中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

「GABA(ギャバ)」の効果で自律神経を落ち着かせて眠りやすい体に変える~「L-テアニン」との相乗効果でよりよい休息を~

近年ブームとなった健康成分の1つであり、すでに忘れ去られてしまった・・・と見せかけて

一過性のブームで終わらず、確固たる地位を築いた成分に「GABA(ギャバ)」があります。

 

ギャバは正式には「γ-アミノ酪酸(ガンマアミノラクサン)」と呼ばれる「アミノ酸」の一種であり

神経伝達物質として、それも「抑制」の質を持った成分として機能しています。

 

一般的に手に入る、ギャバを配合したアイテムとしては

「チョコレート」や「コーヒー」のカタチをしたものが典型的なものと言えます。

 

そして、それらのアイテムに共通しているキーワードとして

「リラックス」があることは、広く知られているものでもあります。

 

また、「ストレスの軽減」につながるイメージの沸くキャッチコピーも多く

いずれにしても、心を落ち着かせる効果を持った成分であることは想像しやすいと思われます。

 

一般的なスナック(チョコレート含)としてのアイテムは

あくまで「気休め程度」と、思われる方も多いかもしれませんが

このギャバは、「休息サプリ」や「リラックスサプリ」の主成分となっているほどであり

ストレス社会で戦う中高年にとっては、ぜひ知っておいて欲しいものの1つです。

 

「GABA(ギャバ)」が持つ効果とは

 

ギャバとは、基本的には体内で分泌・機能する成分であり

主な効果としては、上記したような「リラックス効果」があります。

 

ギャバのリラックス効果のメカニズムを簡単に解説すると、

自律神経を構成する「交感神経」の働きを抑制し

「副交感神経」を活性化することによって、神経が落ち着いた状態へと導きます。

 

ギャバは、そもそもチョコレート(カカオ)に含まれる成分であり

チョコレート菓子を中心として、配合されたアイテムが知られていますが

  • 発芽玄米
  • かぼちゃ
  • キムチ

 

といった食材からも、摂取することができます。

 

「現任不明」なトラブルに対処できる成分

 

このギャバの働きの恩恵を、最も受けるタイミングというのは

「更年期障害」といった、原因が分からないものに対処する際です。

 

更年期障害をはじめ、自律神経失調症といった

原因に加えて「結果も分からない」というトラブルの際には

ギャバが持つ抑制・沈静効果というのは、非常に大きな役割を果たすと言えます。

 

高血圧・生活習慣病の予防にも効果的

 

またギャバは「高血圧」を中心として、「生活習慣病」の予防成分としても知られます。

 

高血圧の大きなの要因の1つである、ストレス(それによる興奮)は

交感神経の活性化から起きるものであり、それを抑制することは

高血圧の直接的な予防につながるものであると言えます。

 

高血圧による動脈硬化が、生活習慣病・合併症の核となる現象であり

早い段階での予防は、これから先の生活に大きく関わるものと言えます。

 

やすらかな眠りをサポートしてする「快眠サプリ」からの摂取がおススメ

 

ギャバはスナック類を中心に、非常に身近な成分であり

それらはストレス対策成分としては、手軽なアイテムでもあります。

 

ただし、「食べれば落ち着く」という考えには

賛否両論があることも事実であり、できるだけ質の高いものを摂取することも大切です。

 

そしてこのギャバは、近年「睡眠(入眠)」を促進するとして

睡眠サポートアイテムである、「快眠サプリ」の鉄板成分となり

質の高いギャバを配合したアイテムが、非常に増えてきています。

 

睡眠に関する悩みは、中高年が抱えるトラブルの中でも非常に多いものです。

 

※参考記事>>眠りが「浅い」日々が「続いている」~意識が消えない?

 

第一には、加齢に伴って「必要睡眠時間」が少なくなることが原因ですが

ストレスやそれによる自律神経のトラブルによって、睡眠の質が低下するものであり

「途中で起きてしまう」や「寝足りない」といった事態が起こりやすくなります。

 

そういった症状にこそ、ギャバの力は大きな手助けとなるはずです。

 

おススメのギャバ配合快眠サプリ「リラクケア」

 

ここでは、ギャバを配合したおススメの快眠サプリを1つ紹介しておきます。



 

「リラクケア」には上質なギャバと同時に、複数のリラックス成分

更に新たな睡眠サポート成分として知られる、「L-テアニン」が配合されています。

 

ギャバと共に配合されている、テアニンに関しても同じくアミノ酸の一種であり

脳内のリラックス成分(主にα波)の分泌を、促す成分として知られます。

 

ギャバとテアニンを同時に摂取することは、

  • 寝つきが悪い
  • 睡眠が浅い

 

といった、典型的な中高年の睡眠トラブルにおいて

最も効率的・マッチした働きかけであると考えられます。

 

また「リラくケア」は、「機能性表示食品」として販売されている
特に質の高いアイテムであり、試してみる価値は十分にあります。

 

「リラクケア」の詳細・購入ページはこちら

 

外部からの効率的な摂取が必要な成分

 

テアニンは緑茶に含まれる「旨味成分」であり、非常に身近な成分ですが

緑茶には「カフェイン」という、睡眠にとっての最大のデメリットがあります。

 

そういったデメリットなしに、有効成分を摂取することができることが

サプリを利用する最大のメリットであり、利用する意味でもあります。

 

特にギャバは、加齢と共に体内での生成量が減少していく成分であり

作れなくなってしまったものは、外部からの摂取が必要と言えます。

 

※睡眠成分に関する記事はこちらも併せて

>>「メラトニン」を増やして睡眠障害・ミッドライフクライシスに備える

「トリプトファン」の摂取で「メラトニン」を増やして睡眠障害・ミッドライフクライシスに備える~おすすめのサプリ「トリプトリズム」~

中高年の悩みのほとんどが、実は「仕方がない」ものでもあります。

 

もちろん生活習慣病といった、今まで積み重ねてきた行動の結果として

身体にトラブルが発生することもありますが、そもそもは「内臓」や「代謝」

劣化(老化)していることも、大きく関係していることに間違いはありません。

 

そしてその中でも、「自律神経」が乱れることで発生する症状というのは

加齢による性ホルモンの減少・乱れの結果であり、完全に避けることが難しいものでもあります。

 

典型的な症状としては、「更年期障害」といったものが挙げられますが

その他にも、「睡眠障害」や「ミッドライフクライシス」といったものがあります。

 

これらの症状というのは、「精神的なトラブル?」と思われがちですが

実は性ホルモンを代表とした、内分泌系の症状が関わっており

「なんとか気分を変えなくては!」といった考え方よりも

もっと物理的な対処が、相応しい場合も多いと言えり症状でもあります。

 

精神的な症状にも「物質」が関わっている



 

中年以降に、睡眠の質に関わるものに悩む方は多く

その内容も様々であり、当サイトでは過去に何度か取り上げています。

 

※睡眠の質に関する参考記事

>>年をとると、なぜ眠れなく(睡眠時間が短く)なるのか

 

>>眠りが「浅い」日々が「続いている」

 

基本的には、「短くなって当たり前」であり

性ホルモン・自律神経以外にも、様々な要因が重なることで睡眠の質が低下します。

 

これらは加齢によって起きる、決して珍しくはない症状になりますが

それによって、様々な弊害が起きてしまうことも事実です。

 

更に睡眠障害は、ミッドライフクライシスを引き起こす要素でもあり

同時にミッドライフクライシスによって、引き起こされるものでもあります。

 

また、若い時期の「心のもやもや感」というのも

徹夜などによる、睡眠不足が関わっていることが多く

睡眠の内容を向上させることは、最低限・必要条件と言えます。

 

※参考記事

>>「ミッドライフクライシス」の対処法

 

>>疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

 

そして更に深く睡眠に関して、また睡眠の内容に関わる要素考えていく際には

「メラトニン」や「トリプトファン」そして、「セロトニン」といった

体内分泌物質が、非常に深く関わっていることが分かるのです。

 

心の状態を落ち着かせる「セロトニン」

 

眠れなくてイライラする

 

イライラして眠れない

 

この両方の症状は、互いに影響を与えるものと言えます。

 

そのため、その解決方法も共通していると言え

それにはセロトニン呼ばれる物質が、鍵を握ることになります。

 

セロトニンとは、心を落ち着かせる・リラックスさせる作用のある物質であり

睡眠障害・神経症患者は、このセロトニンが少ない特徴があります。

 

そのため、このセロトニンを増やすことが1つの解決策であると言えます。

 

食事やサプリによって働きかけるための方法は、以下の記事を参考に

 

幅広い健康リスクを招く「ストレス」に「セロトニン」の減少が関わるなら増やす方法を考えよう

 

そして更に更に深く掘り下げた際には、このセロトニンを作り出す素材であり

また睡眠には欠かせない、メラトニンを作り出す物質として

トリプトファンと呼ばれる、「リラックスの素」となる存在があります。

 

「トリプトファン」を増やすことが根本的な解決につながる

 

このトリプトファンとは、「アミノ酸」の一種であり

  • ビタミンB6
  • ナイアシン

 

これらと結合することで、セロトニンが生み出されます。

 

そしてこのセロトニンこそ、睡眠の鍵を握るメラトニンを生む出す成分になります。

 

そのため睡眠の質の向上のためには、

その根本成分であるトリプトファンが欠かせないものであると言えます。

 

このトリプトファンは、一般的な食生活を送ることで

基本的には不足しない成分でもあります。

 

主に、肉類・魚類・炭水化物に含まれており

これらの食材をしっかり摂取していれば、問題ありません。

 

しかしながら、トリプトファンの特徴として

「体に溜め込むことができない」というものがあり

時間の間隔が空くほどに、体内濃度は減少していくことになります。

 

十分な量を、常に摂取し続けなければならないのです。

 

「サプリ」で不足のリスクをケアする

 

不足のリスクを補うためには、「サプリ」の利用も効率的です。

 

「メラトニンサプリ」や、「トリプトファンサプリ」といったものは

様々存在しますが、その中でもおすすめのアイテムが「トリプトリズム」になります。

 

トリプトリズム

 

「トリプトリズム」は

  • トリプトファン
  • ビタミンB6
  • ナイアシン

 

という、セロトニンを生み出す3大要素が主成分となっており

最も効率的に、メラトニンにもアプローチできるという特徴があります。

 

余計な成分のない、まさに「特化」したアイテムになります。

 

「トリプトリズム」の公式ホームページはこちら

 

せめて「補う」必要がある

 

当サイトでも紹介している、「リラクミンシリーズ」をはじめとして

メンタルに関わるアイテムの種類が、非常に増えてきています。

 

「ストレス社会」を支えている、その中心は中高年であることが事実であり

同時に、最もその影響を受けている年代であると言えます。

 

まして「そもそも弱って来る時期」でもあり

その上に様々なトラブルが重なることになります。

 

「できる備えはしておく」ことが大切であり、その中でも「外から補う」というケアは

非常に簡単に実現できる時代であり、深刻な状況になる前に実践することをおススメします。

脂肪分解・脂肪肝解消だけではない「イノシトール」の効果とは~心にも効く!サプリ等の過剰摂取による副作用は?~

若い頃であれば、男女問わず

「ビタミン(肌へ)」「タンパク質(筋肉へ)」といった
より体を美しく・魅力的に見せるための栄養素を

意識してきたと思われますが、年をとるにつれて「酵素」や「軟骨成分」といった

衰えをカバーするための成分が、より身近な存在になってくるはずです。

 

そしてそれに伴って、「近頃よく耳にする成分」も変わっていき

その中の「1つに、「イノシトール」という成分があるかと思います。

 

ドラッグストア等でも、やたら目にするようになるということは

「そういったコーナー」が、より身近になってきたということでもあります。

 

本当は「痩せる」こと以上に意味のある成分

 

「イノシトール」は、主に「中年太り」の人をターゲットとした

中高年向けの、ややこだわったダイエットアイテムに配合されており

「痩せる成分」という印象がある方も多いと思われます。

 

脂肪燃焼効果があるとして、一時話題になった成分であり

その内容としては、

  • 「LDL(悪玉)コレステロール」を減らす
  • 肝臓に脂肪を溜めない・分解を促進する

 

として主に「脂肪肝」への、大きな効果があるとして注目されました。

 

そもそもイノシトールとは、「ビタミン様物質」と呼ばれる成分の1つであり

体の中で合成することのできる、ビタミンと同じ働きをする成分になります。

 

また、細胞膜を正常に保つために欠かせない

「リン脂質」の合成に必要な成分でもあり

  • 肌の健康
  • 爪の健康
  • 髪の健康

 

といった、粘膜成分の健康に欠かせないものであり

特に劣化することが前提となる、中高年は意識すべきでもあります。

 

イノシトール 500mg 100カプセル (海外直送品)

新品価格
¥980から
(2017/6/12 19:13時点)

「心の健康」にも効果的

 

イノシトールは、脂肪肝をはじめとした

脂肪が関わるトラブルの改善に有効な成分になりますが

それに加えて・同じく有効性が見られるものに

「精神・神経のトラブル」に対する効果が見られます。

 

  • パニック障害
  • 神経症(強迫性障害)
  • 抑うつ症状

 

これらの症状に効果的であること、実際に治療にも利用されることから

身体的なトラブルだけでなく、メンタル面にも効果的なものとして

実は非常に存在感が大きい成分として、注目されるものになります。

 

リン脂質というのは、そもそも細胞を健康に保つために不可欠であり

神経細胞のの正常化によって、「セロトニン」といった

心をおだやかに保つための成分の分泌に、貢献すると考えられます。

 

>>「ストレス」に「セロトニン」の減少が関わるなら増やす方法を考えよう

 

摂取量はそれほど意識する必要がないが



 

イノシトールは、一般的な食生活を送っていれば

特に不足することのない、野菜・果物を中心とした

非常に多くの食材に含まれている成分になります。

 

そのため「イノシトール配合!」とうたうアイテムは多い一方で

「主成分」となっているアイテムは、意外と少ないものなのです。

 

しかしながら、特に「おじさん」に言えることですが

加齢による味覚の変化によって、果物を食べなくなったりすることも多く

そういった場合には、不足が起きることも考えられます。

 

「基準量」といったものは、特に厳密に定められているものではなく

というのも、イノシトールは、ビタミン様物質の中でも

「水溶性ビタミン」と同じ性質を持っているものであり

過剰に摂取した場合には、尿によって排出されることになります。

 

「生活習慣病によって」不足となってしまう事態も

 

ただし、すでに生活習慣病の傾向が見られる場合には

イノシトールの不足リスクを、考慮する必要があります。

 

イノシトールの不足が生活習慣病を招く、というよりも

生活習慣病によって、イノシトールの合成機能が

低下してしまうリスクが、高まることになります。

 

特に糖尿病時には、イノシトールの合成が極端に少なくなるものであり

「糖尿病性神経障害」の症状を、加速させてしまう要因でもあります。

 

イノシトールを正常に合成するために、健康を保つべきであり

正常に機能することもまた、健康を保つために必要なことになります。

 

そう考えた際には、やはり「太らない」ということが

最も必要なことであり、中高年の健康リスク解消の鍵に違いありません。

 

 

<PR>

「中性脂肪」を分解!ダイエットサプリランキング

 

幅広い健康リスクを招く「ストレス」に「セロトニン」の減少が関わるなら増やす方法を考えよう~食べ物とサプリで効率的に~

当サイトは「中高年の健康」を考えることがコンセプトとなっていますが

健康を害する要因は、肉体的な・精神的なものだけではありません。

 

健康状態を改善するための、働きかけを考える際には

どうしても物理的なアプローチを意識・実践しがちなものです。

 

もちろん、「食生活の改善」といったことは

非常に重要なテーマになりますが、「病は気から」という言葉もある通り

メンタルがフィジカルに与える影響というのは、非常に大きなものです。

 

「気持ちで治れば苦労しない」と考える人も、未だに少なくなく

軽視しがちであることが現実的な「精神状態」というものは

決してなめてかかってはならない、肉体の健康を保つうえで非常に重要なものなのです。

 

そして「精神を病む」ことの原因となる要素としては

やはり「ストレス」というものが、必ず関わってくるものであり

これは「生活習慣病」と同じく、加齢によって上昇するリスク要因です。

 

「ストレス」は幅広い症状の「きっかけ」になる



 

ストレスが招くトラブルは数え切れず

「精神的なトラブル」に関しては言うまでもありませんが

全て精神的な症状だけに、限定することもできません。

 

「肥満」といった、体形に対する影響も現れたり

 

>>ストレスを感じるとなぜ太る?~「ストレス」と「肥満」の関係~

 

また、ストレスによる「自律神経」のトラブルは

予想ができない事態を引き起こす、非常にやっかいなものと言えます。

 

>>「自律神経失調症」の症状と血圧上昇への影響

 

このストレス発生は、避けることができないことでもあり

うまく「解消」することも必要です。

 

最も避けるべきは、「溜める」ことであり

最悪の場合には、「うつ病」といった深刻な事態を招く

中高年にとっては、無視することができない症状と言えます。

 

>>ミッドライフクライシスの対処法

 

そして、このストレスに対する対処法には

「解消」以外の要素も存在し、そういったことを知ることで

「ストレスに潰されない」生活を送ることにつながります。

 

「ストレス」の量と反比例する「セロトニン」の量

 

ストレスに関わるものとして、その「発生」の要因は無限にあり

それを「緩和」する方法も、人によって様々です。

 

  • 会社で嫌なことがあったから、釣りに行こう
  • ご近所の人間関係に疲れたから、1人でカラオケに行こう

 

溜まる前に、解消することができる

且つ人に迷惑をかけなければ何でもいいものです。

 

そして、これらに加えて「体内分泌物質」によっても

ストレスの緩和ができることも、知っておいて欲しいと思います。

 

それは、「セロトニン」と呼ばれる物質であり

  • 不足することで、ストレスが溜まりやすく(解消しにくく)なる
  • しっかり分泌されていることで、ストレスの抑制につながる

 

ストレスと「シーソー」のような関係にあるものです。

 

このセロトニンは、ストレス自体によっても減少しますが

「性ホルモン」とも密接に関わっており、性ホルモンの減少が

顕著になる中年期というのは、必然的にストレスを感じやすいと言えます。

 

「更年期のうつ」も、このセロトニンの減少の大きく関わっているのです。

 

>>更年期のイライラ・抑うつ症状について詳しく

 

セロトニンを増やす方法

 

少ないことで、ストレスを増幅させてしまうセロトニンは

「増やす」ことで、ストレス状態を改善することにつながります。

 

そしてそのために意識するべきことは

「楽しい」「嬉しい」「気持ちがいい」という

体にとって、精神にとってメリットの大きい「感情」を得ると同時に

やはり「食生活」から、物理的に分泌を促すことが大切になります。



セロトニンを増やす食生活

 

セロトニンの生成には、アミノ酸の一種である

「トリプトファン」という栄養素が関わっており

このトリプトファンを含む食材の摂取が、最も効率的と言えます。

 

トリプトファンは

  • 乳製品
  • 大豆食品

 

といった食材に、豊富に含まれており

これらには「植物性エストロゲン」も含まれていることから

やはりセロトニンは、性ホルモンとも比例関係にあることが分かります。

 

また、このトリプトファンからセロトニンを生成するためには

「ビタミンB6」が必要であり、野菜・果物といったものも欠かせず

これらは「同時に」摂取することが、望ましいと言えます。

 

つまり「バランスのいい食生活」は最低限の、条件と言えます。

 

そして「食事」というのは、「最も簡単に幸福を感じられる方法」であり

もちろん「太る」というリスクを抱えているものであるからこそ

「好きなものを食べることが許される」健康的な肉体を保つが必要なのです。

 

「サプリ」でアプローチできる時代

 

しかしながら、「ちゃんと食べてるけど」という方は多く

「プラスアルファ」を求めている人も多いと思われます。

 

そういった場合には、「肉体的なトラブルへの働きかけ」と同じく

「サプリ」を利用することも、効率的な働きかけと言えます。

 

「うつ病の治療」というと、「抗うつ剤」といった

特別な薬物療法をイメージする方も多いと思います。

 

こういった「薬」に対しては、抵抗感の多い人が多く

健康的なイメージが沸くはずのない、当然のことでもあります。

 

また、何より「精神病」といった悪いイメージが必ず付随します。

 

しかしながら、現在では非常にサプリの種類・目的が豊富な時代であり

薬ではない「食品」として、セロトニンにアプローチできるものも存在します。

 

ひと昔前には存在しない、「薬以外での働きかけ」ができる時代なのです。

 

もちろん、「飲めばよくなる」というものではなく

あくまで「サポート」としての利用になりますが

それぞれのサプリが、「目的に応じた有効成分」を配合しているものです。

 

そもそもひと昔前は、「セロトニン」という言葉自体があまり知られないものであり

こういった知識を持っていることで、効率的な働きかけができるとも考えられます。

 

もし深刻な状態であれば、本来であれば「しかるべき医療機関」にいくべきです。

 

しかしながら、「迷っている」のであれば

まずは手軽に試すことのできる、サプリや漢方を試すべきであり

これは精神的なトラブルだけでなく、全ての症状に言えることでもあります。

 

 

<PR>

No1「セロトニンサプリ」シリーズ

ストレスではない「過敏性腸症候群(IBS)」の原因とは?~「なりやすい体」を治すためにまずは腸内環境の正常化~

「過敏性腸症候群」は、基本的には年齢に関わらず症状が見られる傾向があり

様々な健康トラブルが頻発する中高年においても、発症しやすい症状でもあります。

 

下痢・腹痛の症状における、多くの割合を占めるものでもあり

 

「急にお腹が痛くなる」

 

「腹痛を感じた直後に下痢が出そうになる」

 

といった症状で、広く知られている症状です。

 

その他にも、過敏性腸症候群には様々な症状の出方がありますが

下痢だけではなく、「便秘」に関してもその症状の1つであり

便秘の後に下痢の症状が見られる「交互型」も一般的です。

 

また「おなら」が増えることも、症状の中に含まれており

いずれにしても、腸内で異常が起きていることには変わりません。

 

特徴としては、

本来「胃腸」に関わる症状の多くに

  • ウィルス
  • 潰瘍
  • 炎症

 

といったものが関わることが多い一方で

過敏性腸症候群の場合は、これらの症状が見られません。

 

  • 消化管運動異常
  • 消化管知覚過敏

 

主に以上の2つのトラブルによって、引き起されていいますが

いずれにしても、腸内で「水分」の吸収が正常にできていないことから起こります。

 

この過敏性胃腸炎には、「ストレス」が大きく影響しているとされており

「急にお腹が・・・」という症状の、延長線上にあるともとらえることができます。

 

また「ガス型」と呼ばれる、おならが頻発する症状というのは

「おならが出てしまったどうしよう・・・」という

強迫観念・不安神経症の一面もあるとされ

やはり、精神的な要素の影響が大きいと考えられています。

 

しかしながら、

 

「そこまでストレスがあるようには思えないけど・・・」

 

といった方も多く、そういった場合には、

特に中高年の方の場合には、「自律神経」が関わっていると考えられます。

 

「本当は感じているかもしれない」ストレスが原因のケース

 

「過敏性胃腸炎と診断されたけど、特にストレスは感じていない」

 

といった事情は、実は非常に多いようです。

 

ストレスはないはずなのに、なぜ・・・という状況です。

 

しかしながら、症状が出ているということは

「自分の感覚」ではなく「体」がストレスを感じていることも考えられ

また「ストレスだとは思っていない」ものに対しても

実はストレスに感じていた、ということも考えられます。

 

「感情」だけではないストレス要素

 

ストレスと聞くと、

  • イライラ
  • 不安

 

といったものが思い浮かびますが

それらとは、正反対である

  • ワクワク
  • 期待

 

といったことも、体はストレスに感じている可能性があります。

 

「不安よりも期待の方が大きいですね」という場合であっても

「環境が変わる」ということは、間違いなくストレスと体は感じます。

 

また、「出世して嬉しい」といった感情も

本当は「責任が増えて不安」という気持ちが、完全にないわけではなく

もしかしたら、自分で感じないようにしているだけなのかもしれません・・・

 

「自律神経の乱れ」が原因のケース

 

そして、「完全にストレスはないのに!」も関わらず

過敏性胃腸炎の症状が見られるということは

「加齢」による、自律神経の乱れが原因であると考えられます。

 

当サイトでは、更年期における「原因不明の身体トラブル」の多くが

自律神経の乱れによって引き起こされている、と何度も解説してきました。

 

そもそも「下痢・便秘」というのは、更年期障害の症状の1つでもあります。

 

そして、中年以降の自律神経の乱れには「性ホルモン」の減少が関わっており

どちらかと言えばやはり女性が多いと言えますが、男女関係なく見られるものです。

 

直接的にも・間接的にも腸を乱す要因となる

 

自律神経の乱れによる、体への悪影響というのは

予想できない・何が起きるか分からないことが特徴的であり

 

過敏性腸症候群に関して言えば、

  • 直接的に腸内環境を乱している
  • 腸内環境を乱すための要因を増やしている

 

いずれも考えられ、非常に対処が難しいものと言えます。

 

自律神経とは

  • 交感神経
  • 副交感神経

 

この2つの神経によって構成されており

このバランスを崩してしまうのが、性ホルモンの減少なのです。

 

そして、どちらが乱れているのか

どうすれば対処できるのかは、非常に難しい問題です。

 

>>下痢と便秘の頻度が増えてきたら「神経」の老化の証

 

いずれにしても「腸内環境」を万全にしておくしかない

 

過敏性腸症候群には「完治」というものがありません。

 

一時的な症状の場合もありますが、そもそもリスクは常に存在し

誰であっても、発症・再発する可能性があります。

 

また、過敏性腸症候群を発症してしまう人というのは

「もともとお腹が弱い」という人が、多い傾向があります。

 

そういったことからも、やはり「備える」ことが対策であり

「過敏性になりにくい強い腸」を作っておく必要と言えます。

 

>>健康で長生きするための秘訣は「毛細血管」と「腸内環境」が握っている

 

ストレスへの反応も腸内環境が握っている

 

腸とは、様々な体内物質を分泌するための「司令塔」であり

同時に「免疫力」「耐性」といった、体を守るための機能も司ります。

 

これは「まず最初に異常が現れる」ということにもつながり

ストレスという刺激に対して、反応が出やすいことからも伺えます。

 

また「代謝機能」の重要器官であることは言うまでもなく

加齢を自覚し始めた際、これから先に備えて

まず最初に改善しておくべき臓器と言っても、過言ではありません。

 

 

<PR>

>>「実はもやもやしている」方はメンタルサプリランキングへ

 

>>中高年におススメの「多機能乳酸菌サプリ」ランキングへ

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて