中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「ブロッコリースプラウト」に含まれる<スルフォラファン>の効果~肝機能の向上が中高年の健康を救う~

健康状態や栄養学に関するトピックにおいて、度々名前が上がることとなる植物に

「ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)」というものがあります。

 

知っていても食卓に並ばない典型的な食材、と言える一方で

非常に幅広い働きを秘めており、今改めて注目されている存在になります。

 

もともとブロッコリースプラウトは、

  • コレステロールの減少
  • 脂肪燃焼の促進
  • 食物繊維による便秘解消

 

といった効果があるとして、女性を中心としたダイエッターに注目されていました。

 

現在では以上に挙げた効果に加え、中高年が抱える健康問題に対して

非常に期待できる効果的を秘めているとして、再注目されており

そしてその中心には、「スルフォラファン」と呼ばれる成分が存在します。

 

注目成分「スルフォラファン」とは

 

そもそもブロッコリースプラウトは、幅広い栄養素を配合しており

いわゆる「スーパーフード」の1つであるとも、考えることができる存在です。

 

※「スーパーフード」とは、質量の割に栄養素の高い食材

 

主な成分としては、

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 葉酸

 

以上が挙げられ、たんぱくそうな外見からは想像できないほどの栄養素が詰まっており

「ブロッコリー」に比べて、非常に高い濃度で含まれることが人気の秘訣です。

 

そしてその中の1つとして注目される成分が、スルフォラファンであり

  • 抗酸化作用
  • 解毒作用

 

といった効果が、衰えていく中高年の健康状態をサポートし

更に、「最も重要な臓器」を守ることにつながります。

 

肝臓機能のサポート

 

スルフォラファンの効果として、最も注目すべきものが解毒作用と言えます。

 

これは年齢が上がれば上がるほどに、重要度を増すものです。

 

疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

上記の記事でも解説しましたが、疲れがなかなか取れない状態が

慢性化している人というのは、肝臓機能が低下という症状が十分に疑われます。

 

そして体のあらゆる臓器の中で、最も大きな解毒作用を担うものが「肝臓」です。

 

アルコール摂取の後における、「解毒作業」は典型的なものであり

その他にも、あらゆる成分を無毒化するために日夜頑張ってくれている存在です。

 

  • 解毒酵素を活性させることによる、肝臓の解毒作用を強化
  • 抗酸化酵素の生成を促進による、新陳代謝の向上

 

肝臓の解毒作用を高め、更に代謝物質である「アセトアルデヒド」等の代謝を高めることから

肝臓の負担を一気に減らすことができ、これらは「γ-GDPの数値の減少」として判明しています。

 

※「γ-GDP」とは、肝臓機能を測る大きな指標となる数字であり

数値が高いほど肝機能が衰えている、悪化しているとみなされる。

 

更に、

  • ピロリ菌の減少につながる抗菌作用
  • 発がん性物質の解毒

 

といった効果にも注目すべきであり、

  • 飲酒
  • 喫煙

 

といった、解毒が必要な習慣を持っている人に、

特に注目して欲しい、ぜひ取り入れるべき成分なのです。

 

「結果的なメリット」が非常に多い食材(成分)

 

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)に限らず、

  • 何を食べれば健康になる
  • 何を食べれば痩せる

 

といったものは存在せず、あくまで「結果的に」と考えるべきです。

 

そして現在の健康状態というのは、あらゆる因果関係の結果と言えます。

 

スルフォラファンは、上記した肝臓のサポートによる作用だけでなく

あらゆる身体機能のサポートにつながるものとして、非常に「効率」が高いと言えます。

 

「そのまま」食べる

 

ブロッコリースプラウトを食卓に並べる際、

必ず意識するべきことが、「生」で食べることです。

 

主にサラダに使われることから、それほど心配はいらないと思われますが

ブロッコリースプラウトに含まれる有効成分は、過熱によって壊れてしまいます。

 

衰えた代謝機能・抗酸化機能は、健康にも悪影響を与えると同時に

「美容」にとっても、懸念材料となるものです。

 

そのためお酒を飲まない方、特に女性にも注目して欲しい隠れた食材と言えます。

「亜麻仁油(アマニオイル)」の効果とは~一体何がどうして体にいいの?~

近年ある程度の期間を通して、「息の長いブーム」と言える食材・食品としては

やはり「体にいい油」と呼ばれるアイテム達であり、常に何らかのアイテムが話題になっています。

 

「鉄板」とも言える、「オメガ3」を配合したアイテムが中心となっており

「機能性表示食品」や、「トクホ(特定保健用食品)」という言葉が

これだけ広く知られるきっかけとなったのも、これらの力が大きいと言えます。

 

これらのアイテムが、これらけ人気を集めた要素として

  1. 血液を綺麗にする
  2. 血管を綺麗に保つ

 

といったことが挙げられます。

 

その目的として考えられるものは、やはり「動脈硬化」の予防であり

生活習慣病と呼ばれる症状への危機感が広がっている、と言える非常にいい環境でもあります。

 

またオメガ3を中心とした成分が、なぜ血液・血管の健康につながり

結果的に動脈硬化の予防につながるのか?という理由としては

それらの成分が、「血中脂肪」や「コレステロール」の解消につながるためです。

(現在では、別のアプローチを目的とした食品もたくさんありますが)

 

そしてこれらは、その「響き」からも「ダイエット」に効果的と感じる人も多く

また実際に、痩せやすい体へ近づくことも効果の1つと言えるため

様々な層から支持され火が付き、大ブームとなりました。

 

ブームの最終形態とも言える「亜麻仁油(アマニオイル)」

 

「DHA」そして「EPA」という、2つの成分から始まった(と考えられる)健康油ブームは

様々なアイテムを生み出し、また同時に健康への関心を高めました。

 

次々に現れる新たな油・成分は、今となっては全て把握するのは難しいことと言えます。

 

そんな中でも、やはりオメガ3(DHA・EPA)は鉄板と言えるまでの存在であり

新たな成分に負けることなく、健康油の代名詞となっています。

 

※参考記事>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

一方で、最近になって「これらよりもいいのでは?」と話題になっている油が

「亜麻仁油(アマニオイル)」であり、最後の・期待のアイテムとして注目されています。

 

亜麻仁油とは、「亜麻」と呼ばれる植物の種子から抽出される油です。

 

最大の特徴は、「コレステロールを含まない」ことであり

且つオメガ3の1つである、「α-リノレン酸」を含むといった

体のいい油が持つ「デメリット」の部分が、少なくて済む「より高品質な健康油」と言えます。

 

亜麻仁油の効果

 

亜麻仁油の効果としては、基本的にはオメガ3と同じく

  • 血液の質の向上
  • 血管の保護

 

以上の結果として、動脈硬化の予防につながること

また「認知症」の予防に対しても、効果的であることが分かっています。

 

またα-リノレン酸は、免疫活性化・抗炎症作用を含む成分であり

加齢によって失われていく能力を、サポートするための心強い味方と言えます。

 

また最も注目すべきは、DHAやEPAといった他のオメガ脂肪酸の力を

より引き出す能力を持っており、「上回る」というのはこの点を指しています。

 

更に「女性ホルモン」を調整する働きを持っており

「更年期障害」という、高いハードルが迫った女性にとって

ぜひ日常生活に取り入れて欲しい・取り入れるべき成分と言えます。

 

毎日少量を「そのまま」摂取すべき

 

亜麻仁油は過熱することで、その貴重な栄養素が破壊されてしまいます。

 

そのためドレッシングにする等、「そのままで」摂取することが推奨されます。

 

また過剰摂取によって、「下痢」を招くこともあるため

一度に大量摂取しないこと、また毎日適度な量を摂取するべきと言えます。

 

「油」がなぜこれほどまでに「ブーム」となったのか?

 

アマニ油やオリーブオイルといった、「ちょっといい(高い)油」というのは

従来も存在していたものであり、「今更なんで流行っているの?」と思う方は多いかもしれません。

 

その理由として、1つは冒頭で挙げた動脈硬化という

生活習慣病の核となる症状への、予防効果があります。

 

そしてそれに加えて、何よりも「不飽和脂肪酸」という存在が

体内で作り出すことができないものであることが、広く知られ始めたためです。

 

牛・豚・鳥等から摂取できる、一般的な脂質や乳脂肪といったものは

「飽和脂肪酸」と呼ばれ、体内で作り出すことができます。

 

しかしながら、これらは「過剰」に摂取されていることが一般的です。

 

一方で不飽和脂肪酸を含む、青魚を中心とした食材の摂取量は減少しています。

 

そして飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸、どちらも必要な存在です。

 

  • 作れる脂肪の過剰摂取
  • 作れない脂肪の不足

 

といった、ちぐはぐな状況に登場したのが「油ブーム」なのです。

 

大切で難しい「継続」するということ

 

健康に対して、関心が高くなることはいいことです。

 

しかしながら「一過性」では意味がなく、また「知っている」だけでは健康になれません。

 

試してみること、加えて「継続」が非常に重要なことになります。

 

不飽和脂肪酸に関しては、「足りない」ということが主な問題であり

外部から取り入れることを目的として、「サプリ」や「食用油」がヒットしました。

 

不足が問題になっているケースは、不飽和脂肪酸だけにとどまらないものですが

過剰摂取が問題となっているケースよりに比べて、解決が容易なものです。

 

また、ダイエットを目的としているのであれば

中性脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪)という、余計なものを減らすことにつながるため

食用油・オメガ3サプリといったものは、非常に手軽な健康習慣であると言えるのです。

 

ぜひ自分に合った習慣・アイテムを見つけて、一定期間継続してみて欲しいと思います。

 

 

<PR>

>>「オメガ3アイテム」も入った動脈硬化対策アイテムランキング

認知症・痴呆症対策のサポートにおススメの記憶力サプリ「オボエール」の効果と口コミ

年々衰えてくる、「頭の回転の速さ」にがっかりしている方は多いと思われます。

 

加齢に伴って衰える体の機能は、物理的なものだけではなく

あらゆる「感覚」にも影響を与えるものであり、その中でも「頭の中」という

自分にしか分からない劣化というのは、非常に悩ましいものであるはずです。

 

そして「脳みその劣化」の中にも、様々なものが挙げられますが

やはり「記憶力」というのは、最も分かりやすい・顕著な要素と言えます。

 

物忘れ・度忘れといったことが増えてくる中では、

昔はすぐに思い出せたのに・・・」という、個人的ながっかりと同時に

日常生活、特に仕事等が関わる場合には、不便なことも多いはずです。

 

「その先」の重大な懸念につながる前に「できること」を

 

いわゆる「ものわすれ」といった、軽度の記憶力の低下というのは

その大元は異なれど、その先に「認知症・痴呆症」の発展が懸念されます。

 

「忘れてしまう」「思い出せない」というのは、悲しいことであり

いつまでも脳を「はっきり」と保つことは、肉体の健康と同じくらい大切なはずです。

 

※参考記事:>>「物忘れ」の仕組み・ひどくなる原因~「認知症」との違いは?~

 

誰にでもリスクがあるもの(学者といった頭脳労働に関わらず発症してしまう)であり、

できる限りの努力・対策というのは、誰もがしておくべきものと言えます。

 

昨今の高齢化に伴い、中高年向けのアイテムが急増しており

その多くは、「体」にアプローチするものになりますが

健康問題と同じくらい大切なものとして、「認知症」といったものに働きかけるための

健康食品・生活習慣に関しても、研究・開発が活発になってきています。

 

今回は、昨今増えてきた「記憶力サプリ」の中から

最新とも言えるアイテムである、「オボエール」を紹介したいと思います。

 

 

脳の血流から記憶力に働きかける「オボエール」

 

「オボエール」は、一見フェイクアイテムのような印象を受ける名称ですが

その内容は従来の記憶力サプリとは一線を画す、また非常に合理的なものと言えます。

 

主成分は「イチョウ葉」由来の成分であり、脳内の血流に働きかけることで

記憶力だけでなく、脳の機能全体へのアプローチを目的としています。

 

 

※画像は「オボエール」公式ページより

 

脳の活性化をサポートする2つのアプローチ

 

「オボエール」は、イチョウ葉エキスに含まれる

  • フラボノイド
  • テルペンラクトン

 

以上の2つの成分によって、脳の血流に働きかけます。

 

 

血液の凝縮・粘度を低下させることで、

  • 作業記憶
  • 視覚的

 

という2つの行動に関わる、記憶に関わる神経活動を高め

記憶力・判断力の欠如をサポートすることを目的とします。

 

結果的な記憶力の向上は、臨床実験で判明している内容であり

医薬品ではなく、健康食品で実現できる点で非常に画期的と言えます。

 

イチョウ葉以外の「記憶力成分」も

 

「オボエール」に含まれる栄養素は、イチョウ葉エキスだけではありません。

 

長年ハーブの研究を続ける、「オボエール」の販売会社である

「ハーブ健康本舗」が厳選した、記憶力のサポートにつながる成分を豊富に配合します。

 

 

これらの成分の中には、血流の改善につながるとして

昨今注目されている「体にいい油」も含まれており

様々な角度から、血液に働きかけることがため

非常にコストパフォーマンスが高いアイテムと言えます。

 

「オボエール」の口コミ

 

「オボエール」の利用者は、やはり60代、70代が中心となりますが

40代といった「入口」の段階で、利用を始める方も多いようです。

 

 

「早ければ早いほどいい」というのは、あらゆる健康習慣に言えることであり

「なる前に始める」という、危機感を持つことが大切です。

 

継続を前提に早めに始めたい健康習慣

 

「オボエール」は、「飲めばすぐに記憶力がよくなる」というものではありません。

 

また「すぐ効く」というアイテムは、医薬品以外に存在しません。

 

やはりある程度の継続が必要であり、「オボエール」の臨床実験からも

「1日2粒を最低3ヵ月」は、続けて欲しい内容です。

 

そしてその際に気になるポイントが、価格面と考えられてますが

定期購入であれば、

  • 初回33円/1日
  • 2回目以降も116円/1日

 

と、非常にリーズナブルです。

 

 

缶コーヒー・飲酒といった、「つい毎日やってしまいがち」

体に悪い習慣を止め、浮いたお金でぜひ試してみて欲しいと思います。

 

コストパフォーマンスが、マイナスからプラスに変わることは

明らかにメリットが大きなことであり、こういったことの繰り返しが

末永い健康につながることを、決して軽視してはなりません。

 

「オボエール」の詳細・公式販売ページはこちら

 

 

※記憶力に関わる栄養素に関してはこちらの記事も参考に

>>認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物・習慣~DHAサプリ?プラズマローゲン?~

 

>>うっかりミスが増えて来た!ボケ防止のために脳を若返らせる注目の成分「ジオスゲニン」とは

中高年が生活習慣にサプリメントを取り入れる際に優先すべき種類とは~男性向け・女性向け・どんなサプリが一番おススメ?~

当サイトでは健康情報と共に、サプリメントの紹介記事を掲載しています。

 

ひと昔前であれば、中高年向けの観光食品と言えば「青汁」や「漢方」でしたが

現在では(年齢に問わず)何らかの「サプリ」を利用している方が大半と言えます。

 

加えて、「特定保健用食品(トクホ)」を代表とした

高いレベルで健康目的で利用するアイテムの選択肢は急増しており

今後更に、幅広く・ピンポイントに自分に合ったアイテムを選べる環境となっていくはずです。

 

しかしながら、そうした嬉しい・恵まれた時代である一方で

「何か試してみよう!何を試そうか?」となった際に、どれを選べばいいのか?という

自分に相応しいアイテムを選ぶことが、難しくなっているというデメリットもあります。

 

「全て試す」ということは、その種類の多さ・経済的な面からも現実的ではなく

同時に「自分の体の状況マッチしたものでなければ、意味がない」ということも事実です。

 

そういった点から、今回は「はずれなし」というポイントに注目し

男女別に分けた、「中高年が優先すべきサプリ」を紹介していきたいと思います。

 

※サプリは「薬」ではありません。

 

あくまで「食品」であり、それ自体に病気を治癒する効果はなく

また「習慣」として「継続」しないことには、結果を比べることは難しいアイテムです。

 

男女問わず最優先すべき「血管の質」

 

まずは性別に関係なく、加齢と共に申告な問題につながる症状がとして

「動脈硬化」があり、その原因・結果に関しては当サイトでは何度も紹介しています。

 

動脈硬化とは、血管の壁が厚く・硬くなることで、血液の流れが悪化する症状であり

「脳卒中」や「心筋梗塞」といった、「即死のリスク」が高くなることは広く知られます。

 

しかしながら、そういった有名な症状だけではなく「生活習慣病」を中心として

またその症状が発展した「合併症」といった、あらゆる重い疾患の「核」となる症状でもあります。

 

  • 失明につながる「糖尿病性網膜症」
  • 人工透析につながる高血圧(糖尿病)性腎硬化症

 

以上の症状も動脈硬化の結果であり、

それだけでなく、中年女性にとって大きな悩みでとなる

「肌のくすみ」といったものも、血流の流れが悪化することで起きるものです。

 

血液の質・血管の質は、美と健康の根底にあるものであり

こと健康問題を考えた際には、何よりも優先して改善に取り組むべき対象になります。

 

「血管」へのアプローチにおススメのサプリ

 

血管を対象にした最新のアイテムとしては、「ヘルスオイル」がイチオシであり

男女問わず、まず最初に・継続して試してみて欲しいアイテムです。

 

 

>>高コレステロール血症の改善・動脈硬化の予防におススメの医薬品「ヘルスオイル」の効果とは

 

 

>>肥満・動脈硬化対策に取り入れたいおススメのアイテム・サプリ

 

 

血管の質の改善は、「高血圧」の改善にも直接的につながるものであり

国民病ともされる高血圧の対策は、昨今の健康ブームの主流でもあります。

 

高血圧の改善アプローチは、血管の質の改善だけでなく

血液の質の改善、また肥満の解消によっても解決につながります。

 

特に昨今は「油で健康になる」という、一見矛盾したアプローチが注目されており

「DHA」や「EPA」といった、「オメガ3」を中心に様々なアイテムが増え続けています。

 

 

>>高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い

 

 

>>血圧を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~DHA・EPAからサーデンペプチドまで~

 

 

>>高血圧対策に取り入れたいおススメのサプリ

 

「中年男性」におススメのサプリ

 

仕事人生活の中で切り離せない、「付き合いのお酒」の影響というのは

男性にとって最も大きなトラブル要因であることは、いつの時代も変わりません。

 

そしてその結果として、最も注意すべき問題が「糖尿病」です。

 

「お酒を飲まない」という方であっても、血糖値には「ストレス」も関係しており

そういった面からも、最もリスクが高い年頃でもあります。

 

食後に血糖値が上昇することは、当然の反応になりますが

それがいつまで経っても下がらない、常時高血糖状態に陥った後というのは

そこから「完治」することは、は非常に難しいことが現実です。

 

「なる前に何とかしなければならない」ということを意識すべき、最大の症状です。

 

血糖値へのアプローチにおススメのサプリ

 

血糖値へのアプローチとして考えられることとしては、

  • 血糖値を下げる働きを助ける
  • 血糖値を上がりにくくする

 

という2つの考え方がありますが、「インスリン」以外に血糖値を下げる成分は存在しません。

 

そのため、サプリでの働きかけは「まだ大丈夫」な状態に限定されます。

 

しかしながら、その状態で食い止める必要があり

早めに試すことに価値がある点も、糖尿病サプリがおススメ理由です。

 

 

>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~

 

 

>>血糖値が高い症状を早めに自覚して「食生活の改善」と「運動による対策」に「サプリ習慣」を

 

 

>>高血糖・糖尿病対策に取り入れたいおススメのサプリ

 

ルックルックイヌリンプラス

 

男性の核を握る「前立腺」

 

また男性に対して、余裕があれば試してみて欲しいものとして

「前立腺」にアプローチする、「ノコギリヤシサプリ」があります。

 

前立腺とは、男性特有の機関であり「男性に特化したの栄養素」である

「ノコギリヤシ」は、

  • 男性機能障害(前立腺肥大)
  • 男性型薄毛(AGA)

 

といった様々な男性特有のトラブルに対し、ピンポイントでアプローチできる栄養素です。

 

 

>>効果を比較した際におススメの「ノコギリヤシサプリ」とは

 

 

>>薄毛の悩みを抱えた方にぜひおススメの青汁「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」の効果と口コミ

 

「中年女性」におススメのサプリ

 

中高年女性における、健康トラブルと言えば「更年期障害」です。

 

そしてこの更年期障害とは、「どんな症状が出るか分からない」ことが最大の特徴です。

 

更年期障害とは、性ホルモン(エストロゲン)の減少の影響で

自律神経が乱れることによって起きますが、その最大の特徴が症状の多様性になります。

 

また肉体的なトラブルだけでなく

  • イライラ
  • 抑うつ

 

といった、内面的なトラブルを招くことも特徴的であり

長引いてしまった場合には、日常生活に悪影響が続くことになります。

 

遺伝的・体質的な要素も大きい症状であり、昔ながらの「漢方」が主流となっていましたが

現在では、非常に数多くの「更年期サプリ」が販売されています。

 

「更年期障害」のアプローチにおススメのサプリ

 

更年期サプリの主成分は、「大豆イソフラボン」を中心とした

「植物性エストロゲン」であり、やはり適切な成分であると言えます。

 

それに加えて、最近では美容面をカバーする「総合中年女性サプリ」とも言うべき

非常に効率的で、お得とも言えるサプリも増えてきています。

 

 

>>女性の更年期障害対策に取り入れたいおススメサプリ

 

 

>>メンタルヘルスのサポートに取り入れたいおススメのサプリ


 

年齢に関わらず根本的なケアが必要なもの

 

以上は、男女共通・別に注目した症状からサプリを紹介しましたが

「健康」を考えた際に、より根本的な要素として

  • 腸内環境
  • 免疫力

 

以上の2つを挙げることができます。

 

言うまでもなく、これらは加齢によって劣化していくものであり

だからこそ、補っていく・改善に働きかけることが必要です。

 

健康問題とは、目に見えるもの・数値で現るものだけでなく

「細胞の力」といった、より深い部分から考えるべきものであり

それこそが、加齢によって現れるトラブルの根底にあると言えます。

 

 

>>最近、乳酸菌の種類が多すぎてそれぞれの効果が分からない

 

 

>>加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS」とは

 

 

※こちらの記事もご参考に

>>中高年が注意すべき・予防すべき病気ランキング~本当のトップ5~

薄毛の悩みを抱えた方にぜひおススメの青汁「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」の効果と口コミ~健康習慣と育毛習慣の両立を実現~

中高年向けの鉄板アイテム・ロングセラーと言えば「青汁」であり

今となっては、数え切れない種類・コンセプトを持つジャンルとなっています。

 

そしてまた、「健康」とはややかけ離れたものではありますが

男性を中心として、「お馴染みの悩み」となるものが「薄毛」になります。

 

この2つは「血糖値」と「腰痛」のように、アプローチする方法は違うものの

日々意識して改善に取り組むべき、年をとることで誰もが無視できなくなる症状と言えます。

 

そしてこれらは「アプローチの仕方は別々」ということが、当たり前のこととして認識されており

それぞれに相応しいアイテム・改善策をとることは、仕方がないものと捉えられています。

 

しかしながら、この度「健康習慣」と「薄毛ケア」を両立できるアイテムが発売され

その両方に悩んでいる、決して珍しくはない方々に注目されています。

 

スカルプD・ノコギリヤシ青汁

 

薄毛に悩む男性を中心に、超有名アイテムである「スカルプ・D」を販売する

アンファー株式会社が新たに発売した「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」

薄毛アイテムとしては数少ない「ドリンク型」であり、尚且つ青汁として販売される画期的なアイテムです。

 

 

そのコンセプト・成分内容に関しては、薄毛ケアを含めて健康アイテムとしては

合理的・当たり前のものと言えますが、今までになかったものであること

更に薄毛ケアアイテムの販売大手によるものとあり、非常に期待のアイテムになります。

 

「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」の公式サイトはこちら

 

お馴染みに成分にプラスアルファされた「男性型脱毛症(AGA)」のための成分

 

主成分となる原材料・栄養素としては、青汁には欠かせない「大麦若葉」に加えて

薄毛ケア、特に「男性型脱毛症(AGA)」のキモを握る「ノコギリヤシ」になります。

 

 

※画像は「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」公式ページより

 

そもそもAGAとは、「男性ホルモンの暴走」によって起きる1つの症状であり

加齢によって高まる、誰もが避ることができないリスクになります。

 

ある程度は、「遺伝」等の影響を受ける症状になりますが

その根本的な問題に関しては、全ての人に100%起きると言ってもいいものです。

 

薄毛問題に特化した総合サイトはこちら

 

一般的な食生活では摂取できない「ノコギリヤシ」

 

そしてそのAGAの根本要因にアプローチできる栄養素が、ノコギリヤシであり

現代において薄毛ケアの1つの主流となった、「育毛サプリ」の主成分として知られています。

 

ノコギリヤシと言えば、「頻尿」に効果的な成分ですが

そもそもの根本原因である、「前立腺の肥大」のケアに効果があります。

 

そして前立腺の肥大が起きる原因こそが、AGAの要因と同じものでもあるのです。

 

※参考記事>>効果を比較した際におススメの「ノコギリヤシサプリ」とは

 

「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」の口コミ

 

「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」は、もともと知名度の高かった

「スカルプD」から派生したアイテムであり、発売当初より利用者が多いアイテムです。

 

やはり「スカルプD」を愛用していた方が、利用者の中心となっていますが

「利用者に勧められて始めた」というケースもあり、そういった方からも評価が高いようです。

 

 

1本1本スティック状に包装されているため、持ち歩きにも便利であり

何より「薄毛のケアが同時にできる」ことからも、青汁の入門アイテムとしてもおススメです。

 

薄毛とは男性にとって永遠のテーマであり、関心を持つ人が絶えないことからも

「青汁ブーム復活の鍵」となる、可能性を秘めたアイテムと言えます。

 

「500円」でモニターに参加できるチャンス

 

現在「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」は、「500円」で参加できる

「モニター」の募集キャンペーンを実施しています。

 

基本的に、高価格帯となりがちな育毛アイテムにおいて

500円という価格は魅力的であり、せひこの機会に試してみて欲しいと思います。

 

 

最近ではダイエットアイテムとして知られる青汁ですが

もともとは「健康習慣としての嗜み」の1つであり、

年齢に関わらず、多くの方におススメできるアイテムです。

 

「スカルプD・ノコギリヤシ青汁」の公式ホームページでモニターの詳細を見てみる

1 2 3 8
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて