中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」の本当の原因と症状~中性脂肪が招く恐ろしい結果~

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」という病名は

耳にしたことがないという方も多いと思います。

 

その名称から、「肺炎」や「肺結核」に近いものなのかな?と

イメージしがちだと思われますが、その原因は全く異なるものです。

 

肺炎等が「細菌(ウイルス)」によって招かれる症状である一方

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」は「生活習慣」によって招かれる

中年以降にリスクが上昇しやすい、「生活習慣病」と同じ性質を持った疾患になります。

 

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」の症状

 

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」とは

簡単に言い表すと、肺で起きる「動脈硬化」です。

 

「硬化」とはやや異なり、「血栓(凝固した血液)」によって起こるものになりますが

血液内にできた「血液を止めてしまう物質」によって、招かれます。

 

これが脳内であれば「脳卒中」であり、心臓であれば「心筋梗塞」です。

 

正確には「肺動脈」と呼ばれる、心臓から肺へ血流を流す部分に

血栓ができることによって、血流を妨げてしまうことになります。

 

酸素を取り込む器官である、肺自体が酸素不足に陥ります。

 

「血液の質」と「血流」の両方が影響する

 

脂質の多い・質の悪い血液が、血栓化しやすいことは知られていますが

血流が悪化することで、更に発生しやすい状況になります。

 

血栓は、量・質共に徐々に作られていきますが

急激に発生することもあり、急性の肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」は

「エコノミー症候群」として知られています。

 

狭い座席で、同じ姿勢の状態が長く続くこと

また気圧の変化等によって、血栓が急激に生成されてしまうのです。

 

「肺梗塞症(肺血栓塞栓症)」の治療・改善策



 

肺梗塞症(肺血栓塞栓症)は、症状が発覚した場合には

「血栓溶解剤」等によって、血液を「サラサラ」にする処置がとられます。

 

しかしながら、その効果は一時的なものにすぎず

根本的なリスクを減少させるためには

やはり「血液」の質を改善し、血流をスムーズにする必要があります。

 

血液を悪化させている要素を取り除く

 

質の悪い血液とは、高血糖の状態や

「脂質異常症」と呼ばれる、脂肪分の多い血液を指します。

 

肥満体の人の方が、痩せている人に比べて

リスクが高いことは、言うまでもありません。

 

早急に改善しましょう。

 

>>中高年の健康リスクの改善策

 

「足」で発生しやすい血栓

 

肺梗塞症(肺血栓塞栓症)の原因となる血栓は

足(脚)で発生しやすいと考えられています。

 

特に、体に合っていないデスクでの作業や

長時間の運転等が習慣となっている場合には

エコノミー症候群と、同じリスクが発生していることになります。

 

  • 同じ姿勢を長くとり続けない
  • 時々ふくらはぎをもみほぐす

 

といった単純な対策も、リスクの軽減につながります。

 

生活習慣病の「元凶」となる

>>中性脂肪を落とすためのダイエットサプリランキングへ

 

 

<PR>

「お手軽サラサラ習慣」を始める

非常に種類の多い「腎臓病」の症状と臓器本来の役目

「腎臓」は「肝臓」と並び、非常に幅広い働きをカバーしている

重要な臓器であり、同時に「病気・疾患」の種類が多い臓器になります。

 

そして、腎臓の疾患は「非常に重い」ものであることが多く

初期の自覚症状がないにも関わらず

「徐々に」「確実に」進行していくことが特徴的です。

 

そもそも「腎臓」の機能とは

 

腎臓の主な機能は「老廃物の選別(ろ過)」です。

 

常に流れてくる血液・水分の中から

体にとって「必要なもの」だけを取り出し(場合によっては無害化)

「尿」にとして水分と共に排出したり

汚れた血液・水分を綺麗に洗浄して

再度体の中に供給します。

 

また「綺麗にすること」と同時に、体の「浸透圧」を保つため

血液に含まれる各成分の量を、調節する機能の他

「ホルモン」の分泌・分泌の指令を出す臓器でもあります。

 

この仕事を「絶え間なく」行っており、このことから非常に負担が大きく

絶対になくてはならない・止まってはいけない機能であることが分かります。

 

血液の質によって負担が大きく変わる

 

この腎臓の「仕事」は、血液が汚いほど

負担が大きいことは、想像がしやすいものだと思います。

 

というよりも、腎臓が「壊れてしまう」原因のほとんどが

ろ過機能の酷使による「オーバーヒート」です。

 

「暴飲暴食」「過剰な飲酒」が、腎臓病の原因とされていますが

直接名的な要因は、それらの行為によって「血液」の質が悪化することであり

食生活の改善は「血液を汚さないために」必要なものなのです。

 

様々な「腎臓病」の違いは「発生要因」

 

腎臓にまつわる病気の種類は非常に多く

おおまかなくくりだけでも

  • 腎臓癌
  • 腎不全
  • 糸球体腎炎
  • ネフローゼ症候群(尿たんぱく)
  • 腎結石(尿管結石)

 

と様々なものがあります。

 

これらの疾患の特徴は「ろ過」「ホルモン分泌」といった

「腎臓本来」の機能が果たせなくなっていることであり

「患部」や「症状」といったものは、共通していることが多いです。

 

最も大きな違いは、腎機能が壊れる原因であり

それは「血液の質」を乱す要因であり

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常症

 

といった、全ての生活習慣病が

腎臓機能を壊すリスクを秘めています。

 

腎機能が他の疾患を「加速」させる

 

そして、他の要因によって腎臓が壊れてしまうことによって

その原因となった疾患の症状を、更に重いものにしてしまいます。

 

また、同時に「新たな要因」が発生し

その新たな要因は、更に腎臓機能を悪化させるといった

無限の悪循環が始まってしまうことになります。

 

「生活習慣病の恐ろしい要素は<合併症>」と言われますが

その「起点」は腎臓病であり「悪循環の発火点」とも考えることが出来ます。

 

早期発見が非常に難しい

 

「生活習慣病」にも共通して言えることですが

腎臓病・腎機能の悪化も「初期症状がない」ことが特徴です。

 

各種腎臓病に共通して発生する症状に

「尿たんぱく」というものがありますが

この症状に関しても、肉眼で確認出来ないものになります。

 

最も発見しやすい症状は

  • むくみ
  • 疲れやすい

 

といったものであり、これらも中高年によく見られる症状であり

単なる不調なのか、腎臓病なのか判断が難しいものであり

「早期発見」が困難と言われる所以でもあります。

 

 

<PR>

簡単に始められて「習慣にしやすい」生活習慣病対策

背中の痛みは重大な症状の前触れかもしれない

内臓系や循環器系の疾患は、目に見える症状は少なく

「痛み」といった、違和感・感覚で「予想」することも大切です。

 

特に「背中」寄りの、お腹~腰の部分が痛む場合

「これって腎臓の痛みかな?」と

思い始める年齢に差し掛かっている人も多いはずです。

 

様々な経験や伝聞から「背中の痛みはヤバイ」ということを知っており

神経質になっている人も多いのではないでしょうか?

 

確かに、その部分の痛みというのは

単純な「関節通」「筋肉痛」とも考えることが出来ますが

「腎臓」を中心とした、重要な臓器が関わっている可能性もあります。

 

一筋縄ではいかないトラブルの初期症状かも?

 

女性の場合は「生理痛」としても

背中の痛みが発生することは珍しくありませんが

生理の際の、背骨~腰の痛みというのは「関節痛」の一種であり

経血を排出するために、骨盤が開くことによって

血管や神経が刺激されているため起こります。

 

根が深い悩みではありますが、基本的には生理期間が終ることによって

良化していき、また次のタイミングで痛くなるということの繰り返しです。

 

しかし「改善の兆し」が見られない「慢性的」な

背中の症状は、警戒する必要のある疾患・トラブルの

「初期症状」である可能性も否定出来ません。

 

慢性的な「背中の痛み」が初期症状となるトラブル

 

なかなか背中の痛みがとれない場合

  • 何らかの「腎臓(じんぞう)」が関わる疾患
  • 何らかの「膵臓(すいぞう)」が関わる疾患
  • 尿管結石

 

主に、以上の3つの臓器のトラブルを

「まず」考えることが出来ます。

 

腎臓のトラブル

 

腎臓は左右に1つずつ、計2つある臓器であり

腰の少し上の部分の、左右どちらの場合でも

腎臓に関わる疾患の可能性は否めません。

 

非常に重要な臓器でもあり「そのために2つある」

とも感がえられており、実際に負担が多いため

トラブルが発生しやすい・疾患の種類が多い臓器でもあります。

 

膵臓のトラブル

 

「左の肩甲骨の下側」が痛む場合

膵臓の疾患を疑う必要があります。

 

それほどメジャーな臓器ではありませんが

「インスリン」を始めとした

様々な酵素・ホルモンを分泌する臓器になります。

 

特に重大なトラブルである

「膵臓がん」は「自覚症状が最も少ない癌」であり

痛みが出始めた時には「かなり」進行している

おそれもあるため、決して甘く見てはいけない臓器になります。

 

「尿管」結石が出来る場合も

 

尿管結石は「尿管」とは言いますが、腎臓にも出来るものであり

その場合は、背中を中心に傷みが発生します。

 

男性に多い症状ではありますが、3分の1は女性であり

男性では40代~・女性では50代から「要注意」となります。

 

尿管結石は「のたうちまわる痛み」で有名であり

健康診断の数値によっては

この事態を恐れている人も多いのははないでしょうか?

 

背中の痛みが慢性してきた場合の改善策

 

少しなりとも、背中に違和感が出てきた場合は

「十分な水分摂取」と「一定期間の断食」を意識してみましょう。

 

水分は、血液や循環液の濃度を薄めることになり

「腎臓」を中心として臓器の負担を減らします。

 

また内臓が疲れている・オーバーヒートを起こしている

という場合もあり、少し休ませることによって

痛みが取れる場合もあり、年をとるにつれ

定期的に「断食」が必要となるタイミングが増えてきます。

 

数え切れないほどの可能性がある

 

背中の痛みの原因は

上記で解説した3つのトラブルだけではなく

  • ストレス性の胃痛
  • 胆嚢
  • 肝臓

 

といった、様々な要因を考えることが出来ます。

 

また、単に「筋肉痛だった」ということも多く

「取り越し苦労」の場合もありますが

「心配し過ぎ」ということはないパーツであり

もちろん、加齢・生活習慣病によってリスクは上昇していきます。

 

 

<PR>

「サラサラ習慣」でトータルケアを始める

高くなってしまった尿酸値を下げるために必要なこと

中高年が抱える健康問題の中でも、メジャーなのかマイナーなのか

人によって個人差が大きい問題に「尿酸値」の問題があります。

 

尿酸値が高いことによって招かれる

典型的な疾患に「痛風」というものがあり

この症状に関しては、年配の方から「よく聞く」ものだと思います。

 

その名の通り「風が吹いただけでも痛い」と言い伝えられる

日常生活を送るうえで、非常に不便になる症状です。

 

血液中の「尿酸濃度」が高い状態を、正確には「高尿酸値症」と呼び

一定の基準「7mg/dl(デシリットル)」以上という基準が設けられています。

 

尿酸値が高くなる原因

 

尿酸値と言えば「プリン体」という言葉がセットで浮かぶように

プリン体の生成が過剰になってしまったり

排出がうまくいかなくなったりすることによって

尿酸値の上昇につながることになります。

 

また<プリン体>と聞くと、アルコールの過剰摂取によるものと思いがちであり

実際にプリン体を含むものも多いですが、実際には「直接要因」というよりも

プリン体の生成を、促進してしまう働きによる結果が決定的な要素になります。

 

基本的には、日常生活での食事によるプリン体の摂取が主であり

脂質を多く含む食材や「魚卵」や「内臓系」に多く含まれており

たとえ含有量が少ないものであっても、過剰摂取によって蓄積されていきます。

 

一長一短の食材も

 

中性脂肪の分解や、動脈硬化の予防に効果的な

「不飽和脂肪酸」が含まれる青魚の中にも、プリン体を多く含むものもあり

「体にいい」として、過剰摂取してしまうことも問題です。

 

「体のいいものを食べる」際には、「体に悪いもの」に関しても

同時に摂取してしまうリスクがあることも、注意しましょう。

 

どうすれば下げることが出来るのか



 

尿酸値を上げないためには、高プリン体食材の摂取を注意することですが

プリン体は、細胞の生成にも必要な成分のため

一定の量は必要不可欠であり、不足することでも弊害が起こります。

 

そのため「高すぎる尿酸値」への対策という面で考えていきましょう。

 

クエン酸と水分が非常に効果的

 

日常的に出来る、尿酸値・通風の症状への対策としては

  • クエン酸を含む食材(柑橘系の果物・梅干等)
  • 十分な水分摂取によるスムーズな排尿で血中濃度を下げる

 

これらに加え、肉類やアルコールの摂取を控えることから始めましょう。

 

また、尿酸値対策に非常に高い効果を見込むことが

出来る栄養素に「アンセリン」という成分があります。

 

アンセリンは、食事によって摂取することもできますが

十分な量を摂取するためには、プリン体も同時に摂取する必要がります。

 

それではまさらに本末転倒であり、そうならないためにも

ぜひサプリを利用して、効率的に摂取しましょう。

 

「アンセリン」が豊富に含まれているおススメのサプリ

 

内臓の機能の向上によって下げる

 

また体が持つ、そもそもの代謝機能を向上することによって

尿酸の代謝もスムーズにすることが出来ます。

 

「タウリン」といった、肝臓の機能を助ける栄養素も

積極的に摂取することで、より根本的な対策をすることができます。

 

処方箋やアイテムのお世話になる前に

 

サプリによる改善のサポートや、即効性のある「処方箋」による

治療・改善は確かに効果的ではありますが、ずっと飲み続けなければならない

ということは非常に不便であり、根本的な解決にはなりません。

 

そのためには、生活習慣病と同じく「体質の改善」が重要であり

まずは、一度「ファスティング(絶食)」による

「デトックス(毒素排出)」から初めてみることをおススメします。

 

完全な「絶食」までいかなくとも

  • ヨーグルト
  • 味の薄いスープ
  • 酵素ドリンク
  • スムージー

 

といたもので、1~3日我慢してみるだけでも

その「リセット効果」は非常に高いものになります。

 

尿酸値の改善は、血糖値の改善と同じく

生活習慣病の予防・改善に直結します。

 

血液の濃度・浸透圧のバランスは、非常に重要なものなのです。

 

 

<PR>

高品質「アンセリン」を豊富に配合した尿酸値対策の決定版

「肥満」が結果的に「肝臓癌」のリスクを上昇させる

広い範囲で見た場合、人間の死亡率の最大の要因は「癌」であり

基本的には、各器官の「細胞の異常化」によって引き起こされ

「癌細胞」が発生した部分によって

  • 食道癌
  • 前立腺癌
  • 胃癌

 

という名称で、呼ばれることになります。

 

癌細胞は、「転移」によって様々な器官の癌を発症させて行きます。

 

そのため、最初に発生する癌のリスクを抑えることが重要ですが

現代の医学では「癌の予防」は非常に困難なことも事実です。

 

しかし、様々な種類が存在し「基本的には」明確な予防法は

存在しない癌ですが「段階」を経て発症する

ある意味「リスクの上昇具合」が分かりやすい「癌」もあります。

 

段階によってリスクが変化する「肝臓癌」



 

体の状態段階によって、リスクの大きさ変わってくる

典型的な例が「肝臓癌(正式には肝癌)」です。

 

尚、ここでは「転移」による肝臓癌ではなく

癌の「発症ポイント」としての、肝臓癌を例とします。

 

基本的には「ウィルス性」の要因が多い

 

肝臓癌は、肝臓機能低下の原因としての

「肝炎」が、最初のきっかけとして

徐々にリスクが上昇することが分かっています。

 

肝炎が起こる原因としては

「C型肝炎」といった、「ウィルス」が原因となって

発症する「ウィルス性肝炎」がほとんどと言えます。

 

「血液製剤」が原因となった「C型肝炎訴訟」等が有名ですが

感染経路は血液であり、改善することが出来る「B型」と

非常に回復が艱難な「C型」に分けられます。

 

そして「肝炎」が進行し、慢性的になった状態が「肝硬変」であり

「ウィルス性肝炎」によるものとは別に

もう1つの要素として、「生活習慣」が招く肝硬変もあります。

 

「慢性的なアルコールの摂取」と「高脂肪」

 

アルコールの過剰摂取が、肝臓に負担をかけた結果

肝硬変を招いてしまうことになることは、広く知られている

常識的なことでもあり、お酒に関して注意している人も多いと思います。

 

しかし、アルコール性の肝硬変とは別に

「脂肪肝」が肝硬変を招くことも珍しくありません。

 

脂肪が触れうことによって、肝機能の低下を招くことになり

その結果、肝硬変だけでなく「細胞の異常化」という

体の仕組みとして癌を招く、本来のリスクも上昇します。

 

脂肪肝とは、いわゆる内臓脂肪が多くなっている状態の肝臓であり

生活習慣が大きく関わっていることは言うまでもありません。

 

また、肝脂肪が増えるということは

「各器官に栄養を分けるための」器官の血流が悪化することなるため

体全体に栄養素が行き渡りづらくなることを意味します。

 

脂肪肝の原因もまた、

アルコールの、慢性的な摂取であることも多いですが

飲酒習慣が無い人にでも、肝硬変を引き起こす脂肪肝が

進行している人もおり、日常的な注意が必要です。

 

生活習慣が大きな疾患を招くこともある

 

もちろん、脂肪肝は1日で出来るものではありません。

 

また「太らなければ肝臓癌にはならない」

というわけではありません。

 

しかし、生活習慣が大きく関わることは事実であり

「ちょっとした不調」だけでなく

こういった深刻な疾患を招くこともあるのです。

 

少しでもリスクを予防しておくことは

健康対策としては、最も大切なことであり

現段階で「兆候」が見られる人は、すぐにでも始めるべきことです。

 

>>中性脂肪を落とすためのダイエットサプリランキングへ

 

 

<PR>

「血中脂肪」を減らすための「悪玉コレステロール」対策

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて