中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

なぜ年をとると咳が続く・止まらなくなるのか?~おじさん特有の咳の原因への万能な対処法~

加齢によって、「より慢性的になってくる傾向がある」症状は多岐にわたりますが

その中でも「咳(せき)」というのは、何とも不快なものであり

自分が苦しいだけでなく、周囲もうるさいと感じてしまう基本的に不快なものです。

 

そしてこの咳が悩みとなる所以は、「我慢ができない」という点であり

自然と出てしまう・出したくないのに出てしまう、といった域を超えて

「どうしても我慢することができない咳を連発してしまう状態」となっている人は多いようです。

 

特に「おじさん」に多い症状であり、咳が出てしまう根本的な要因に加えて

慢性的になっている・一度の発作的な咳が長く続いてしまう原因を解決する必要があります。

(もちろん「おばさん」にもリスクが増すものですが、ここでは「おじさんの咳」と表現します。)

 

無限に存在する咳の原因

 

「そもそも咳って、どうして・なんのために出る(出す)の?」と考えた際には

おそらく「喉の辺りが不快な際に、リセットするため」と答える方が多いと思われます。

 

そして、その「喉が不快になる要因」こそが

咳を招いている根本原因であることは、多くの方が理解されるはずです。

 

一般的なものとしては、「ウイルス(細菌)」による粘膜の刺激が挙げられ

それらを排除するために、咳が出ることになります。

 

典型的な例とも言える、「風邪」を引いた際の前後・最中には

  • 喉に付着した細菌を追い出すため
  • 喉の炎症による不快感

 

という、2つの角度から咳が出ることになります。

 

また、風邪・発熱の他にも

  • 空気の乾燥
  • ハウスダスト(ほこり)
  • 花粉

 

といった、喉を傷つける要因・傷ついた結果として出る咳は

生理的な反応であると言え、原因が何であれそれほど違いがありません。

 

しかしながら、「おじさんの止まらない咳」というのは

こういった一般的な咳とは、やや異なる要因によって発生していると考えられます。

 

加齢によってリスクが増えてくる咳の症状

 

おじさんの咳(おばさんのの場合もありますが)の症状の特徴として

風邪やほこりといった、これといった明確な症状が見当たらないことが挙げられます。

 

もちろん免疫力の低下によって、咳を招く基本的な要因も招きやすくなっていますが

続く・止まらない特徴的な咳というのは、これまでになかった要因が影響していると考えられます。

 

そしてその要因とは、「喉の不快を感じやすい」という

「不快感」の角度からの、根本的なリスクが上昇したものと言えます。

 

「なんだか気持ち悪い」と感じるために出す咳も増える

 

喉の不快感による咳の、最も典型的な要因としては「痰」が挙げられます。

喉内に異物を感じることで、

 

※参考記事>>年をとると「痰(たん)」が絡みやすく・止まらなくなるのはなぜ?

 

しかし絡んでいる痰を「切る」ための咳とううのは、あくまで「意図した咳」であり

自分の意識ではどうにもならない、発作的な連続した咳に関しては他に原因があると考えられます。

 

「敏感になってしまった気道の神経」が引き起こすおじさんの咳

 

おじさん(おばさん)特有の、連続した・止まらない咳の症状は

その多くが気道に存在する、「知覚神経」が敏感になってしまったことによるものと考えられます。

 

いわゆる「からせき」と呼ばれているものであり、痰等を伴わないことが特徴的です。

 

  • 突発的に連続する
  • 一度出てしまうとしばらく止まらない

 

こういった症状は、からせきの典型的な症状と言えます。

 

「喘息」による咳と似ている面も多く、喉が刺激に弱くなっている状態です。

 

喘息の咳の症状とは、気道が狭くなったことで

刺激を受けやすくなっていることから、起きることが典型的

 

気道内の知覚神経が、過敏になっている状態であり

正に「風邪の際の炎症を起こした喉」が、慢性的に発生していると言えます。

 

なぜ気道に存在する知覚神経が過敏になってしまうかと言えば、

表面を覆っている粘膜が、減少してしまっているからに他ならず

免疫機能の劣化の1つであるとも考えられ、ある程度が避けることができません。

 

「夜」に止まらなくなる理由

 

また知覚神経が敏感になってしまったことによる咳というのは

「夜」に出やすくなる傾向が見られますが、これは交感神経・副交感神経の入れ替えの際に

気道が狭くなることによるものであり、スイッチとなる「寝つき」の際に出やすいのはこのためです。

 

また、

  • 飲酒
  • 入浴

 

といった習慣によって、血行がより活発になり

より神経が、敏感になっているためと考えられます。

 

加齢によって増える咳を止めるために最も効率的な方法はなにか?

 

咳を止めるために、最も効果的な存在はやはり「咳止め」です。

 

市販されている風邪薬の中にも、喉の炎症を抑えるものがありますが

おじさんの咳には、やはり咳止め専用の薬が有効と言えます。

 

ただし、「眠くなる」といった副作用を含むものもあり

また慢性的になってしまうは、ある程度避けることができないのであれば

やはり日常の中で、気軽にとれる対策が効率的と言えます。

 

そしてその際には、

  • お茶
  • のど飴
  • ハチミツ
  • 杏仁豆腐

 

以上の4つが特におススメと言えます。

 

おじさんの咳は、典型的な咳対策ほど効果的なものであり

それは「喉の粘膜の保護」という、根本要素が目的となるためです。

 

お茶で殺菌する

 

咳が出る・出そうな際の応急処置として、最も手軽なものが「何か飲む」ことです。

 

これは「つば」でも効果があるもので、一般的には何らかの飲み物を摂取します。

 

そしてその際には、可能であれば「お茶」を摂取することで

低下した免疫機能を補う、殺菌効果を利用しましょう。

 

最近では、花粉対策や喉の不快感の解消を目的とした

専門のお茶も販売されているため、こちらもおススメです。

 

喘息訴求

 

のど飴・ハチミツで粘膜を保護する

 

喉の違和感を感じた際に利用するアイテムの、定番中の定番と言える「のど飴」

加齢による粘膜の現象による咳にこそ、より効果的なものと言えます。

 

また、より健康アイテムを利用したいのであれば

滋養強壮にも優れた、「ハチミツ」の粘度による保護がおススメです。

 

ハチミツはそのまま舐めても効果的であり、またアレンジもしやすいメリットがあります。

 

漢方成分で喉を守る

 

「咳の痛みには杏仁豆腐が効く」ということは、最近になって広まったようですが

杏仁豆腐の主成分とも言える「杏仁」は、

  • 喉の炎症・痛みを抑える
  • 痰を切る

 

といった目的に対して、昔から利用されてきた漢方成分でもあります。

 

ただし現在では、杏仁をアーモンドで代替していることも多く

そのため、高級であるほど(本物の杏仁が使われているため)効果的と考えられます。

 

風邪・ウィルスによる咳が、そのほとんどであった若い時期と異なり

免疫力や神経といった、身体の根本機能が関わる中高年の咳こそ

「常識的な対処」が有効なものであり、弱ってきたパーツは守ることが改めて大切と言えます。

「脂汗」が出る原因と対策~吐き気・めまい・下痢が伴うのは病気の前触れ?~

「なんだか嫌な響き」と感じてしまう、体の反応・現象に「脂汗」があります。

 

呼び名に「あぶら」と付く通り、一般的な汗と最も異なる点は

油分が多く含まれていることであり、実際には誰もがかくことのある珍しいことではありません。

 

しかしながら、脂汗には「心配ない脂汗」と「危険な脂汗」があり

特に中高年にリスクが高まる、警戒すべき症状でもあります。

 

一般的に、脂汗と呼ばれているものに関しては

  • 加齢に伴う「臭い汗」
  • 緊張や恐怖による「冷や汗」

 

以上の2つのうち、どちらかを表すことが多いと思われます。

 

前者のは、「代謝の悪化による臭い汗」であり

加齢による皮脂の悪化・代謝機能の劣化が原因となっており

これから先付き合っていくべき、常に対策が必要なものです。

 

現在の食生活・過去の食生活の、両方の影響を受けているものであり

「おっさんの臭い」として、改善が必要なものに違いありません。

 

※参考記事>>年をとると「皮脂」が多くなる?臭くなるのはなぜ?

 

今回は「本当の脂汗を指す汗」とも言える、

後者の「体が異常を感じた際の汗」を中心に解説していきます。

 

加齢による体の変化現象の1つ

 

第一に、年をとることで汗の質が変わってきたしまった根本原因は

加齢そもののであり、これは生理現象として加齢に伴う避けられないものです。

 

  • 内臓の劣化
  • ホルモン分泌の変化

 

様々な要因によって、あらゆる機能が変化する時期であり

その変化の1つとして、汗の質が変わってきているのです。

 

そして、これらの避けられない変化によっても

脂汗(冷や汗)の、基本的な要因を増強させてしまうことになります。

 

冷や汗をかきやるくなっている環境

 

中年期の女性に特徴的なトラブルである、「更年期障害」

その根本に、性ホルモンの乱れによる「自律神経」の異常があります。

 

冷や汗の原因は、何と言っても「精神的な緊張」になりますが

  • 精神的な緊張を増幅してしまう
  • 緊張していなくても体が緊張した状態になってしまう

 

という現象こそが、自律神経の乱れそのものでもあります。

 

そもそも「ストレス」は汗の質を悪化させる

 

脂汗と同じく、加齢によって気になる「不潔要素」に「加齢臭」がありますが

その加齢臭の「本当の臭い」とは、汗が酸化することによって発生するものであり

更にストレスによる、「アンモニア臭」が演出しているものになります。

 

このストレスとは、

  • 加齢臭
  • 脂汗

 

両方の悪臭リスクの、要因となるものであり無視できません。

 

中年期とは、家庭・仕事共に責任が重くなる時期でもあります。

 

年をとることで、あらゆる角度から体が臭くなりやすいのです。

 

これは避けられないことであり、だからこそ対策が必須なのです。

 

>>根本対策におススメの体臭・口臭ケアアイテムランキングへ

 

※汗の増加・手汗が気になる方は

>>汗が増えて異常に臭くなってきた原因と改善策

 

まずは「可能な限りリセットする」ことから

 

年をとって「異様な汗」が増えてきたといっても、そのほとんどが「体の汚れ」と言えます。

 

そのため、まずは何と言っても体内環境の改善が必要ですが

そのための方法は、すでに無数に存在することになります。

 

そのため、ここでは「プチデトックス」とでもいうべき

体の状態をなるべく正確に判断するために、余計な要因を排除することを提案します。

 

本当の原因を隠している「汚れ」を排除する

 

その脂汗が異常なものなのか、それともただの汚れによるものなのか

判断するために、余計な体の汚れを可能な限りリセットするためには

体の状態を、「から」にすることが望ましいと言えます。

 

  • 規則正しい生活リズム
  • 健康的な食生活

 

といったことは基礎中の基礎として、「宿便の解消」に加えて

「アルコール」をはじめとした、「悪いもの」を一定期間摂取しないようにしましょう。

 

本来であれば、「断食(ファスティング)」がより望ましいと言えますが

いきなり行うのは危険を伴うものであり、何より継続が困難です。

 

飲酒・喫煙の影響は、3程度~1週間で「ある程度抜ける」ものであり

(本当のリセットは、もっと時間がかかるものですが)

せめて一定期間は、汚い汗を抜くために頑張りましょう。

 

そして、それでも脂汗が止まらないようであれば

やはりそれは本当に異常なものとして、それなりの対処が必要です。

 

「更年期障害」に近い症状が見られるこからこそ

 

加齢が引き起こす脂汗は、そのまま更年期障害の症状そのものでもあります。

 

特に、

  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸

 

また「下痢」の症状には、もれなく冷や汗が付き物です。

 

そのため中年期の脂汗の対策には、更年期障害へのケアが欠かせないものとなります。

 

性ホルモンの安定を優先

 

更年期の不調の根本には、女性であれば性ホルモンの「減少」

また男性であれば、性ホルモンの「暴走」があります。

 

これらをケアすることが、結果的に脂汗という1つの症状の克服につながるはずです。

 

※参考記事

>>更年期障害はいつから始まっていつまで続くの?

 

>>「男性の更年期障害」の症状と対策~「女性の」との違い~

壮年期・老後に起きることを想定して考えていくべき中高年の健康問題

「健康」を考えることは、「将来」を考えることでもあります。

 

そして「中高年」という世代にとって将来を考えるということは

「老後」を考えることであり、今後劣化していくことが避けられない中でも

できる限り健やかに・元気な体で、「壮年期」を過ごすことが目的となります。

 

「健康不安」や「病気」と呼ばれるものは、無限に存在するものであり

そういったもののリスクが、急上昇していることが現実です。

 

そのためどんな病気も、ならないに越したことはないと言えますが

やはり「気を付けていてもなる」ということが、老化そものでもあり

年をとることによって、「なってしまった時の覚悟」も必要となってきます。

 

無限に存在する病気というのは、無限に対処する方法・必要がありますが

今回は多くの方によって、「可能性」の高いものを例に挙げて「その時」を想定していきます。

 

そしてその際に必要となるものが、「介護」であり

年をとることによって、基本的な身体能力が衰えることによる介護と

<病気によって介護が必要になる>ということは、別次元の問題と言えますが

これらは同時に存在することで、より困難になってしまうことも意識して欲しいと思います。

 

「典型的なトラブル」にもかかわらず誰もが避けることができない現実

 

当サイトをご覧の方々には、すでに常識的なことと言えますが

加齢によってリスクが上昇する病気とは、「ほぼ全て」と言えるものですが

特に代表的なものと言えるものが、「高血圧」と「高血糖(糖尿病)」になります。

 

これらは、「2大国民病」と言われるものであり

基本的には、先進国に患者数が多い傾向のある「贅沢病」であり

その中でも日本というのは、特に患者数が多いと言えます。

 

これらは40歳以降から、徐々に・劇的に増え始め

60歳以降であれば<およそ7割>が、該当すると言われます。

 

常識的なことではありますが、これらは「血液・血管」が関わる疾患であり

「生活習慣病」と呼ばれる疾患・合併症の、その基礎にある代表的な症状になります。

 

基本的には「全ての人」に該当する問題

 

生活習慣病とは、主に「食生活」の積み重ねによって招かれる

各種健康トラブルと言えますが、その中でも上記の症状というのは

<最も典型的>であり、あらゆる意味で「中心」となってしまう症状と言えます。

 

「乱れた食生活」「過剰な栄養摂取」によって招かれるこれらの症状が

特に国民病となってしまった背景としては、それぞれの最も大きな要因である

  • 高血圧・・・過剰な塩分(お醤油)
  • 糖尿病・・・最終的にブドウ糖となる各種栄養素

 

恵まれた国の、特徴的な食生活が大きく影響していると言えます。

 

日本に生きる全ての人にとって、無視できない症状なのです。

 

※加齢によってリスクが上昇する典型的な症状について

詳しくは>>これから年をとり続けることによって徐々に起き始める現象

 

可能な限り「発展」させないことが大切

 

そして、これらが本当に恐ろしい結果を招くタイミングとは

「合併症」と呼ばれる、生活習慣病の発展した症状にあります。

 

血液が関わる生活習慣病は、そのどれもが最終的に

「動脈硬化」と呼ばれる症状を引き起こすことになります。

 

動脈硬化とは、血液の質の悪化(糖・中性脂肪・コレステロール)

加えて血圧の上昇等によって、血管にかかる負担が大きくなることで

より頑丈な状態にするため、血管が硬く・厚くなってしまう症状です。

 

その結果として、簡単に言えば<血液の流れが悪くなる>という状態を招きますが

その弊害は、非常幅広く・大きなものになります。

 

※参考記事

>>「血管年齢」を若返らせるための「血管を柔らかくする」栄養素

 

>>高コレステロール血症の改善・動脈硬化の予防におススメの医薬品「ヘルスオイル」の効果とは

 

「命」と「日常生活」に影響する健康トラブル

 

この動脈硬化がベースとなる症状には様々なものがあり

硬化したこと自体で招かれる症状、その場所によっても

症状に違いが現れることになりますが、最悪の場合「即死」を招きます。

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

という危険な症状は、そのどちらも動脈硬化が大きく関わっており

<もし、助かったとしても>その後に、「後遺症」という形で

まさに<介護が必要な状態>を招くこととなります。

 

  • 半身不随
  • 言語障害

 

様々な状態を想定することができる後遺症は

<何が残るか分からない>ものであり

いずれにしても、<人の助けが必要な状態>と言えます。

 

また即死・後遺症という、いずれも懸念すべき症状に加えて

「人工透析」といった、これもまた大きく生活を制限する

非常に<不便な事態>を招くことも、忘れてはならないリスクです。

 

人工透析とは、主に高血糖による「糖尿病性腎症」の結

果腎臓が正常な働き(ろ過機能)を果たせなくなることで

代わりに「機械」による、ろ過を定期的に行うことになります。

 

一度の透析処置には、長い時間がかかるものであり(全身の血液を洗浄するため)

また定期的に行うことが必要であり、つまり「通院」が必須になります。

 

本来であれば、常に浄化され続けている血液が

汚れたままであるということは、日常的にもつらい状況を招くものであり

こういった<健康トラブルによる制限>は、加齢による典型的な介護に比べて

防ぐことのできる要素が多いものと言えます。

 

「老後のための対策」に、<始まり>はありません。

 

<できるだけ早く始める>ことが、何よりも重要なことなのです。

認知症・痴呆症対策のサポートにおススメの記憶力サプリ「オボエール」の効果と口コミ

年々衰えてくる、「頭の回転の速さ」にがっかりしている方は多いと思われます。

 

加齢に伴って衰える体の機能は、物理的なものだけではなく

あらゆる「感覚」にも影響を与えるものであり、その中でも「頭の中」という

自分にしか分からない劣化というのは、非常に悩ましいものであるはずです。

 

そして「脳みその劣化」の中にも、様々なものが挙げられますが

やはり「記憶力」というのは、最も分かりやすい・顕著な要素と言えます。

 

物忘れ・度忘れといったことが増えてくる中では、

昔はすぐに思い出せたのに・・・」という、個人的ながっかりと同時に

日常生活、特に仕事等が関わる場合には、不便なことも多いはずです。

 

「その先」の重大な懸念につながる前に「できること」を

 

いわゆる「ものわすれ」といった、軽度の記憶力の低下というのは

その大元は異なれど、その先に「認知症・痴呆症」の発展が懸念されます。

 

「忘れてしまう」「思い出せない」というのは、悲しいことであり

いつまでも脳を「はっきり」と保つことは、肉体の健康と同じくらい大切なはずです。

 

※参考記事:>>「物忘れ」の仕組み・ひどくなる原因~「認知症」との違いは?~

 

誰にでもリスクがあるもの(学者といった頭脳労働に関わらず発症してしまう)であり、

できる限りの努力・対策というのは、誰もがしておくべきものと言えます。

 

昨今の高齢化に伴い、中高年向けのアイテムが急増しており

その多くは、「体」にアプローチするものになりますが

健康問題と同じくらい大切なものとして、「認知症」といったものに働きかけるための

健康食品・生活習慣に関しても、研究・開発が活発になってきています。

 

今回は、昨今増えてきた「記憶力サプリ」の中から

最新とも言えるアイテムである、「オボエール」を紹介したいと思います。

 

 

脳の血流から記憶力に働きかける「オボエール」

 

「オボエール」は、一見フェイクアイテムのような印象を受ける名称ですが

その内容は従来の記憶力サプリとは一線を画す、また非常に合理的なものと言えます。

 

主成分は「イチョウ葉」由来の成分であり、脳内の血流に働きかけることで

記憶力だけでなく、脳の機能全体へのアプローチを目的としています。

 

 

※画像は「オボエール」公式ページより

 

脳の活性化をサポートする2つのアプローチ

 

「オボエール」は、イチョウ葉エキスに含まれる

  • フラボノイド
  • テルペンラクトン

 

以上の2つの成分によって、脳の血流に働きかけます。

 

 

血液の凝縮・粘度を低下させることで、

  • 作業記憶
  • 視覚的

 

という2つの行動に関わる、記憶に関わる神経活動を高め

記憶力・判断力の欠如をサポートすることを目的とします。

 

結果的な記憶力の向上は、臨床実験で判明している内容であり

医薬品ではなく、健康食品で実現できる点で非常に画期的と言えます。

 

イチョウ葉以外の「記憶力成分」も

 

「オボエール」に含まれる栄養素は、イチョウ葉エキスだけではありません。

 

長年ハーブの研究を続ける、「オボエール」の販売会社である

「ハーブ健康本舗」が厳選した、記憶力のサポートにつながる成分を豊富に配合します。

 

 

これらの成分の中には、血流の改善につながるとして

昨今注目されている「体にいい油」も含まれており

様々な角度から、血液に働きかけることがため

非常にコストパフォーマンスが高いアイテムと言えます。

 

「オボエール」の口コミ

 

「オボエール」の利用者は、やはり60代、70代が中心となりますが

40代といった「入口」の段階で、利用を始める方も多いようです。

 

 

「早ければ早いほどいい」というのは、あらゆる健康習慣に言えることであり

「なる前に始める」という、危機感を持つことが大切です。

 

継続を前提に早めに始めたい健康習慣

 

「オボエール」は、「飲めばすぐに記憶力がよくなる」というものではありません。

 

また「すぐ効く」というアイテムは、医薬品以外に存在しません。

 

やはりある程度の継続が必要であり、「オボエール」の臨床実験からも

「1日2粒を最低3ヵ月」は、続けて欲しい内容です。

 

そしてその際に気になるポイントが、価格面と考えられてますが

定期購入であれば、

  • 初回33円/1日
  • 2回目以降も116円/1日

 

と、非常にリーズナブルです。

 

 

缶コーヒー・飲酒といった、「つい毎日やってしまいがち」

体に悪い習慣を止め、浮いたお金でぜひ試してみて欲しいと思います。

 

コストパフォーマンスが、マイナスからプラスに変わることは

明らかにメリットが大きなことであり、こういったことの繰り返しが

末永い健康につながることを、決して軽視してはなりません。

 

「オボエール」の詳細・公式販売ページはこちら

 

 

※記憶力に関わる栄養素に関してはこちらの記事も参考に

>>認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物・習慣~DHAサプリ?プラズマローゲン?~

 

>>うっかりミスが増えて来た!ボケ防止のために脳を若返らせる注目の成分「ジオスゲニン」とは

顎が痛い・弱くなってきた~「劣化」や「顎関節症」の影響で硬いものが食べられなくなる前に治すためのケアを始める~

一般的な人が送る、一般的な日常生活における

些細な、そして最大の喜びと言えば「食事」になると思われます。

 

実際に、食事による「幸福感」や「ストレス解消」というのは

人間にとって欠かせないものであり、それが美味しいものであれば尚更です。

 

そしてこの「食事の喜び」というのは、年をとることによって起きる

様々な事情に左右され、徐々に減少していってしまうものでもあります。

 

その事情とは、主に内臓の劣化による「胃もたれ」

血糖値による「食事制限」というものが、多くの方に当てはまるものと思われますが

それら以外にも、非常に単純なトラブルによって制限されてしまうこともあります。

 

食事がままならないことは、悲しいことであると言え

中高年以降の「鬱」のきっかけとなる可能性は、決して大げさなことではありません。

 

咀嚼機能の劣化によっておきる「幸福度の減少」

 

内臓機能の劣化以外に、食事の内容が制限されてしまう典型的事情としては

歯の質・入れ歯によるものと言えますが、「噛む」という機能を支える要素のもう1つの要である

「顎」の劣化に関しても、食事による幸福度を減らしてしまう非常に大きな原因と言えます。

 

非常に常識的なことではありますが、歯と顎というのは

食事を摂る際に必要不可欠な「道具」であり、これらを使ることで「咀嚼」という行動ができますが

どちらか片方にトラブルが発生することで、支障が出てしまうことになります。

 

歯の劣化というのは、加齢によってある程度は避けられないものです。

 

もう生え変わることのない「永久歯」は、「歯磨き」や「ホワイトニング」によって

日々ケアをしているはずであるが、生きている時間が長いことで徐々に劣化していきます。

 

しかし顎の劣化というのは、歯の劣化以上に影響する要因が多いものでもあります。

 

顎が痛くなる・弱くなる原因は別の場合も

 

多くの方が察する通り、よく「顎が弱くなった」と表現されるものは

体全体にも言えるように、「筋力の劣化」の影響が必ずあります。

 

これは肉体のピークを過ぎれば、誰にでも起こるうることです。

 

しかしながら、ある程度「定期的に使う」ことからも

その他のパーツに比べれば、その劣化というのは遅れてやってくるものと言えます。

 

ただし「痛い」という状態は、それが一時的なものでない場合には

「顎関節症(がくかんせつしょう)」という、病気である可能性が考えられます。

 

加齢もリスク上昇の一因となる「顎関節症」

 

「顎関節症」とは、必ずしも中高年に多い症状ではありませんが

加齢もリスク要因となるものであり、言うまでもなく年々リスクは上昇します。

 

その理由としては、顎関節症には「肩こり」や「神経痛」も影響するためです。

 

顎関節症は、基本的には顎の関節部・咀嚼筋に痛みを感じるものであり

「極端に硬いものを食べ続ける」といったことや、「噛み合わせ」の影響によって起きます。

 

歯並びが悪いといったことも、1つの要因となることは確かです。

 

しかしながら、中高年に起きる顎関節症というのは

歯の劣化・顎の筋肉といったことはもちろん、上記した通り

  • 肩こり・腰痛
  • 眼精疲労
  • 神経
  • リンパ液
  • 姿勢

 

といった要素が絡む体の状況によって、起きてしまうことがあります。

 

そもそも顎関節症というのは、必ずしも「顎が悪い」ということではなく

様々な要因によって発生・悪化する、非常に複雑な症状なのです。

 

「ストレス」による症状も?

 

また顎関節症というのは、女性に多い症状であることも知られており

その理由としては「ストレス」を感じやすこと、また血行が悪化しやすいことが挙げられます。

 

これらは中高年にも特徴的な要素であり、こういったことからも

加齢によってリスクが上昇する症状であることは、確かであると考えられます。

 

「放置」による悪影響が連鎖しやすい部分

 

それが劣化によるものであるとしても、顎関節症だとしても

当然のことながら、何等かの改善アプローチを行う必要があります。

 

ただでさえ、顎に関するトラブルというのは

「その他のパーツの影響を受けやすい」ことが特徴であり

 

肘・膝が痛くなる原因とは~年齢を重ねるごとに増える関節痛は内側から?外側から?~

 

以上でも紹介しましたが、弱ったパーツを放置しておくことで

そのトラブルの深刻度というのは、加速してしまいます。

 

特に「骨」や「腱」といった組織が関わる部分は、そういった事情が顕著と言えます。

 

まずは何と言っても、その「主たる原因」を知ることが必要であり

医療機関に赴き、各種検査を受け診断を下してもらうことが必要です。

 

もしそれが「関節のずれ」といった、自然治癒・自己のケアでは

改善が難しいといった事情がある場合には、物理的な治療が必要になりますが

基本的には家庭における、「リハビリ」が必要になります。

 

「適切なケア」が難しいことは事実だが

 

顎は、食事をする際に必ず使うパーツであり

「適切なケア」が非常に難しいことが現実です。

 

ただ「弱っている」ということであれば、筋力を損なわないために

  • 歯ごたえのあるものを食べる
  • 咀嚼の回数を意識する

 

といった、単純なことから始めることができますが

これが「顎関節症」の場合には、やはりやっかいなものとなります。

 

「痛みを感じることはしない」となると、「食事ができない」ことになり

「使わない」ことで、「更なる劣化」を招く非常に難しい事情を抱えることになります。

 

そのため、「食事を伴わないケア」が非常に重要になります。

 

まずは、食事の回数を減らす(使用間隔を長くする)ことから始め

痛みが引いてくのを感じれば、その習慣をある程度継続することが大切です。

 

更に、

  • 首の奥(背)から下顎に向かって揉み解す
  • 顔全体・首・肩(顎に近い部分)のマッサージ
  • 顔全体を使って行う「あいうえお体操」

 

といったケアを、日々の習慣に取り入れてみましょう。

 

最も身近な幸福を損なわないためにも、簡単なことから意識して取り組んでみましょう。

1 2 3 8
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて