中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「脂汗」が出る原因と対策~吐き気・めまい・下痢が伴うのは病気の前触れ?~

「なんだか嫌な響き」と感じてしまう、体の反応・現象に「脂汗」があります。

 

呼び名に「あぶら」と付く通り、一般的な汗と最も異なる点は

油分が多く含まれていることであり、実際には誰もがかくことのある珍しいことではありません。

 

しかしながら、脂汗には「心配ない脂汗」と「危険な脂汗」があり

特に中高年にリスクが高まる、警戒すべき症状でもあります。

 

一般的に、脂汗と呼ばれているものに関しては

  • 加齢に伴う「臭い汗」
  • 緊張や恐怖による「冷や汗」

 

以上の2つのうち、どちらかを表すことが多いと思われます。

 

前者のは、「代謝の悪化による臭い汗」であり

加齢による皮脂の悪化・代謝機能の劣化が原因となっており

これから先付き合っていくべき、常に対策が必要なものです。

 

現在の食生活・過去の食生活の、両方の影響を受けているものであり

「おっさんの臭い」として、改善が必要なものに違いありません。

 

※参考記事>>年をとると「皮脂」が多くなる?臭くなるのはなぜ?

 

今回は「本当の脂汗を指す汗」とも言える、

後者の「体が異常を感じた際の汗」を中心に解説していきます。

 

加齢による体の変化現象の1つ

 

第一に、年をとることで汗の質が変わってきたしまった根本原因は

加齢そもののであり、これは生理現象として加齢に伴う避けられないものです。

 

  • 内臓の劣化
  • ホルモン分泌の変化

 

様々な要因によって、あらゆる機能が変化する時期であり

その変化の1つとして、汗の質が変わってきているのです。

 

そして、これらの避けられない変化によっても

脂汗(冷や汗)の、基本的な要因を増強させてしまうことになります。

 

冷や汗をかきやるくなっている環境

 

中年期の女性に特徴的なトラブルである、「更年期障害」

その根本に、性ホルモンの乱れによる「自律神経」の異常があります。

 

冷や汗の原因は、何と言っても「精神的な緊張」になりますが

  • 精神的な緊張を増幅してしまう
  • 緊張していなくても体が緊張した状態になってしまう

 

という現象こそが、自律神経の乱れそのものでもあります。

 

そもそも「ストレス」は汗の質を悪化させる

 

脂汗と同じく、加齢によって気になる「不潔要素」に「加齢臭」がありますが

その加齢臭の「本当の臭い」とは、汗が酸化することによって発生するものであり

更にストレスによる、「アンモニア臭」が演出しているものになります。

 

このストレスとは、

  • 加齢臭
  • 脂汗

 

両方の悪臭リスクの、要因となるものであり無視できません。

 

中年期とは、家庭・仕事共に責任が重くなる時期でもあります。

 

年をとることで、あらゆる角度から体が臭くなりやすいのです。

 

これは避けられないことであり、だからこそ対策が必須なのです。

 

>>根本対策におススメの体臭・口臭ケアアイテムランキングへ

 

※汗の増加・手汗が気になる方は

>>汗が増えて異常に臭くなってきた原因と改善策

 

まずは「可能な限りリセットする」ことから

 

年をとって「異様な汗」が増えてきたといっても、そのほとんどが「体の汚れ」と言えます。

 

そのため、まずは何と言っても体内環境の改善が必要ですが

そのための方法は、すでに無数に存在することになります。

 

そのため、ここでは「プチデトックス」とでもいうべき

体の状態をなるべく正確に判断するために、余計な要因を排除することを提案します。

 

本当の原因を隠している「汚れ」を排除する

 

その脂汗が異常なものなのか、それともただの汚れによるものなのか

判断するために、余計な体の汚れを可能な限りリセットするためには

体の状態を、「から」にすることが望ましいと言えます。

 

  • 規則正しい生活リズム
  • 健康的な食生活

 

といったことは基礎中の基礎として、「宿便の解消」に加えて

「アルコール」をはじめとした、「悪いもの」を一定期間摂取しないようにしましょう。

 

本来であれば、「断食(ファスティング)」がより望ましいと言えますが

いきなり行うのは危険を伴うものであり、何より継続が困難です。

 

飲酒・喫煙の影響は、3程度~1週間で「ある程度抜ける」ものであり

(本当のリセットは、もっと時間がかかるものですが)

せめて一定期間は、汚い汗を抜くために頑張りましょう。

 

そして、それでも脂汗が止まらないようであれば

やはりそれは本当に異常なものとして、それなりの対処が必要です。

 

「更年期障害」に近い症状が見られるこからこそ

 

加齢が引き起こす脂汗は、そのまま更年期障害の症状そのものでもあります。

 

特に、

  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸

 

また「下痢」の症状には、もれなく冷や汗が付き物です。

 

そのため中年期の脂汗の対策には、更年期障害へのケアが欠かせないものとなります。

 

性ホルモンの安定を優先

 

更年期の不調の根本には、女性であれば性ホルモンの「減少」

また男性であれば、性ホルモンの「暴走」があります。

 

これらをケアすることが、結果的に脂汗という1つの症状の克服につながるはずです。

 

※参考記事

>>更年期障害はいつから始まっていつまで続くの?

 

>>「男性の更年期障害」の症状と対策~「女性の」との違い~

ストレスではない「過敏性腸症候群(IBS)」の原因とは?~「なりやすい体」を治すためにまずは腸内環境の正常化~

「過敏性腸症候群」は、基本的には年齢に関わらず症状が見られる傾向があり

様々な健康トラブルが頻発する中高年においても、発症しやすい症状でもあります。

 

下痢・腹痛の症状における、多くの割合を占めるものでもあり

 

「急にお腹が痛くなる」

 

「腹痛を感じた直後に下痢が出そうになる」

 

といった症状で、広く知られている症状です。

 

その他にも、過敏性腸症候群には様々な症状の出方がありますが

下痢だけではなく、「便秘」に関してもその症状の1つであり

便秘の後に下痢の症状が見られる「交互型」も一般的です。

 

また「おなら」が増えることも、症状の中に含まれており

いずれにしても、腸内で異常が起きていることには変わりません。

 

特徴としては、

本来「胃腸」に関わる症状の多くに

  • ウィルス
  • 潰瘍
  • 炎症

 

といったものが関わることが多い一方で

過敏性腸症候群の場合は、これらの症状が見られません。

 

  • 消化管運動異常
  • 消化管知覚過敏

 

主に以上の2つのトラブルによって、引き起されていいますが

いずれにしても、腸内で「水分」の吸収が正常にできていないことから起こります。

 

この過敏性胃腸炎には、「ストレス」が大きく影響しているとされており

「急にお腹が・・・」という症状の、延長線上にあるともとらえることができます。

 

また「ガス型」と呼ばれる、おならが頻発する症状というのは

「おならが出てしまったどうしよう・・・」という

強迫観念・不安神経症の一面もあるとされ

やはり、精神的な要素の影響が大きいと考えられています。

 

しかしながら、

 

「そこまでストレスがあるようには思えないけど・・・」

 

といった方も多く、そういった場合には、

特に中高年の方の場合には、「自律神経」が関わっていると考えられます。

 

「本当は感じているかもしれない」ストレスが原因のケース

 

「過敏性胃腸炎と診断されたけど、特にストレスは感じていない」

 

といった事情は、実は非常に多いようです。

 

ストレスはないはずなのに、なぜ・・・という状況です。

 

しかしながら、症状が出ているということは

「自分の感覚」ではなく「体」がストレスを感じていることも考えられ

また「ストレスだとは思っていない」ものに対しても

実はストレスに感じていた、ということも考えられます。

 

「感情」だけではないストレス要素

 

ストレスと聞くと、

  • イライラ
  • 不安

 

といったものが思い浮かびますが

それらとは、正反対である

  • ワクワク
  • 期待

 

といったことも、体はストレスに感じている可能性があります。

 

「不安よりも期待の方が大きいですね」という場合であっても

「環境が変わる」ということは、間違いなくストレスと体は感じます。

 

また、「出世して嬉しい」といった感情も

本当は「責任が増えて不安」という気持ちが、完全にないわけではなく

もしかしたら、自分で感じないようにしているだけなのかもしれません・・・

 

「自律神経の乱れ」が原因のケース

 

そして、「完全にストレスはないのに!」も関わらず

過敏性胃腸炎の症状が見られるということは

「加齢」による、自律神経の乱れが原因であると考えられます。

 

当サイトでは、更年期における「原因不明の身体トラブル」の多くが

自律神経の乱れによって引き起こされている、と何度も解説してきました。

 

そもそも「下痢・便秘」というのは、更年期障害の症状の1つでもあります。

 

そして、中年以降の自律神経の乱れには「性ホルモン」の減少が関わっており

どちらかと言えばやはり女性が多いと言えますが、男女関係なく見られるものです。

 

直接的にも・間接的にも腸を乱す要因となる

 

自律神経の乱れによる、体への悪影響というのは

予想できない・何が起きるか分からないことが特徴的であり

 

過敏性腸症候群に関して言えば、

  • 直接的に腸内環境を乱している
  • 腸内環境を乱すための要因を増やしている

 

いずれも考えられ、非常に対処が難しいものと言えます。

 

自律神経とは

  • 交感神経
  • 副交感神経

 

この2つの神経によって構成されており

このバランスを崩してしまうのが、性ホルモンの減少なのです。

 

そして、どちらが乱れているのか

どうすれば対処できるのかは、非常に難しい問題です。

 

>>下痢と便秘の頻度が増えてきたら「神経」の老化の証

 

いずれにしても「腸内環境」を万全にしておくしかない

 

過敏性腸症候群には「完治」というものがありません。

 

一時的な症状の場合もありますが、そもそもリスクは常に存在し

誰であっても、発症・再発する可能性があります。

 

また、過敏性腸症候群を発症してしまう人というのは

「もともとお腹が弱い」という人が、多い傾向があります。

 

そういったことからも、やはり「備える」ことが対策であり

「過敏性になりにくい強い腸」を作っておく必要と言えます。

 

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている

 

ストレスへの反応も腸内環境が握っている

 

腸とは、様々な体内物質を分泌するための「司令塔」であり

同時に「免疫力」「耐性」といった、体を守るための機能も司ります。

 

これは「まず最初に異常が現れる」ということにもつながり

ストレスという刺激に対して、反応が出やすいことからも伺えます。

 

また「代謝機能」の重要器官であることは言うまでもなく

加齢を自覚し始めた際、これから先に備えて

まず最初に改善しておくべき臓器と言っても、過言ではありません。

 

 

<PR>

>>「実はもやもやしている」方はメンタルサプリランキングへ

 

>>中高年におススメの「多機能乳酸菌サプリ」ランキングへ

健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている

日本は「平均寿命世界一」の長寿大国であり

同時に健康なお年寄りが多い国でもあります。

 

そのため、現在「中高年」と呼ばれる年齢の方の多くは

「健康で長生きしたい」という願望を持っているはずです。

 

「アンチエイジング」というものが、定期的に流行り

体の外側・内側両方を「若々しく見せる」ために

様々なブームが起きたりと、ただ長く生きるだけでなく

健康に・美しく年を取ることに対し、様々なアプローチが存在しています。

 

それらは「体質」等によって、合う・合わないものも多いですが

中には「全ての人にとって」重要な要素というものもあります。

 

そしてその中でも特に「健康に年を取る」ことに対して

重要だと思われるものが「毛細血管」と「腸内環境」になります。

 

これらは、現在新たに注目を集めており

「老化の速度」に大きく関わっていると考えられます。

 

体調・健康の「根本」に関わっている要素

 

このサイトでも、ことあるごとに「大腸」の大切さを解説してきましたが

その理由としては「ホルモン」の分泌・調節を行っている組織が大腸であり

大腸の調子が悪くなることによって、あらゆる器官に悪影響が発生してしまいます。

 

便秘の人が、体調不良に陥ることは当然のことでもあります。

 

この「ホルモン」とは「性ホルモン」や「代謝に関わるホルモン」

全てであり、もちろん血糖値に関わる「インスリン」も含まれます。

 

血糖値に働きかけるサプリの中に、腸内環境を整える成分が

配合されていることが多いのはこのためです。



 

ルックルックイヌリンプラス

 

もちろん「便秘」が大きく関わるとされる

「肌荒れ」に関しても、腸内環境が大きく関わっており

これは「アンチエイジング」とっても、大きなマイナス要因です。

 

>>血糖値対策のためのおススメサプリランキング

 

体中を巡っている「毛細血管」

 

そして「見た目」「内臓」様々な面で

非常に大きく「老化」に関わっているとされ

「改善=アンチエイジング」とされるのが「血管」であり

それも「毛細血管」の大切さが、改めて注目されています。

 

「血管」の役目として、体内を流れることによって

細胞1つ1つに「酸素」と「栄養素」を運びます。

 

これらが足りなくなることによって

細胞が「劣化」し「壊れる」スピードが速くなり

体の外では「シミ」「シワ」が増えていくことになり

体の中では、各器官の働きに支障が出始めます。

 

そもそも、糖尿病の合併症としられる

「糖尿病性神経障害」にしても「糖尿病網膜症」しても

血糖値が上昇することによって、血液の「粘度」が上昇し

特定の細胞・器官に、酸素・栄養素が

供給されなくなってしまうことによって症状が現れます。

 

毛細血管の悪化は、腸内環境の悪化とは

別の角度から様々な不具合を、体にもたらすことになります。

 

結局は状況を「質」を改善していくしかない

 

腸内環境、毛細血管の質にしても

悪化しているものは、改善するしかありません。

 

特に毛細血管は、加齢によって「絶対数」自体が少なくなります。

 

年を取ると「血管の数」が減ってしまうのです。

 

そのため「1本1本の質」を高めるしかありませんが

「綺麗な血管」を持っている中高年は、非常に少ないことが現実です。

 

  • 血糖値
  • 血圧
  • 中性脂肪
  • 悪玉コレステロールLDL

 

これらの数字が、基準値と乖離している場合

「動脈硬化」が進行し始めていると考えましょう。

 

動脈硬化とは、血管の「血液の通り道」が狭くなっており

「血管自体」が劣化する、最も大きな要因であり

中でも、細い「毛細血管」は真っ先に壊れるものです。

 

「数の減少」が避けられないのであれば

せめて「質の向上」で補っていきましょう。

 

まずは「血液の質」を高めることが、血管を守る

血管を若く保つために、最も重要なことになります。

 

「体調」「ルックス」だけでなく「におい」も悪化させる

 

便秘によって、長い間腸内に留められた便からは

有害な「ガス」発生し、それらは血液に流れ出ることになります。

 

それによって、更に血液の質は悪化することになり

「健康」だけでなく「体臭」にとっても

非常にマイナス要因となることであり

そういった「加齢臭」といった面でも弊害が現れることになります。

 

いずれにしても「血管」と「腸内環境」は

同時に改善していくべき要素に違いありません。

 

>>動脈硬化対策のためのおススメサプリランキング

 

>>中高年に相応しい「乳酸菌」サプリランキング

加齢によって便が臭くなる理由~異臭は病気のシグナル?~

自分の便というのものは、自分の「体臭」と同じく

自分自身では、なかなか認識出来ないものになります。

 

しかしいずれにしても、自分で認識出来るレベルというのは

かなり「進んでしまった」という状態が考えられ、注意すべき段階です。

 

そもそも「基本的に便はくさいもの」と認識している人は

「要注意」であり、以前から「臭い」ことが当たり前と

なっている場合は、一度真剣に考えてみる必要があります。

 

健康な人の便というのは「それほど臭くない」ものであり

便が「異常な臭い」を発している場合

内臓・特に「腸」にトラブルを抱えている可能性があります。

 

というよりも「毎日出る」にも関わらず「毎回とても臭い」という場合

ほぼ確実に、何らかの不具合・良くないことが体内で起きています。

 

しっかり「いらないもの」に分ける力

 

「飲食」によって、体内に入った食材は

様々な栄養素に「精製」され、体の中で「適材適所」に分配されます。

 

食べたものが直接、肉や骨に変わるのではなく

一度「分解」されてから変換され

必要な栄養素だけ抜き取られるイメージです。

 

「便」というものは「小便」にしても「大便」にしても

必要なものだけ吸収された、いわば「残りかす」のようなものですが

この「残りかす」を作ることも、内臓の能力でもあります。

 

基本的には「内蔵機能」の低下

 

若い人、極端な例であれば「幼児」「乳児」の便が

それほど「臭わない」理由としては

内臓が元気であり「代謝機能」が活発であるため

 

飲食の後に

  1. スグに消化・分解し
  2. 必要なもの・そうでないものを分け
  3. いらないものは、スグに排出する

 

という過程が、非常にスムーズであることが挙げられます。

 

しかし、おじさん・おばさんの場合は

内臓機能が低下していることや

 

高血糖・糖尿病といった、何らかの疾患の影響で

「酵素」の分泌に不具合が出ていることによって

  • そもそもの分解がうまく出来ない
  • 分解した後の処理がうまく出来ない
  • 排出がうまく出来ない

 

ということによって「不完全」な便

必要もないにも関わらず、留まってしまうリスクが高まります。

 

また「便がうまく作れない」ということから

「酵素」や「胆汁」の生成に不具合が出ている可能性が考えられ

腎臓機能や、肝臓機能の障害を疑うことにもつながります。

 

便の状態から、内臓の健康状態を考えることも出来るのです。

 

>>「便が臭い」方にもおススメの「消臭サプリ」ランキング

 

溜めることによって臭いは増す

 

基本的なことであり、常識的なことですが

「溜めておく」ことで、臭いは増すことになります。

 

小便ににしても、大便にしても「作られたばかり」

「膀胱」と「腸」に「チャージ」されたばかりのころは

それほど臭いを持っているわけではありません。

 

特に「大便」に関しては、腸内で「醗酵」や「腐敗」が更に進み

「酸性腐敗便」と呼ばれるような状態になってしまうことで

より臭いを増していくことになります。

 

そして、この「便の状態の悪化」には

「腸内環境」が非常に大きく関わっています。

 

まずは「排出」からスムーズに

 

便の臭いの改善のためには、内蔵機能の向上も必要ですが

まずは「スムーズに出す」習慣を付けることが不可欠です。

 

腸の健康状態は、他の内臓の状態や

  • 免疫
  • ホルモン分泌

 

様々な体の機能に影響を与えます。

 

まずは、腸の状態を正常かすることが

他の内蔵・代謝機能の正常化にもつながります。

 

一般的な便秘解消法である

  • 十分な水分
  • 十分な睡眠
  • 適度な植物繊維
  • 適度な乳酸菌
  • 適度な運動

 

これらを意識していくことから始めるべきですが

更に1つ「よく噛んで食べる」ということを改めて意識しましょう。

 

大人になると忘れがちな習慣ですが

健康な食生活の「基礎中の基礎」になります。

 

そもそも、体内に入った後に消化・分解しやすいよう

また「弱っている内臓でも」処理しやすいよう

出来るだけ「歯」と「唾液」でサポートするためです。

 

結局は

  • 内臓から腸を綺麗にすること
  • 腸から内臓を綺麗にすること

 

両方のアプローチが必要であり

その結果を、便の「臭い」が反映していることになります。

 

>>中高年にこそおススメの「乳酸菌サプリ」ランキング

 

 

<PR>

「特に便が臭い」という方におススメのサプリ

「便秘」が高血糖・糖尿病を招く

「便秘」の症状は、若い時期は「女性中心の悩み」

と考えられがちですが、加齢によって体の各器官が劣化してくるにつれ

男性であっても、段々と便秘の傾向が出てくることが多いです。

 

そしてこの「便秘」の症状は、高血糖を招き

やがて糖尿病に行き着いてしまうリスクでもあります。

 

腸のトラブルは様々な器官に波及する

 

高血糖・糖尿病の患者に、便秘の傾向があることは

体の水分バランスが乱れている・が失われている

ことによるものであり、一般的な症状・傾向です。

 

また、糖尿病が進行した際に起きる「合併症」である

「糖尿病性神経障害」の症状の1つとしても便秘があり

「便意」といった、腸周辺の神経が大きく関わっている症状になります。

 

しかし便秘の症状が、高血糖を招くことに対し

不思議に思う人もいるかもしれません。

 

そもそも「代謝」というメカニズムは新しいものを「取り入れて」

古いものを「排出する」という機能が、中心になっているものです。

 

人体の排出機能の最たるものと言える「排便」

そして、代謝機能が大きく関わっている「血糖値」

これらをつなぎ合わせる期間が「腸」なのです。

 

そして、腸の機能が悪化することによって

様々な代謝機能を担っている、他の機能も乱れてしまうことになります。

 

代謝機能の悪化

 

血糖値を上昇させる「ブドウ糖」は、腸で吸収され

「肝臓」で分解・仕分けされて、血液に供給されます。

 

そして血糖値は「膵臓」から分泌される

「インスリン」によって穏やかに減少していきます。

 

腸内環境が乱れることによって、肝臓や膵臓の機能が低下し

結果的に、血糖値のコントロールがうまくいかない事態に陥ってしまいます。

 

便秘の改善から始める

 

いずれにしても、高血糖の予防のためには

「便秘解消」という要素が非常に重要だということが分かります。

 

  • 水分摂取
  • 食物繊維・乳酸菌の摂取
  • 適度な運動

 

これだけでなく、血液サラサラ効果で有名な

「オレイン酸」を含む「オリーブオイル」等の上質な油には

便を柔らかくして、排出しやすくする効果があることが分かっています。

 

下半身の衰えが便秘を招いていることも

 

便秘というと「大腸」の働きが関わっているイメージが強く

体の中のトラブルが原因だと考えがちですが

下半身の「物理的な衰え」が招いていることも珍しくありません。

 

「肛門括約筋」の衰えによって、便の排出が困難になるだけでなく

骨盤を包む周辺の筋肉が弱まってくることによって

その結果骨盤が緩み、周辺の神経や血管に負担がかかり

腸の働きが鈍くなっていることも考えられます。

 

中高年の便秘に関しては「筋肉の衰え」をカバーすることが

最も大きな課題であるとも、考えることができます。

 

 

<PR>

>>中高年にこそおススメの「乳酸菌サプリ」ランキング

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて