中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「ブロッコリースプラウト」に含まれる<スルフォラファン>の効果~肝機能の向上が中高年の健康を救う~

健康状態や栄養学に関するトピックにおいて、度々名前が上がることとなる植物に

「ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)」というものがあります。

 

知っていても食卓に並ばない典型的な食材、と言える一方で

非常に幅広い働きを秘めており、今改めて注目されている存在になります。

 

もともとブロッコリースプラウトは、

  • コレステロールの減少
  • 脂肪燃焼の促進
  • 食物繊維による便秘解消

 

といった効果があるとして、女性を中心としたダイエッターに注目されていました。

 

現在では以上に挙げた効果に加え、中高年が抱える健康問題に対して

非常に期待できる効果的を秘めているとして、再注目されており

そしてその中心には、「スルフォラファン」と呼ばれる成分が存在します。

 

注目成分「スルフォラファン」とは

 

そもそもブロッコリースプラウトは、幅広い栄養素を配合しており

いわゆる「スーパーフード」の1つであるとも、考えることができる存在です。

 

※「スーパーフード」とは、質量の割に栄養素の高い食材

 

主な成分としては、

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 葉酸

 

以上が挙げられ、たんぱくそうな外見からは想像できないほどの栄養素が詰まっており

「ブロッコリー」に比べて、非常に高い濃度で含まれることが人気の秘訣です。

 

そしてその中の1つとして注目される成分が、スルフォラファンであり

  • 抗酸化作用
  • 解毒作用

 

といった効果が、衰えていく中高年の健康状態をサポートし

更に、「最も重要な臓器」を守ることにつながります。

 

肝臓機能のサポート

 

スルフォラファンの効果として、最も注目すべきものが解毒作用と言えます。

 

これは年齢が上がれば上がるほどに、重要度を増すものです。

 

疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

上記の記事でも解説しましたが、疲れがなかなか取れない状態が

慢性化している人というのは、肝臓機能が低下という症状が十分に疑われます。

 

そして体のあらゆる臓器の中で、最も大きな解毒作用を担うものが「肝臓」です。

 

アルコール摂取の後における、「解毒作業」は典型的なものであり

その他にも、あらゆる成分を無毒化するために日夜頑張ってくれている存在です。

 

  • 解毒酵素を活性させることによる、肝臓の解毒作用を強化
  • 抗酸化酵素の生成を促進による、新陳代謝の向上

 

肝臓の解毒作用を高め、更に代謝物質である「アセトアルデヒド」等の代謝を高めることから

肝臓の負担を一気に減らすことができ、これらは「γ-GDPの数値の減少」として判明しています。

 

※「γ-GDP」とは、肝臓機能を測る大きな指標となる数字であり

数値が高いほど肝機能が衰えている、悪化しているとみなされる。

 

更に、

  • ピロリ菌の減少につながる抗菌作用
  • 発がん性物質の解毒

 

といった効果にも注目すべきであり、

  • 飲酒
  • 喫煙

 

といった、解毒が必要な習慣を持っている人に、

特に注目して欲しい、ぜひ取り入れるべき成分なのです。

 

「結果的なメリット」が非常に多い食材(成分)

 

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)に限らず、

  • 何を食べれば健康になる
  • 何を食べれば痩せる

 

といったものは存在せず、あくまで「結果的に」と考えるべきです。

 

そして現在の健康状態というのは、あらゆる因果関係の結果と言えます。

 

スルフォラファンは、上記した肝臓のサポートによる作用だけでなく

あらゆる身体機能のサポートにつながるものとして、非常に「効率」が高いと言えます。

 

「そのまま」食べる

 

ブロッコリースプラウトを食卓に並べる際、

必ず意識するべきことが、「生」で食べることです。

 

主にサラダに使われることから、それほど心配はいらないと思われますが

ブロッコリースプラウトに含まれる有効成分は、過熱によって壊れてしまいます。

 

衰えた代謝機能・抗酸化機能は、健康にも悪影響を与えると同時に

「美容」にとっても、懸念材料となるものです。

 

そのためお酒を飲まない方、特に女性にも注目して欲しい隠れた食材と言えます。

「亜麻仁油(アマニオイル)」の効果とは~一体何がどうして体にいいの?~

近年ある程度の期間を通して、「息の長いブーム」と言える食材・食品としては

やはり「体にいい油」と呼ばれるアイテム達であり、常に何らかのアイテムが話題になっています。

 

「鉄板」とも言える、「オメガ3」を配合したアイテムが中心となっており

「機能性表示食品」や、「トクホ(特定保健用食品)」という言葉が

これだけ広く知られるきっかけとなったのも、これらの力が大きいと言えます。

 

これらのアイテムが、これらけ人気を集めた要素として

  1. 血液を綺麗にする
  2. 血管を綺麗に保つ

 

といったことが挙げられます。

 

その目的として考えられるものは、やはり「動脈硬化」の予防であり

生活習慣病と呼ばれる症状への危機感が広がっている、と言える非常にいい環境でもあります。

 

またオメガ3を中心とした成分が、なぜ血液・血管の健康につながり

結果的に動脈硬化の予防につながるのか?という理由としては

それらの成分が、「血中脂肪」や「コレステロール」の解消につながるためです。

(現在では、別のアプローチを目的とした食品もたくさんありますが)

 

そしてこれらは、その「響き」からも「ダイエット」に効果的と感じる人も多く

また実際に、痩せやすい体へ近づくことも効果の1つと言えるため

様々な層から支持され火が付き、大ブームとなりました。

 

ブームの最終形態とも言える「亜麻仁油(アマニオイル)」

 

「DHA」そして「EPA」という、2つの成分から始まった(と考えられる)健康油ブームは

様々なアイテムを生み出し、また同時に健康への関心を高めました。

 

次々に現れる新たな油・成分は、今となっては全て把握するのは難しいことと言えます。

 

そんな中でも、やはりオメガ3(DHA・EPA)は鉄板と言えるまでの存在であり

新たな成分に負けることなく、健康油の代名詞となっています。

 

※参考記事>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

一方で、最近になって「これらよりもいいのでは?」と話題になっている油が

「亜麻仁油(アマニオイル)」であり、最後の・期待のアイテムとして注目されています。

 

亜麻仁油とは、「亜麻」と呼ばれる植物の種子から抽出される油です。

 

最大の特徴は、「コレステロールを含まない」ことであり

且つオメガ3の1つである、「α-リノレン酸」を含むといった

体のいい油が持つ「デメリット」の部分が、少なくて済む「より高品質な健康油」と言えます。

 

亜麻仁油の効果

 

亜麻仁油の効果としては、基本的にはオメガ3と同じく

  • 血液の質の向上
  • 血管の保護

 

以上の結果として、動脈硬化の予防につながること

また「認知症」の予防に対しても、効果的であることが分かっています。

 

またα-リノレン酸は、免疫活性化・抗炎症作用を含む成分であり

加齢によって失われていく能力を、サポートするための心強い味方と言えます。

 

また最も注目すべきは、DHAやEPAといった他のオメガ脂肪酸の力を

より引き出す能力を持っており、「上回る」というのはこの点を指しています。

 

更に「女性ホルモン」を調整する働きを持っており

「更年期障害」という、高いハードルが迫った女性にとって

ぜひ日常生活に取り入れて欲しい・取り入れるべき成分と言えます。

 

毎日少量を「そのまま」摂取すべき

 

亜麻仁油は過熱することで、その貴重な栄養素が破壊されてしまいます。

 

そのためドレッシングにする等、「そのままで」摂取することが推奨されます。

 

また過剰摂取によって、「下痢」を招くこともあるため

一度に大量摂取しないこと、また毎日適度な量を摂取するべきと言えます。

 

「油」がなぜこれほどまでに「ブーム」となったのか?

 

アマニ油やオリーブオイルといった、「ちょっといい(高い)油」というのは

従来も存在していたものであり、「今更なんで流行っているの?」と思う方は多いかもしれません。

 

その理由として、1つは冒頭で挙げた動脈硬化という

生活習慣病の核となる症状への、予防効果があります。

 

そしてそれに加えて、何よりも「不飽和脂肪酸」という存在が

体内で作り出すことができないものであることが、広く知られ始めたためです。

 

牛・豚・鳥等から摂取できる、一般的な脂質や乳脂肪といったものは

「飽和脂肪酸」と呼ばれ、体内で作り出すことができます。

 

しかしながら、これらは「過剰」に摂取されていることが一般的です。

 

一方で不飽和脂肪酸を含む、青魚を中心とした食材の摂取量は減少しています。

 

そして飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸、どちらも必要な存在です。

 

  • 作れる脂肪の過剰摂取
  • 作れない脂肪の不足

 

といった、ちぐはぐな状況に登場したのが「油ブーム」なのです。

 

大切で難しい「継続」するということ

 

健康に対して、関心が高くなることはいいことです。

 

しかしながら「一過性」では意味がなく、また「知っている」だけでは健康になれません。

 

試してみること、加えて「継続」が非常に重要なことになります。

 

不飽和脂肪酸に関しては、「足りない」ということが主な問題であり

外部から取り入れることを目的として、「サプリ」や「食用油」がヒットしました。

 

不足が問題になっているケースは、不飽和脂肪酸だけにとどまらないものですが

過剰摂取が問題となっているケースよりに比べて、解決が容易なものです。

 

また、ダイエットを目的としているのであれば

中性脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪)という、余計なものを減らすことにつながるため

食用油・オメガ3サプリといったものは、非常に手軽な健康習慣であると言えるのです。

 

ぜひ自分に合った習慣・アイテムを見つけて、一定期間継続してみて欲しいと思います。

 

 

<PR>

>>「オメガ3アイテム」も入った動脈硬化対策アイテムランキング

結局、「お酢」は何が・どうして体にいいの?体が柔らかくなるって本当?~健康・ダイエット効果の秘密~

いわゆる「中高年向け」と言われるような、

一定の年齢を超えた方々を、ターゲットにしたアイテムには

「鉄板」とも言える、お馴染みの成分といったものがいくつか存在します。

 

「生姜」等といった原材料なのか、「青汁」といった商品コンセプトなのか

商品のかたちとしては、それぞれ無限に存在するものと言えます。

 

そしてその中にそれ「単体」として、また他の食材・成分と「コラボ」したアイテムとして

中高年向けの健康アイテムにおける存在感が、非常に強いものに「お酢」があります。

 

お酢をベースにした健康アイテムは、特に人気のアイテムであり

「カプセルの中にお酢と一緒に何か入っている商品」は、1つのトレンドと言えます。

 

またお酢という存在は、中高年に向けた効果・目的だけでなく

「ダイエットにいい」といった、非常に万能感のある有効成分である・・・

 

という、「印象」を持っている方は多いと思います。

 

しかしながら、「結局何が・どうしていいのか?」ということを

ご存じない方が多いこともまた、お酢の不思議な存在感とも言えるはずです。

 

そもそも「酢(す)」とは

 

当たり前のように使用・摂取しているお酢とは、そもそも一体何者なのでしょうか?

 

<酢(す)>とは、「酢酸」を一定の割合を含んだ調味料であり

食用のお酢は、「食酢(しょくす)」という呼称になります。

 

主成分である酢酸は、「すっぱい」という味覚を引き出す成分です。

 

お酢はお酒を造る過程において、酢酸菌を加えることで採取できるものであり

その原材料となっている食材から、特徴的な種類を作ることができます。

 

  • 穀物酢
  • リンゴ酢
  • バルサミコ酢

 

といった原材料ごとに様々な種類があり、何より日本にとどまらず

海外には「~ビネガー」といった、バリエーションが幅広く存在します。

 

同時にお酢を応用したメニューは、「酢の物」や「シャリ」だけでなく

その種類と同じく、世界中に無限に存在することになります。

 

ただし料理においては、「それぞのもの」で摂取することは稀であり

あくまで「調味料として」味付け等に、使われることが一般的です。

 

最近では、「黒酢ジュース」をはじめとして

お酢そのものに近いかたちで摂取するアイテムもたくさんありますが

やはり「すごく美味しい」とは言えないものであり、

「体にいいから」という理由で飲むの方が、ほとんどであるはずです。

 

結局、どんな効果があるの?

 

そして、この調味料としてのお酢が持つ、体への有効性としては

  • 「酸性」の力によるもの
  • 「酢酸」の力によるもの
  • 「酢酸以外の成分」の力によるもの

 

以上の3つ要素から、それぞれ存在するものになります。

 

漠然とした効果も

 

お酢を摂取することによって、体にどんな変化が現れるのか?に関しては

これまでも様々な検証が行われてきましたが、やや漠然としてものも存在します。

 

  • 内臓脂肪の低下
  • 高血圧の正常化

 

これらは特に特徴的であり、それも「異常な状態の正常化」につながるものであり

血圧が高い人にとっては、効果的な一方で

正常な人が摂取しても、基準値を下回るというものではありません。

 

「コントロール」のサポートをしていると考えられます。

 

「ダイエット効果」といったものに関しても、こういったものの結果の1つであり

各内臓器官が持つ「代謝機能」の向上から、確かに減量効果を見込みやすいものと言えます。

 

「すっぱさ」による効果

 

酸性であるお酢は、食事の際に摂取することによって

「消化」のサポートをする働きがあります。

 

それによる便の質が向上によって、まずは「便秘解消効果」があると言えます。

 

加えて、

  • 口臭対策
  • 胃もたれ対策

 

これらにもつながる要素です。

 

また味覚・胃への刺激による、「食欲増進効果」も見込むことができます。

 

特に夏場等は、その殺菌効果によって食中毒のリスクを低下させることにもつながります。

 

ただし「すきっ腹」で摂取した際には、もともと酸性である胃液と相まって

胃への負担が大きくなってしまう可能性があるため、注意が必要と言えます。

 

「酢酸」の働きによる効果

 

酢酸を摂取することによるメリットとして、

「血中脂肪の低下」を挙げることができます。

 

これは結果的な高血圧・動脈硬化の対策につながるものであり

継続して摂取することで、より効果的とされています。

 

また食事に併せて摂取することで、その後に消化・吸収の過程だけでなく

余計な脂肪の吸収等にとっても、メリットがあると考えられます。

 

「相乗効果」によるメリット

 

主成分としては酢酸が挙げられますが、お酢には数多くの栄養素・成分が含まれます。

 

酢酸に加えて、「糖分」や「アミノ酸」を同時に摂取できるお酢は

それらの相乗効果を生み出しやすいものであり、その最たるものが「疲労回復効果」です。

 

「夏バテに効く!」といった効果は、疲労回復によるものであり

その結果として、食欲の増進等にもつながっていくものになります。

 

またエネルギーを効率的に燃焼させることにもつながるものであり

食事と共に摂取することで、その後の身体の活動にメリットが大きなものです。

 

あの都市伝説は本当?

 

お酢と言えば、「飲むと体が柔らかくなる」という

言い伝え?を聞いたことがある方は多いと思います。

 

最近ではあまり聞かなくなった、この都市伝説?も

ひと昔前であれば、お酢と聞いてイメージする典型的な効果の1つでした。

 

しかしながら、最近聞かなくなった理由として

「柔らかくなる科学的データがない」ことが知られて時間が経ったためです。

 

ただし、酢酸+クエン酸による「乳酸(筋肉疲労の正体)」の分解作用から

体の疲労が回復したことで、体が動かしやすくなることから

「柔らかくなる」というよりも、「最大限に活かしやすい」と言えます。

 

一説によると、「中国雑技団の人が飲んでいたから」という理由で

同じものを飲めば、同じように体が弱らかくなるのでは?ということから広まったとされます。

 

これはそれだけ古くから、健康食として利用されてきた証でもあります。

 

ぜひ日常的な習慣にして欲しい「注意すべき」食材

 

お酢を摂取する際の注意点としては、

言うまでもなく、「一気に大量に摂取しない」ことです。

 

すっぱいだけでなく、たとえ「体にいい食べ物」であっても

度を超えて摂取することで、その効果は「反転」してしまいます。

 

しかしながら、ぜひ習慣的に摂取して欲しい

短期間に一定の量しか摂取できないからこそ「少しずつ毎日」が大切です。

 

そして、このページで挙げたお酢の効果というのは

どれも「継続的に摂取することで」という、注釈が付くものでもあるのです。

 

 

<PR>

>>中高年におススメの青汁ランキングはこちら

「アガリクス」の効果・効能と副作用~本当に癌(がん)に効くの?おススメのサプリは?~

「アガリスク」という存在に関しては、有名であるかは微妙なものになりますが

「一定の年をとることによって、だんだんと耳にするようになる名前」と言えます。

 

若い頃には、「薬局で見かける程度」だったアイテムでも

加齢に伴って気になりだすものは様々ですが、まさにその典型でもあります。

 

しかしながら、それと同時に「イマイチ深くは知らない」ものでもあり

その目的・効果に関しては、ややベールに包まれたものでもあります。

 

また「胡散臭いな」という印象を持っている方も、多いのではないでしょうか?

 

しかしながら、微妙な印象を持つ方も多いと言える

アガリスクを配合したアイテムは、利用者が非常に多いものでもあり

「青汁」や「養命酒」といった、定番のアイテムと

同じ感覚で利用している方もいるほど、メジャーなアイテムでもあります。

 

このある意味で、特殊な存在とも言える成分に関して

その真相を少し知っておくことも、これからの健康生活に役立つはずです。

 

「アガリクス」にはどんな効果があるの?

 

アガリスクとは、

  • カワリハラタケ
  • ヒメマツタケ
  • ニセモリノカサ

 

という名称で呼ばれる、ハラタケ属に属する「キノコ」の俗称であり

「マッシュルーム」といった、非常に身近な食材も含まれます。

 

多くの方がご存じの通り、キノコの栽培・成長には「菌」が関わるものであり

それ自体が「菌類」という、珍しい存在でもあり

「いわゆる健康作用」を持つことが、判明しているキノコ類は多岐にわたりますが

アガリスクが発見された当初は、非常に画期的な存在と言えました。

 

アガリクスは、約50年ほど前に発見され(ブラジル原産)

研究・実験が繰り返された結果、

  • 免疫作用
  • 血糖値低下

 

といった効果が見られる、「万能」な存在として注目されました。

 

その関連商品は、今なお新たに開発・販売され続けています。

 

これらの効果の理由としては、アガリスクに含まれる

「β-グルカン」の作用による、「NK細胞(キラー細胞)」と呼ばれる

外敵から体を守る働きを持つ細胞を、活性化することにあると考えられています。

 

癌(がん)にも効く?

 

上記したように、

  • 免疫機能の向上による罹患率の低下
  • 血糖値を中心とした生活習慣病対策

 

これらには、「必ず」とは言えない一方で

十分に効果が見込める可能性があると言えます。

 

しかしながら、「癌(がん)」を防ぐ効果があるのか、ということに関しては

未だ研究段階であり、その「予防効果」に関しては賛否両論があります。

 

ただし、アガリクスの属するキノコを常食していた人々の

癌への罹患率が低いことは分かっており、こういったことから

「癌に効く」といった、俗説が広まっていると考えられます。

 

※最近では、「エルゴステロール」というビタミンDに属する成分が

結果的に癌細胞の増殖を防ぐのでは?という研究もあるため

「ない」ということも言えず、可能性は十分にあると言えるはずです。

 

アガリクスには「副作用」はある?

 

キノコには、「毒キノコ」と呼ばれるものも存在するほど

「必ずしも安全」とは言えない存在になります。

 

アガリクスとして販売されているアイテムには、もちろん毒性はありませんが

過去に「肝機能障害」を発症した例が報告されています。

 

ただし、それ以来よりデータの根拠等が徹底されており

「新しいものほど安全」と、言える存在でもあります。

 

また「相性」が大切な成分の、1つであるとも言えます。

 

おススメのアガリスク配合アイテムは?

 

かつては、人工的な細胞が難しく「高価」なアイテムだったアガリクスも

今となっては人工栽培も可能になり、その結果リーズナブルなアイテムも増えています。

 

昔ながらの「アガリクスを取り扱っている薬局」を利用する方も多いようですが

やはり、現代ならではの「サプリ」による摂取も一般的になってきました。

 

また最近では、「ペット用アガリクス」といったアイテムも見られ

「どんな動物にも?」という、より超万能感を感じさせる存在になりました。

 

ここでは、通販で手軽に購入できるアガリスクアイテムを1つ紹介しておきます。

 

キングアガリクス



 

「キングアガリクス」の公式ホームページはこちら

 

国産アガリクス:姫マツタケ



 

「国産アガリクス:姫マツタケ」の公式ホームページはこちら

 

サプリは「食品」に分類されることからも、「副作用」に関しては基準をクリアしており

上記したような、「副作用」が気になる方にぜひおススメと言えます。

 

いずれにしても、試したことがない方には

一度試してみることに、十分に価値があると考えられます。

 

 

<PR>

疲れがとれない・・・という方におススメの「休息成分」も配合されたアガリスクアイテム

【特茶】に含まれる「イソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)」の効能とは~副作用は?体脂肪を減らす効果は本当?~

昨今の健康ブームを象徴するアイテムに、「トクホ」と呼ばれるものが存在し

トクホが「特定機能性食品」の略であることは、今や常識的なこととなりました。

 

このトクホアイテムは、昨今劇的に増えたアイテムと言え

その中でも【特茶】と呼ばれる商品は、どのスーパー・コンビニのドリンクコーナーには

必ず存在するものとなり、その種類も日々増え続けています。

 

その利用者というのは、言うまでもなく健康志向・健康不安を抱えた方であり

また共通する目的として、「生活習慣病」にアプローチするために利用する方が多いはずです。

 

特に

  • 血糖値
  • 血中脂肪

 

これらの「食後の上昇を抑える」といったアイテムは

「食事のお供」として大ヒットし、売り上げを伸ばし続けているようです。

 

当サイトでも紹介している、「難消化性デキストリン」という成分は

ブドウ糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあり

この難消化性デキストリンを含むアイテムは、特茶の中心となっています。

 

※参考記事:>>「難消化性デキストリン」配合!血糖値対策におススメの「大麦若葉青汁」

 

当初は「カテキン」といった、比較的馴染のある成分から始まった特茶も

難消化性デキストリンを含んだものが、徐々にスタンダードになってきましたが

新たに「(酵素処理)イソクエルシトリン」と呼ばれる成分を含んだアイテムが増えてきました。

 

「体脂肪を減らすのを助ける」という特茶に含まれるこの成分は

どんな効果を持っていて、どんな働きによって体脂肪を減らすのでしょうか?

 

※「特定保健用食品」とは、

その食品に含まれる成分が持つ、特定の機能を表示できるアイテムであり

簡単に言えば、「こんな効果があります」と明記できる商品になります。

 

本来であれば、効果を謳えるのは「医薬品(医学部外品)」のみであり

当サイトをはじめ、様々なメディアで非常に「微妙な表現」が見られるのは

「薬事法」といったものによって、表現に制限があるためです。

 

馴染のあるサプリに関しても、ジャンルとしては「食品」であり

「効果を明記することができない」という事情がありますが

特定保健用食品は、「効果がある成分を含んでいる」と言える存在なのです。

 

実は身近な食材でも摂取できる成分

 

イソクエルシトリンという成分に関しては、ほとんどの方が聞いたことがないと思われます。

 

ヒマラヤ原産の「セイタカダイオウ」と呼ばれる植物に含まれる成分であり

当然のながら日本国内で採取・摂取できないものであり、また摂取するための方法として

トクホアイテムくらいしか存在しないため、確かに特別なアイテムであると言えます。

 

「ケルセチン配糖体」の1つであり、化学式が似ている(ケルセチンにグルコースを+)ことから

このケルセチン配糖体に関しても、イソクエルシトリンの量で計算さることが多くなっています。

(「イソクエルシトリンで換算」という表記が見られることと思います。)

 

そして、ケルセチン配糖体(イソクエルシトリン)が持つ

最も大きな効果として、「中性脂肪の分解」が挙げられます。

 

ケルセチン配糖体は、体内では「ケルセチン」として吸収・機能する成分であり

目的に対する効果として、「玉ねぎ」といったケルセチンを含む食材を摂取することと

実はそれほど変わらないものでもあります。

 

※参考記事:>>玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」の効果とは

 

ケルセチンには、

  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 降圧作用
  • コレステロールの分解

 

といった様々な効果が存在し、特茶によって手軽に摂取できることは

玉ねぎが苦手・手軽に摂取したい、といった方にとってメリットが大きいと言えます。

 

また水に溶けやすく(ケルセチンは本来溶けにくい)、吸収しやすくしたものが

ケルセチン配糖体であり、効率的な脂肪分解にはやはり効果的と言えます。

 

何より「ノン(ロー)カロリー」でケルセチンを摂取することができますが

やはり気になるのは、副作用・デメリットの存在と思われます。

 

「用法・容量」と守ってさえいれば副作用はないが

 

気になるイソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)に存在する副作用ですが

「異常な過剰摂取をしなければ、副作用はない」と言えるものになります。

 

トクホアイテムのほとんどが、基本的には「1日1本」という表記がされているはずです。

 

「3倍(つまり3本)」飲んでも、特に重大な副作用はないとされますが

「推奨されている摂取量を守る」ことは、こいったアイテムを利用する際に大切なことです。

 

ほとんどの場合、「それ以上摂取してもメリットがない」とされる量であり

健康的・経済的にも、デメリットの方が増えてしますことになります。

 

難消化性デキストリンが、糖(脂質)の「吸収」を抑える一方で

「分解」をサポートするケルセチンは、別の角度からのメタボ対策にもってこいと言えます。

 

様々な成分・アイテムを組み合わせることもまた

生活習慣病に立ち向かうための、効率的なアプローチであり

トクホアイテムは、常にチェックしておきたいアイテムと言えます。

1 2 3 6
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて