中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「GABA(ギャバ)」の効果で自律神経を落ち着かせて眠りやすい体に変える~「L-テアニン」との相乗効果でよりよい休息を~

近年ブームとなった健康成分の1つであり、すでに忘れ去られてしまった・・・と見せかけて

一過性のブームで終わらず、確固たる地位を築いた成分に「GABA(ギャバ)」があります。

 

ギャバは正式には「γ-アミノ酪酸(ガンマアミノラクサン)」と呼ばれる「アミノ酸」の一種であり

神経伝達物質として、それも「抑制」の質を持った成分として機能しています。

 

一般的に手に入る、ギャバを配合したアイテムとしては

「チョコレート」や「コーヒー」のカタチをしたものが典型的なものと言えます。

 

そして、それらのアイテムに共通しているキーワードとして

「リラックス」があることは、広く知られているものでもあります。

 

また、「ストレスの軽減」につながるイメージの沸くキャッチコピーも多く

いずれにしても、心を落ち着かせる効果を持った成分であることは想像しやすいと思われます。

 

一般的なスナック(チョコレート含)としてのアイテムは

あくまで「気休め程度」と、思われる方も多いかもしれませんが

このギャバは、「休息サプリ」や「リラックスサプリ」の主成分となっているほどであり

ストレス社会で戦う中高年にとっては、ぜひ知っておいて欲しいものの1つです。

 

「GABA(ギャバ)」が持つ効果とは

 

ギャバとは、基本的には体内で分泌・機能する成分であり

主な効果としては、上記したような「リラックス効果」があります。

 

ギャバのリラックス効果のメカニズムを簡単に解説すると、

自律神経を構成する「交感神経」の働きを抑制し

「副交感神経」を活性化することによって、神経が落ち着いた状態へと導きます。

 

ギャバは、そもそもチョコレート(カカオ)に含まれる成分であり

チョコレート菓子を中心として、配合されたアイテムが知られていますが

  • 発芽玄米
  • かぼちゃ
  • キムチ

 

といった食材からも、摂取することができます。

 

「現任不明」なトラブルに対処できる成分

 

このギャバの働きの恩恵を、最も受けるタイミングというのは

「更年期障害」といった、原因が分からないものに対処する際です。

 

更年期障害をはじめ、自律神経失調症といった

原因に加えて「結果も分からない」というトラブルの際には

ギャバが持つ抑制・沈静効果というのは、非常に大きな役割を果たすと言えます。

 

高血圧・生活習慣病の予防にも効果的

 

またギャバは「高血圧」を中心として、「生活習慣病」の予防成分としても知られます。

 

高血圧の大きなの要因の1つである、ストレス(それによる興奮)は

交感神経の活性化から起きるものであり、それを抑制することは

高血圧の直接的な予防につながるものであると言えます。

 

高血圧による動脈硬化が、生活習慣病・合併症の核となる現象であり

早い段階での予防は、これから先の生活に大きく関わるものと言えます。

 

やすらかな眠りをサポートしてする「快眠サプリ」からの摂取がおススメ

 

ギャバはスナック類を中心に、非常に身近な成分であり

それらはストレス対策成分としては、手軽なアイテムでもあります。

 

ただし、「食べれば落ち着く」という考えには

賛否両論があることも事実であり、できるだけ質の高いものを摂取することも大切です。

 

そしてこのギャバは、近年「睡眠(入眠)」を促進するとして

睡眠サポートアイテムである、「快眠サプリ」の鉄板成分となり

質の高いギャバを配合したアイテムが、非常に増えてきています。

 

睡眠に関する悩みは、中高年が抱えるトラブルの中でも非常に多いものです。

 

※参考記事>>眠りが「浅い」日々が「続いている」~意識が消えない?

 

第一には、加齢に伴って「必要睡眠時間」が少なくなることが原因ですが

ストレスやそれによる自律神経のトラブルによって、睡眠の質が低下するものであり

「途中で起きてしまう」や「寝足りない」といった事態が起こりやすくなります。

 

そういった症状にこそ、ギャバの力は大きな手助けとなるはずです。

 

おススメのギャバ配合快眠サプリ「リラクケア」

 

ここでは、ギャバを配合したおススメの快眠サプリを1つ紹介しておきます。



 

「リラクケア」には上質なギャバと同時に、複数のリラックス成分

更に新たな睡眠サポート成分として知られる、「L-テアニン」が配合されています。

 

ギャバと共に配合されている、テアニンに関しても同じくアミノ酸の一種であり

脳内のリラックス成分(主にα波)の分泌を、促す成分として知られます。

 

ギャバとテアニンを同時に摂取することは、

  • 寝つきが悪い
  • 睡眠が浅い

 

といった、典型的な中高年の睡眠トラブルにおいて

最も効率的・マッチした働きかけであると考えられます。

 

また「リラくケア」は、「機能性表示食品」として販売されている
特に質の高いアイテムであり、試してみる価値は十分にあります。

 

「リラクケア」の詳細・購入ページはこちら

 

外部からの効率的な摂取が必要な成分

 

テアニンは緑茶に含まれる「旨味成分」であり、非常に身近な成分ですが

緑茶には「カフェイン」という、睡眠にとっての最大のデメリットがあります。

 

そういったデメリットなしに、有効成分を摂取することができることが

サプリを利用する最大のメリットであり、利用する意味でもあります。

 

特にギャバは、加齢と共に体内での生成量が減少していく成分であり

作れなくなってしまったものは、外部からの摂取が必要と言えます。

 

※睡眠成分に関する記事はこちらも併せて

>>「メラトニン」を増やして睡眠障害・ミッドライフクライシスに備える

「脂汗」が出る原因と対策~吐き気・めまい・下痢が伴うのは病気の前触れ?~

「なんだか嫌な響き」と感じてしまう、体の反応・現象に「脂汗」があります。

 

呼び名に「あぶら」と付く通り、一般的な汗と最も異なる点は

油分が多く含まれていることであり、実際には誰もがかくことのある珍しいことではありません。

 

しかしながら、脂汗には「心配ない脂汗」と「危険な脂汗」があり

特に中高年にリスクが高まる、警戒すべき症状でもあります。

 

一般的に、脂汗と呼ばれているものに関しては

  • 加齢に伴う「臭い汗」
  • 緊張や恐怖による「冷や汗」

 

以上の2つのうち、どちらかを表すことが多いと思われます。

 

前者のは、「代謝の悪化による臭い汗」であり

加齢による皮脂の悪化・代謝機能の劣化が原因となっており

これから先付き合っていくべき、常に対策が必要なものです。

 

現在の食生活・過去の食生活の、両方の影響を受けているものであり

「おっさんの臭い」として、改善が必要なものに違いありません。

 

※参考記事>>年をとると「皮脂」が多くなる?臭くなるのはなぜ?

 

今回は「本当の脂汗を指す汗」とも言える、

後者の「体が異常を感じた際の汗」を中心に解説していきます。

 

加齢による体の変化現象の1つ

 

第一に、年をとることで汗の質が変わってきたしまった根本原因は

加齢そもののであり、これは生理現象として加齢に伴う避けられないものです。

 

  • 内臓の劣化
  • ホルモン分泌の変化

 

様々な要因によって、あらゆる機能が変化する時期であり

その変化の1つとして、汗の質が変わってきているのです。

 

そして、これらの避けられない変化によっても

脂汗(冷や汗)の、基本的な要因を増強させてしまうことになります。

 

冷や汗をかきやるくなっている環境

 

中年期の女性に特徴的なトラブルである、「更年期障害」

その根本に、性ホルモンの乱れによる「自律神経」の異常があります。

 

冷や汗の原因は、何と言っても「精神的な緊張」になりますが

  • 精神的な緊張を増幅してしまう
  • 緊張していなくても体が緊張した状態になってしまう

 

という現象こそが、自律神経の乱れそのものでもあります。

 

そもそも「ストレス」は汗の質を悪化させる

 

脂汗と同じく、加齢によって気になる「不潔要素」に「加齢臭」がありますが

その加齢臭の「本当の臭い」とは、汗が酸化することによって発生するものであり

更にストレスによる、「アンモニア臭」が演出しているものになります。

 

このストレスとは、

  • 加齢臭
  • 脂汗

 

両方の悪臭リスクの、要因となるものであり無視できません。

 

中年期とは、家庭・仕事共に責任が重くなる時期でもあります。

 

年をとることで、あらゆる角度から体が臭くなりやすいのです。

 

これは避けられないことであり、だからこそ対策が必須なのです。

 

>>根本対策におススメの体臭・口臭ケアアイテムランキングへ

 

※汗の増加・手汗が気になる方は

>>汗が増えて異常に臭くなってきた原因と改善策

 

まずは「可能な限りリセットする」ことから

 

年をとって「異様な汗」が増えてきたといっても、そのほとんどが「体の汚れ」と言えます。

 

そのため、まずは何と言っても体内環境の改善が必要ですが

そのための方法は、すでに無数に存在することになります。

 

そのため、ここでは「プチデトックス」とでもいうべき

体の状態をなるべく正確に判断するために、余計な要因を排除することを提案します。

 

本当の原因を隠している「汚れ」を排除する

 

その脂汗が異常なものなのか、それともただの汚れによるものなのか

判断するために、余計な体の汚れを可能な限りリセットするためには

体の状態を、「から」にすることが望ましいと言えます。

 

  • 規則正しい生活リズム
  • 健康的な食生活

 

といったことは基礎中の基礎として、「宿便の解消」に加えて

「アルコール」をはじめとした、「悪いもの」を一定期間摂取しないようにしましょう。

 

本来であれば、「断食(ファスティング)」がより望ましいと言えますが

いきなり行うのは危険を伴うものであり、何より継続が困難です。

 

飲酒・喫煙の影響は、3程度~1週間で「ある程度抜ける」ものであり

(本当のリセットは、もっと時間がかかるものですが)

せめて一定期間は、汚い汗を抜くために頑張りましょう。

 

そして、それでも脂汗が止まらないようであれば

やはりそれは本当に異常なものとして、それなりの対処が必要です。

 

「更年期障害」に近い症状が見られるこからこそ

 

加齢が引き起こす脂汗は、そのまま更年期障害の症状そのものでもあります。

 

特に、

  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸

 

また「下痢」の症状には、もれなく冷や汗が付き物です。

 

そのため中年期の脂汗の対策には、更年期障害へのケアが欠かせないものとなります。

 

性ホルモンの安定を優先

 

更年期の不調の根本には、女性であれば性ホルモンの「減少」

また男性であれば、性ホルモンの「暴走」があります。

 

これらをケアすることが、結果的に脂汗という1つの症状の克服につながるはずです。

 

※参考記事

>>更年期障害はいつから始まっていつまで続くの?

 

>>「男性の更年期障害」の症状と対策~「女性の」との違い~

認知症・痴呆症対策のサポートにおススメの記憶力サプリ「オボエール」の効果と口コミ

年々衰えてくる、「頭の回転の速さ」にがっかりしている方は多いと思われます。

 

加齢に伴って衰える体の機能は、物理的なものだけではなく

あらゆる「感覚」にも影響を与えるものであり、その中でも「頭の中」という

自分にしか分からない劣化というのは、非常に悩ましいものであるはずです。

 

そして「脳みその劣化」の中にも、様々なものが挙げられますが

やはり「記憶力」というのは、最も分かりやすい・顕著な要素と言えます。

 

物忘れ・度忘れといったことが増えてくる中では、

昔はすぐに思い出せたのに・・・」という、個人的ながっかりと同時に

日常生活、特に仕事等が関わる場合には、不便なことも多いはずです。

 

「その先」の重大な懸念につながる前に「できること」を

 

いわゆる「ものわすれ」といった、軽度の記憶力の低下というのは

その大元は異なれど、その先に「認知症・痴呆症」の発展が懸念されます。

 

「忘れてしまう」「思い出せない」というのは、悲しいことであり

いつまでも脳を「はっきり」と保つことは、肉体の健康と同じくらい大切なはずです。

 

※参考記事:>>「物忘れ」の仕組み・ひどくなる原因~「認知症」との違いは?~

 

誰にでもリスクがあるもの(学者といった頭脳労働に関わらず発症してしまう)であり、

できる限りの努力・対策というのは、誰もがしておくべきものと言えます。

 

昨今の高齢化に伴い、中高年向けのアイテムが急増しており

その多くは、「体」にアプローチするものになりますが

健康問題と同じくらい大切なものとして、「認知症」といったものに働きかけるための

健康食品・生活習慣に関しても、研究・開発が活発になってきています。

 

今回は、昨今増えてきた「記憶力サプリ」の中から

最新とも言えるアイテムである、「オボエール」を紹介したいと思います。

 

 

脳の血流から記憶力に働きかける「オボエール」

 

「オボエール」は、一見フェイクアイテムのような印象を受ける名称ですが

その内容は従来の記憶力サプリとは一線を画す、また非常に合理的なものと言えます。

 

主成分は「イチョウ葉」由来の成分であり、脳内の血流に働きかけることで

記憶力だけでなく、脳の機能全体へのアプローチを目的としています。

 

 

※画像は「オボエール」公式ページより

 

脳の活性化をサポートする2つのアプローチ

 

「オボエール」は、イチョウ葉エキスに含まれる

  • フラボノイド
  • テルペンラクトン

 

以上の2つの成分によって、脳の血流に働きかけます。

 

 

血液の凝縮・粘度を低下させることで、

  • 作業記憶
  • 視覚的

 

という2つの行動に関わる、記憶に関わる神経活動を高め

記憶力・判断力の欠如をサポートすることを目的とします。

 

結果的な記憶力の向上は、臨床実験で判明している内容であり

医薬品ではなく、健康食品で実現できる点で非常に画期的と言えます。

 

イチョウ葉以外の「記憶力成分」も

 

「オボエール」に含まれる栄養素は、イチョウ葉エキスだけではありません。

 

長年ハーブの研究を続ける、「オボエール」の販売会社である

「ハーブ健康本舗」が厳選した、記憶力のサポートにつながる成分を豊富に配合します。

 

 

これらの成分の中には、血流の改善につながるとして

昨今注目されている「体にいい油」も含まれており

様々な角度から、血液に働きかけることがため

非常にコストパフォーマンスが高いアイテムと言えます。

 

「オボエール」の口コミ

 

「オボエール」の利用者は、やはり60代、70代が中心となりますが

40代といった「入口」の段階で、利用を始める方も多いようです。

 

 

「早ければ早いほどいい」というのは、あらゆる健康習慣に言えることであり

「なる前に始める」という、危機感を持つことが大切です。

 

継続を前提に早めに始めたい健康習慣

 

「オボエール」は、「飲めばすぐに記憶力がよくなる」というものではありません。

 

また「すぐ効く」というアイテムは、医薬品以外に存在しません。

 

やはりある程度の継続が必要であり、「オボエール」の臨床実験からも

「1日2粒を最低3ヵ月」は、続けて欲しい内容です。

 

そしてその際に気になるポイントが、価格面と考えられてますが

定期購入であれば、

  • 初回33円/1日
  • 2回目以降も116円/1日

 

と、非常にリーズナブルです。

 

 

缶コーヒー・飲酒といった、「つい毎日やってしまいがち」

体に悪い習慣を止め、浮いたお金でぜひ試してみて欲しいと思います。

 

コストパフォーマンスが、マイナスからプラスに変わることは

明らかにメリットが大きなことであり、こういったことの繰り返しが

末永い健康につながることを、決して軽視してはなりません。

 

「オボエール」の詳細・公式販売ページはこちら

 

 

※記憶力に関わる栄養素に関してはこちらの記事も参考に

>>認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物・習慣~DHAサプリ?プラズマローゲン?~

 

>>うっかりミスが増えて来た!ボケ防止のために脳を若返らせる注目の成分「ジオスゲニン」とは

サラサラの鼻水が止まらない・止める方法は?~サプリで花粉・鼻炎対策も~

年齢・性別に関係なく、「毎年恒例」とも言えるトラブルの代表であり

多くの人々が定期的に悩むものと言えば・・・「花粉症」という存在を無視することはできません。

 

その症状は解説するまでもなく、

  • 目がかゆくなる
  • 鼻水が止まらなくなる
  • くしゃみが止まらなくなる

 

といったものに加えて、

  • 胃痛
  • 下痢

 

といった、体の中に起きる症状も珍しくありません。

 

また目・鼻だけでなく、額(頭)や全身にかゆみを感じることもあり

毎年「春(先)」が来るのを、恐れている人は少なくないはずです。

 

しかしながら、この「季節によって現れる症状」と思いがちな症状

「いわゆる花粉症」と呼ばれる症状は、「アレルギー反応」の1つであり

「花粉」という「因子(アレルゲン)」の量が、増大したことで目立つことになるものです。

 

本来の根本的な要因は別の部分にあり、警戒すべき症状は他にも存在します。

 

とは言っても、花粉症の症状の度合いは1つの目安になるものであり

自分の体質と向き合うための、きっかけとして改善に取り組むべき内容になります。

 

なぜ鼻水が止まらなくなる?

 

アレルギーと聞くと、

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎

 

といった「重い」ものを、イメージする方が多いと思われますが

その他にも、花粉症に加えて「鼻炎」といった鼻水・かゆみ程度の症状も存在します。

 

もちろん、苦しい状態には違いなく「鼻水」といった日常生活において不便な症状を伴うことになり

止まらない・かみ続けなければならないことに、うんざりしている人も多いはずです。

 

あくまで春先の花粉によって引き起こされる鼻水の症状は

アレルギー性鼻炎と似たものであり、「サラサラ」していることが特徴です。

 

そもそも鼻水という存在は、「粘膜」からの細菌(外的)の侵入を防ぐためのものであり

すでに侵入・退治したものに関しては、本来であれば「痰」によって排出されます。

 

※鼻水と痰の関係について詳しくは

>>年をとると「痰(たん)」が絡みやすく・止まらなくなるのはなぜ?

 

しかしながら、花粉といった因子が多すぎる状況においては

鼻に存在する「ヒスタミン受容体」を刺激することで、「水のように」出続けることになります。

 

※「ヒスタミン」とは・・・

「かゆみ」を引き起こす体内物質物質であり、血流に乗って体を移動するため

入浴・飲酒によって血行が良くなった際に、かゆみの分布が広がることになる特徴がある。

 

あふれ出る鼻水を止めるためにできること



 

花粉症の症状を抑えるための医薬品・アイテムというのは、数多く販売されており

その内容(働きかける対象)も、選択肢は幅広いものと言えます。

 

一般的には、ア諸症状全般にアプローチする「抗ヒスタミン剤」を利用する方が多く

またもともとアレルギー体質の方に関しては、かかりつけの医師に相談し

「抗アレルギー剤」の内容を検討していくことが、適切であると考えられます。

 

しかしながら、医薬品に関しては相性が悪い(眠くなりやすい)等

なかなか体に合ったものが見つからず、またはなるべく薬に頼りたくない方は多いはずです。

 

因子を排除する

 

そして、そういった方にできることと言えば・・・「洗浄」といった

小さなことを、バカにせずに続けていくしかありません。

 

大切なことは「そもそもの因子のリスク」を減らすことであり

  • 眼鏡
  • マスク

 

といった「防御」によって、鼻腔に付着する花粉を減らすことも重要です。

 

また花粉症の症状は、「寝起き」に強く出るという人も多く

それは「落としきれなかった(溜まっていた)花粉」によるものであり

家に帰った後、特に就寝前のケアが非常に重要であると言えます。

 

「腸内環境」が注目されている

 

冒頭で紹介したように、風邪以外による鼻水というのは

花粉・アレルギー性鼻炎と呼ばれてはいますが、根本的にはアレルギー反応であり

アレルギー反応とは、「自己免疫機能」の暴走と言えるものです。

 

外的から身を守るための反応が、「行き過ぎている」と考えられます。

 

そのため「自律神経」といった要素も、アレルギー対策には重要なものと言えますが

それに加えて、昨今では「腸内環境」という要素が注目されています。

 

腸内環境の改善でアレルギー症状を抑える

 

「腸」という器官は、あらゆる「代謝機能のスタート」を担う部分であり

自律神経のコントロールだけでなく、体内分泌ホルモンの状態を左右する非常に重要な存在であり

「従来考えられていたよりも、より重要な器官」として、昨今あらゆる分野で注目されています。

 

そしてその中でも、特に「免疫」や「抵抗」といった機能への影響が

非常に大きなものであることから、腸内環境からアレルギー症状に働きかけることは

アトピー性皮膚炎をはじめ、花粉対策の主流となりつつあります。

 

特定の乳酸菌が「インフルエンザ」の予防に効果的と

一時期のブームになったことは、ご存じの方は多いと思われます。

 

それと同じく、「乳酸菌飲料を飲む・飲まない」によって

花粉の季節の症状に、変化を感じるという声も聞かれます。

 

※もちろん、個人差のあるものです。

 

それに関連して、敏感肌(弱いアレルギー反応場合も多い)といった方や

アトピー性皮膚炎に悩んでいるに対しても、症状の緩和を期待して

「乳酸菌アイテム」の利用することが、徐々に一般的になってきました。



 

抵抗・免疫機能に有効なアプローチは、現在非常に活発に研究されており

様々な成分が発見・開発されていますが、それらに関しても総じて腸への働きかけが中心です。

 

※参考記事>>加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS」とは



 

「今まで大丈夫だった」からこそ危機感を持つ

 

鼻水・アレルギーといった話題は、年齢に関係ないように思えますが

免疫・抵抗が弱まった際には、よりリスクが高まることは言うまでもありません。

 

「今まで大丈夫だった」という場合でも、免疫の低下によって

よりアレルギー反応が起きやすい状態へと、体が変化している可能性があります。

 

アレルギー反応が起きるということは、もともと要因を持っていたことになりますが

若い(元気な)時期は抑えられていたものが、加齢によって現れるケースもあります。

 

心当たりはある場合は、早めの対策をすべきであることは言うまでもありません。

 

 

<PR>

「アレルナイトプラス」の詳細・販売ページはこちら

 

「ハイパーLPS500」の詳細・販売ページはこちら

簡単に治るかもしれない頭痛と原因不明の「群発性頭痛」の重い症状~薬ではなく食生活で改善するためにできること~

風邪(発熱)と並び、典型的な体調不良の諸症状の1つに数えられる「頭痛」

非常にありふれた症状であり、「心配し過ぎても仕方がない」と考えがちな症状と言えます。

 

しかしながら、実際に「体質」によるものであるケースが多い一方で

重篤な症状の前兆でもあったりと、「たちのわるい」症状の1つでもあります。

 

こういった「本当にヤバい」ケースと、「いつものこと」が混在する症状は

過度に心配し過ぎてしまったり、重篤な症状の前兆を見逃してしまったりと

いずれにしてもマイナスな面が多く、付き合うことが難しいことが特徴と言える症状です。

 

特に、根本的に頭痛の症状が起こりやすい更年期の時期は

女性を中心として、「我慢するしかない(すればいい)」と考えがちですが

それは本来、生活習慣を少し変えるだけで改善が見られる可能性があります。

 

「更年期だから仕方がない」ではなく、できるだけ日々の負担を減らす取り組みを実施しましょう。

 

必ず取り組んでおくべき基本的な頭痛の予防策

 

とは言っても、

 

そんなに簡単に防ぐことができるほど単純な症状ではなく

やはり改善に向けた、最低限の準備をしておくことは必要になります。

 

また本来であれば、体に起きる異変としての頭痛は

その症状・原因によって細分化されています。

 

詳しくは、

 

「頭痛」の原因と治すための効果的な方法・サプリ

 

以上でも解説していますが、頭痛が起きるメカニズムというのは

たとえそれが慢性的なものであっても、一時的なものであったとしても

「神経」が刺激されていること、神経を刺激している「炎症物質」が発生していることになります。

 

血管が広がっていても、また狭くなっていても起きやすく

そのバランスをとることが、非常に難しいものと言えますが

唯一確かなことは、「血行」を改善することが必要であることです。

 

そして血行の改善のためには、血液の質という角度

また「コリ」といった、物理的な角度の両方から見る必要があります。

 

最も基礎的な頭痛の予防・改善策は、血行を正常に保つことであり

血流の改善なくてして、根本的な頭痛の改善はできません。

 

まずは、とにかく、血流を改善することが条件になります。

 

「リセット習慣」を身に着けよう

 

「できることなら、やっている!」という方は多いと思います。

 

実際に、血流の悪化は頭痛だけでなく

  • 眼精疲労
  • 肩こり

 

といった、中高年が抱えがちなトラブルの根本要素でもあります。

 

また何より動脈硬化やそれによる、心筋梗塞といった致命的な疾患の要素でもあり

あらゆる意味で、血液の状態というのは早期の改善が必要と言えます。

 

そしてその際に、コリという角度から改善していくのであれば

ぜひ「リセット習慣」とも言うべき、「滞りの解消を繰り返す癖」を付けましょう。

 

中高年の肩こりにおける、最大要因は間違いなく「同じ体勢の継続」であり

デスクワークを代表として、長時間同じ姿勢でいることでコリが発生します。

 

「そんなことを言っても、仕方がないことだ」と思われる方もいるかもしれませんが

1時間に1回休むとしたら、30分に1回にする等の処置を試してみて欲しいと思います。

 

排水溝の汚れ等と同じであり、毎回(毎日)発生した分を解消することで

決定的な詰まりのリスクは減少し、あふれ出てしまう事態を防ぐことができます。

 

こういったほんのちょっとの習慣で、リスクが大きく変わるものなのです。

 

※参考記事:>>「肩こり」や「頭痛」は貴重な「前兆・初期症状」かもしれない

 

頭痛を緩和に向けた食生活を送る

 

日常生活において、毎日の繰り返しの中で実践できる改善策としては

食生活の内容を変えることによるアプローチも、非常に効率的になります。

 

上記したように、血液・血管の質を改善することが予防になるのであれば

これらの質を向上させるための食生活が、最も必要なことであることは事実です

 

※参考記事

>>玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」の効果とは

 

>>肥満・動脈硬化対策に取り入れたいおススメのアイテム・サプリ

 

そしてそれに加えて、「頭痛そのもの」に働きけることができる食材も取り入れてみましょう。



 

頭痛に効く食べ物

 

ここでは、頭痛の予防・対策という観点から

日常的に摂取することが望ましい栄養素・食材を紹介します。

 

緑黄色野菜

 

血圧を安定させる効果のある、「ビタミンB群」が豊富です。

 

特に高い血圧を正常に戻してくれるため、頭痛の予防にもつながります。

 

バナナ(ミネラルのバランス)

 

頭痛の原因の1つに、ミネラル不足が挙げられ

特に「カリウム」を「マグネシウム」の不足が大きく関係しています。

 

カリウムと、マグネシウムの両方をを豊富に含む

「バナナ」の摂取は、最も効率的な食生活による頭痛へのアプローチと言えます。

 

また、バナナの他にも

  • 海草
  • 大豆製品
  • ナッツ類

 

これらも、ミネラルを豊富に含んでいるため

頭痛体質という自覚がある方は、日常的に意識して摂取しましょう。

 

十分な水分と空腹の回避

 

「水」は、頭痛対策のために欠かせない食材です。

 

脱水症状にある時は、非常に頭痛が起こりやすい状態と言えます。

 

「脱水症状に体を晒さない」という単純なことが大事ですが

お酒を飲んだ後や下痢気味の時は、意外に簡単に脱水状態になります。

 

水分を沢山採れば大丈夫なのではなく

体に吸収できる状態、量の水分を常に摂取することが大切です。

 

また「空腹」は、最も頭痛が起こりやすい状態です。

 

全体的に、血液や体液などの体を構成する水分が関わるものが多く

「量」や「濃度」などの、「バランス」が大切になります。

 

頭痛にとって「カフェイン」は一長一短のある成分

 

コーヒーや、お茶類に含まれる「カフェイン」

最も即効性のあると考えられる、頭痛に有効な成分です。

 

実際に、市販されている頭痛薬の多くに含まれていますが

採りすぎは逆に頭痛を招く原因であり、必ず様子を見て試しましょう。

 

頭痛に対する、カフェインの作用というのは両極端であり

もちろん、「体質」も大きく関わるものになりますが

「適量であればよい効果」を与えると考えて、付き合うようにしましょう。

 

特に慢性頭痛である、片頭痛に有効なアプローチと言えます。

 

片頭痛が発生しているということは、血管が広がり過ぎている状態ですが

カフェインの働きの1つとして、血管収縮作用があるため

頭痛の症状を抑える速効的なアプローチとして、有効な手段になります。

 

一方で、カフェインが頭痛を招いてしまうケースというのは

脳内の血管を収縮させ過ぎてしまった場合に起きることになります。

 

また、興奮・覚醒作用による「自律神経」の乱れも

頭痛を引き起こすトリガーとなってしまう可能性もあるため

ただでさえ自律神経が乱れがちな時期には、より注意して利用すべき成分であり

まさに、「毒にも薬にもなる」という前提で摂取すべき成分になります。

 

>>頭痛対策におススメのサプリランキングはこちら

 

非常に重い頭痛の症状「群発性頭痛」とは

 

頭痛の話題の際には、慢性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)と

重大な疾患(脳卒中等)の、2つの角度から考えることが一般的ですが

それに加えて、それ自体が重い頭痛の症状として「群発性頭痛」が挙げられます。

 

この群発性頭痛は、慢性的な頭痛とも、疾患の症状としての頭痛とも

異なる頭痛の症状と言えますが、誰もが突然発症する可能性のある症状であり

簡単な概要だけでも、知っておいて欲しいと思います。

 

「群発性頭痛」の症状

 

群発性頭痛は、ある一定の時期の、短期間のうちに

それも「毎日」連続して起きる、非常に症状(痛み)が重い頭痛のことです。

 

聞きなれない名称と思われますが、20代~40代の働き盛りの男性に発症者が多く

慢性的な頭痛持ちの人も、そうでない場合も発症するリスクがあると考えられています。

 

毎日同じ時間帯に、1時間前後集中して痛み出し(明け方が多い)

「大人でも耐えられないほど」の痛みを訴え、鎮痛薬の効果が薄いことも特徴です。

 

「決まった頭」の片側を中心に、非常に強い痛みを覚え

その部分を起点に目の奥や頬、そして顎まで痛みの範囲が広がっていきます。

 

流涙や鼻水を伴うことが多く、目が充血することも特徴の1つです。

 

「群発性頭痛」の原因

 

視床下部の異常な働き(先天的・後天的)が、直接の原因と考えられています。

 

また喫煙や気圧の変化、血圧の変化によって、突然に発症状が出始めることもあります。

 

根本的な要因としては、分かっていないことも多いと言えますが

喫煙・アルコール習慣は、群発性頭痛が疑われる際に絶対に避けるべきことになります。

 

群発性頭痛の治療法

 

群発性頭痛は、民間療法や薬局などで販売されている薬によって

自然に(時間と共に)改善することは難しく、医療機関での治療が推奨されます。

 

その際「銃運酸素吸入法」と「薬物療法」の、2つの治療法を平行して試すことになります。

 

銃運酸素吸入法とは、呼吸器官系の病気の人の治療として行われるものですが

群発性頭痛に一番有効な方法とされています。

 

純度100%の酸素を吸入し、血液をスムーズに巡回させます。

 

薬物療法としては、「トリプタン系薬剤」の投与が中心となり

抑止しつつ、頭痛を抑える効果を期待します。

 

一度群発性頭痛を経験し、再度起こす可能性がある人は

予防治療を受けるべきと言えるため、医師に相談し検討しましょう。

 

また群発性頭痛は、発生している時間内は治まったタイミングで起きますが

飲酒をきっかけとして、痛みの症状が発生します。

 

また群発性頭痛だけではなく、頭痛を訴えている際の飲酒は

頭痛を悪化させる可能性が非常に高いため、絶対に控えるべきこととして心がけましょう。

1 2 3 5
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて