血糖値改善に効果を見込める成分「ピニトール」とは




放っておくことによって、確実に糖尿病へとつながる
「高血糖」の状態は、まずは「そうならない」ことが重要です。

しかし、そうは言っても「なってしまった」という人も多く
「日本人はなりやすい」という、研究結果もあるようです。

実際に「国民病」の1つとしても考えられており
たとえ摂生した人生を送ってきたとしても、発症してしまうこともあります。

であるならば「対策」だけでなく「改善」するための
手段も重要であることから、高血糖状態になってしまった後の
ケア・治療に関しても、日本は先進国として評価されています。

「食事療法」や「運動療法」だけでなく、「インスリン」の処方や
「人工透析」といった、高度な治療に関しても高いレベルにありますが
日常生活レベルでも、血糖値を「正常化」していくための
研究も進められており、様々な「有効成分」が発見されてきました。

そして、近年発見された「血糖値正常化」に
特に有効だと考えられる成分に「ピニトール」があります。

スポンサーリンク

「植物性」の「天然」のインスリン成分

「インスリンと同じような効果を持つ栄養素はないだろうか?」

ということは、血糖値が気になり出した中高年を中心に
多くの人が考えたことのある発想だと思います。

また、

  • 病院で医師に処方して貰わなくても
  • まだ血糖値が高くない状態でも

インスリンと「同じような」成分を摂取することによって
「効率的に」糖尿病が予防出来るのではないかと考える人もいると思います。

そんな人にぴったりの成分が、「ピニトール」であり
「イノシトール」という、ビタミンB群の一種として
血糖値に、非常に大きな効果を与えることが分かっています。

イノシトールは、中高年の健康に馴染みのある成分であり
血糖値が高くなることによって、体内から失われてしまう成分でもあります。

結果的に、神経への悪影響を及ぼし
「糖尿病性神経障害」につながってしまうことでも有名です。

そして、その中の「ピニトール」という成分は
「ブドウ糖の代謝」という要素に非常に大きな影響を与える
血糖値に対する、有効成分であることが分かっています。

ピニトールの働き

ピニトールの働きとしては「ブドウ糖」の細胞への吸収効率を高め
「糖の代謝を高める」ことであり、正に「インスリンのような」働きになります。

インスリンの代わり・サポートとしての働きを見込めることによって
血糖値を下げる「だけでなく」インスリンの分泌環境の負担を抑え

「インスリンの過剰分泌の正常化」につながることも期待できます。

つまり、糖尿病の根本要因を軽減するための有効成分とも考えられます。

ピニトールを含む食材

ピニトールは「アイスプラント」という野菜に、含まれていることで知られますが
その他にも、大豆製品に豊富に含まれており、特に「きなこ」「豆乳」といった
「大豆本来の質」を生かした食品から、摂取することも可能です。

一方「納豆」といった、特殊な環境で加工された製品には
含まれていないことにも、注意する必要があります。

サプリでの摂取が効率的

ピニトールは、アイスプラントや「大豆製品」からも
摂取することはできますが、その含有量は非常に少ないことが現実です。

そのため、ピニトールの効果を効率的に実感するためには
サプリでの摂取が効率的と考えられます。

以前は高価な印象があった「ピニトール配合サプリ」も
現在では、手に入りやすくなっているため、ぜひ試してみることをおススメします。


「薬」ではない

ピニトール(ピニトール配合サプリ)の、最も大きなメリットとして
「薬」ではなくあくまで「食品」であるため、医師の処方がいらないことです。

  • 血糖値が不安だけれど「インスリン治療」をする段階ではない
  • まだ、それほど高くないけれど「より効果的な予防」をしたい

といったような健康意識が高い方に、ぜひ効果を実感して欲しい成分になります。

<PR>
ピニトールを配合した唯一のサプリ「グラシトール」について詳しく