中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

更年期障害はいつから始まっていつまで続くの?~発症は40代歳前から?50代まで?期間を早めに終わらせる方法はある?~

いわゆる「中高年世代」の女性にとって、健康問題の主役と言えば

「更年期障害」と呼ばれる、数々の不調の症状になると思われます。

 

その症状は多岐にわたり、含むのか・含まないのか曖昧なものもありますが

「なんとなく具合が悪い」という際の、その内容の多くが更年期障害に関連付けられます。

 

と言うのも、

 

更年期障害の根本原因は、多くの方がご存じの通り「女性ホルモンの減少」にあり

その結果「自律神経」という、体の好・不調を左右するものが乱れることにあります。

 

自律神経とは、心臓の鼓動・体温といった「自分で意図できない要素」を決めるものであり

どんな要素に影響が出るのか・どんな影響が出るのか、ということが予測できません。

 

  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい

 

といった、典型的な・分かりやすい症状だけでなく

原因不明の手の震え・吐き気といったもの等、症状は無限に考えることができます。

 

そしてそういった状況の中では、「一体、いつ終わりが来るのだろう?」という不安

またそういったことが、今後起きることに対する恐怖を感じる方が多いはずです。

 

更に「どのくらいの期間耐えればいいのか?」というものは、

正に真っ最中・これからといった、いずれの女性にとっても一度は考えたことがあるはずです。

 

女性ホルモンの傾向とリンクする症状

 

更年期障害の到来・終結を正確に予想することはできません。

 

多くの方が予想される、「やっぱり、そうだよね・・・」という結論ですが

これから先、いかに医療・科学が発達したとしても難しいことであると考えられます。

 

「始まり」に関しては、様々な検査によってある程度は予想できる・・という

特定の機関もあるようですが、一般人向けではなく高価・複雑な検査が必要です、

 

何より「絶対」ということはなく、「気象予報」と非常に似ているものでもあります。

 

日々移り変わる環境・条件によって、体は刻一刻と変化しています。

 

まして「終わる時期」というのは、始まりを予想するよりもはるかに難しいものと言えます。

 

「早い人では、30代半ばから」

 

「40代前半に始まることが一般的」

 

ということが一般的に言われていますが、「初潮」を迎える年齢と同じく

時代の変化によって、やや変化が起きているようです。

 

いわゆる「ピーク」に関しては、「2~3年」が一般的である一方で

長い人では「5年程度」ですが、その後も「尾を引く」状態が長く続くケースもあります。

 

その他にも、「出産経験が多いほど軽い」といった意見もありますが

必ずしもそうではなく、場合によっては重くなるケースもあるようです。

 

まさに「人によって」と言える症状です。

 

ただし多くの女性が、「閉経」の前から少しずつ症状が現れ始め

完全に閉経した段階では、快方に向かっていることが一般的であり

減少していく女性ホルモンに対して、体が馴染むことが終結させるための条件であると考えられます。

 

最も参考になると考えられる予想方法

 

非常に漠然とした症状であり、ますます不安になってしまう方も多いかもしれませんが

1つの予想方法として、自分の母親を参考にすることは有意義な考え方です。

 

「更年期障害の症状の傾向は遺伝する」ということは、古くから考えられており

必ずしも一致するとは言えませんが、あくまで1つの考え方として

闇雲に調べ・考えるよりは、参考にするべきと言えます。

 

いずれにしても、最も親しい異性であることからも

症状が現れる前に、一度相談しておくことをおススメします。

 

早く始まることもある?

 

早くても30代半ばからと考えらていた更年期障害の症状の発症が

30歳前後で始まってしまう現象は、「若年更年期障害」と呼ばれることもありましたが

現在では、「更年期障害とは別物」と考えられています。

 

いずれにしても、女性ホルモンのバランスが崩れていることが予想され

「産後」の不安定な体調と、似ているものと考えられます。

 

※参考ページ

>>更年期障害の一般的な症状のまとめ

 

>>更年期障害サプリのおススメランキングはこちら

 

正確な予想ができないからこそ備えるしかないが

 

予想ができない、ということは仕方がないことであり

そうであるのであれば、やはり備えておくしかありません。

 

しかしながら、更年期障害の1つの特徴として

「いくら備えておいても、ある程度は症状が現れてしまう」ことが挙げられます。

 

  • 規則正しい生活リズム
  • 大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)の豊富な食生活

 

といった、「更年期障害の理想的な対策」と言える

王道の生活習慣を送っていたとしも、多くの女性が経験せざるを得ない症状なのです。

 

ホルモン・自律神経の影響というのは、一般的な対策をはるかに超える影響を持ちます。

 

「早く去ってもらう」ということを優先する

 

もちろん、対策をするに越したことはありません。

 

しかしながら、「ちゃんとしてたのに・・・」となってしまうことが珍しくない

更年期障害への対処としては、「早く終わらせる」ことを意識することがより重要です。

 

「いよいよ来たか」となった後にこそ、より早い改善・克服を目指しましょう。

 

「十分な対策」よりも「改善の準備」こそ、意識するべき問題と言えます。

 

自分の症状の「傾向」をつかむ

 

冒頭で挙げた通り、その始まり・終わり・期間に個人差があるように

その症状・重さに関しても、人によって傾向が異なります。

 

「自分の更年期障害の症状の特徴」をつかむことが必要なのです。

 

また、24時間継続して症状が現れていることは非常に稀であり

前兆・ピーク・ピークアウトがあることも、全体的な特徴的と言える症状です。

 

そのため、

  • 症状が出る時間・タイミング
  • 強い症状が出る前の身体的・精神的な変化
  • 食生活による症状の変化

 

なるべく細かく、自分なりのデータをとりましょう。

 

「いいもの」も人それぞれ

 

「女性ホルモンと言えば、大豆イソフラボン」というイメージを持つ人は多いはずです。

 

しかしながら、大豆食品を食べればよくなる・・・わけではないからこそ

長きにわたって、多くの女性が悩んできたものでもあるのです。

 

そのため、なるべく症状が軽い段階において

食生活を中心として、自分の体を使った様々なテストをするべきと言えます。

 

克服に向けたプラスアルファとして、漢方・サプリの利用もおススメですが

漢方が向いている・サプリが向いているかに関しても、

人それぞれ異なるものであり、実際に試してみるしかありません。

 

最近のアイテムでは、高麗人参や大豆イソフラボン以外の成分を

主成分としているものも多く、「質」に関してもこだわったものが増えています。

 

※参考記事

>>更年期障害に「プラセンタ」は効果があるのか

 

>>婦人病・女性ホルモンが関わる症状の新たな有効成分「エクオール」とは

 

また「何がいいのか」ということに関しても、母親と類似することも多く

症状の傾向が似ているといいことは、改善手段も参考にできるということでもあります。

 

いずれにしても、「始まり次第すぐ」を意識することが最も重要なことになります。

婦人病・女性ホルモンが関わる症状の新たな有効成分「エクオール」とは~「副作用について」と「注目のおススメサプリ」も~

女性ならではのトラブル症状は、「婦人病」と呼ばれ
代表的なものとしては、「乳房・子宮の疾患」や「更年期障害」が挙げられます。

 

これらの女性特有の症状には、「女性ホルモン」が関わっていることは

常識的なことであり、症状を緩和・改善するための研究・開発は

古くから継続されてきており、民間療法から科学的な治療まで幅広く存在します。

 

現代では「減少する女性ホルモンをいかに補うか」がカギであるとされ

医療機関でのホルモン治療の精度の向上や、「漢方成分」をはじめとした

女性ホルモン成分を、より手軽に摂取するための「サプリ」の研究が進められています。

 

そして最近では、「新しい有効成分」の発見も活発になっており

その中でも、「プロテオグリカン」等といった成分に並び

「エクオール」という、パワーアップした従来の成分が注目されています。

 

エクオールの正体とその効果とは

 

エクオールという成分について、特徴を簡単に言い表すと

女性ホルモン成分の代表格である「大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)」

腸内で変換されることによって生成される「濃厚なイソフラボン」です。

 

この変換作用には、特定の腸内細菌が関わっており

その細菌を保持しているのは、日本人では「2人に1人」と言われています。

 

つまり、体内で作れる人と作れない人が存在するのです。

 

世界的にみると、これは「多い方である」とされていますが

「作れる人」の割合が、減少している傾向があるようです。

 

「ホルモン」の「バランス」をとる働き

 

女性ホルモンが減少するということは

「バランス」が、崩れやすくなるということでもあります。

 

女性ホルモンには「エストロゲン」以外にも、様々な成分がありますが

エストロゲンの減少が顕著になるにつれて、一気にバランスが崩れることになります。

 

そのバランスの崩れが、「いわゆる更年期障害の症状」を引き起こすのです。

 

>>「更年期障害」の基本的な症状について詳しく

 

「持っていない可能性」があるからこそ「サプリ」がおすすめ

 

エクオールは、そもそも体内で生成することができない人も多く

また、エクオールを生成する腸内細菌を持っていたとしても

摂取した大豆製品から、十分な量のエクオールを作りだしているとは限りません。

 

そのためこのエクオールに関しても、他の「日常的に摂取できない成分」と同じく

サプリを利用した摂取が、より効果的であると言えます。

 

ここでは、現在においてもまだ数が少ないと言える

「エクオールサプリ」の中でも、特におススメのアイテムを紹介します。

 

エクオール+ラクトビオン酸



 

従来の漢方・更年期サプリに代わり、現在利用者が増え始めている

注目のサプリであり、非常に高品質なエクオールを配合しています。

 

更に中年以降に増えてくる、「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」への

対策にもなる「カルシウム」の合成を促す「ラクトビオン酸」も配合しています。

 

「新しい更年期サプリ」と言えるアイテムになります。

 

「エクオール+ラクトビオン酸」の公式ページはコチラ

 

>>更年期移行に激増する「骨粗鬆症(こつそそうしょう)」について詳しく

 

ノムダス

 

 

「ノムダス」は、エクオール以外の成分も含む

中年女性のための「トータルサプリ」と言えるアイテムになります。

 

他の「和漢エキス」や、「乳酸菌」といった配合されていることから

健康だけでなく、美容に関してもアプローチできるアイテムになります。

 

「ノムダス」の公式ページはコチラ

 

効果・副作用は個人差が大きい

 

婦人病に効果的とされる成分に関しての話題には

「副作用」に関するものが、欠かせません。

 

そして、その効果・副作用・プラス・マイナスというのは

個人差が非常に多く、一概には言えないものでることが現実です。

 

効果が大きいほど、副作用も大きい可能性があるとも考えられます。

 

これはエクオールに限ったことではなく、漢方として昔から使われている

高麗人参を中心とした、自然由来の成分でも同じ事情になります。

 

こればからりは、試してみなければ分からないものになりますが

サプリに関しては漢方とは異なり、独自の審査基準があるため

基本的には、副作用はないと考えられるものです。

 

そのため、「漢方よりサプリ」という傾向が強まっているのです。

 

>>「更年期サプリ」のおススメランキングへ

 

 

<PR>

「高麗人参とプロテオグリカン」をセットで試したいなら

更年期障害に「プラセンタ」は効果があるのか~副作用・注意点は?どうして「馬」と「豚」なの?~

「更年期障害に効く」とされている成分は、幅広く存在しますが

その中でもの、ある種「異質」な印象を持ってしまう成分が「プラセンタ」です。

 

多くの方がご存知かと思われますが

プラセンタとは「胎盤」を指す言葉であり

女性の象徴とも言える、「子宮」の一部によって

更年期障害の症状を緩和するというものになります。

 

一定の年齢に差し掛かった、多くの女性が経験することになる

「更年期障害」とは、「女性ホルモン」が大きく関係している症状であり

女性そのもの・女性であるが故の症状と言えます。

 

こういった、悪化した患部の状態を改善するために

その患部を体に取り入れることは、はるか昔から行われてきた療法であり

珍しいものではありませんが、一方で「そんなに単純なことなの?」

疑問を持っている人も多いはずです。

 

はたして、プラセンタはどういった理論で

更年期障害に働きかけ、本当に効果があるのでしょうか?

 

>>更年期障害の基礎知識

 

手軽に利用できるようになった「プラセンタ」

 

プラセンタは、ある意味で「漢方」に似たコンセプトであり

ひと昔前は入手が困難だったため、非常に高価なものでした。

 

しかしながら現在では

  • サプリ(経口アイテム)
  • 注射
  • クリーム
  • パック

 

と、比較的気軽に入手・摂取が可能になっています。

 

一般的に流通しているアイテムに含まれる、プラセンタ成分は

基本的には「馬プラセンタ」と呼ばれる、馬の胎盤から抽出した成分

もしくは「豚プラセンタ」と呼ばれる、豚から抽出した成分が主になります。

 

どうして、馬・豚なのかというと・・・

 

この後に解説しますが、「プラセンタ注射」に使われる

プラセンタは「ヒト由来」であり「医薬品」に該当します。

 

そういった「規制」「制度」によって、

「ヒトプラセンタ由来のプラセンタサプリ」というのは基本的には存在しません。

(外国で入手できることが問題になったケースはあります。)

 

超高栄養価

 

プラセンタには、非常に多くの種類の栄養素が含まれており

「スーパーフード」とも言える構成になっています。

 

また人間・細胞を構成するうえで、非常に希少な成分も含んでおり

健康・美容に対して、効果的であるとされることも納得できます。

 

少なくとも、非常に栄養のある成分と言えます。

 

更年期障害に効くの?

 

プラセンタが、更年期障害に効果的であるとされる理由として

  • 炎症を抑える
  • アレルギーを抑える
  • 自律神経を安定させる

 

といった効果があることが認められています。

 

 

ただし、「全ての人に効く」とは言えません。

 

 

合う・合わないがあることもまた、事実のようです。

 

「飲む」よりも「注射」だが

 

プラセンタの「経口摂取」に関しては、賛否両論ありますが

実際に、効果があるという臨床データが支持されているようです。

 

またいずれにしても、「抗炎症」「抗酸化」といった

健康・美容に関する効果は、認められており

多数の「プラセンタアイテム」が流通していることからも

実際に効果を感じている人も多いはずです。

 

しかしながら、最も効果的な手段は「注射」による投与であり

医師免許を持った専門家でないと、処方できない手段になります。

 

いわゆる「プラセンタ療法」と呼ばれるものですが

「より効果的」という一方で、「劇薬」とも考えられるものであり

非常に慎重に経過を見極めながら、継続することになります。

 

合う・合わないに関しても、経口摂取よりも極端であり

余計に体調を崩してしまうことも考えられます。



「気軽」と「本気」のどちらかにするべし!

 

「副作用」といったものを考慮すると

試してみることに関して、躊躇する方が多いかもしれません。

 

しかしながら、現在は「医師の下でのプラセンタ注射」に関して

非常に安全な状況になっており、重大な副作用は非常に稀なようです。

(それでもまだ軽い副作用は、確認されています。)

 

また、いずれにしても「決断」が必要であり

通院といった手間もかかるため、ちょっと試してみようかな?と言う場合は

「サプリ」による摂取をおススメします。

 

サプリに関しては「食品」であり、基本的に副作用ないものであり

安心・手軽に試することができるというメリットがあります。

 

いずれにしても「ちゃんとする」「手軽にする」

どちらかのスタンスが、必要な成分であると言えます。

 

 

<PR>

>>更年期対策サプリのランキングページへ

お風呂上りの立ちくらみ・気持ち悪くなる症状~高血圧の中年女性は要注意!~

お風呂上りに「めまい」がしたり、頭が「ぼーっ」としたり

「動悸」と同時に、腕が「突っ張って」しまったという経験は

誰もが一度はあることと思いますが、年をとることによって

特に女性の場合には、頻度が多くなっているのではないでしょうか?

 

なぜ「お風呂上がりなのか?」という点については

何となく理解されている方も多いと思います。

 

これらの症状は、症状そのものが危険であると同時に

転んで頭を打ってしまう、というような二次被害を起こす可能性もあり

正しい知識を持って、予防・対処する必要があります。

 

「リラックスの後」の危険な代償

 

このお風呂上りの不快な症状には

  • のぼせ
  • 貧血
  • 低血圧

 

主に以上の3つの要因が考えられます。

 

お風呂上りの「のぼせ」

 

入浴の際の注意点といえば「のぼせ」であることは常識的です。

 

この「のぼせている」状態というのは

入浴によって、体温が上昇していることはもちろん

血管が開いたことによって、どうしても「ふわーっ」とします。

 

一方で、水圧によって「心臓」はもちろんのこと

血管に関しても圧迫されており、これは「高血圧」の要因です。

 

開いた血管に、速い・強い血流が流れることで

のぼせの症状は起きると考えられています。

 

お風呂上りのリスクは様々であり、要因に関しても諸説ありますが

結局は、体内で「ちぐはぐな反応」が起きるていることが根本にあります。

 

お風呂上りの「貧血」と「低血圧」

 

「貧血」と「低血圧」も、有力な要因であり

それぞれのぼせとも、無関係ではない症状になります。

 

「上がった瞬間」に起きやすいものであり

その時、体内で起きていることを知っておきましょう。

 

まず「座っている状態」から「立ち上がる」ということで

脳内の血液・酸素が急激に低下し

これだけで意識障害や、四肢の突っ張りの原因になります。

 

「脳貧血」と呼ばれる症状です。

 

また「のぼせ」も含め、血管・血液が関わる症状というのは

血圧が「正常ではない」状態において、リスクが高まります。

 

貧血かと思いきや「起立性低血圧」の可能性もあるのです。

 

特に女性の場合は、基本的に貧血の傾向があり

同時に、高血圧と共に低血圧の方も多いため

中年以降、より注意が必要になります。

 

>>更年期に入った女性に起きる特徴的な高血圧

 

この症状は、現実として加齢と共に増加するものであり

老人と言われる年代の方は「5回に1回」は起きる、とも言われています。

 

安全に入浴するための対策・リスクの予防策



 

以上の症状を、予防するための対策というのは

これもまた極めて常識的なものであり

  • 熱すぎる湯に浸からない(適切な温度)
  • 長風呂し過ぎない(何事にも適度があります)
  • 急に・一気に立ち上がらない

 

以上の3大原則を守りましょう。

 

加えて「かけ湯」をしてから・体を慣れさせてから入浴する

「飲酒直後の入浴は控える」といった、それ以前のマナーも大切です。

 

また貧血・高血圧という、根本的なリスク要因の解消が

何より重要であり「起きにくい」状態になっておくことが何よりです。

 

「入浴」というのは、あらゆる体の不調を解消するために

非常に有効な習慣であり、ぜひ「いい入浴習慣」を実践して欲しいものです。

 

しかしながら、リスクがあるものだということを忘れず

メリットがデメリットにならないよう、意識することも習慣化しましょう。

 

 

<PR>

快適な入浴のお供として長年ロングセラー!

更年期を乗り越えるために効果的な「高麗人参」と「プロテオグリカン」の相乗効果

更年期の辛い症状は、特に女性に現れやすく

長い間その対策が考えられてきた、永遠の課題でもあります。

 

いわゆる「更年期障害」の、根本的な原因は

男女問わず「性ホルモン」の減少であり

女性の場合は、減少していく「女性ホルモン(エストロゲン)」

体が慣れるまでの2~5年を、いかに「乗り切るか」

ということが、主な課題とされてきました。

 

基本は「天然成分」による「民間療法」

 

更年期の症状への対策としては

主に、家庭内で日常的に行う「東洋医学」として

食事を中心とした、生活習慣への働きかけが一般的です。

 

「HRT」と呼ばれる、外部からのホルモン治療も存在しますが

副作用を伴うこともあり、未だに抵抗がある方も多いようです。

(研究が進むに従って、徐々に安全性は増しています。)

 

やはり、基本的には「日常の中で」ということになります。



更年期の諸症状に効果的な様々な成分

 

従来、更年期に現れる様々な症状に

効果があるとされてきた成分には

  • イソフラボン(植物性エストロゲン)
  • 高麗人参
  • マカ

 

といったものがあり、これらを配合した

漢方・サプリも、多く販売されています。

 

>>更年期障害対策サプリのランキングはコチラ

 

もちろん、これらに一定の効果があることは確かであり

特に「抗酸化成分」である「サポニン」を含む

高麗人参は、幅広い「婦人病」に効果を見込むことが出来ます。

 

この「高麗人参」には、様々な種類が分かっており

その1つ1つの詳しい研究も、更年期対策の中心となってきました。

 

そして近年、特に更年期の症状に効果的であるとして

「プロテオグリカン」という成分が、注目されています。

 

「内」と「外」の両方の症状に効果的な「プロテオグリカン」

 

更年期に体に現れるトラブルは「体調」だけではありません。

 

「プロテオグリカン」は、聞きなれないという方も多いと思いますが

もともとは「関節痛」に効果のある成分として

「グルコサミン」の「次の」成分として、知られているものです。

 

関節の構成に必要な

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

 

といったものを豊富に含んでおり

これらは「お肌」に対しても

  • ハリ
  • ツヤ

 

をもたらす、中高年の女性にとって(もちろん男性にも)

非常に有効な成分になります。

 

「人参」との相乗効果

 

そしてこの「プロテオグリカン」の、もう1つの効果として

「新陳代謝の促進」というものがあり

高麗人参の持つ「抗酸化作用」をより引き出すことにつながります。

 

「抗酸化作用」とは、体の「錆」である

「活性酸素」の除去をするための働きであり

新陳代謝を高めることによって、よりその効果を高めることが出来ます。

 

活性酸素は「生理痛」といった、女性ならではの

体調不良の元凶であり、一生つきまとう要素になります。

 

体の酸化とは、すなわち「老化」であり

効率的な活性酸素の除去は「ゆるやかな老化」を実現させます。

 

更年期のトラブルの解決のためには

体の「内側」だけでなく、外側からの改善策も必要であり

同時に・より効果的に進めることが、効率的な克服につながるはずです。

 

 

<PR>

良質な「高麗人参」と「プロテオグリカン」を配合した「最新酵素サプリ」

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて