「難消化性デキストリン」配合!血糖値・中性脂肪対策におススメの「大麦若葉青汁」の効果!

「高血糖」「脂質異常症(高脂血症)」の両症状には、血液内のトラブルであるといった
共通点があるとと共に、「動脈硬化」やそれに伴う心筋梗塞等の根本原因でもあります。

何より、放置していることで確実に体への負担となり
寿命(健康寿命)を縮めてしまう、典型的な症状と言えます。

これらの状態というのは、見た目では分からないものであり
数少ない・最大の特徴は「肥満傾向が見られる」ということのみですが
当サイトでも何度も述べている通り、そもそも太っている状態は慢性的なリスクです。

早急に解消する必要があります。

そしてその際、高血糖を解決するための「血糖値のコントロール」
中性脂肪の減少を目的とした「ダイエット」は、非常に関係性の高いものでもあり
これらの「メカニズム」を利用することで、より効果的なアプローチができるのです。

そのカギを握る栄養素として、今特に注目されている栄養素が
「難消化性デキストリン」であり、現在では様々な血糖値対策アイテム

またダイエットアイテムに配合されている、非常に効果的な成分の1つです。

更にそのアイテムのでも、特に注目すべきおすすめとして挙げられるものが
「難消化性デキストリン配合青汁」である「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」であり
発売以来、人気・利用者共に急激に伸びているアイテムになります。



「特定健康食品(トクホ)」にも認定されており、
中高年の「青汁デビュー」にも相応しく、また高血糖の傾向がある
太っている方であれば、尚更おススメできる秘密があります。

「大麦若葉青汁」の公式ホームページはコチラ

なぜ「難消化性デキストリン」が効果的なのか

そもそも、なぜ難消化性デキストリンが注目されているかというと
ブドウ糖の「急激な吸収」を抑制することによって、血糖値の上昇を穏やかにする点です。

この働きには、

  • インスリンの負担を減らすことにつながること
  • 中性脂肪の燃焼効率が上がること

以上の「高血糖」「ダイエット」に関わる2つの面でメリットがあります。

糖尿病を招く「インスリンの疲弊」を抑える

まずは、血糖値の上昇が緩やかであることによって
インスリン分泌・機能等の、総合的な負担が減ることが挙げられます。

糖尿病に至る、最大の要因とは「インスリン環境の破壊」であり
血糖値の急激な上昇の繰り返しによって、「インスリンが壊れる」ことになります。

更には、「インスリンが効かない体」なることで
2つの角度から、糖尿病のリスクが上昇することことにもつながるのです。

中性脂肪が燃えやすくなる

皮下・内臓に「貯蔵されてしまった中性脂肪」を燃焼させるためには
「エネルギー不足」という状況が必要になります。

体を飢餓状態にすることで、足りない分の栄養素(ガソリン)を補うために
体に蓄積されていた中性脂肪・グリコーゲンを燃焼させます。

このメカニズムは、ダイエットの根本でもあり
その状況を作りやすくしてくれるのが、難消化性デキストリンの効果でもあります。

ぜひ日常的な習慣へと取り入れて欲しいアイテム

大麦若葉を配合した青汁はたくさんありますが(青汁の基本的な成分でもある)
難消化性デキストリンに関しては、青汁以外を考えてもまだ非常に珍しいと言えます。

また「トクホアイテム」に認定されているものが多く
「基本的に少し高い」という、特別であるが故の特徴もあります。

しかしながら、「大麦若葉青汁」に関しては<110円/1日>となっており
他の難消化性デキストリン配合アイテムに比べて、リーズナブルとい言える価格帯です。

これは他の「普通の青汁」と比べても、高いとは言えない価格です。



販売元は、大手製薬会社「大正製薬」であり
「大麦若葉青汁」以外にも、中高年向けアイテムを中心とした
様々なアイテムを多数販売していることで、広く知られる老舗です。

「高品質」であることが特徴的であり、安心して摂取することもできます。

いずれにしても、「缶コーヒー」「アルコール」を
「大麦若葉青汁」に変えるメリットは、言うまでもありません。

「メリットが多い」ながらも「入門青汁」としてもおススメ!

「大麦若葉青汁」の構成は、非常にシンプルになります。

  • 大麦若葉
  • 難消化性デキストリン
  • 抹茶
  • 緑茶抽出物

一般的な青汁には、

  • ケール
  • 桑の葉

といった、その他の「緑色の」成分も含まれますが
大麦若葉だけでも、十分な栄養素が含まれていること
尚且つ「難消化性デキストリン」の摂取を習慣化できることがメリットです。

また「青汁が苦手」だった人というのは、「ケールが苦手」ということも多く
血糖値対策・脂肪燃焼はもとより、始めやすいことも大きなメリットになるはずです。

「大麦若葉青汁」の公式販売サイトを見てみる