「糖質制限ダイエット」中には筋トレとたんぱく質が必要不可欠!




血糖値が高い方にとっては、お馴染みの「糖質制限」による

症状の予防・改善策は、減量の方法としても一般的なものであり

「糖質制限ダイエット」として知られているものになります。

 

糖尿病の方というのは、肥満傾向にあるため

体重を落とすことも同時に進める糖質制限ダイエットは

非常に有効なアプローチであると言えます。

 

しかしながら、注意して進めるべき要素もあり

正しく・健康的に進めるために知っておいて欲しいと思います。

 

糖質制限は「筋肉」の分解を進めてしまう

 

体重が変化するメカニズムを、非常に簡潔に表すと・・・

 

摂取カロリー(エネルギー)>基礎代謝量・消費エネルギーで太る

 

摂取カロリー(エネルギー)<基礎代謝量・消費エネルギーで痩せる

 

という単純な考え方になり、これはダイエットの基本になります。

 

糖質制限ダイエットは、最も効率的にエネルギーとして

燃焼される糖質(ブドウ糖)の摂取量を抑えることで

体内に蓄積されていた、中性脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪)を分解して

エネルギーとして使うことにより余分なお肉を落とす、という考え方です。

 

しかしながら、実はエネルギーとして利用できる物質というのは

中性脂肪の量に対し、非常に量が少ないのです。

 

そのため、エネルギー不足となった際には

中性脂肪の分解と同時に「糖新生」と呼ばれる

たんぱく質からブドウ糖(グルコース)を作り出す働きを始まります。

 

その際に、糖質と同時にたんぱく質の摂取量が不足している場合

筋肉の分解によって、エネルギーを作りだすことになってしまい

これが、糖質制限ダイエットによって筋肉が減少してしまうケースになります。



筋トレでより効果的・安全なダイエットを進める

 

「筋肉も落としたい」という方は、女性を中心に少なくないかもしれません。

 

しかしながら筋肉量の減少は、基礎代謝量の減少にもつながるものであり

結果的に、太りやすい体へと近づけてしまうことになりかねません。

 

そのため「筋肉を新たに作り出す姿勢」というものが

筋肉量の減少を抑えるための

予防・対策として、まず考えられることになります。

 

特に、引き締まった体を目指している場合には

筋肉量を維持しながら、中性脂肪のみを減らしていくために

食事・糖質制限中の筋トレは、常識的なことでもあります。

 

人によって、目指している体・落としたい体重は異なり

「鍛える場所」によっても、その効果に差が出ます。

 

「お尻」や「腿」といった、大きな筋肉を抱えるパーツは

同時に「部分ダイエット」の目標となる部分でもあり

それら以外の場所を鍛えることで、理想の体に近づける傾向があります。

 

食事によるたんぱく質の摂取を意識する

 

そもそも「糖質制限」とは、その名の通り糖質の制限をすることであり

その他の栄養素に関しては、人によって制限量が変わるはずです。

 

たんぱく質を外部から(食事によって)摂取することで

筋肉の分解量を減らし、維持する・増やすことができるとも考えられます。

 

そのため、

  • 鶏肉といった脂質の少ない肉類
  • 豆腐といった植物性たんぱく質

 

これらを摂取しながら、適度な筋トレを行うことが

効率的・健康的な糖質制限ダイエットを進めるために必要なことと言えます。

 

 

<PR>

中高年の典型的な「ドロドロ」と「ズキズキ」には