血糖値が高いと痩せにくいのはなぜ?でも最終的には痩せていく?




人間が活動するうえで、欠かすことが出できない「エネルギー(カロリー)」
そのほとんどを、「食事」によって賄っていることになりますが
最もエネルギーとなりやすい栄養素としては、やはり「ブドウ糖」が挙げられます。

いわゆる「糖分」と呼ばれているものが、最も直接的にエネルギーとして作用しますが
「炭水化物」に関しても「でんぷん」に分解され、最終的にはブドウ糖として代謝されます。

この炭水化物は「主食」として摂取している食材に多く
口にする機会の多いものであるため、エネルギー源としての割合が大きなと言えます。

スポンサーリンク

エネルギー効率を壊す高血糖・糖尿病

人間の生活は「食べて・動いて・寝る」という繰り返しの側面があります。

エネルギーを摂取して、活動するために使って、働いた器官を休ませる
一連の循環であり、生きている限り一生続けるものになりますが
この「エネルギーの流れ」を壊してしまうものが「高血糖」であり
その結果として「糖尿病」と呼ばれる症状があります。

この循環は、人間の体にとって最も重要なものであり
そのため、糖尿病は非常に重い症状とされるのです。

そしてこの糖尿病の、最も大きな要因と考えられるものが
血糖値をコントロールする、「インスリン」の分泌環境・機能の破壊です。

血糖値のコントロールができなくなるということは、
「ブドウ糖をエネルギー源とする」ことがうまくできない状態であり
それは血糖値という数字だけでなく、体型・体重も左右することになります。

ブドウ糖をエネルギーに変えることができなくなる

本来であれば、食事によって摂取したブドウ糖は
「食後」の活動を、円滑に行うために「すぐに」利用されることになります。

しかし、インスリンが正常に働いていないということは
エネルギーとして、効率的に使うことができません。

「車にガソリンがない状態」と同じく、ガソリンがない状態で走らされることになります。

その結果、「糖尿病の人は疲れやすい」ことになるのです。

そして、使われなかったエネルギーがどこに行くかと言うと
「中性脂肪」に変換され、体内に貯蔵されることになります。

その結果「糖尿病の人は太りやすい」となるのです。

まずうまく燃やすことができなくなる

車の性能を比べるうえで、燃費がいい・悪いと呼ばれることがありますが
糖尿病の人は燃費が悪い状態であり、また燃費が一定ではありません。

そして、いざ糖尿病治療が始まった後というのは、
「太る」とは正反対の、
「痩せていく」状態が訪れますが
この段階にまで発展してしまうことは、非常に危険なであると言えます。

ルックルックイヌリンプラス

エネルギーが足りないなら「貯金」を使うしかない

糖尿病治療の最初にステップは、「食事療法」であり
「炭水化物」を中心に、食事の摂取量を減らしていくことになります。

その結果、エネルギーを変換することができないだけでなく
そもそものエネルギーが欠乏することになります。

その際足りないエネルギーを補うためには、体内の中性脂肪を燃やすしかありませんが
インスリンが正常に働かないことには、中性脂肪をエネルギーに変換することができません。

インスリンは「代謝」に関しても、大きく関わっているのです。

そのため「日常的にだるい」状態が続くことになります。

最終的には痩せていくことが多い

糖尿病の進行状況は、人によって差がありますが
治療の過程においては、痩せていくことが多いようです。

もともと太っていて、糖尿病によって更に太り
結局は、痩せていく、という複雑な過程を経ますが
その一連の中では、常にだるい・疲れやすい状態が続きます。

最近疲れやすいな、と感じることが多い場合
すでに、インスリン環境に異常が起きている可能性があります。

<PR>
>>当サイト厳選「糖尿病サプリ」ランキングはコチラ