血糖値が高い症状を早めに自覚して「食生活の改善」と「運動による対策」に「サプリ習慣」をプラス!




生活習慣病の代表とも言える「糖尿病」は、(食後でない状態の)血糖値が

基準以上となる「高血糖」の状態が継続することによって、招けれる症状になります。

 

このメカニズム・家庭というのは、非常に一般的な知識であり

ほとんど「常識」として、知られているものでもあります。

 

しかしながら、

 

それでも症状・患者が、なくならない(いなくならない)、

むしろ年々増えている疾患であり、明確な因果関係が解明されているにもかかわらず

「それでもなってしまう」という事情を抱えた、典型的な疾患と言えます。

 

「原因」も「注意すべきこと」も分かってはいる

 

そもそも糖尿病とは、「暴飲暴食」を中心とした

食生活の乱れの「繰り返し」によって、引き起こされる症状です。

 

過剰なエネルギー摂取には、急激な血糖値の上昇がつきものであり

急激に上昇した血糖値を下げる(正常に戻す)ため

「インスリン」に関しても、急激に分泌・機能することになります。

 

血糖値を下げる物質(代謝のためのホルモン)はインスリンしか存在せず

このインスリンが「疲れ果てて壊れてしまう」ことで、血糖値が下げられなくなり

いつしか「上がりっぱなし」の、高血糖状態が慢性化してしまうことになるのです。

 

>>糖尿病の基礎知識について詳しく

 

以上の「原因」と呼べる過程に関しては、多くの方がご存じのことでもあり

深い部分まで知らなくとも、「乱れた食生活が問題なんだ」ということは理解されているはずです。

 

結局は「油断しっぱなし」が招く症状

 

原因が分かっているにも関わらず、防ぎきれずに発症してしまう人が多いということは

それだけ、予防することが難しい症状である・・・というよりも

前兆を察知することが難しい症状であることが、まずは1つの要因であることも事実です。

 

生活習慣病全般に言えることですが、とにかく「初期症状」が少ないことが特徴です。

 

症状を感じないことには、「まだ大丈夫だろう」と油断しがちであり

特に根本的な欲求である「食欲」が影響すること、また「付き合いによる飲酒」や

「〆のラーメン」といった要求も、様々な意味で抗うことが難しいものでもあります。

 

しかしながら、結局はこの「油断の継続」こそが

本来であれば防げた可能性のある症状を、発症にまで発展させることになります。

 

だからこそ、まず大切なことは「自覚する」「危機感を持つ」ということなのです。

 

※危機感を持つための参考記事

>>「糖尿病」の進行によって現れる「合併症」とその危険な症状

 

>>血糖値のコントロールに関わる「肝臓」の重要性~高血糖の人が「老けて見える」理由とは~

 

基礎的なケアである「食事制限」と「運動」では足りない?

 

糖尿病の、初期治療として実践することになる

  • 食事制限
  • 運動療法

 

こういった、治療とは言えないような内容が

治療の過程で必要なこと自体、いかに生活習慣が重要であるかが分かります。

 

食事制限に関しては、「血糖値の上昇」という

最も基本的な・根本的なリスクを、避けるために必要なことは言うまでもありません。

 

そしてそれに加えて、運動によって

  • 血糖値を緩やかに下げる
  • 代謝を向上させてインスリンの働きを活性化する

 

ということが目的であり、更に脂肪の分解というのは

インスリンの機能を活発にさせる、非常に効果的なアプローチになります。

 

しかしながら、この初期段階のアプローチというのは

実際には、「なる前に、やってたよ」という方も多いはずです。

 

冒頭で述べた、

「原因が分かっているのになってしまう」理由として

「ある程度注意しても、防ぐことができない」という、

「予防・改善のハードルの高さ」が理由でもあるのです。

 

「ちょっと気を付ける」くらいでは足りない、

「かなり注意していても」なってしまうことが多いことが現実でもあります。

 

「サプリ」を効果的に利用する

 

糖尿病だけでなく、生活習慣病全般に対して

「ならないように、頑張っている(いた)」という方は、大勢いらっしゃると思われます。

 

これだけ健康に対する知識や、様々なケアが紹介されている現在で

危機感を持たず・何もなっていない、という人は少ないはずです。

 

しかしながら、「それでもだめ」だからこそ、患者数は減らないのです。

 

その理由を断定することはできませんが、

「幼い頃から欧米化されていた食生活」等の影響によって

今の中年世代というのは、更に上の世代(現代の高齢者)よりも

生活習慣病に対する、根本的なリスクが高いと考えられます。

 

また日本人の遺伝子が「生活習慣病になりやすい」という可能性もあります。

 

あくまで「可能性」としては、様々なものを想定することができますが

食生活・運動習慣でも足りない、というのであれば

ぜひ「サプリ」といった、特別なプラスアルファを利用してみることをおススメします。

 

サプリは「薬」とは異なり、「治す」という能力はありません。

 

しかしながら、「お腹の調子が悪い」という場合に

「乳酸菌」や「食物繊維」を摂取するように

ある程度想定される原因に、アプローチできる成分を摂取することで

より効果的なケアにつなげることができる、強力なサポートとなるはずです。

 

インスリンの働きを助ける

 

血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~

 

以上でも紹介しているように、高血糖の状態に効果的な食材の成分を抽出し

サプリとしたアイテムは、最も分かりやすい存在と言えます。



 

特に「ピニトール」は、インスリンを似た働き・助けとなる成分ですが

ピニトールを配合したサプリは1つしかないため、非常に貴重でもあります。

 

>>「ピニトール」に関する参考記事はこちら

根本的な要因に働きかける

 

更に昨今では「下げる」ということよりも、

「上げない」といった、より根本的なリスクに働きかける

「血糖値の上昇を抑制する」成分を配合したサプリも人気です。

 

ルックルックイヌリンプラス

 

すでに高血糖の方にとって、血糖値の上昇はよりリスクとなる現象であり

また「まだ大丈夫」という方こそ、インスリンを壊さないために有意義なケアとも言えます。

 

>>「ルックルックイヌリンプラス」の詳しい紹介ページはこちら

 

自分に相応しい方を「自分のペースで」ただしお早目に

 

「どちらがいい」ということは、自分の状況を見極めて決めることであり

その判断も難しいものですが、自己判断で利用できることもサプリのメリットと言えます。

 

上記のアイテムは、「健康系サプリ」の中でも比較的リーズナブルであり

また早い段階の予防のサポートとしても、危機感がより強まってきた段階であっても

ぜひおススメしたい、また利用者の多いアイテムをピックアップしています。

 

⇒ピニトールを配合した唯一のサプリ「グラシトール」の公式ページはこちら

 

⇒オールインワン糖尿病サプリ「ルックルックイヌリンプラス」の公式ページはこちら