

 

そのため、一概に「水分を摂取することはいいこと」とは

言えないことが現実でもあります。(その分、排尿・排便が必要)

 

あくまでも、「適切な量」を摂り続けることが重要であり

「飲めば飲むほど薄まる」とは、考えないようにしましょう。

 

降圧剤は「使う必要のない人にも処方されている」ということが

問題になることが、多い薬になります。

 

とはいっても、どの程度で「本当に使うべきか」の判断は難しく

高血圧を改善することの最終目的は

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

といった、極めて危険な症状を防ぐことであり

「即死」のリスクを高めるよりは、降圧剤を利用した方がマシであることは確かです。

 

>>中高年が注意すべき・予防すべき病気ランキング~本当のトップ5~

 

そのため、少しでも「使う必要性を減らす」ことが

最も編実的で、体にも優しい考え方と言えるのです。

 

>>高血圧対策に取り入れたいサプリ

 

 

<PR>

血圧上昇を抑える注目の「トクホ」アイテムとは

 

認知症と血管・血液を同時にケアするためには

「腎臓結石」の原因解消と予防は食事から~「腎臓にいい食生活」で大切な臓器を優しく長持ちさせる~

「腎臓」とは、非常に過酷な宿命を背負った臓器です。

 

「脳」や「心臓」とは別に、「別格」とも言える重要な働きを担い

また「最も犠牲になりやすい」という、悲しい一面もあります。

 

その理由としては、腎臓が持つ最大の機能として

「血液のろ過」というものがあり、休むことを許されないためです。

 

もちろん、心臓をはじめとした全ての器官が

生まれたから死ぬまで・常に動き続けているわけですが

食事の際に活性化する「胃腸」や、お酒を飲んだ際に出番の多い「肝臓」と異なり

血液は常に流れ続けるため、常に働き続けなければならないのです。

 

「汚れた血液」のリスクと比例して増える負担

 

そして、中高年の健康トラブルに「よく顔を出す」症状である

「動脈硬化」は、余計な「ブドウ糖」「中性脂肪」といったものによって

血液の濃度が上昇することが原因であり、血管の負担が増えるだけでなく

腎臓の負担が増えることそのものでもあるのです。

 

そして、「血管で構成されている」と言っても過言ではない

非常に繊細な血管の集合体である腎臓は

それ自体に動脈硬化が起きてしまうことで、より深刻な状態となります。

 

この症状は、一般的に「合併症」と呼ばれており

「高血糖」の結果としても、また「高血圧」の結果としても現れるものになります。

 

>>非常に種類の多い「腎臓病」の症状と臓器本来の役目

 

もちろん、悪化した腎臓の状態に付随するトラブルは

重いものだけでなく、様々なものがありますが

その中でも「腎臓結石」と呼ばれる「石」が発生する症状は

早期の命の危険はないながらも、非常につらい症状の1つです。

 

「腎臓結石」とは

 

「結石」と呼ばれるものは、腎臓から尿道にかけて

どこにでも発生するリスクのあるものであり

尿道(尿路)にできるものは、「尿管(路)結石」と呼ばれることでお馴染みです。

 

腎臓結石とは、その名の通り「腎臓にできる結石」であり

その原因は「過剰な(処理できなかった)栄養素」に加えて

最近では、「ストレス」も大きく関わると考えられています。

 

特に

  • 各種「ミネラル」の過剰摂取
  • 尿酸の発生

 

この3つが大きな要因となることは、昔から指摘されています。

 

また動物性脂質の分解過程や、アルコールによって発生する

「シュウ酸」は、リスクを加速されることになります。

 

いずれにしても、血液・尿といった

「体液」の濃度が上昇することで、発生リスクが高くなることは確かです。

 

※結石についての詳しい記事

>>「絶対に避けたい」激痛を伴う「尿管結石」の原因と症状

 

結石は、それ自体が動くことで「痛み」を感じるものであり

腎臓結石は、特に「背中」が痛いことで知られています。

 

そしてこの腎臓結石の原因の多くが「食生活」にあり

それを予防・改善するのもまた、食生活の質なのです。

 

「腎臓に優しい食生活」とは



 

腎臓に関するあらゆる合併症、更には腎臓結石までを

未然に防ぐ・状況を改善するためには

「腎臓のことを考えた食生活」を意識する必要があります。

 

まずは、「食事制限」によって、全体的な食事量(内臓の負担)を減らすこと

特に「ナトリウム」は、高血圧の原因ともなるため

中年以降は、特に意識して減らしていくべきなのは言うまでもありません。

 

これはあくまで「前提」となります。

 

それ以上に重要なことが「水分」を不足させないことです。

 

体液の濃度が濃くなってしまっている、ということは

中和するための綺麗な水分が、相対的に足りていないということです。

 

こまめな水分補給によって、濃度上昇に備えておく

また薄めることが、すぐにできることになります。

 

とにかく「血液」を綺麗にすること

 

食材・成分単体で、腎臓を回復させることは基本的に困難です。

 

これは各臓器にも言えることですが、全て間接的なケアとなり

そしてその最大の鍵を握る要素は、やはり血液になります。

 

これは体液の濃度を薄める(綺麗にする)最たるものです。

 

  • 高血糖
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • コレステロール

 

ありとあらゆるものが、血液を汚します。

 

血液を綺麗に保つためには、水分の摂取と同時に

やはり「DHA」といった、特定の「脂質」が効果的です。

 

「悪い脂質を減らすためにいい脂質を摂取する」というのは

現在では血液対策の主流であり、ぜひ食生活に取り入れる

また足りないと感じれば、「サプリ」等で補充することが大切です。

 

>>血液のためのサプリランキングはコチラ

 

「利尿作用」を持つ「カリウム」の摂取によって

「体液の循環」を早めることで

リスクを減らすという考え方もありますが

同時に「頻尿」のリスクを上昇させることにもつながるため

中高年にとっては「一長一短」と考えられます。

 

できればやって欲しいこと

 

負担の大きい臓器を休ませるための手段として

一度は試して欲しいものが「断食」です。

 

食事をしない(処理するものがない)ことで

腎臓だけでなく、全ての器官の負担が一時的に激減します。

 

汚いから・弱っているからこそ「リセット」が必要です。

 

無理のない範囲で、試して欲しいと思います。

 

  • 3か月に1度1日だけ
  • 半年に一度2日間

 

といった、「定期的」に行うことも意識しましょう。

 

「禁酒」とは比べ物にならないくらい、体が軽くなるはずです。

 

 

<PR>

高すぎる「尿酸値」には

高血圧・動脈硬化・頻尿・薄毛に効果的な「シトルリン」って一体何者?~「手に取りやすい」サプリも~

過剰摂取を気にする必要がなく(常識の範囲内で)

且つ、様々な健康トラブルの改善・美的要素の向上ために有効な成分としては

「ポリフェノール」や「リコピン」といったものが挙げられます。

 

どちらも「抗酸化成分」であり、「アンチエイジング」といった

美容に関する有効成分として知られてますが

それらに加え、より「健康」に関する問題解決に対し

非常にオールマイティーな働きをする栄養素として

今、「シトルリン」が注目されています。

 

シトルリンとは「ビタミン」「ミネラル」に並び

重要な役割を果たす「アミノ酸」の一種であり

「L-シトルリン」として表記されていることが一般的ですが

この「本当の正体」をご存知の方は、意外と少ないようです。

 

万能お助けマン「シトルリン」

 

シトルリンが持つ、基本的な効果としては

体内で「一酸化窒素」を生成し、血管を拡張させることが挙げられます。

 

血管が広がることで、血流がスムーズになるメリットとしては

  • 高血圧のリスクの低下
  • 動脈硬化リスクの軽減

 

といった、基礎的な改善点を挙げることができ

この動脈硬化のリスクの低下は、高血圧の予防につながると同時に

「脳卒中」「心筋梗塞」といった、重大な疾患の予防にもつながります。

 

>>中高年が注意すべき合併症のまとめ

 

あまり血管広がり過ぎると「頭痛」を招くため

健康な・若い人の過剰摂取は控えるべきでもありますが

縮小・硬化傾向にある中高年にとっては、非常に有効な要素です。

 

特に、更年期に休息の血管の収縮リスクが高まる女性は

意識して摂取すべき栄養素であると言えます。

 

>>更年期に入った女性に起きる特徴的な高血圧

 

あらゆる「下半身の衰え」にも

 

数ある中高年の悩みの中には

「頻尿」といった、非常に現実的なものや

「男性機能の低下」といった、下半身にまつわるものも多いです。

 

そしてシトルリンは、これらの「下半身リスク」に関しても非常に有効です。

 

実は、このシトルリンは「精力剤」に含まれる栄養素として

「知る人ぞ知る」成分でもありました。

 

その理由としては、やはり血管の拡張効果によって

男性機能を向上することを目的にしていると同時に

血流の改善によって「前立腺」の機能の正常化にもつながるためです。

 

また、尿の生成に欠かせない「尿素回路」の機能を向上させ

肝臓・腎臓という、2つの重要な負担を軽減するため

正に「健康スパイラル」を生み出すことにつながるのです。

 

この「前立腺」や「頻尿」といったものに

効果のある栄養素としては「ノコギリヤシ」があり

このノコギリヤシとシトルリンは、「相乗効果」によって

薄毛改善の効果もあることが分かっています。

 

※「薄毛問題」をより深く知りたい方は

専門サイト>>毛これ以上ハゲたくないんだ毛ど

 

頭髪と前立腺機能は、密接につながっているようです。

 

「サプリ」での摂取がおススメだけど・・・

 

このシトルリンは、

  • すいか
  • きゅうり

 

といった、「ウリ科」に多く含まれる成分ですが

日常的な食事だけでは、「改善」に必要な量の摂取は難しいことが現実です。

 

そのため、「サプリ」の利用が効果的と考えられますが

上記したように、シトルリンを含んだサプリというのは

いわゆる「精力サプリ」が多く、「手に取りづらい」という意見があります。

 

もちろん、「そっちも気になる」という方にはおススメですが・・・

 

そこで、ここでは数少ない「手に取りやすいシトルリンサプリ」を紹介します。

 

クレアギニンEX



 

「クレアギニンEX」は、シトルリンだけでなく

  • シジミエキス
  • 桑の葉

 

といった、主に「腎機能」を助けるための成分が多数配合されています。

 

また、お馴染みの「ノコギリヤシ」に加え

「活力」につながる「高麗人参」も配合しており

男女共に「更年期障害対策」として、利用できるアイテムです。

 

「クレアギニンEX」の公式ホームページはコチラ

 

また、少し手に取りにくいかも?しれませんが

その他のシトルリンの含有量が多いサプリも、一応紹介しておきます。



 

なるべく「そっちのサプリ」と分かりづらいものを選んでいます。

 

目的はさることながら、とにかく十分な摂取量を含んでいます。

 

「スーパーマン成分」であるシトルリンは

「知らないから摂取していない」という方も多く

ぜひこれから先、有効に利用して欲しい成分になります。

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて