「糖尿病」の進行によって現れる「合併症」とその危険な症状




「生活習慣病」は、今まで生きてきた人生における

「生活習慣の質の結果」として現れる症状であり

 

その特徴として、様々な「合併症」を伴うこと

それぞれの症状・合併症は、リンクしていることが挙げられます。

 

1つの症状によって、他の症状が招かれ

それらの症状・それぞれの合併症には、重なる要因も多く

リスクが上昇した合併症によって、他の症状が招かれることの連鎖になります。

 

そしてその中でも、最も多くの合併症を招き

「実生活」に対しても、大きな影響を与えるものが

「高血糖」であり、その先にある「糖尿病」の症状になります。

 

>>「糖尿病」についてまずは詳しく

 

>>疾患ごとの合併症の症状について詳しく

 

実生活・体調にとって最も危険な「高血糖」

 

高血糖・糖尿病の治療の特徴として

非常に「制限」が多いことが挙げられます。

 

まず、この部分で「なりたくない」と思う人がほとんどだと思います。

 

「高血圧」の初期であれば

  • 塩分の摂取を控える
  • 「頭に血がのぼらないよう」ストレスを避ける
  • 太っている場合は減量を意識し始める

 

といった、比較的軽い処置から始めることになりますが

「高血糖」の場合は、インスリン環境が壊れ始めているため

「まだ軽い状態」だったとしても「間に合う」からこそ

徹底的に、改善していかなければなりません。

 

「その先」の症状が、とても重いものになるためです。

 

まず「非常に不便」

 

糖尿病が進行してしまった際、招かれる症状の特徴として

日常生活を送るうえて「非常に不便」であることが挙げられます。

 

  • 失明
  • 四肢の壊死
  • 人工透析

 

これらのどれもが、生活の範囲を制限します。

 

特に、人工透析が始まる段階では

あらゆる面で、重い症状の影響が出ており

何より「透析」を受けなければ、死んでしまいます。

 

「旅行」にも行けない・ご飯も食べられない

非常に虚しい状況であることは、間違いありません。

 

徐々に「危険」になっていく症状

 

そもそも糖尿病の合併症は、そのどれもが

基本的には同じ原理の下、症状が現れます。

 

それは、血糖値が上昇し「血液の粘度」が上がることで

「酸素」「栄養素」が、各細胞・器官に行き渡らなくった結果

  1. 糖尿病性神経障害
  2. 糖尿病性網膜症
  3. 糖尿病性腎症

 

という順番で、症状が現れることが一般的です。

 

これは、血液の濃度が徐々に上がっていくことによって

順番に重い症状が現れていくことになりますが

軽い症状が「重い症状のリスク」を招いてしまうことによる影響もあります。

 

合併症が合併症を招く

 

「糖尿病性神経障害」は、末端神経を中心に

「感覚神経」の働きが劣化していき「鈍く」なっていきます。

 

その結果として「傷」等に気づかなくなり(痛みを感じない)

「化膿」させてしまうことが増えます。

 

「壊死」の原因として、患部に酸素・栄養素が

届かなくなることも原因ではありますが

「傷」「化膿」に気づかずに、放置・進行させてしまった結果とも言えます。

 

決して「痛み」だけでなく「痒み」等にも鈍くなり

その結果「初期症状」を、見逃してしまうことが根本的な要因となります。

 

このように、高血糖のリスクは「倍々」で増えていくと考え

「血糖値」だけでなく、感覚といった「数字」では測れない

その他の要素にも、気を配る必要があります。

 

 

<PR>

>>最新サプリ「ルックルック・イヌリンプラス」の解説記事へ

 

>>「血糖値対策サプリ」おすすめランキングへ