中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「バセドウ病」の症状と原因・治療の内容~「橋本病(慢性甲状腺炎症)」との違いは?~

多くの方が聞いたことはあるけど、詳しくは知らない・・・という

比較的珍しい疾患の1つに「バセドウ病」があります。

 

著名人が患っていることを告白し、その後活動を休止する等

「重い」という印象を受ける疾患ですが、一体なぜ発症し・どんな症状が出るのかは

それほど広くは知られていませんが、決して他人事ではない病気でもあります。

 

バセドウ病とは、「甲状腺」が肥大することによって起きる「自己免疫疾患」の1つです。

 

甲状腺とは、「のどぼとけ」の下に存在する器官であり

様々なホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌している、非常に重要なパーツと言えます。

 

バセドウ病は、甲状腺ホルモンの過剰な分泌(甲状腺機能亢進症)を招くことで

肉体的にも、精神的にもトラブルを招く疾患になります。

 

「バセドウ病」の症状

 

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、一体どんなことが起きるのか・・・

その症状は幅広く、また予想ができない点から「自律神経」のトラブルに似ている面があります。

 

その根本にある現象が、あらゆる器官・機能の「常に活発にな状態の継続」というものであり

  • 心拍数の増加
  • 高血圧
  • 発汗量の増加

 

それによる、

  • 頭痛
  • 発熱
  • 動悸
  • 口の渇き
  • 手の震え
  • 下痢
  • 意識障害
  • 躁鬱

 

といった、幅広い症状を招いてしまうことになります。

 

臓器・機能が活発になり過ぎることで、必ず「代償」が発生することになり

活発になっている状態時、その反動時に別の症状が現れることになります。

 

食欲・性欲の増加・減少もコントロールできなくなることが多く

また「性格」が変わってしまうことで、人間関係への悪影響も考えられます。

 

「橋本病(慢性甲状腺炎症)」との違い

 

同じく甲状腺に関わる疾患に、「橋本病(慢性甲状腺炎症)」があり

バセドウ病よりも、更に認知度が低いと思われますが

バセドウ病の話題においては、セットで語られることの多いものです。

 

とは言っても、その症状は真逆とも言えるものであり

甲状腺を異物と判断し分泌された抗体が、甲状腺の細胞を破壊してしまうことで

新陳代謝の衰えを招き、身体機能を低下させてしまう疾患になります。

 

「バセドウ病」を発症してしまう原因

 

バセドウ病は甲状腺自体を異物とみなし、免疫反応によって生成された抗体が

甲状腺を刺激・攻撃してしまうことで、甲状腺ホルモンの過剰な分泌を招きますが

その根本的な原因は判明しておらず、これは橋本病にも言えることになります。

 

体が常に「新陳代謝がいい状態」に変化してしまうことで、その反動を受け続けることになります。

 

「最近、体が熱くなりやすいな」といった軽い自覚症状から

徐々に症状は進行していき、診断時にはすでに進行していることも多い症状です。

 

「遺伝」といったものも関わることが多く、近親者に患者がいる場合には確率が高まり

また「出産」といった、身体が関わる大きな病気がきかっけと考えられるケースもあります。

 

「バセドウ病」の検査・治療

 

バセドウ病(橋本病)の検査は、

  • 血液検査(甲状腺ホルモンの量)
  • 超音波検査(甲状腺の大きさ・形)

 

以上の2つが主なものであり

  • 甲状腺の肥大(炎症による腫れ)
  • 眼球の突出

 

といった、見た目でも判断されるものになります。

 

またその治療は、

  • 甲状腺ホルモンを抑える薬(バセドウ病)
  • 甲状腺ホルモンを活発にする薬(橋本病)

 

以上が、それぞれに処方されることになります。

 

副作用と薬の量の兼ね合いが難しく、

また白血球の減少により、細菌に感染しやすくなります。

 

また放射線治療や、外科手術による治療の選択肢もありますが

その症状や体質、仕事等といった要素との「相性」が重要であり

実際には、なかなか難しいことが現実と言えます。

 

「おだやか」に生活を送るしかない

 

甲状腺ホルモンの異常は、治癒までの時間が予測できないことが多く

特にバセドウ病の場合には、「おだやか」に日常を送ることが大切です。

 

ただでさえ、「体が熱い状態」が継続する疾患であり

余計に体が活性化してしまうことを、避けることを優先します。

 

特にストレスによって、症状が進行してしまうことが分かっており

本来であれば、休業することを推奨されます。

 

また、十分な睡眠時間の確保はもちろん

心身共に、可能な限り負荷をかけなことが必要です。

顔色が悪くなる原因はどうして?~色の違いによって変わる・赤・青・黒・土・黄で疑うべき不調の種類とは~

身体に何らかの変化・トラブルが発生した際には、様々なカタチで「不調」が現れ

その多くが「感じる」ものになりますが、中には「見た目」にも変化あるものも存在します。

 

「たんこぶ」や「腫れ」といったものが、典型的な現象であり

基本的には、「患部」となる部分に変化が現れることになりますが

そのほとんどが、「外傷」と呼ばれる体の外側のトラブルの結果と言えます。

 

しかし、「中には体の中で起きている不調(変化)」を現しているパーツもあり

その中でも「顔色」というのは、体内の様々な部分の不調を反映したものと言えます。

 

傷・打撲等に比べ、「どこで問題が起きているのか?」が分かりにくいことが特徴であり

疑うべきトラブルの症状・器官は、無数に存在するものでもありますが

今回は典型的とも言えるもの、ヒントになるものをピックアップして解説していきます。

 

最も分かりやすい「赤」と「青」

 

体の変化を反映した顔色の変化として、最も分かりやすい例は

「赤」「青(白)」であり、多くの方が経験したことのあるものと思われます。

 

「赤い」顔から疑われる症状

 

まず、赤い顔というのは「怒り」や「緊張」といった

精神的な変化を反映していることが特徴的と言えます。

 

これは、興奮した際に活発になる「交感神経」が反応していることで

「血行」がよくなっている証であり、「耳」等にも波及することが特徴です。

 

また顔色と同時に、心臓の鼓動も早くなっているはずであり

毛細血管が密集している、顔面は非常に反映しやすいパーツでもあるのです。

 

同時に、「熱を持っている」と言える状態でもあり

発熱時や酩酊時には、「赤ら顔」といった言葉もあるように

頬を中心としてほんのり赤身を帯びるケースや、顔全体が真っ赤になることもあり

この「赤さ加減」というのは、体質によっても個人差があるものといえます。

 

また血行が良すぎることで、「頭痛」等を訴えることが多く

これは頭痛の原因である、血管の拡張も影響していると考えられます。

 

決して珍しくはない変化と言えますが、「高血圧」といった持病を持っている場合には

顔色が赤くなっている際(血行がよすぎる)には、様々なリスクが上昇していることを意味します。

 

「青白い」顔から疑われる症状

 

青白い症状というのは、女性を中心として基本的には「貧血」を表しており

血行のよすぎる赤色とは、正反対の現象が起きていると言えます。

 

特に「起立性低血圧」と呼ばれる症状は、顔色が青白くなる最も多い原因と考えられ

めまい・立ちくらみといった症状が、付随することもあります。

 

※参考記事:>>お風呂上りの立ちくらみ・気持ち悪くなる症状~高血圧の中年女性は要注意!~

 

また「低体温」のケースでも(体質)、顔色が青白くなる傾向があり

これに関しても、発熱時に赤くなる現象と対照的なものと言えます。

 

一方で、「緊張」といった内面的なものによっても

顔が青白くなる方もおり、赤くなる際と同じく交感神経が活発になる状況ですが

赤くなるのか、青白くなるのかは、体質によって決まってくるとも考えられます。

 

言うまでもなく、「冷え」といったものが大きく影響する顔色であり

生理のある女性は、貧血・低体温含めてリスクの高い色と言えます。

 

より注意すべき「黄色~茶色」

 

以上の2つの色は、それほど珍しくはない

場合によっては、健康な人も変化することが珍しくない症状と言えます。

 

また「短期的」に変化して、元に戻ることが多いことも特徴です。

 

しかしながら、中には「何らかの疾患の症状の1つ」とも言うべき

より注意するべきと言える、顔色の変化があります。

 

「土(黒)色」が慢性的となっている場合に疑うべき症状

 

土色とも言うべき、「茶色~こげ茶色」の顔色が見られる際には

内臓の異常が疑われることは、広く知られているものでもあります。

 

場合によっては、「黒」になってしまっているこの症状は

一時的な変化というよりは、色素の沈着によって慢性化していることが多いと言えます。

 

  • 脳下垂体自体
  • 脳下垂体から分泌されるホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌異常
  • 免疫異常

 

といった、深刻な事態が起きていることが想定され

場合によっては、脳下垂体に腫瘍が発生していることも想定されます。

 

言うまでもなく、医療機関での治療が必要な症状です。

 

また、

  • 慢性的なアルコールの摂取
  • 肝炎(肝脂肪・肝硬変・肝臓がん)

 

といった「肝臓」に異常がある場合も、顔色が黒っぽくなる傾向が見られます。

 

肝臓の機能が低下するということは、徐々に腎臓の機能も低下するということであり

体内の浄化・老廃物の排出がうまくいかないことで、「顔色で済まない」事態がおきます。

 

いずれにしても、「自力でなんとかできない事態」が進行している恐れがあり

慢性的なものと判断できる場合には、できるだけ早い相談が推奨されます。

 

ただし顔色が黒くなる事態というのは、徐々に進行していくために

「年をとっただけ」と、勘違いしやすいことも特徴であり

体調に関わらず、一度は検査を受けることが相応しいと言えます。

 

「黄色」が慢性的となっている場合に疑うべき症状

 

顔色が黄色っぽいと感じる際には、それは「黄疸」が出ていると考えられます。

 

アジア人では、見た目で感じずらい色ではありますが

「白目」といった部分に出ているのであれば、黄疸と判断すべきです。

 

黄疸の発生は「肝炎」の前兆?~それぞれの症状・原因とできるだけならないために必要なこと~

 

以上の記事でも解説していますが、黄疸の発生というのは

その多くが肝臓にトラブルが起きているということであり

その結果とも言える、

  • 胆汁の分泌異常
  • 胆汁の詰まり

 

そして、それによる腎臓への負担が考えられます。

 

また「溶解性貧血」と呼ばれる症状の際に、赤血球が壊れることで

「ビルビリン」と呼ばれる黄色を現わす物質が発生することが原因です。

 

溶解性貧血は、鉄分の不足が原因ではなく

細菌の感染やビタミン(E)不足が原因となる貧血です。

 

また運動等による、物理的な衝撃によって赤血球が壊れてしまうケースも考えられます。

 

このビルビリンは、黄疸が現れる際に基本的に発生しているものであり

ビルビリンの発生要因は、様々なケースを想定することができます。

 

少し注意すべき黄色への変化

 

一方で、それほど深刻ではないにしても

少々注意すべき、黄色への顔色の変化もあります。

 

「みかんを食べすぎると黄色くなる」ということは

聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

柑橘系の果物に含まれる、「カロテノイド」と呼ばれる物質を

過剰摂取(食べ過ぎ)したことが原因であり

習慣的な場合には、摂取量を改める必要があります。

 

「慢性的」や「頻繁」なケースはとにかく医療機関へ

 

以上はあくまで「例」であり、実際にどこに不調が起きているのかは

医療機関における、詳しい検査でしか判明しないことも多いことが事実です。

 

その色がずっと続いているは、改善していない何よりの証拠です。

 

また短期的な変化であれば、それほど心配ないケースも多いことは確かですが

その変化が頻繁である、頻繁になってしまった際には注意すべきと言えます。

 

そして顔色を考える際、忘れてはならない最も大きな要因として

「疲れ」というのは、あらゆる顔色への変化の可能性が考えられます。

 

  • 自律神経の乱れによる交感神経・副交感神経のバランスの乱れ
  • 内臓の不調

 

あらゆるトラブルのリスクが高くなっている、典型的な状態であるためです。

 

※こちらの記事も参考に

>>舌の色で分かる病気~健康状態の判断の参考に!汚い原因は以外なことも?~

風邪をひきやすくなってしまった・・・加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS(リポポリサッカライド)」とは

「風邪は万病の素」と、昔から言われるように

風邪(熱発)という症状は、様々な病気の前兆であると同時に

それが発展することによって、幅広い病気のリスクを招くものと言えます。

 

高齢者の死因として、また「老衰」として亡くなるきっかけとして

「肺炎」という症状は非常に多く、もちろん風邪の症状が関わっているものです。

 

体質や健康状態の傾向によっても異なりますが

風邪の諸症状のきっかけとなるのは、「細菌(ウィルス)」と呼ばれる存在です。

 

この細菌は、常に空気中に存在しているものであり

誰もが逃れることのできない、そして永遠に存在する脅威と言えます。

 

しかしながら、同じ場所・同じ空気を吸っていても

風邪を引く人・引くタイミングが存在し、その鍵を握るものが「免疫力」になります。

 

免疫という機能に関しては、多くの方がご存じと思いますが

「抵抗力」とも言うべきものであり、体に侵入してしまった細菌をはじめとする

「外敵」と「自分が持っている細胞」が戦う能力になります。

 

この「戦い」の結果として、「痰(鼻水)」や「膿」があることも広く知られます。

 

そしてこの免疫・抵抗力こそ、加齢によって失ってしまう機能の最たるものであり

失うことによって、様々なリスクを上昇させてしまうものでもあります。

 

「老化そのもの」という避けられない現象

 

抵抗力の低下の原因とは、まさに「老化そのもの」と言えます。

 

肌・内臓・骨・筋肉が劣化することと同じく、劣化することはやむ負えません。

 

外敵と戦う力というのは、若ければ若いほどに強いものであり

10代後半~20代前半がピークであり、まさに「美」と同じものでもあります。

 

そして「シワ」「胃もたれ」「骨折」のリスクが増えることと同じく

風邪をはじめとした、様々な疾患にかかりやすくなります。

 

もちろん、単なる風邪だけではなく「インフルエンザ」といった

主に「感染性」の疾患のリスクが高まり、また感染・発症した後の

「治るまでの期間」が長いことも、免疫力の低下によるものです。

 

「追い出す」という能力も、低下しているのです。

 

免疫力を保つためにできること

 

この免疫力を、「いかに保つか」というのは

これから壮年期・老後を迎えるにあたって、非常に重要なことと言えます。

 

もちろん、「強化」することが最大の目標と言えますが

やはり他の要素と同じく、まずは「衰え」に対する対策が必要です。

 

この免疫力に関しては、「体調」といったことも影響し

  • 根本的な免疫力
  • 一時的な免疫力

 

この2つに関して、考えることが必要です。

 

まず、根本的な免疫力に関してですが

  • 健康的な生活リズムの繰り返し
  • 規則正しい食生活

 

こういった「当たり前のこと」しかありません。

 

しかしながら、中年世代の方にとってはより重要性の高いことと言えます。

 

免疫力には、「自律神経」が大きく関わっており

性ホルモンの減少によって、乱れがちな自律神経を

より意識的に、正常に保つことは絶対条件と言えます。

 

何より「健康」であること自体が、免疫力を高く維持する最大の秘訣です。

 

「寝不足」や「ストレス」は、体を弱らせる最たるものであり

疲れている時に、風邪を引きやすいことは必然的なことなのです。

 

<PR>

免疫細胞の活性効果が注目される大好評「LPS」アイテム

 

免疫(抵抗)力を「高める」ためにできること

 

そして根本的な免疫力の強化に加えて、やはり「プラス」することも重要です。

 

免疫力を高める栄養素としては、「ビタミンC」が知られており

ビタミンCを多めに摂取することは、最も手軽な予防策と言えます。

 

風邪の引き始め・熱が出てしまった際に、服用する人の多い

市販の「風邪薬」には必ず含まれているものであり

実際に「早く追い出す」ための、非常に心強い成分になります。

 

過剰に摂取してしまった際も、尿から排出できるビタミンであり

それほど過剰摂取による副作用が見られないことも、「とにかく摂るべき」理由になります。

 

その他にも「ねぎ」や「はちみつ」といった、「風邪にいい」ものは知られていますが

昨今、特に注目されている成分が「LPS(リポポリサッカライド)」と呼ばれるものです。

 

免疫ビタミン「LPS(リポポリサッカライド)」とは

 

「LPS」とは「リポ多糖」と呼ばれる、特定の「細胞壁」を構成する「糖脂質」になります。

 

細菌に対する「バリア」となる部分を構成している成分であり

「免疫ビタミン」として注目され、徐々にメディアに取り上げられることになりました。

※実際には、「ビタミン」には区分されません。

 

もともとは、「毒性」があるものと考えられていましたが

「場合によって全く働きが違う」ということが、判明した成分になります。

 

「毒にも薬にもなる」と考えられる存在ですが

特に「口(肌)から摂取」した際には、免疫力の向上につながると考えられています。

 

確かな効果に関しては、未だ賛否両論がある段階になりますが

「食事(口)から摂取すべき」ということは、確かなことのようです。

 

このLPSは、「大腸」に存在する成分であり

昨今の「健康情報」では、免疫力の鍵を握る要素として

大腸が非常に重要なものとして知られ、それは事実でもあります。

 

「アトピー性皮膚炎」や「花粉」といった、自己免疫機能のトラブルに関しても

腸内環境から働きかけることは、非常に一般的・効率的なこととなっています。

 

おススメのLPSサプリ「ハイパーLPS500」

 

最近になって、知名度の上がってきた成分であり
どうすればLPSを摂取できるの?と思う方も多いと思われますが

食事から摂取することを考えた際には、

  • 玄米
  • メカブ
  • レンコン
  • ワカメ
  • ほうれん草

 

といったものに、比較的豊富に含まれているとされますが

特別に摂取したい、という方におススメのアイテムが「ハイパーLPS500」になります。



 

「白血球」を構成する、「マクロファージ」と呼ばれる存在に注目し

その状態を良好に保つことを目的に開発されたアイテムになります。

 

マクロファージは、免疫システムの「核」を担う存在であり

その状態は、外敵への抵抗力に大きく影響を与えるものになります。

 

また「サプリ」としましたが、「粉(顆粒)」のアイテムであり

LPSとの相性が非常によいとされる、乳酸菌も同時に配合されています。

「1日スプーン1杯」で続けることができる習慣であり

免疫力に不安のある方、また今後の健康に働きかける際にぜひおススメのアイテムです。

 

LPSの仕組みも詳しく解説された「ハイパーLPS500」の公式サイトはこちら

黄疸の発生は「肝炎」の前兆?~それぞれの症状・原因とできるだけならないために必要なこと~

あらゆる病気・疾患には、ある程度の「前兆」が存在するものであり

突然に発症する緊急の症状を除き、ある程度は「予想」をすることができます。

 

しかしながら、その前兆と病気の組み合わせは様々であり

頭痛・発熱といった、幅広い疾患の前兆に見られる疾患も存在するため

なかなか適格に判断することはできず、早めに医療機関を訪問することが大切です。

 

「この程度なら、そのうちよくなるだろう」という考えは決して持たず

特にある程度の年齢に達しているのであれば、より早い相談が必要であると言えます。

 

しかし、それでも「かなり進行してしまっていた」ということがなくならないのは

どうしても「自然治癒」を期待してしまう願望が、なくならないためであると考えられます。

 

もちろんちょっとした風邪等であれば、それも可能かもしれませんが

「癌(がん)」を代表として、適切な治療をしないことには

決してよくなることはない、という症状も存在します。

 

この微妙なラインが問題とも言えますが、中には「炎症」という

それほど珍しくない・体の反応の一部に過ぎない症状が

その場所によって、非常に重篤な症状を招くことが考えられます。

 

その中でも「肝炎」とは、非常に複雑な症状であり

「黄疸」という反応が見られた際には、疑ってみる必要のある疾患と言えます。

 

基本的には「ウィルス」の感染によるためだが

 

肝炎の原因は、そのほとんどが「ウィルス」に感染したことによるものです。

 

予防接種等における「C型肝炎問題」は、耳にしたことのある方は多いはずです。

 

ウィルスが原因の肝炎は、急な症状である「急性肝炎」であることが多く

食事(寄生虫によるものも)・輸血(何らかの血液への注入過程)において発生します。

 

また特に「B型肝炎」は、「母子感染」することも知られています。

 

ウィルス性の肝炎といっても、そのウィルス自体が肝臓(細胞)を攻撃するのではなく

ウィルスを退治するための、自己免疫機能によって肝臓がダメージを受けることになります。

 

肝臓が炎症を起こした際には、頭痛・発熱といった症状に加えて

  • 吐き気(消化器系の不快感)
  • 全身のだるさ

 

といったものが、特に顕著なものとなりますが

それだけにとどまらず、肝機能にトラブルが起きることは言うまでもありません。

 

>>肝臓に関する基礎的な機能・役割について詳しく

 

C型肝炎問題が社会問題となって以降、特に輸血や予防接種等の際の

医療整備・管理は徹底されており、極めて減少したリスクとなりましたが

これらの要因以外にも、「中高年特有」とも言える原因が存在します。

 

生活習慣の結果としての肝炎

 

上記したように、肝炎は基本的に急性の症状が多く

初期症状を感じて間もなく、劇的な症状が現れるものです。

 

しかしながら、「ウィルス性肝炎以外の肝炎」を考える際

慢性的な肝炎の問題を考える際には、「アルコール」という存在無視できず

「呑み過ぎ」が、肝臓を傷めてしまう原因となってしまうことは

極めて常識的なことと知られており、紛れもない事実です。

 

アルコールが招く肝炎は、急性・慢性の両方が存在します。

 

しかしながら、特に中高年に関わる肝臓の問題というのは

短時間における、アルコールの乱用による「急性肝炎」ではなく

やはり、日々の生活習慣による「慢性肝炎」の状態であり

またアルコールのみならず、食生活の質が大きく関わっているものになります。

 

まずは肝臓が太る「脂肪肝」を防ぐべし!

 

アルコールや、摂取した栄養素に関わらず

肝臓に蓄積・ダメージを与える際には、「脂質」となるものであり

肝炎の前段階として、基本的に「脂肪肝」の状態が見られるようになります。

 

中高年にとっての肝臓に関わる問題は、肝炎の話題と同じくらい

脂肪肝が知られていますが、この脂肪肝の状況とは肝炎のリスクが高い状態と言えます。

 

そのため肝炎の問題を考える際、防ぐことを考える際には

「まずは脂肪肝にしない」ことが、大切な心がけと言えます。

 

※参考記事

>>内臓脂肪を効率よく減らして「脂肪肝」を早めにそぎ落とす!

 

>>血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性



 

「黄疸」は肝臓トラブルに関わらなず危険な前兆と心得る

 

肝臓は代謝機能の多くを司る器官であり、トラブルが発生した際には

エネルギー効率の低下によって、「だるさ」が顕著と症状となります。

 

そしてそれと同時に、黄疸の発生が顕著なものと知られ

黄疸は、「肝機能の低下」を表す典型的なサインと言えます。

 

黄疸が発生している状態は、血液中に存在する「ビリルビン」という成分が

過剰に発生している状態であり、皮膚だけでなく眼球等にも見られることがあります。

 

ビリルビンの発生・代謝には様々な器官が関わることになりますが

その中の1つとして肝臓が存在し、肝炎における前兆とも考えられます。

 

幹細胞がダメージを受けている場合には、特に顕著な症状と言えます。

 

しかしながら、「肝臓が悪いから」ということではなく・・・

慢性的な黄疸が見られる際には、「どこかが悪い可能性が極めて高い」と考えましょう。

 

それにはもちろん、生活習慣が大きく関わることになります。

 

また「ビリルビン症」による、黄疸の直接的な治療法は存在しないため

その要因となっているトラブルを改善する他に、「消す方法」はないと言えます。

 

肝炎は「肝硬変」そして「肝臓癌」へと続く道

 

脂肪肝の「発展の結果」と同じく、肝炎は「肝硬変」を招く大きな要因となるものです。

 

肝硬変とは、極めて重い肝臓の機能障害が発生している状態であり

特に脂質・アルコールの摂取が多い生活の積み重ねによって

脂肪肝・肝炎から肝硬変へと発展する現象は、非常に典型的なものと言えます。

 

そしてこの一連の悪化過程の先に存在する、最終的・最悪の結果として「肝臓癌」があり

いずれにしても、とにかく最初の一歩となってしまう脂肪肝を防ぐことが重要です。

 

脳・心臓のトラブルが、急性のものである一方で

(トラブルが起きた際に、圧倒的に即死率が高い)

肝臓は「膵臓(すいぞう)」と並び、慢性的なトラブルが

体調・美容面に大きく影響を与える器官として知られます。

 

発症以降、生涯にわたって不便な生活となってしまうことも多く

何よりも「対策」が大切であることを、改めて意識して欲しいと思います。

 

 

<PR>

自宅で肝炎の検査ができる「メディチェケ」とは

「痛風」の初期症状が現れたら注意したい食生活と改善のための食事内容とは~「アンセリンサプリ」もおススメ!~

「痛風」は命に関わらないまでも、非常につらい症状として知られている

中高年にとって、決して無視できない健康問題と言えます。

 

今まで積み重ねてきた食生活が、大きな要因の1つであり

「生活習慣病」の1つと言っていいほどに、同じくらい重要と言えます。

 

痛風を発症する要因というのは、実はまだ完全にされていないものになりますが

溜まりに溜まった「尿酸」が、何等かの「トリガー」によって痛みを発生させ

一度症状が現れてしまうことで、その頻度・痛みというものが増大していきます。

 

尿酸値が高い状態である、「高尿酸値症」という症状自体は

必ずしも「痛み」を伴うものではありませんが

痛風という症状が現れる、最も大きな要因には違いありません。

 

痛風の痛みというのは、尿酸が「結晶化」したものが

血管の壁を刺激していることによるものであり

この刺激を発生させないことが、最終的な痛みを避けるためには必要になります。

 

尿酸を下げるための食生活

 

原因も食生活であるのであれば、解消・改善も食事の内容が鍵になりますが

尿酸は非常に解消が難しい物質でもあり、まずは「予防」として

肉類・魚類を避けることが、どうしても必要と言えます。

 

「減らす」前に、「増やさない」ことが大切なのです。

 

そして本来であれば、「症状が出たら」というよりも

「出る前に」始めるべきであることは、言うまでもありません。

 

尿酸値の上昇を招く栄養素としては、「プリン体」が知られており

またプリン体を含む食材の代表として「ビール」が挙げられますが

ビールよりもプリン体が高いものは、たくさん存在します。

 

肉・魚、特に「ホルモン系」や「甲殻類」や「卵」といった

「たんぱく質」が多いものが、プリン体を多く含む傾向があります。

 

そした、こういったものを控えること以上に

「水」や「クエン酸」といった、プリン体を中和する成分の摂取も必要です。

 

高くなってしまった尿酸値を下げるために必要なこと

 

以上の記事も参考に、控えるべきもの・摂取すべきもの

この2つを意識してみることで、とりあえずは「食い止める」ことにつながります。

 

意識して摂取したい食事内容

 

以上はあくまで予防面とした、ある意味で「最低限」意識したいものですが

尿酸・プリン体の特徴を考慮した、より「改善」に近い食生活の実践していきましょう。

 

そしてその際に、鍵をなるものは「アルカリ性の食材」になります。

 

これは、尿酸という「酸性」の存在を中和することが目的であり

そのままでは溶けにくい(排出しにくい)尿酸を

より解消しやすい状態へと、変えていくために効果的と言えます。

 

上記したクエン酸自体は、酸性の物質になりますが

分解されることで、最終的にはアルカリ性に変化するものでもあります。

 

アルカリ性の食材とては

  • 根菜類(大根・人参・ジャガイモ・ごぼう)
  • キャベツ・ナス
  • 海藻(ワカメ・昆布)
  • バナナ・メロン

 

また、「こんにゃく」や「グレープフルーツ」といった食材も

尿酸値の減少に、効果的な食材であると言えます。

 

「アンセリン」は非常に」効果的だが

 

高尿酸値症を解消するために、非常に有効な成分としては

「アンセリン」という成分も存在します。

 

このアンセリンは、食事から摂取することもできますが

プリン体の多い食材に多く含まれる傾向があり

 

アンセリンの摂取=プリン体の摂取

 

となってしまう、非常に残念な現実があります。

 

そのため、アンセリンを摂取したい場合には

「サプリ」での摂取が、おすすめであり、必要な手段になります。

 

※まず試してみるべき

アンセリンを豊富に配合したロングセラーサプリ

 

「発展」を防ぐことが最終目的

 

痛風をはじめとして、症状そのものが非常につらいことが

中高年になって起きるトラブルの特徴と言えますが

「命の危機」からは、やや遠い・・・ものに思えます。

 

しかしながらそれらを改善することは、痛みを避けるためだけでなく

より重い症状・よりつらくなる症状を防ぐことになります。

 

あくまで痛風・尿管結石といった、特徴が現れているだけで

それらの症状が現れているということは、高血圧・高血糖といった

生活習慣病の「本丸」と言える症状も、進行している可能性が高いです。

 

  • 尿酸値
  • 血圧
  • 血糖値

 

これらの数値が高くなることによって、共通して招かれる症状として

「動脈硬化」があり、これは特に・何としても防ぎたいものです。

 

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞を招く、直接的な要因になり得るものです。

 

そして、これらの症状が現れているということは

すでに「スイッチ」が入ってしまっている、と考えられます。

 

最近では、尿酸値と同時に「血糖値」にも働きかけるアイテムもあり

そういったものを利用して、効率的にアプローチしていきましょう。



尿酸を「集中」させないことも重要

 

痛風の症状が、なぜ脚の先端から始めりやすいかと言えば

「重力」によって、尿酸が体の下部に溜まりやすいためです。

 

そのため、一局的な症状を防ぎたいのであれば

体を動かすことによって、血液を巡らせることも必要です。

 

ただしあまりに激しい運動は、逆に尿酸を発生させてしまうことにつながるため

ぜひ「有酸素運動」を中心にして、取り組んでいきましょう。

 

その際にも「食後」に行うことで、食後血糖値のゆるやかな現象につなげ

効果的に糖尿病を防ぐ、といった工夫も必要です。

 

懸念事項が多いからこそ、「効率」が重要になります。

 

 

<PR>

「尿酸値」と「血糖値」にダブルアプローチ

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて