中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「ブロッコリースプラウト」に含まれる<スルフォラファン>の効果~肝機能の向上が中高年の健康を救う~

健康状態や栄養学に関するトピックにおいて、度々名前が上がることとなる植物に

「ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)」というものがあります。

 

知っていても食卓に並ばない典型的な食材、と言える一方で

非常に幅広い働きを秘めており、今改めて注目されている存在になります。

 

もともとブロッコリースプラウトは、

  • コレステロールの減少
  • 脂肪燃焼の促進
  • 食物繊維による便秘解消

 

といった効果があるとして、女性を中心としたダイエッターに注目されていました。

 

現在では以上に挙げた効果に加え、中高年が抱える健康問題に対して

非常に期待できる効果的を秘めているとして、再注目されており

そしてその中心には、「スルフォラファン」と呼ばれる成分が存在します。

 

注目成分「スルフォラファン」とは

 

そもそもブロッコリースプラウトは、幅広い栄養素を配合しており

いわゆる「スーパーフード」の1つであるとも、考えることができる存在です。

 

※「スーパーフード」とは、質量の割に栄養素の高い食材

 

主な成分としては、

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 葉酸

 

以上が挙げられ、たんぱくそうな外見からは想像できないほどの栄養素が詰まっており

「ブロッコリー」に比べて、非常に高い濃度で含まれることが人気の秘訣です。

 

そしてその中の1つとして注目される成分が、スルフォラファンであり

  • 抗酸化作用
  • 解毒作用

 

といった効果が、衰えていく中高年の健康状態をサポートし

更に、「最も重要な臓器」を守ることにつながります。

 

肝臓機能のサポート

 

スルフォラファンの効果として、最も注目すべきものが解毒作用と言えます。

 

これは年齢が上がれば上がるほどに、重要度を増すものです。

 

疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

上記の記事でも解説しましたが、疲れがなかなか取れない状態が

慢性化している人というのは、肝臓機能が低下という症状が十分に疑われます。

 

そして体のあらゆる臓器の中で、最も大きな解毒作用を担うものが「肝臓」です。

 

アルコール摂取の後における、「解毒作業」は典型的なものであり

その他にも、あらゆる成分を無毒化するために日夜頑張ってくれている存在です。

 

  • 解毒酵素を活性させることによる、肝臓の解毒作用を強化
  • 抗酸化酵素の生成を促進による、新陳代謝の向上

 

肝臓の解毒作用を高め、更に代謝物質である「アセトアルデヒド」等の代謝を高めることから

肝臓の負担を一気に減らすことができ、これらは「γ-GDPの数値の減少」として判明しています。

 

※「γ-GDP」とは、肝臓機能を測る大きな指標となる数字であり

数値が高いほど肝機能が衰えている、悪化しているとみなされる。

 

更に、

  • ピロリ菌の減少につながる抗菌作用
  • 発がん性物質の解毒

 

といった効果にも注目すべきであり、

  • 飲酒
  • 喫煙

 

といった、解毒が必要な習慣を持っている人に、

特に注目して欲しい、ぜひ取り入れるべき成分なのです。

 

「結果的なメリット」が非常に多い食材(成分)

 

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)に限らず、

  • 何を食べれば健康になる
  • 何を食べれば痩せる

 

といったものは存在せず、あくまで「結果的に」と考えるべきです。

 

そして現在の健康状態というのは、あらゆる因果関係の結果と言えます。

 

スルフォラファンは、上記した肝臓のサポートによる作用だけでなく

あらゆる身体機能のサポートにつながるものとして、非常に「効率」が高いと言えます。

 

「そのまま」食べる

 

ブロッコリースプラウトを食卓に並べる際、

必ず意識するべきことが、「生」で食べることです。

 

主にサラダに使われることから、それほど心配はいらないと思われますが

ブロッコリースプラウトに含まれる有効成分は、過熱によって壊れてしまいます。

 

衰えた代謝機能・抗酸化機能は、健康にも悪影響を与えると同時に

「美容」にとっても、懸念材料となるものです。

 

そのためお酒を飲まない方、特に女性にも注目して欲しい隠れた食材と言えます。

「血尿」や「血便」の症状が出てしまう原因はストレス?疲れ?どんな病気が考えられるの?

その症状が出た際に、「かなりびびってしまう」例はいくつか存在します。

 

「吐血」といったものが典型的な例であり、皮膚を切った・擦ったわけでもなく

本来であれば出ない場所から出る、ということに対して非常に恐怖・不安を覚えるものです。

 

またその際の恐怖というのは、予期していなかったことでより大きなものになるはずです。

 

いわゆる「血尿」や「血便」と呼ばれる、

「下血」の症状を、実際に経験した方というのは

「知っててはいたけど、自分から出るなんて・・・」と感じることと思います。

 

しかしながら、生きている間にこれらの症状を経験することは

決して珍しいことではなく、それには「非常に注意すべきケース」も存在しますが

そうでないケースも含め、様々な可能性を知っておくべき症状であると言えます。

 

「どこ」で問題が起きているのかで様々な違いのある症状

 

同じ「便」と呼ばれる存在ではありますが、尿と便には共通している部分と異なる要素があります。

 

まず第一にこれらは「排泄物」であり、体が「必要ない」と判断した存在ですが

胃を代表とした「消化器官」と呼ばれる、各器官を経て排出されるものであり

どの過程において血液が混ざってしまったのか、ということが非常に重要な要素と言えます。

 

「より物理的な」要因の可能性も

 

この血尿・血便の症状から、その原因を考えていく際には

まず最初に、「外傷に近い原因」の可能性を考えることが必要です。

 

血尿の際には、「尿道が損傷している」ことが原因となっている可能性

また血便の際には、「痔」という可能性も十分に考えることができます。

 

もちろん、デリケートな部分であることには違いなく

慎重なケア必要ですが、血尿・便の要因としては比較的「安心できる」ものと言えます。

 

この物理的な要因による出血の特徴としては、鮮やかな・水っぽい「鮮血」であることです。

 

そして、問題は「より内側」に要因を抱えている場合の血尿・便になります。

 

※参考記事:>>つらい「痔」の症状とサプリによる効果的な治し方

 

「血尿」の原因として考えられること

 

まずは、尿に血が混ざる症状から疑われる原因を考えていきましょう。

 

「尿潜血陽性」と呼ばれるこの状態が、尿道の損傷以外の要因となる場合

まず考えるべきは、「腎臓」におけるトラブルです。

 

腎臓の主な働きとして、解毒機能である「濾過」があり

これは血液に限らず、様々な体液・成分に適用される機能です。

 

腎臓の働きが非常に重要であることは広く知られ、そに分比較的「強い」器官であり

万が一トラブルが起きた時のために、2つ・バックアップがあることが最大の特徴と言えます。

 

そしてその濾過機能を担っている部分を中心として

腎臓内で出血を起こすことで、血液が尿に混ざることになりますが

その要因としては、いわゆる「腎炎」と呼ばれるものが考えられます。

 

一言で腎炎と言っても、非常に種類の多い症状であり

特徴としては、「頻繁」に「大量に」血液が混ざった尿が出ることになります。

 

「泌尿器」で起きているトラブル

 

尿というのは「もういらない(吸収できない)水分」として

腎臓から「膀胱」へと運ばれる水分になりますが、この膀胱にトラブルが起きることで

出血し尿に血が混ざってしまう症状も、血尿の際に多いものと言えます。

 

「膀胱炎」という言葉は広く知られているものであり

「おしっこの我慢のし過ぎ」によるものと、考えられている側面もありますが

根本的な要因というのは、細菌の感染によるものであり感染症の症状になります。

 

膀胱の粘膜が傷ついている状態であり、また尿道が短い女性に多いことも特徴的です。

 

「結石」による出血

 

物理的な損傷に含まれるものですが、腎臓から膀胱へと続く道である

「尿路(管)」に結石が発生していることで、壁が傷つき血が混ざってしまうこともあります。

 

尿路結石は移動するものであり、泌尿器のどの部分で発生しているかの特定は難しく

結石の解消・排出することでしか、根本的な解決はないと言えます。

 

※参考記事

>>「腎臓結石」の原因解消と予防は食事から

 

>>「絶対に避けたい」激痛を伴う「尿管結石」の原因と症状

 

「血便」の原因として考えられること

 

血便は上記したように、その症状が見られる際のほとんどが痔によるものと言えます。

 

しかしながらそうでなかった場合には、この「便潜血」と呼ばれる状態は

血尿に比べて、その原因はやや複雑なものと言えます。

 

大便は水分以外にも様々なものを含んでおり、その消化(代謝)過程も多いためです。

 

まずは、やはり最も便に近い部分である腸内で起きた炎症による

いわゆる「腸内出血」によって、便に血が混ざってしまっている状態は

「潰瘍性大腸炎」をはじめとして、「大腸がん」によっても起きる症状です。

 

「ポリープ」の損傷による出血等を含めて、深刻な症状への発展も考えられます。

 

また一度の排出の際に、粘度・血液量が多いことが特徴です。

 

消化の過程で混ざることも

 

また大腸に限らず、消化の過程における各器官からの出血によっても

最終的に便に血が混ざり込むことは、十分に考えられることです。

 

「胃潰瘍」といった胃のトラブルによる出血は

口からの吐血に加えて、血便となる可能性もあります。

 

そう考えた際には、非常に要因のパターンが多い症状と言えます。

 

腸内で出血が起きている状態に比べれば、血液量が少なくなります。

 

※参考記事>>「吐血」の症状を伴う病気とその原因にはどんなものがある?

 

ストレスはどの程度影響するの?

 

血尿・血便のトピックにおいては、「ストレス」というキーワードを目にすることになります。

 

このストレスに関しては、「直接的な要因になることは少ない」と考えられていますが

ストレスによって胃潰瘍が起き、それが便に混ざってしまったことによる血便は

ストレスが根本的な要因とも言える症状であり、ストレスによる結果の1つに違いありません。

 

これは「疲れ」にも言えることであり、結果的に内臓が炎症を起こすことで

血液が混ざってしまう現象は、あらゆる過程・内臓で起きるリスクがあります。

 

疲れは抵抗力を落とす最たるものであり、膀胱炎を含めた各種リスクは上昇している状態です。

 

また「激しい運動」をした後に、血尿が出てしまう症状もよく聞くものと言えますが

これは衝撃によって「溶血」と呼ばれる、血液の分解が起きたことによるものと考えられます。

 

基本的に分かりやすいが油断はしない

 

以上はあくまで典型的な要因であり、細かい要因は更に幅広く存在します。

 

また一時的な・良性の症状であれば、その治療の際には

「生活習慣を改めて、経過を見守る」という処置が多くなります、

 

それで自然に治ってしまうことも珍しくはありません。

 

一方で「悪性」の場合には、「癌」といった事態も想定ができるものであり

早期発見・早期治療の開始が、非常に重要なものと言えます。

 

ただし、血尿・便を含めた下血と呼ばれる症状は

「痛み」を伴うことが特徴的であり、その色と共に自覚症状が多いことが特徴です。

 

そのため頻繁になってからではなく、一度でも出してしまった場合には

ぜひ早めに、医療機関での検査を受けることが大切です。

黄疸の発生は「肝炎」の前兆?~それぞれの症状・原因とできるだけならないために必要なこと~

あらゆる病気・疾患には、ある程度の「前兆」が存在するものであり

突然に発症する緊急の症状を除き、ある程度は「予想」をすることができます。

 

しかしながら、その前兆と病気の組み合わせは様々であり

頭痛・発熱といった、幅広い疾患の前兆に見られる疾患も存在するため

なかなか適格に判断することはできず、早めに医療機関を訪問することが大切です。

 

「この程度なら、そのうちよくなるだろう」という考えは決して持たず

特にある程度の年齢に達しているのであれば、より早い相談が必要であると言えます。

 

しかし、それでも「かなり進行してしまっていた」ということがなくならないのは

どうしても「自然治癒」を期待してしまう願望が、なくならないためであると考えられます。

 

もちろんちょっとした風邪等であれば、それも可能かもしれませんが

「癌(がん)」を代表として、適切な治療をしないことには

決してよくなることはない、という症状も存在します。

 

この微妙なラインが問題とも言えますが、中には「炎症」という

それほど珍しくない・体の反応の一部に過ぎない症状が

その場所によって、非常に重篤な症状を招くことが考えられます。

 

その中でも「肝炎」とは、非常に複雑な症状であり

「黄疸」という反応が見られた際には、疑ってみる必要のある疾患と言えます。

 

基本的には「ウィルス」の感染によるためだが

 

肝炎の原因は、そのほとんどが「ウィルス」に感染したことによるものです。

 

予防接種等における「C型肝炎問題」は、耳にしたことのある方は多いはずです。

 

ウィルスが原因の肝炎は、急な症状である「急性肝炎」であることが多く

食事(寄生虫によるものも)・輸血(何らかの血液への注入過程)において発生します。

 

また特に「B型肝炎」は、「母子感染」することも知られています。

 

ウィルス性の肝炎といっても、そのウィルス自体が肝臓(細胞)を攻撃するのではなく

ウィルスを退治するための、自己免疫機能によって肝臓がダメージを受けることになります。

 

肝臓が炎症を起こした際には、頭痛・発熱といった症状に加えて

  • 吐き気(消化器系の不快感)
  • 全身のだるさ

 

といったものが、特に顕著なものとなりますが

それだけにとどまらず、肝機能にトラブルが起きることは言うまでもありません。

 

>>肝臓に関する基礎的な機能・役割について詳しく

 

C型肝炎問題が社会問題となって以降、特に輸血や予防接種等の際の

医療整備・管理は徹底されており、極めて減少したリスクとなりましたが

これらの要因以外にも、「中高年特有」とも言える原因が存在します。

 

生活習慣の結果としての肝炎

 

上記したように、肝炎は基本的に急性の症状が多く

初期症状を感じて間もなく、劇的な症状が現れるものです。

 

しかしながら、「ウィルス性肝炎以外の肝炎」を考える際

慢性的な肝炎の問題を考える際には、「アルコール」という存在無視できず

「呑み過ぎ」が、肝臓を傷めてしまう原因となってしまうことは

極めて常識的なことと知られており、紛れもない事実です。

 

アルコールが招く肝炎は、急性・慢性の両方が存在します。

 

しかしながら、特に中高年に関わる肝臓の問題というのは

短時間における、アルコールの乱用による「急性肝炎」ではなく

やはり、日々の生活習慣による「慢性肝炎」の状態であり

またアルコールのみならず、食生活の質が大きく関わっているものになります。

 

まずは肝臓が太る「脂肪肝」を防ぐべし!

 

アルコールや、摂取した栄養素に関わらず

肝臓に蓄積・ダメージを与える際には、「脂質」となるものであり

肝炎の前段階として、基本的に「脂肪肝」の状態が見られるようになります。

 

中高年にとっての肝臓に関わる問題は、肝炎の話題と同じくらい

脂肪肝が知られていますが、この脂肪肝の状況とは肝炎のリスクが高い状態と言えます。

 

そのため肝炎の問題を考える際、防ぐことを考える際には

「まずは脂肪肝にしない」ことが、大切な心がけと言えます。

 

※参考記事

>>内臓脂肪を効率よく減らして「脂肪肝」を早めにそぎ落とす!

 

>>血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性



 

「黄疸」は肝臓トラブルに関わらなず危険な前兆と心得る

 

肝臓は代謝機能の多くを司る器官であり、トラブルが発生した際には

エネルギー効率の低下によって、「だるさ」が顕著と症状となります。

 

そしてそれと同時に、黄疸の発生が顕著なものと知られ

黄疸は、「肝機能の低下」を表す典型的なサインと言えます。

 

黄疸が発生している状態は、血液中に存在する「ビリルビン」という成分が

過剰に発生している状態であり、皮膚だけでなく眼球等にも見られることがあります。

 

ビリルビンの発生・代謝には様々な器官が関わることになりますが

その中の1つとして肝臓が存在し、肝炎における前兆とも考えられます。

 

幹細胞がダメージを受けている場合には、特に顕著な症状と言えます。

 

しかしながら、「肝臓が悪いから」ということではなく・・・

慢性的な黄疸が見られる際には、「どこかが悪い可能性が極めて高い」と考えましょう。

 

それにはもちろん、生活習慣が大きく関わることになります。

 

また「ビリルビン症」による、黄疸の直接的な治療法は存在しないため

その要因となっているトラブルを改善する他に、「消す方法」はないと言えます。

 

肝炎は「肝硬変」そして「肝臓癌」へと続く道

 

脂肪肝の「発展の結果」と同じく、肝炎は「肝硬変」を招く大きな要因となるものです。

 

肝硬変とは、極めて重い肝臓の機能障害が発生している状態であり

特に脂質・アルコールの摂取が多い生活の積み重ねによって

脂肪肝・肝炎から肝硬変へと発展する現象は、非常に典型的なものと言えます。

 

そしてこの一連の悪化過程の先に存在する、最終的・最悪の結果として「肝臓癌」があり

いずれにしても、とにかく最初の一歩となってしまう脂肪肝を防ぐことが重要です。

 

脳・心臓のトラブルが、急性のものである一方で

(トラブルが起きた際に、圧倒的に即死率が高い)

肝臓は「膵臓(すいぞう)」と並び、慢性的なトラブルが

体調・美容面に大きく影響を与える器官として知られます。

 

発症以降、生涯にわたって不便な生活となってしまうことも多く

何よりも「対策」が大切であることを、改めて意識して欲しいと思います。

 

 

<PR>

自宅で肝炎の検査ができる「メディチェケ」とは

ネバネバした唾液が増えた!口が異常に臭い!~中高年の不潔トラブルを引き起こす「悪化した胃環境」を改善する~

年をとることで、肉体が衰えていくことは避けることができないものであり

「体」というのは「内臓」や「体力」等、様々なもので構成されているため

その1つの結果として、「代謝の低下」それに伴う「吸収効率の悪化」がおきます。

 

そしてそれらは、「糖尿病」や「腎臓病」といった

「疾患(病気)」というかたちで、最終的な姿を現すことになります。

 

それと同時に、「肌」や「髪」がやつれていく(美を失う)といった

健康状態と同時に、美容に関するトラブルも増えていくことになります。

 

ただし、ある意味でこれらは「自分の問題」とも言えます。

 

苦しいのは自分であり、悲しく・切ないのも自分です。

 

もちろん、なるべくそうならないように

悪化・劣化のスピードを、抑えることこそが

中高年の方々が、日々取り組むべき働きかけの目的となります。

 

しかし、加齢によって引き起こされる様々な健康トラブルの中には

「周囲に悪影響・迷惑を与えてしまう」という特徴を持ったものも存在します。

 

そしてその中でも、「不潔」という印象を与えてしまうリスクを抱えたものは

「若い子に嫌われない」ためにも、ぜひ注意して欲しいと思います。

 

「健康面のトラブル」によって発生する「異常な口臭」に注意!

 

中高年の不潔トラブルの、最も典型的な例は「体臭」と言えます。

 

臭い人に近づきたい、という人はおそらくあまりおらず・・・

また「自覚しづらい」ことも、トラブルを発展させてしまう理由です。

 

直接的・慢性的に周囲に迷惑をかけてしまうことになるため

もしも自分の夫・妻が該当するようであれば、ぜひ早めに伝えてあげて欲しいと思います。

 

そしてこの体臭と似た要素に、「口臭」というものが存在し

「体質」の影響も受ける体臭に比べて、「誰もがリスクを持っている」ことからも

実は「身近なおじさん(おばさん)」の体臭に、悩んでいる社会人は多いようです・・・

 

加えて、「臭い」だけでなく「見た目」の不快感につながり

またそれらを両立してしまっているものに、「ネバネバした唾液」があり

聞くだけで「汚い」という印象を受けてしまう、もちろん「見たくない」ものです。

 

そしてこれらの症状に共通している要因が、「胃(内臓)」の状態の悪化であり

これ自体も中高年の典型的なトラブル症状であり、何より健康的にもデメリットが多い症状です。

 

「健康状態」の衰えが「力の衰え」につながり「悪臭」に発展する

 

口臭に関するトラブルに関しては、過去にも紹介してきました。

 

ドキッとする方も多いのでは?と思われる

口からザリガニの臭いがしてきたら~口腔と内臓環境の悪化~

非常に多くの方に読んでいただいており、

それだけ「実は気になっている人」が多いということが判明しました。

 

またたとえ中高年でなくとも、悩んでいる・発している人も多く

この口臭の問題というのは、一般的な・ありふれた問題でもあります。

 

基本的には、「口の中が汚いこと」が要因であり

「胃の中」の状態(臭いの強いものを食べた後)も影響しています。

 

こういった一般的な口臭問題に関しては、昨今の「デオドラントブーム」等から

「いわゆるフリスク」や「グミ」のような、手軽なエチケットアイテムが増えており

手軽にケア・予防ができるため、「軽いうちに」対策を始めることが大切です。

 

当サイトでも口臭アイテムを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

>>臭くなってきた中高年のための体臭・口臭ケアサプリランキング

 

しかしながら、このページで紹介する異常な口臭の要因というのは

一般的な口臭よりも、より深い事情を抱えたものであり

「胃の中の事情」というよりも、胃の「健康状態」が関わるものになります。

 

「ただでさえ弱っている胃」が更に痛めつけられている

 

生まれた時から使い続けてきた、胃をはじめとした内臓は

年齢に比例して疲労・疲弊が積み重なり、弱っていて当然です。

 

そして、ただでさえ弱っている状態に

中高年という時期は、ダメージを加速させることになります。

 

その最も典型的な要素が「ストレス」であり

「胃痛」や「胃もたれ」といった、慢性的な不快感を抱えた方が非常に多いと言えます。

 

会社でのポジションが上がるにつれ、責任は重くなり・・・

また上がらなくても、それはそれで別のストレスを抱えこむことと思います。

 

家庭内でも同じことであり、家族がいるなりの責任感

また「独身」であれば、よりリスクの高い状態と言えます。

 

これは決して冗談ではなく、現実的な問題であり

「ケアしてくれる人がいない、自分でもしない」という状態では

あらゆる健康不安は、悪化の一途を歩むことになります。

 

必ず、何らかの改善策をとる必要があります。

 

「薬の飲み過ぎ」を防ぐために

 

「胃痛・むかつきに悩む中高年」というのは、全く珍しいものではなく

一般的であり、だからこそ「みんな同じような対策」をとりがちです。

 

基本的には、

  • 消化を助ける
  • 胃を守る

 

という成分が配合された、いわゆる「胃薬」

慢性的に摂取している方は多いはずです。

 

しかしながら、身近であるからこそ忘れがちなこととして

胃薬は「薬」であり、気軽に飲むべきものでもありません。

 

何より、「痛くなってから」「痛くならないように」飲むことは

根本的な解決にはならないアプローチと言えます。

 

本来であれば、より「胃の力」に働きかけることが必要なのです。

 

習慣的な摂取がおススメの「生薬製剤イツラック」



 

「生薬製剤イツラック」は「医薬部外品」であり、薬ではなく

そのため「治す」という力は持たないものですが

薬ではないからこそ、習慣的に摂取しやすいものと言えます。

 

漢方成分が主成分であり、「胃薬よりはこっちを選んで欲しい」と言え

「胃薬が手放せない」という状態は、なるべく早く卒業すべきです。

 

実際に、中高年の方々の利用者が多く

  • ストレス
  • 飲み過ぎ

 

といった、異なる様々な事情にも効果を感じるとった

オールマイティーな使い方ができるアイテムです。

 

「生薬製剤イツラック」の成分についてもっと詳しく

 

「水分」という健康のベースも改めて意識していく

 

「唾液」に異常がある場合には、単純に「水分不足」という可能性もあります。

 

唾液の量が増えているということは、胃の状態が悪い可能性が高いですが

その「粘度」には、体内の水分・浸透圧といったものも関わります。

 

この時期には、「オシッコが近い」といった別のトラブルも抱えがちであり

また「高血糖」等の事情を抱えている体は、水分の吸収(代謝)にも問題が現れます。

 

「デトックス(毒素排出)」という観点からも、過剰でなければ水分は多めにとるべきであり

健康状態をいい方向へと向ける、何よりの「万能」な成分であることを意識しましょう。

食欲が沸かなくなった・脂っこいものが食べられない~そもそもどうして年をとると食る量が減るのだろう?~

「脂っこいものが食べられなくなった」ということは

中年同士の話題の中心・お約束の1つと言えます。

 

かつては、さんざん飲み歩いた後に「ラーメンで〆る」ことが

当たり前・楽しくして仕方がなかった日々もあったことと思いますが

「ずっとそのまま」というわけには、やはりいかないものでもあります。

 

また同時に「食べることができる量」と

そもそも「食べたいと思う量」が、減るということも一般的です。

 

この食欲の減少自体の原因は、

「老化」による生理現象(自然な反応)ということは

一般的な・常識的なこととして、認知されていることと思いますが

その変化の過程に関しても、少しだけ詳しく知っておくことで

「食の喜び」を、末永く維持することにつながるはずです。

 

体に併せて変化する「食欲」

 

基本的には、「食欲のピーク」というのは「成長期」と呼ばれる

小学校高学年~高校生くらいの期間であり、その時期を過ぎた後というのは

すでに食欲の減少は始まっており、その時期に比べれば少ないことは当然のことです。

 

そして成長期を過ぎた後というのは、

「体の維持」のために、食欲がコントロールされます。

 

「適正な食欲」を少しずつ超えることで、「太る」という現象が起き

太った体を維持するために、食欲が「追いついていく」ことになりますが

基本的には徐々に食欲は収まっていき、それでも太っている原因は「代謝の減少」です。

 

「代謝の減少」に合わせた食欲の減少

 

加齢による、代謝の低下は避けることができません。

 

そしてその「代謝の限界」に合わせて、食べる量も自然と減らすことになります。

 

「たくさん食べてもらっても、有意義に使えないよ」という信号が出始めるのです。

 

参考記事:>>「胃もたれ」の症状の早めの治し方と根本的な解消法

 

そもそも代謝が減少していく理由は、代謝に関わっている

  • 消化酵素
  • ホルモン

 

といった物質の分泌・機能が減少・劣化することによるものであり

これに関しても、ある程度は自然な現象と言えます。

 

この現象というのは、食欲の低下だけではなく

「インスリン関連の劣化」が「糖尿病のリスク」を上昇させたりと

加齢によって、あらゆるリスクが上昇する理由でもあります。



「深刻なトラブル」による食欲の不振

 

以上の事情に加えて、

「胃が小さくなる(細胞の劣化)」によって「絶対的な許容量」が減り

更に限界まで使わないことで、より劣化・萎縮が進行していくことになりますが

それとは別に、主に内臓系のトラブルによって食欲が低下していることも考えられます。

 

「肝臓まわり」にトラブルが起きているケース

 

食欲の減少を招くトラブルの起因となる器官としては

やはり「肝臓」という、代謝を司る臓器を挙げることができます。

 

基本的には丈夫な器官になりますが、

一方で「一気にガタが来る臓器」でもあり

「暴飲暴食」や「飲酒」による、負担の積み重ねの影響によって

食欲が減ってしまっている可能性があります。

 

特に「胆嚢」が関わる要素は、消化に大きく関わっているものであり

「胃が受け付けなくなった」という感覚の場合には、疑ってみる必要があります。

 

参考記事:>>「胆嚢炎・ポリープ」の原因となる食生活は幅広いトラブル症状を招く

 

「食べても大丈夫」なら「食べてもいい」ことを忘れない

 

胃が弱ってきた、食べれなくなってきた、という状況は

そのまま放置することで、より状況が悪くなるしかありません。

 

一度でも、消化不良を起こしただけで

「もう年なんだな」と、控え始めてしまう方は多いです。

 

それはそれで、体に優しい意識づけであると言えますが

「食」とは、非常に単純且つ身近な快楽の1つであり

ストレス・精神的な苦痛を、取り去ってくれるものでもあります。

 

  • 無理をしない
  • よく噛む
  • 腹八分目は守る

といったことを意識した、より長持ちする胃を手に入れる努力も必要です。

 

食欲を取り戻すためにできること

 

基本的・物理的・生理現象的に減少する食欲を

無理なく取り戻すためには、「筋トレ」が非常に効果的と言えます。

 

失った代謝機能の代わりに、基礎代謝を向上させることで

エネルギーの必要性を、作ってあげるのです。

 

また、それ自体がエネルギー効率のサポート役である

「ミネラル」の摂取も、自然な食欲を沸せるきっかけになるものです。

 

 

<PR>

健康的な胃を取り戻したい

1 2 3 5
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて