中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

体臭が魚臭い・生臭い原因は?病気なの?~なぜ異常な臭いが発生してどう対策すべきなのか~

「健康不安」とは、やや異なるものとして考えられている一方で

実際に悩んでいる中高年は多く、それ以上に周囲の人にも迷惑をかけてしまう

中高年にありがちな、典型的とも言えるトラブルが「体臭(口臭)」です。

 

当サイトでは過去にも異なる切り口から、繰り返し発信してきたテーマでもあります。

 

「体が臭くなる」ということは、加齢によって自然とリスクの高まる

誰もが避けられないものでもあり、ある意味で仕方がないものと言えますが

多くの人に共通する症状であることから、油断してしまう人が多いことも事実です。

 

ある意味で「勲章」とも言えるものですが、それが「ただのおじさん臭」ではなく

体調・体内環境に異常な変化があった結果だとすれば、それに相応しい対処が必要になってきます。

 

一般的な体臭ではない、でも確かに異常な臭いがするものとして「腋臭(わきが)」が挙げられます。

 

この腋臭は体質が大きく関係するものであり、加齢との関連性はそれほど高くはありません。

 

また「健康状態」とも比例せず、「生まれつき」と言えるものです。

 

ただし、もちろん加齢によって症状の悪化リスクが高まる症状でもあります。

 

今では広く知られることですが、腋臭の原因は

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

 

という、主に2つ存在する汗腺の「アポクリン腺」が発達していること

アポクリン腺から排出された汗が、空気に触れ酸化することで発生する症状です。

 

そしてこの腋臭と同じく、生まれつきの症状である可能性があり

同時に、加齢による体内環境の悪化が関わっていると考えられる体臭があり

それは「生臭い」と表現されることの多い、普通のおじさん臭とは異なる症状と言えます。

 

「魚臭い」体臭の正体とは

 

悪化した場合には、「死んだ魚の臭い」と表現されてしまうほどに

極度な生臭さを放つ症状には、2つの可能性が考えられます。

 

1つは腋臭と同じく、生まれつきの体質と言える「魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)」です。

 

「魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)」のケース

 

トリメチルアミン尿症とは、生まれつき「トリメチルアミン酸化酵素」が少ないことで

食事から摂取した食材の消化時に発生した、「トリメチルアミン」をうまく分解できない症状です。

 

正常に分解されなかったトリメチルアミンが、

血液中に流れ出ることで、体臭(口臭)が独特なものとなります。

 

トリメチルアミン自体に魚臭さがあり、「魚臭症」はこれに由来します。

 

また「尿症」と付くように、尿の臭い、更に汗の臭いに関しても魚臭いことが特徴です。

 

「今までになかった」なら加齢による「内臓」の悪化が原因か

 

このトリメチルアミン尿症は、先天的な症状であると同時に

肝機能障害(それに伴う肝機能の低下)によっても、同じ匂いが発生する可能性があります。

 

そのため、加齢によって魚臭さが見られる場合というのは

まずは「肝臓の劣化」を疑ってみるべき、と言えます。

 

肝機能が低下してしまったことで、トリメチルアミンをうまく分解できないことによって

トリメチルアミン尿症と似た、激臭を放つことになります。

 

肝臓とは非常に幅広い役目を担っている臓器であり、その分ダメージを受け続けてきた臓器です。

 

飲酒といったことは言うまでもなく、食生活を中心とした

今までの生活習慣の結果を、最終的に反映してしまう臓器と言えます。

 

※参考記事

>>「肝臓の機能」とその働きを良くする習慣・栄養素

 

>>口からザリガニの臭いがしてきたら~口腔と内臓環境の悪化~

 

>>疲労から来る体臭・口臭の悪化にぜひおススメな消臭ドリンク「アロンザ」の効果と口コミ

アロンザ

体臭は腸内環境の悪化も反映する

 

トリメチルアミン尿症は違う、でも生臭い・・・

最も疑うべき要因は、「腸内環境の悪化」です。

 

お風呂に入らない・・・といった、「不潔」といったことは論外として

腸内環境の状態というのは、体臭・口臭に反映するものになります。

 

最も典型的な例が「便秘」であり、実際に便秘の時というのは体臭が強くなるものです。

 

言うまでなく、腸内環境に関しても食生活が影響するものであり

「乳酸菌(食物繊維)の不足」だけでなく、「脂質の摂取」も便秘の原因になります。

 

腸内環境の改善のためには、

  • 十分な水分
  • 適度な乳酸菌の摂取
  • 適度な食物繊維の摂取

 

といった定番に加えて、「動物性脂質を控える」ことも有効な対策と言えます。

 

また中高(更年)期というのは、性ホルモンの減少による

自律神経の乱れによって、下痢・便秘の症状が見られやすいと言えます。

 

男性の場合には、比較的下痢の症状が見られることが多いと言えますが

便秘の傾向が見られやすい、また下痢と便秘を交互に繰り返すことも珍しくありません。

 

  • 宿便の腐敗臭
  • 「悪い乳酸菌」の増殖

 

これらは、回り回って体臭に反映される典型的な悪材料であり

体臭問題にとどまらず、今後の様々なトラブルに発展する可能があります。

 

「何が原因か分からない体臭」に対しては、まずは腸内環境の改善から始めてみましょう。

 

※参考記事

>>加齢によって便が臭くなる理由~異臭は病気のシグナル?~

 

>>「便秘」が高血糖・糖尿病を招く

壮年期・老後に起きることを想定して考えていくべき中高年の健康問題

「健康」を考えることは、「将来」を考えることでもあります。

 

そして「中高年」という世代にとって将来を考えるということは

「老後」を考えることであり、今後劣化していくことが避けられない中でも

できる限り健やかに・元気な体で、「壮年期」を過ごすことが目的となります。

 

「健康不安」や「病気」と呼ばれるものは、無限に存在するものであり

そういったもののリスクが、急上昇していることが現実です。

 

そのためどんな病気も、ならないに越したことはないと言えますが

やはり「気を付けていてもなる」ということが、老化そものでもあり

年をとることによって、「なってしまった時の覚悟」も必要となってきます。

 

無限に存在する病気というのは、無限に対処する方法・必要がありますが

今回は多くの方によって、「可能性」の高いものを例に挙げて「その時」を想定していきます。

 

そしてその際に必要となるものが、「介護」であり

年をとることによって、基本的な身体能力が衰えることによる介護と

<病気によって介護が必要になる>ということは、別次元の問題と言えますが

これらは同時に存在することで、より困難になってしまうことも意識して欲しいと思います。

 

「典型的なトラブル」にもかかわらず誰もが避けることができない現実

 

当サイトをご覧の方々には、すでに常識的なことと言えますが

加齢によってリスクが上昇する病気とは、「ほぼ全て」と言えるものですが

特に代表的なものと言えるものが、「高血圧」と「高血糖(糖尿病)」になります。

 

これらは、「2大国民病」と言われるものであり

基本的には、先進国に患者数が多い傾向のある「贅沢病」であり

その中でも日本というのは、特に患者数が多いと言えます。

 

これらは40歳以降から、徐々に・劇的に増え始め

60歳以降であれば<およそ7割>が、該当すると言われます。

 

常識的なことではありますが、これらは「血液・血管」が関わる疾患であり

「生活習慣病」と呼ばれる疾患・合併症の、その基礎にある代表的な症状になります。

 

基本的には「全ての人」に該当する問題

 

生活習慣病とは、主に「食生活」の積み重ねによって招かれる

各種健康トラブルと言えますが、その中でも上記の症状というのは

<最も典型的>であり、あらゆる意味で「中心」となってしまう症状と言えます。

 

「乱れた食生活」「過剰な栄養摂取」によって招かれるこれらの症状が

特に国民病となってしまった背景としては、それぞれの最も大きな要因である

  • 高血圧・・・過剰な塩分(お醤油)
  • 糖尿病・・・最終的にブドウ糖となる各種栄養素

 

恵まれた国の、特徴的な食生活が大きく影響していると言えます。

 

日本に生きる全ての人にとって、無視できない症状なのです。

 

※加齢によってリスクが上昇する典型的な症状について

詳しくは>>これから年をとり続けることによって徐々に起き始める現象

 

可能な限り「発展」させないことが大切

 

そして、これらが本当に恐ろしい結果を招くタイミングとは

「合併症」と呼ばれる、生活習慣病の発展した症状にあります。

 

血液が関わる生活習慣病は、そのどれもが最終的に

「動脈硬化」と呼ばれる症状を引き起こすことになります。

 

動脈硬化とは、血液の質の悪化(糖・中性脂肪・コレステロール)

加えて血圧の上昇等によって、血管にかかる負担が大きくなることで

より頑丈な状態にするため、血管が硬く・厚くなってしまう症状です。

 

その結果として、簡単に言えば<血液の流れが悪くなる>という状態を招きますが

その弊害は、非常幅広く・大きなものになります。

 

※参考記事

>>「血管年齢」を若返らせるための「血管を柔らかくする」栄養素

 

>>高コレステロール血症の改善・動脈硬化の予防におススメの医薬品「ヘルスオイル」の効果とは

 

「命」と「日常生活」に影響する健康トラブル

 

この動脈硬化がベースとなる症状には様々なものがあり

硬化したこと自体で招かれる症状、その場所によっても

症状に違いが現れることになりますが、最悪の場合「即死」を招きます。

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

 

という危険な症状は、そのどちらも動脈硬化が大きく関わっており

<もし、助かったとしても>その後に、「後遺症」という形で

まさに<介護が必要な状態>を招くこととなります。

 

  • 半身不随
  • 言語障害

 

様々な状態を想定することができる後遺症は

<何が残るか分からない>ものであり

いずれにしても、<人の助けが必要な状態>と言えます。

 

また即死・後遺症という、いずれも懸念すべき症状に加えて

「人工透析」といった、これもまた大きく生活を制限する

非常に<不便な事態>を招くことも、忘れてはならないリスクです。

 

人工透析とは、主に高血糖による「糖尿病性腎症」の結

果腎臓が正常な働き(ろ過機能)を果たせなくなることで

代わりに「機械」による、ろ過を定期的に行うことになります。

 

一度の透析処置には、長い時間がかかるものであり(全身の血液を洗浄するため)

また定期的に行うことが必要であり、つまり「通院」が必須になります。

 

本来であれば、常に浄化され続けている血液が

汚れたままであるということは、日常的にもつらい状況を招くものであり

こういった<健康トラブルによる制限>は、加齢による典型的な介護に比べて

防ぐことのできる要素が多いものと言えます。

 

「老後のための対策」に、<始まり>はありません。

 

<できるだけ早く始める>ことが、何よりも重要なことなのです。

サラサラの鼻水が止まらない・止める方法は?~サプリで花粉・鼻炎対策も~

年齢・性別に関係なく、「毎年恒例」とも言えるトラブルの代表であり

多くの人々が定期的に悩むものと言えば・・・「花粉症」という存在を無視することはできません。

 

その症状は解説するまでもなく、

  • 目がかゆくなる
  • 鼻水が止まらなくなる
  • くしゃみが止まらなくなる

 

といったものに加えて、

  • 胃痛
  • 下痢

 

といった、体の中に起きる症状も珍しくありません。

 

また目・鼻だけでなく、額(頭)や全身にかゆみを感じることもあり

毎年「春(先)」が来るのを、恐れている人は少なくないはずです。

 

しかしながら、この「季節によって現れる症状」と思いがちな症状

「いわゆる花粉症」と呼ばれる症状は、「アレルギー反応」の1つであり

「花粉」という「因子(アレルゲン)」の量が、増大したことで目立つことになるものです。

 

本来の根本的な要因は別の部分にあり、警戒すべき症状は他にも存在します。

 

とは言っても、花粉症の症状の度合いは1つの目安になるものであり

自分の体質と向き合うための、きっかけとして改善に取り組むべき内容になります。

 

なぜ鼻水が止まらなくなる?

 

アレルギーと聞くと、

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎

 

といった「重い」ものを、イメージする方が多いと思われますが

その他にも、花粉症に加えて「鼻炎」といった鼻水・かゆみ程度の症状も存在します。

 

もちろん、苦しい状態には違いなく「鼻水」といった日常生活において不便な症状を伴うことになり

止まらない・かみ続けなければならないことに、うんざりしている人も多いはずです。

 

あくまで春先の花粉によって引き起こされる鼻水の症状は

アレルギー性鼻炎と似たものであり、「サラサラ」していることが特徴です。

 

そもそも鼻水という存在は、「粘膜」からの細菌(外的)の侵入を防ぐためのものであり

すでに侵入・退治したものに関しては、本来であれば「痰」によって排出されます。

 

※鼻水と痰の関係について詳しくは

>>年をとると「痰(たん)」が絡みやすく・止まらなくなるのはなぜ?

 

しかしながら、花粉といった因子が多すぎる状況においては

鼻に存在する「ヒスタミン受容体」を刺激することで、「水のように」出続けることになります。

 

※「ヒスタミン」とは・・・

「かゆみ」を引き起こす体内物質物質であり、血流に乗って体を移動するため

入浴・飲酒によって血行が良くなった際に、かゆみの分布が広がることになる特徴がある。

 

あふれ出る鼻水を止めるためにできること



 

花粉症の症状を抑えるための医薬品・アイテムというのは、数多く販売されており

その内容(働きかける対象)も、選択肢は幅広いものと言えます。

 

一般的には、ア諸症状全般にアプローチする「抗ヒスタミン剤」を利用する方が多く

またもともとアレルギー体質の方に関しては、かかりつけの医師に相談し

「抗アレルギー剤」の内容を検討していくことが、適切であると考えられます。

 

しかしながら、医薬品に関しては相性が悪い(眠くなりやすい)等

なかなか体に合ったものが見つからず、またはなるべく薬に頼りたくない方は多いはずです。

 

因子を排除する

 

そして、そういった方にできることと言えば・・・「洗浄」といった

小さなことを、バカにせずに続けていくしかありません。

 

大切なことは「そもそもの因子のリスク」を減らすことであり

  • 眼鏡
  • マスク

 

といった「防御」によって、鼻腔に付着する花粉を減らすことも重要です。

 

また花粉症の症状は、「寝起き」に強く出るという人も多く

それは「落としきれなかった(溜まっていた)花粉」によるものであり

家に帰った後、特に就寝前のケアが非常に重要であると言えます。

 

「腸内環境」が注目されている

 

冒頭で紹介したように、風邪以外による鼻水というのは

花粉・アレルギー性鼻炎と呼ばれてはいますが、根本的にはアレルギー反応であり

アレルギー反応とは、「自己免疫機能」の暴走と言えるものです。

 

外的から身を守るための反応が、「行き過ぎている」と考えられます。

 

そのため「自律神経」といった要素も、アレルギー対策には重要なものと言えますが

それに加えて、昨今では「腸内環境」という要素が注目されています。

 

腸内環境の改善でアレルギー症状を抑える

 

「腸」という器官は、あらゆる「代謝機能のスタート」を担う部分であり

自律神経のコントロールだけでなく、体内分泌ホルモンの状態を左右する非常に重要な存在であり

「従来考えられていたよりも、より重要な器官」として、昨今あらゆる分野で注目されています。

 

そしてその中でも、特に「免疫」や「抵抗」といった機能への影響が

非常に大きなものであることから、腸内環境からアレルギー症状に働きかけることは

アトピー性皮膚炎をはじめ、花粉対策の主流となりつつあります。

 

特定の乳酸菌が「インフルエンザ」の予防に効果的と

一時期のブームになったことは、ご存じの方は多いと思われます。

 

それと同じく、「乳酸菌飲料を飲む・飲まない」によって

花粉の季節の症状に、変化を感じるという声も聞かれます。

 

※もちろん、個人差のあるものです。

 

それに関連して、敏感肌(弱いアレルギー反応場合も多い)といった方や

アトピー性皮膚炎に悩んでいるに対しても、症状の緩和を期待して

「乳酸菌アイテム」の利用することが、徐々に一般的になってきました。



 

抵抗・免疫機能に有効なアプローチは、現在非常に活発に研究されており

様々な成分が発見・開発されていますが、それらに関しても総じて腸への働きかけが中心です。

 

※参考記事>>加齢によって低下した免疫(抵抗)力の強化に効果的とされる 「LPS」とは



 

「今まで大丈夫だった」からこそ危機感を持つ

 

鼻水・アレルギーといった話題は、年齢に関係ないように思えますが

免疫・抵抗が弱まった際には、よりリスクが高まることは言うまでもありません。

 

「今まで大丈夫だった」という場合でも、免疫の低下によって

よりアレルギー反応が起きやすい状態へと、体が変化している可能性があります。

 

アレルギー反応が起きるということは、もともと要因を持っていたことになりますが

若い(元気な)時期は抑えられていたものが、加齢によって現れるケースもあります。

 

心当たりはある場合は、早めの対策をすべきであることは言うまでもありません。

 

 

<PR>

「アレルナイトプラス」の詳細・販売ページはこちら

 

「ハイパーLPS500」の詳細・販売ページはこちら

顎が痛い・弱くなってきた~「劣化」や「顎関節症」の影響で硬いものが食べられなくなる前に治すためのケアを始める~

一般的な人が送る、一般的な日常生活における

些細な、そして最大の喜びと言えば「食事」になると思われます。

 

実際に、食事による「幸福感」や「ストレス解消」というのは

人間にとって欠かせないものであり、それが美味しいものであれば尚更です。

 

そしてこの「食事の喜び」というのは、年をとることによって起きる

様々な事情に左右され、徐々に減少していってしまうものでもあります。

 

その事情とは、主に内臓の劣化による「胃もたれ」

血糖値による「食事制限」というものが、多くの方に当てはまるものと思われますが

それら以外にも、非常に単純なトラブルによって制限されてしまうこともあります。

 

食事がままならないことは、悲しいことであると言え

中高年以降の「鬱」のきっかけとなる可能性は、決して大げさなことではありません。

 

咀嚼機能の劣化によっておきる「幸福度の減少」

 

内臓機能の劣化以外に、食事の内容が制限されてしまう典型的事情としては

歯の質・入れ歯によるものと言えますが、「噛む」という機能を支える要素のもう1つの要である

「顎」の劣化に関しても、食事による幸福度を減らしてしまう非常に大きな原因と言えます。

 

非常に常識的なことではありますが、歯と顎というのは

食事を摂る際に必要不可欠な「道具」であり、これらを使ることで「咀嚼」という行動ができますが

どちらか片方にトラブルが発生することで、支障が出てしまうことになります。

 

歯の劣化というのは、加齢によってある程度は避けられないものです。

 

もう生え変わることのない「永久歯」は、「歯磨き」や「ホワイトニング」によって

日々ケアをしているはずであるが、生きている時間が長いことで徐々に劣化していきます。

 

しかし顎の劣化というのは、歯の劣化以上に影響する要因が多いものでもあります。

 

顎が痛くなる・弱くなる原因は別の場合も

 

多くの方が察する通り、よく「顎が弱くなった」と表現されるものは

体全体にも言えるように、「筋力の劣化」の影響が必ずあります。

 

これは肉体のピークを過ぎれば、誰にでも起こるうることです。

 

しかしながら、ある程度「定期的に使う」ことからも

その他のパーツに比べれば、その劣化というのは遅れてやってくるものと言えます。

 

ただし「痛い」という状態は、それが一時的なものでない場合には

「顎関節症(がくかんせつしょう)」という、病気である可能性が考えられます。

 

加齢もリスク上昇の一因となる「顎関節症」

 

「顎関節症」とは、必ずしも中高年に多い症状ではありませんが

加齢もリスク要因となるものであり、言うまでもなく年々リスクは上昇します。

 

その理由としては、顎関節症には「肩こり」や「神経痛」も影響するためです。

 

顎関節症は、基本的には顎の関節部・咀嚼筋に痛みを感じるものであり

「極端に硬いものを食べ続ける」といったことや、「噛み合わせ」の影響によって起きます。

 

歯並びが悪いといったことも、1つの要因となることは確かです。

 

しかしながら、中高年に起きる顎関節症というのは

歯の劣化・顎の筋肉といったことはもちろん、上記した通り

  • 肩こり・腰痛
  • 眼精疲労
  • 神経
  • リンパ液
  • 姿勢

 

といった要素が絡む体の状況によって、起きてしまうことがあります。

 

そもそも顎関節症というのは、必ずしも「顎が悪い」ということではなく

様々な要因によって発生・悪化する、非常に複雑な症状なのです。

 

「ストレス」による症状も?

 

また顎関節症というのは、女性に多い症状であることも知られており

その理由としては「ストレス」を感じやすこと、また血行が悪化しやすいことが挙げられます。

 

これらは中高年にも特徴的な要素であり、こういったことからも

加齢によってリスクが上昇する症状であることは、確かであると考えられます。

 

「放置」による悪影響が連鎖しやすい部分

 

それが劣化によるものであるとしても、顎関節症だとしても

当然のことながら、何等かの改善アプローチを行う必要があります。

 

ただでさえ、顎に関するトラブルというのは

「その他のパーツの影響を受けやすい」ことが特徴であり

 

肘・膝が痛くなる原因とは~年齢を重ねるごとに増える関節痛は内側から?外側から?~

 

以上でも紹介しましたが、弱ったパーツを放置しておくことで

そのトラブルの深刻度というのは、加速してしまいます。

 

特に「骨」や「腱」といった組織が関わる部分は、そういった事情が顕著と言えます。

 

まずは何と言っても、その「主たる原因」を知ることが必要であり

医療機関に赴き、各種検査を受け診断を下してもらうことが必要です。

 

もしそれが「関節のずれ」といった、自然治癒・自己のケアでは

改善が難しいといった事情がある場合には、物理的な治療が必要になりますが

基本的には家庭における、「リハビリ」が必要になります。

 

「適切なケア」が難しいことは事実だが

 

顎は、食事をする際に必ず使うパーツであり

「適切なケア」が非常に難しいことが現実です。

 

ただ「弱っている」ということであれば、筋力を損なわないために

  • 歯ごたえのあるものを食べる
  • 咀嚼の回数を意識する

 

といった、単純なことから始めることができますが

これが「顎関節症」の場合には、やはりやっかいなものとなります。

 

「痛みを感じることはしない」となると、「食事ができない」ことになり

「使わない」ことで、「更なる劣化」を招く非常に難しい事情を抱えることになります。

 

そのため、「食事を伴わないケア」が非常に重要になります。

 

まずは、食事の回数を減らす(使用間隔を長くする)ことから始め

痛みが引いてくのを感じれば、その習慣をある程度継続することが大切です。

 

更に、

  • 首の奥(背)から下顎に向かって揉み解す
  • 顔全体・首・肩(顎に近い部分)のマッサージ
  • 顔全体を使って行う「あいうえお体操」

 

といったケアを、日々の習慣に取り入れてみましょう。

 

最も身近な幸福を損なわないためにも、簡単なことから意識して取り組んでみましょう。

これから年をとり続けることによって徐々に起き始める現象~「介護」される時期までに覚悟・準備しておくべきこと~

当サイトでは、主に「中高年」に向けた健康に関わるトピックを発信していますが

こういった「健康情報」への関心の高さというのは、一般的に年齢に比例するものです。

 

「年をとると体が悪くなる」ということ自体は、

当然のことでもあり、若い頃から知ってはいたものの

いざ「自分の番(経験)」が来たことで、より関心が高くなっていくことが一般的です。

 

疲れやすくなった・・・内臓の数値が・・・といった、

様々な健康状態の「バロメーター」を意識し、日々着実な「劣化」を感じることで

常に加齢を実感し、改善・対策のための習慣に取り組み始めることが大切と言えます。

 

しかしながら、

 

以上のような内容というのは、ある意味で「序の口」に過ぎません。

 

おじさん・おばさんというのは、「おじいさん・おいばあさん」の入り口に立ったばかりであり

今悩み始めたばかりの健康問題は、いずれ「より重く」なっていくものに違いないものなのです。

 

基本的には、状況は悪くなっていくものであり

現実には、その悪化スピードを抑える・時期を遅らせることしかできないのです。

 

そして「これから先」には、「介護」といった要素が関わる時期が待っており

中年~壮年における健康問題の本質というのは、避けることのできない「寿命」までの期間を

いかに生きるか、大切に過ごすことができるのか、ということになるはずです。

 

「動けなくなる」という今までにない現象

 

年齢に伴って、老後・晩年の話題にが増えてくるものですが

「人(家族)に迷惑をかけたくない」という意見は、よく耳にするものです。

 

「老い」という現象を、実感するタイミングとして

やはり「体がうまく動かなくなった時」というのは、典型的なものです。

 

また「歩く」「持ち上げる」といった、関節を動かすことと同時に

「食べられなくなった」「消化不良を起こしやすい」といった

内臓の動きに関することも、同じく身体的な老化現象と言えます。

 

そういった際に、「自分以外の人の力」が必要になってきます。

 

実際に、介護を受けることになる時期までには

様々な健康問題・体調トラブルを経験することになるはずですが

「自力で(うまく)動けなくなる」というのは、それまでにない要素でもあります。

 

生活に制限を与える「物理的な動きにくさ」

 

「体が動かなくなる(物理的な活動の制限)」といっても

様々な要素を含むものになりますが、まずは「初期症状」として広く知られる

  • 筋肉
  • 関節

 

といった、体を起動(駆動)させるパーツの劣化によって

「ちゃんと歩けない」といった、単純な意味での症状が現れます。

 

進行状況の程度に差はあれど、

  • 筋肉の劣化
  • 関節を構成する組織の崩壊

 

によって起きるものであり、力が入らない・力を伝えることができなくなります。

 

足・腰だけでなく、やがて全身へと広がっていくものです。

 

「代謝」を正常に行えなくなる

また「年をとると食べられなくなる」「お酒に弱くなる」といったことは

常識的なこととして知られていますが、まずは「消化機能」が衰えます。

 

手足だけでなく、「内臓」も動かなくなっていきます。

 

そしてそれに伴う現象、避けることができないこととして

「分解」「吸収」「排泄」という、代謝機能全体の衰えがあります。

 

<体に取り入れられない>から<体から出せない>に至る

その間の機能全般が、衰えてしまうのです。

 

場合によっては、「便秘」という症状ではなく

「下痢しか出ない」といった症状で合われることもありますが

共通するポイントとしては、排泄に関わる機能の低下であり

下痢になるということは、腸で水分の吸収ができていないということです。

 

※参考記事

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている

 

>>下痢と便秘の頻度が増えてきたら「神経」の老化の証

 

「感覚」が鈍くなる

 

肉体(外側)そして内臓(内側)を構成する要素に加えて

より細かい・より繊細な構成要素として、「感覚器」があり

  • 目が見づらくなる(視力の低下)
  • 耳が遠くなる(聴力の低下)

 

といった現象が、顕著になってきます。

 

ただでさえ、加齢によって実感しやすい症状でもありますが

「今より、より劣化する」という覚悟が必要です。

 

日常生活を送るうえで、非常に不便なことであり

また前向きに生きるための「楽しみ」を奪ってしまう原因です。

 

代謝機能の衰えでもある、便秘に関しても

<便意を感じない>という、感覚神経の衰えである一面もあります。

 

全ての状態が進行した結果、「漏らす」ということに行きつきます。

 

「記憶力」が衰える

 

高齢者が関わるトラブルにおいて、典型的なものとも言える

「ボケ(認知症)」は、「物を忘れやすい」ということだけでなく

「外出先で家が分からなくなってしま」といった問題の、根本的な要因とも言えます。

 

小さなことから、大きなことまで

  • 覚えられない
  • 忘れやすい
  • 思い出せない

 

ということは、非常に悲しい・寂しいものでああり

老人の活力を奪ってしまう原因でもあります。

 

※参考記事>>認知症予防・物忘れを防ぐための食べ物・習慣

 

肉体的な衰えは「内臓」と「筋肉」の劣化によって招かれる

 

上記したことからも、年をとることで増えてくる

「肉体的な不便さ」の根本には、「肉・骨」といった<外装的>な部分と

「内臓」「感覚器」といった目には見えない部分の、大きく分けて2つの要素があります。

 

筋肉と骨が衰えることで、動きずらくなり

内臓が衰えることで、食べられなく・呑めなくなります。

 

これらの衰えは、ある程度の年齢になれば

「予防」「対策」することが、日常の当たり前の習慣として持っておきたいものです。

 

しかしながら、こういった現象が起きた際に心掛けることとして

  • 出歩くのを避ける・人に任せる
  • 柔らかいものを食べる

 

といった、あくまで「守りの姿勢」がほとんどになることが現実です。

 

もちろん、体に負担をかけないことは重要なことであり

無理をすることで、より悪化させてしまうことも考えられます。

 

しかしながら、これらは本当の意味での予防ではありません。

 

少しでも「プラス」につながるアプローチを

 

以上の対応というのは、「リスクを避ける」ための内容であり

劣化していく状態を、止める・弱めることになりません。

 

そのままでは

  • 動けないから動かない
  • 食べられないから食べない

 

という事態を早めるだけであり

健康な状態を、長くすることにはならないのです。

 

誰であっても、完全に劣化を防ぐことはできませんが

少しでも、劣化の速度を弱める働きかけは必要です。

 

そのためには、筋肉を衰えさせないための「筋トレ」

「内臓に優しいもの」でなく、「内臓にいいもの」を取り入れていきましょう。

 

「もう遅い」と考えてしまう方も多いかもしれませんが

40代、50代の時点でも<やってこなかった>人は多く

そうであるのであれば、始めることでより効果を感じることができるはずです。

 

「メンタル」を健康に保ち続けることの大切さ

 

そして、精神状態が思わしくなくなることもまた

加齢によって招かれる健康リスクの、典型的なものになります。

 

「年をとると静かになるもの」というイメージがありますが

極端な場合には、「抑うつ状態」に陥っている可能性もあります。

 

気力がなくなることは、そのまま<活力>がなくなるものでもあります。

 

典型的な例として、いずれは避けることができない

「パートナーとの別れ」というのは、誰も(どちらか)が必ず経験するものです。

 

「生きる気力」がなくなってしまう、最も多いケースであり

パートナーがいなくなった後に、一気に「より老けこむ」ことは珍しくありません。

 

極端なものでないとしても、

思うように体を動かせなくなったこと、また「物忘れ」といった

「昔はこうじゃなかった」日々の様子変化もまた、活力を失う原因になります。

 

そしてこういった心情というのは、「体を動かす気力」や

「美味しいものを食べたい」といった願望を、減らしてしまう原因にもなります。

 

いわゆる「億劫」な状態を招くのです。

 

それによって、動けないこと・食べられないことが加速することで

負の連鎖が起き、ますます全体としての健康が失われていくことになります。

 

とにかく「外」に出て「行動」する習慣を持っておく

 

以上の不安要素を、全てケアするためには

まずは、外に出て太陽に光を浴びましょう。

 

非常に単純なことです。

 

<意識して綺麗に歩く>ということだけでも

背筋が伸び、使っていなかった筋肉が刺激されます。

 

更に、<健康的な空腹>が発生することで

「お腹がすいた!」「食べたい!」という、欲求を生みます。

 

もしかしたら、これだけのことすら

久しく感じていなかった方も多いのではないでしょうか?

 

また「太陽光」を浴びることで、「セロトニン」が分泌され

精神状態を、穏やかに保つことができるようになります。

 

更に「人に会う」ということは、人間としてかけがえないない喜びであり

会話したり、趣味を楽しんだりすることで、活力を失わずにすむことも多いのです。

 

※参考記事

>>疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

>>「ストレス」に「セロトニン」の減少が関わるなら増やす方法を考えよう

 

>>有酸素運動による心肺機能の強化・向上で「健康」の寿命を延ばす

 

「自分に起きること」ということを頭の片隅に

 

以上は、いわゆる「晩年」と呼ばれる時期に起きる「当たり前の現象」になります。

 

さかしながら、実際に起きる・経験することになるまでは

油断している・甘く見ていることが多いはずです。

 

しかし、例外なく誰にでも起きるます。

 

準備しているのか・していないのか、

油断しているのか・覚悟しているかによって、

「その時」が来た際の、対応に大きく違いが現れます。

 

そして、介護される側・する側に限らず

「いずれ自分にも起きること」と、意識して対応することが大切であり

遅いか・早いかの問題は、<最も当たり前>の話なのです。

 

「健康」と言う言葉には、非常に漠然とした響きがあります。

 

一般的に、「健康な状態」と聞いてイメージすることとしては

恐らく「あまり病気にならない体」というものだと思います。

 

それも確かに、健康にとって非常に重要な要素に違いありませんが

「病気」以外にも、健康を損なう要素というのはたくさんあります。

 

また肉体の健康状態には、精神が非常に重要な役目を果たすこと

これらは、互いに影響を与えるものであることも忘れてはなりません。

 

そもそも生活習慣病と中心として、中高年期から始める健康問題は

まずは防ぐ・最小限に抑える、という「予防医療」の取り組みが重要なものです。

 

しかしながら、どうしても後手後手にまわってしまうのが通例であり

できるだけ早い段階で行動すること、そのためには常に頭の片隅に置いておくことが必要です。

 

おじさん・おばさんの後は、必ずおじいさん・おばあさんになる時期がやってくるのです。

1 2 3 14
高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて