中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

効果的なダイエット!肥満解消を促進する「ケトン体」とは~回路って?糖尿病に効く?発生すると臭い?一体どんな成分なの?~

「ケトン体」という言葉に関しては、一般的には聞きなれない方が多いと思われますが

こと生活習慣病・肥満に悩む年頃の方にとっては、非常に重要な意味を持つ物質と言えます。

 

ケトン体という言葉自体は、おそらく「ダイエット」に絡む話題において

その中でも「糖質制限ダイエット」に関する内容で耳にした、という方が多いと思われまが

それが一体どんな成分なのか、何にとって重要なのか、イマイチ分からない方もいるはずです。

 

ケトン体とは、

脂肪酸・アミノ酸が、不完全に代謝されることで発生する物質であり

また激しい運動や、過食によっても発生が促進される

ある意味で、老化を招くことになる「活性酸素」と似た存在と言えます。

 

しかしながら、「基本的にはマイナス」と考えられるこのケトン体ですが

「発生している状況」が、場合によっては体にとって「プラス」となることもあり

その発生が必ずしもよくないことである、とは言い切れない側面もあるのです。

 

「体に蓄積された脂肪」が燃えている証拠でもある

 

冒頭で挙げた通り、ケトン体とは糖質を制限することで

エネルギーが欠乏した際、体内に蓄えられたいた「中性脂肪」が燃えることでも発生します。

 

糖質制限ダイエットとも呼ばれる、この減量法というのは

全てのダイエット法に共通することでもあり、単純に「持っていたエネルギーとなるもの」

すなわち「いわゆるぜいにく」を燃やすことで、減量が進むことになります。

 

主に「肝臓」に蓄えられている脂質(グリコーゲン)が

分解されエネルギーとなることで、ブドウ糖の不足を補うことになります。

 

ケトン体は、この過程で発生する成分の1つであり「燃えカス」とでも言うべきものです。

 

糖質制限ダイエットと、「ケトン体ダイエット」は実は微妙に異なるものであり

糖質制限ダイエットの場合には、「今までより少ないブドウ糖の量」にする一方

 

ケトン体ダイエットの場合は、1日に摂取していいブドウ糖の総量を決める等

より細かい、厳しい設定を定めるものとされます。

 

※参考記事

>>最も血糖値を上げる食べ物はなんだろうか?

 

>>「糖質制限ダイエット」中には筋トレとたんぱく質が必要不可欠!

 

「ケトン体回路」とは

 

ケトン体にまつわる話題の中では、「ケトン体回路」という名称が出てきます。

 

「ケトン体回路を作る」という表現をされることもあります。

 

このケトン体回路とは、難しい概念ではなく

ブドウ糖の次に燃焼されることとなる、脂肪の「着火」をする経路であり

ケトン体回路を作ることは、単に「エネルギーとなるブドウ糖を減らす」ことと言えます。

 

ただし言葉にするのは簡単ですが、ブドウ糖が不足した際には

脂肪を燃焼させる前に、体内でブドウ糖を作り出す現象である「糖新生」が起きるため

体質によってはこのケトン体経路が、なかなか「開通」しないことも考えられます。

 

特に、体内のブドウ糖の総量が多い「高血糖体質」の場合には

なかなかうまく脂肪を燃やすことができず(インスリンも少ないため)

これは、高血糖体質の人が痩せにくい原因の1つでもあります。

 

※参考記事

>>血糖値が高いと痩せにくいのはなぜ?でも最終的には痩せていく?

 

>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~



ケトン体の発生によるデメリット

 

ケトン体とは、「発生することがいいこと」ではなく

発生しているということが、「減量」や「糖尿病対策」にとってメリットがあります

 

しかしながら、そもそもは「エネルギーの不完全燃焼」によって発生する物質の1つであり

その発生によって招かれるものには、デメリットとなるものも存在します。

 

体臭が悪化してしまう

 

ケトン体の話題において、必ず挙げられるものが

「体臭の悪化」であり、特に「口臭」が強くなることが特徴的です。

 

この「あずっぱい」と表現されることもある独特の臭いは

「ケトン臭」と呼ばれるものであり、ケトン体を構成する「アセトン」という物質が原因です。

 

ケトン体は、基本的には「血液」に溶けるものですが

同時に「汗」にも混ざるものであり、発汗によって体臭が顕著になります。

 

更に「尿」に溶けだすことによって、排尿の際に臭うこと

また「心肺」は血液が密集する部分であり、「吐息」にも混ざりやすくなります。

 

とにかく「代謝」を上げて排出するしかない

 

ケトン回路を作り出し、脂質を燃焼させる際には

このケトン臭の発生を避けることはできません。

 

そのため、発生してしまったもの・発生するメカニズムを

早く解消することが必要であり、代謝の向上が非常に重要になります。

 

  • 水分補給
  • 運動
  • 入浴
  • サウナ

 

これらを組み合わせ、特に入浴は汗を洗い流す行為であり

またそれ自体が発汗を促すことになるため、ぜひ意識して取り組むべきと言えます。

 

そしてケトン体の発生を防ぐことを考える際に、忘れてはならないことが

 

そもそもケトン臭が発生するような、極端なダイエットはよろしくないこと

 

この「ケトン体の発生が喜ばしい」とされる状況を作らなければよかったこと

 

つまり、そもそも肥満・高血糖にならないことが何より大切なことと言えます。

 

 

<PR>

総合的な「血糖値ケア」にはおススメのアイテムとは

脂肪分解・脂肪肝解消だけではない「イノシトール」の効果とは~心にも効く!サプリ等の過剰摂取による副作用は?~

若い頃であれば、男女問わず

「ビタミン(肌へ)」「タンパク質(筋肉へ)」といった
より体を美しく・魅力的に見せるための栄養素を

意識してきたと思われますが、年をとるにつれて「酵素」や「軟骨成分」といった

衰えをカバーするための成分が、より身近な存在になってくるはずです。

 

そしてそれに伴って、「近頃よく耳にする成分」も変わっていき

その中の「1つに、「イノシトール」という成分があるかと思います。

 

ドラッグストア等でも、やたら目にするようになるということは

「そういったコーナー」が、より身近になってきたということでもあります。

 

本当は「痩せる」こと以上に意味のある成分

 

「イノシトール」は、主に「中年太り」の人をターゲットとした

中高年向けの、ややこだわったダイエットアイテムに配合されており

「痩せる成分」という印象がある方も多いと思われます。

 

脂肪燃焼効果があるとして、一時話題になった成分であり

その内容としては、

  • 「LDL(悪玉)コレステロール」を減らす
  • 肝臓に脂肪を溜めない・分解を促進する

 

として主に「脂肪肝」への、大きな効果があるとして注目されました。

 

そもそもイノシトールとは、「ビタミン様物質」と呼ばれる成分の1つであり

体の中で合成することのできる、ビタミンと同じ働きをする成分になります。

 

また、細胞膜を正常に保つために欠かせない

「リン脂質」の合成に必要な成分でもあり

  • 肌の健康
  • 爪の健康
  • 髪の健康

 

といった、粘膜成分の健康に欠かせないものであり

特に劣化することが前提となる、中高年は意識すべきでもあります。

 

イノシトール 500mg 100カプセル (海外直送品)

新品価格
¥980から
(2017/6/12 19:13時点)

「心の健康」にも効果的

 

イノシトールは、脂肪肝をはじめとした

脂肪が関わるトラブルの改善に有効な成分になりますが

それに加えて・同じく有効性が見られるものに

「精神・神経のトラブル」に対する効果が見られます。

 

  • パニック障害
  • 神経症(強迫性障害)
  • 抑うつ症状

 

これらの症状に効果的であること、実際に治療にも利用されることから

身体的なトラブルだけでなく、メンタル面にも効果的なものとして

実は非常に存在感が大きい成分として、注目されるものになります。

 

リン脂質というのは、そもそも細胞を健康に保つために不可欠であり

神経細胞のの正常化によって、「セロトニン」といった

心をおだやかに保つための成分の分泌に、貢献すると考えられます。

 

>>「ストレス」に「セロトニン」の減少が関わるなら増やす方法を考えよう

 

摂取量はそれほど意識する必要がないが



 

イノシトールは、一般的な食生活を送っていれば

特に不足することのない、野菜・果物を中心とした

非常に多くの食材に含まれている成分になります。

 

そのため「イノシトール配合!」とうたうアイテムは多い一方で

「主成分」となっているアイテムは、意外と少ないものなのです。

 

しかしながら、特に「おじさん」に言えることですが

加齢による味覚の変化によって、果物を食べなくなったりすることも多く

そういった場合には、不足が起きることも考えられます。

 

「基準量」といったものは、特に厳密に定められているものではなく

というのも、イノシトールは、ビタミン様物質の中でも

「水溶性ビタミン」と同じ性質を持っているものであり

過剰に摂取した場合には、尿によって排出されることになります。

 

「生活習慣病によって」不足となってしまう事態も

 

ただし、すでに生活習慣病の傾向が見られる場合には

イノシトールの不足リスクを、考慮する必要があります。

 

イノシトールの不足が生活習慣病を招く、というよりも

生活習慣病によって、イノシトールの合成機能が

低下してしまうリスクが、高まることになります。

 

特に糖尿病時には、イノシトールの合成が極端に少なくなるものであり

「糖尿病性神経障害」の症状を、加速させてしまう要因でもあります。

 

イノシトールを正常に合成するために、健康を保つべきであり

正常に機能することもまた、健康を保つために必要なことになります。

 

そう考えた際には、やはり「太らない」ということが

最も必要なことであり、中高年の健康リスク解消の鍵に違いありません。

 

 

<PR>

「中性脂肪」を分解!ダイエットサプリランキング

 

内臓脂肪を効率よく減らして「脂肪肝」を早めにそぎ落とす!~脂肪を「燃やす順番」が鍵を握る~

数々の「生活習慣病」と同じく、中高年の脅威となるものとして

「メタボリックシンドローム(症候群)」が存在します。

 

そもそも、メタボリックシンドロームの定義に中には

特定の生活習慣病が、指定されているものになりますが

その中でも「絶対条件」と呼ばれるものが「内臓脂肪の量」になります。

 

太っている人の中でも、特に「内臓脂肪型肥満」と呼ばれる

内臓脂肪の割合(量)が、一定を超えている場合に診断されるのです。

 

当サイトでは、繰り返し述べていますが

「肥満」は、全ての疾患の素となる要素です。

 

高血圧・高血糖、その他の合併症、そのどの症状も

肥満を解消することが、基本的な改善策になると言えます。

 

>>そもそも「メタボリックシンドローム」とは、どんな状態なのか

 

内臓脂肪とは、「皮下脂肪」と同じく「中性脂肪」に含まれるものですが

たとえ「痩せているように見えても」たっぷりとついていることも多く

とにかく内臓脂肪だけ落としたい!という方も、珍しくはないようです。

 

「内臓脂肪に火を付ける」仕組みを利用する

 

ダイエットの基本は

  • 食事制限
  • 運動

 

この2つであることは言うまでもありません。

 

今回は、あくまで「内臓脂肪」という要素を

いかに効果的に燃焼することができるのか、について考えていきますが

その際には、やはり「燃えるメカニズム」を理解しておく必要があります。

 

内臓脂肪を効率的に燃やすためには、

まずは「脂肪の燃焼スイッチ」を入れる必要があります。

 

そして特に、「内臓についている脂肪」を考慮した際には

  • 極端な(必要量に対して不足となる)糖質制限
  • 長時間の有酸素運動

 

この2つが、鍵を握ることとなります。

 

まずは、エネルギーが足りない状態を作ることで

体内に蓄積されている、脂肪の燃焼スイッチを入れます。

 

足りなくなった分のエネルギーを補う際には

内臓・筋肉に蓄えられていた、様々な成分を分解し

血液に供給することになりますが、その際に意識するべきこととして

「分解する(燃料に使われる)成分が、どう反応するのか」になります。



「燃える順番」を意識する

 

「太る原因」とも言える、食材(エネルギー)の過剰摂取によって

使われることのないエネルギーが、体内に入ってきた際には

その後、様々なカタチで体内に蓄積されます。

 

内臓脂肪も、そのカタチの1つになりますが

この内臓脂肪というのは、内臓以外にも(特定の臓器含め)

筋肉等にも、蓄えられていまいるものになります。

 

また、肝臓に付いた「グリコーゲン」とはブドウ糖の集合体であり

肝臓脂肪(内臓脂肪)とは、また異なるものになりますが

エネルギーが不足した際には、エネルギーとして利用される対象になります。

 

これらの、様々なカタチで蓄積されたエネルギーというのは

その存在する部位・成分の種類によって、「燃える順番」が異なります。

 

「どういった順番で燃えるのか」に関しては

ケースバイケース、と考えられていますが

こと内臓についた「脂肪」を燃やしたいのであれば

「長時間の有酸素運動」が、必ず必要になります。

 

内臓脂肪というのは、その他の脂肪に対して

比較的早く火がつきますが、「着火」までに時間がかかるのです。

 

「筋トレ」等の、短時間で大きな負荷をかけた際には

「筋肉に蓄えらていたエネルギー」が使われることになり

内臓脂肪の燃焼効率を考えた際には、効率的とは言えません。

 

「ただ歩く」ということでも十分であり、何よりも

「お腹がすいた状態で長時間」が必要なのです。(体調にはくれぐれも注意!)

 

「肝臓」を助けることが大きな目標の1つ

 

どうせ内臓脂肪を燃やすのであれば、健康面を考えても

やはり「肝臓」についた脂肪を、優先して燃やしたい人が多いはずです。

 

というよりも、

 

肝臓についた脂肪の分解を、1つの大きな目標としましょう。

 

「脂肪肝」は、肝硬変・肝臓癌へとつながるリスクのある症状でもあります。

 

なぜこれほどまで、リスクとなりやすいかと言うと

エネルギー貯蔵の中心となる場所でもあるためです。

 

肝臓には、脂肪と共にグリコーゲンも蓄えられており

そもそも、内臓脂肪を燃やすかどうかの判断をしているのが肝臓になります。

 

>>血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性~高血糖の人が「老けて見える」理由とは~

 

>>「肥満」が結果的に「肝臓癌」のリスクを上昇させる

 

肝臓は、インスリン・ブドウ糖の代謝を司るだけでなく

脂質の分解・燃焼の支持を与えている器官でもあります。

 

そのため、内臓脂肪を減らすと言うこと自体が

肝臓を助ける・楽をさせてあげることにつながるのです。

 

「内臓脂肪」をピンポイントに分解するアプローチ

 

今回は、「内臓脂肪を効率的に燃やす」ために必要なことを

「順番」という角度から考えてみましたが、最近では「メタボ解消ブーム」とも呼ぶべき

「中高年に特徴的な見た目」を解消するためのアイテムも目立ちます。



 

特徴的な太り方とは、「お腹がでっぷり出た」状態であり

この出っ張りには、皮下脂肪と共に内臓脂肪も含まれます。

 

もちろんこのでっぱりの解消は、肝臓にとっても

体全体にとっても有効なものであり、それらは本来リンクしているものでもあります。

 

見た目をよくするために痩せる・健康のために痩せる・痩せるために健康になる

スタートはどれでも構わず、まずはとにかく行動することが大切です。

 

>>中性脂肪を効率的に分解・燃焼させる新成分「葛の花イソフラボン」とは

 

 

<PR>

中高年のための「中性脂肪解消」ダイエットサプリランキングへ

「難消化性デキストリン」配合!血糖値・中性脂肪対策におススメの「大麦若葉青汁」の効果!

「高血糖」「脂質異常症(高脂血症)」の両症状は

血液内のトラブルであるという、共通点があるとと共に

「動脈硬化」や、それに伴う心筋梗塞等の根本原因でもあります。

 

何より、放置していることで確実に体への負担となり

寿命(健康寿命)を縮めてしまう、典型的な症状と言えます。

 

これらの状態というのは、見た目では分からないものであり

数少ない・最大の特徴は「肥満傾向が見られる」ということのみですが

当サイトでも何度も述べている通り、そもそも太っている状態は慢性的なリスクです。

 

早急に解消する必要があります。

 

そしてその際、高血糖を解決するための「血糖値のコントロール」

中性脂肪の減少を目的とした「ダイエット」は、非常に関係性の高いものでもあり

これらの「メカニズム」を利用することで、より効果的なアプローチができるのです。

 

そのカギを握る栄養素として注目されている栄養素が

「難消化性デキストリン」であり、現在では様々な血糖値対策アイテム

またダイエットアイテムに配合されている、非常に効果的な成分の1つです。

 

更にそのアイテムのでも、特に注目すべきおすすめとして挙げられるものが

「難消化性デキストリン配合青汁」である「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」であり

発売以来、人気・利用者共に急激に伸びているアイテムになります。



 

「特定健康食品(トクホ)」にも認定されており

中高年の「青汁デビュー」にも相応しく、また高血糖の傾向がある

太っている方であれば、尚更おススメできる秘密があります。

 

「大麦若葉青汁」の公式ホームページはコチラ

 

なぜ「難消化性デキストリン」が効果的なのか

 

そもそも、なぜ難消化性デキストリンが注目されているかというと

ブドウ糖の「急激な吸収」を抑制することによって、血糖値の上昇を穏やかにする点です。

 

この働きには、

  • インスリンの負担を減らすことにつながること
  • 中性脂肪の燃焼効率が上がること

 

以上の「高血糖」「ダイエット」に関わる2つの面でメリットがあります。

 

糖尿病を招く「インスリンの疲弊」を抑える

 

まずは、血糖値の上昇が緩やかであることによって

インスリン分泌・機能等の、総合的な負担が減ることが挙げられます。

 

糖尿病に至る、最大の要因とは「インスリン環境の破壊」であり

血糖値の急激な上昇の繰り返しによって、「インスリンが壊れる」ことになります。

 

更には、「インスリンが効かない体」なることで

2つの角度から、糖尿病のリスクが上昇することことにもつながるのです。

 

中性脂肪が燃えやすくなる

 

皮下・内臓に「貯蔵されてしまった中性脂肪」を燃焼させるためには

「エネルギー不足」という状況が必要になります。

 

体を飢餓状態にすることで、足りない分の栄養素(ガソリン)を補うために

体に蓄積されていた中性脂肪・グリコーゲンを燃焼させます。

 

このメカニズムは、ダイエットの根本でもあり

その状況を作りやすくしてくれるのが、難消化性デキストリンの効果でもあります。

 

ぜひ日常的な習慣へと取り入れて欲しいアイテム

 

大麦若葉を配合した青汁はたくさんありますが(青汁の基本的な成分でもある)

難消化性デキストリンに関しては、青汁以外を考えてもまだ非常に珍しいと言えます。

 

また「トクホアイテム」に認定されているものが多く

「基本的に少し高い」という、特別であるが故の特徴もあります。

 

しかしながら、「大麦若葉青汁」に関しては<110円/1日>となっており

他の難消化性デキストリン配合アイテムに比べて、リーズナブルとい言える価格帯です。

 

これは他の「普通の青汁」と比べても、高いとは言えない価格です。



 

販売元は、大手製薬会社「大正製薬」であり

「大麦若葉青汁」以外にも、中高年向けアイテムを中心とした

様々なアイテムを多数販売していることで、広く知られる老舗です。

 

「高品質」であることが特徴的であり、安心して摂取することもできます。

 

いずれにしても「缶コーヒー」「アルコール」を

「大麦若葉青汁」に変えるメリットは、言うまでもありません。

 

「メリットが多い」ながらも「入門青汁」としてもおススメ!

 

「大麦若葉青汁」の構成は、非常にシンプルになります。

 

  • 大麦若葉
  • 難消化性デキストリン
  • 抹茶
  • 緑茶抽出物

 

一般的な青汁には

  • ケール
  • 桑の葉

 

といった、その他の「緑色の」成分も含まれますが

大麦若葉だけでも、十分な栄養素が含まれていること

尚且つ「難消化性デキストリン」の摂取を習慣化できることがメリットです。

 

また「青汁が苦手」だった人というのは、「ケールが苦手」ということも多く

血糖値対策・脂肪燃焼はもとより、始めやすいことも大きなメリットになるはずです。

 

「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ

ストレスを感じるとなぜ太る?~「ストレス」と「肥満」の関係・早く解消して負の連鎖から抜け出す~

中高年に起きる、というよりも世代に関係なく

あらゆる疾患・トラブルに影響する要素として

「肥満」と「ストレス」を挙げることができます。

 

これらは、それ自体が問題のある状態ではありますが

「それに至るまでの過程」こそが、本質的な悪要素と言えます。

 

現在の状態・それに至るまでの要因、この両方を一緒に改善する必要があり

要因を解消しないことには、またその繰り返しになります。

 

そう簡単なことではない、と思う方もたくさんいらっしゃるはずであり

実際に難しいことからもしれませんが、やるしかないのです。

 

そして、この肥満(太ること)とストレスというのは

非常に大きく影響し合っている、「併発しやすい」ものでもあるのです。

 

ストレスによって体重が増える仕組み

 

「ストレスで太った」

 

「タバコを止めたら太った」

 

こういった話は、中年と呼ばれる年代の方であれば

今までさんざん耳にしたことであり、経験したこともあると思います。

 

実際に、ストレスを感じるということは

「太る」という、新たな問題を「自然に」生み出すことになります。

 

そしてこれには、2つの側面があります。

 

ストレスを感じると「お腹がすく」

 

イライラして、無性にお腹がすいた経験は誰もがあると思います。

 

また落ち込んだ時に、やたらと甘いものを欲することも多いはずです。

 

ストレスを感じると、体は「興奮状態」になります。

 

「交感神経」のスイッチが入り、「ドーパミン」が分泌されるのです。

 

ストレスを感じるということは、「ものをたべたくなる」ことに直結します。

 

ストレスから「逃げる」ために食べる

 

もう1つの要素としては、ストレスを感じることで

「食欲のスイッチ」が入ると同時に、「食事」という行為でごまかそうとします。

 

いわゆる「多幸感」というものを求める行為であり

「やけ食い」と呼ばれるものも、これに含まれます。

 

「ストレスから逃げるために食べる」と聞いて、ドキッとした方も多いはずです。

 

「自然なこと」になっていたら要注意!



 

年をとった結果として、

「(油が多い食事を中心に)食べられなくなる」という状態は誰もが通る道です。

 

原因としては、内臓の劣化によって消化機能が衰えたこと

そもそもの、活動するために必要なエネルギー量が少なくなるためです。

 

そして、その誰もが通る段階の「その前」に

「やたら食べる(呑む)」という段階があります。

 

さんざん呑んで、食べて、〆のラーメン・・・

 

「生活習慣病のリスク」は、この段階で急増するのです。

 

こういった行為というのは、「サラリーマンならみんな経験する」

思っている方も多いかもしれませんが、実はそれが「ストレス」が原因であり

「癖」になっている場合には、慢性的なストレスを感じている可能性が高いです。

 

「中堅」と呼ばれる頃になると、同時に「責任」が重くなり

また「家庭を持つ」「子供が生まれる」といった、新たな出来事が増えます。

 

出世・結婚・出産といった、たとえ幸せなことであっても

「環境の変化」というものは、ストレスとして体は認識することになります。

 

※「ストレス」と「肥満」それぞれの参考記事

>>「ストレス」は全ての疾患のリスクになる

 

>>中性脂肪を効率的に分解・燃焼させる新成分「葛の花イソフラボン」の解説

 

>>「肥満」が結果的に「肝臓癌」のリスクを上昇させる

 

忘れてはならない「食べないストレス」

 

ストレスと肥満は「互いに」影響し合っていることを忘れてはなりません。

 

「食べない」ということもまた「ストレス」につながります。

 

「リバウンド」と呼ばれる、食事制限によるダイエットの結果

我慢していた食欲が爆発してしまい、始める前よりも太ってしまう現象は

これもまた典型的な、「ストレスによる体重の増加」とも言えます。

 

正に「本末転倒」です。

 

だからこそ、「計画的な」「無理のない」

更に「ツボを押さえた」ダイエットが必要なのです。

 

「負の連鎖」は早めに抜け出す

 

ストレスで食べてしまう、食べないとストレスを感じる・・・

この「負の連鎖」とも言える状態から抜け出すためには

  • ストレスの解消
  • 食べながら痩せる

 

この2つを意識することが、非常に重要なのです。

 

食事というのは、日常の中の喜びでもあります。

 

痩せなければいけない一方で、「食べるべき」とも言えるのです。

 

また、「食べないストレス」の正反対である

「食べることによる幸せ」は、健康的な生活には不可欠です。



イライラしている時は食べない

 

1つの方法として、「ストレスを感じている」と思ったら

そのタイミングでは、食事を摂らないことを意識しましょう。

 

「食べ過ぎ」の、根本的な予防につながります。

 

もしも我慢できない場合には、「チョコレート」や「ココア」といった

糖分の多いものを摂取して、5分ほど目をつぶりましょう。

 

  • 血糖値を上昇させることで食欲が治まる
  • 糖分による鎮静作用
  • 余計な情報のシャットアウト

 

思っているよりも、効果のあるものです。

 

ぜひ、お試しください。

 

悪影響は無限大だからこそ

 

肥満に陥ってしまう原因は、ストレスだけではなく

もちろん「肥満そのもの」も、十分に体に悪い状態です。

 

ストレスによる、肉体への悪影響は予想ができず

肥満による悪影響は、非常に「リアル」なものです。

 

両者とも、甘く見てはならないものであり

これらが出会ってしまった際のリスクは、「最凶」とも言えるのです。

 

>>中高年におススメの「ダイエットサプリ」ランキングへ

 

 

<PR>

「お腹周りのお肉」を直接減らしたい

 

衰えた「代謝」をアップさせて痩せる

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて