高血圧・動脈硬化の予防に効果的な「DHA」と「EPA」の違い




「血液をサラサラに」というキャッチコピーは、
今となっては、いたるところで目にするものではありますが
その「先駆け」として登場した商品には、必ず含まれていると言っても過言でなく
現在でも、多くの商品に配合されている栄養素が「DHA」と「EPA」になります。

これらの成分は、本来であれば「脂質」に属する成分ですが
血中脂肪をはじめ、いわゆる「コレステロール」を減らす効果があり
また、体全体の「中性脂肪」の生成・悪影響を防ぐ働きがあります。

その結果として「高血圧」「動脈硬化」更に「高脂血症(脂質異常症)」といった
血液の質、それに伴う血管の質が関わる症状を改善する働きを期待することができます。

スポンサーリンク

「DHA」「EPA」それぞれの効果の違い

そもそも、DHA・EPAとは「オメガ3脂肪酸」と呼ばれる
「必須脂肪酸」に含まれます。(オメガ3にはもう1つ「ALA」が存在します)

「DHA」と「EPA」を含む食材・・・

アマニ油

マグロ、ブリ

サバ・サンマ・イワシ(青魚全般)

ウナギ

この他にも「オメガ脂肪酸」と呼ばれる成分には、「オメガ6」と「オメガ9」があり
「不飽和脂肪酸」と呼ばれる、体内では作り出せない脂質になります。

※これらの成分に関する解説は、非常に長くなってしまうため

ここでは、「DHA」「EPA」に関する解説に留めておきます。

「DHA」とは

正式名称を「ドコサヘキサエン酸 」と呼び、主に「コレステロール」に作用する性質を持ちます。

また体内で生成することもできる成分であり、それは神経細胞や脳の働きを含めた
人体の根本的な機能にとって、欠かすことができないものになるためです。

「EPA」とは

正式名称を「エイコサペンタエン酸」といい、主に「中性脂肪」に作用する性質を持ちます。

DHAよりも細かい部分、またDHAが作用できない
「悪い脂肪」の合成を阻害する働きがあります。

また、自らを変換してDHAを作り出します。

「悪い」脂肪を減らす・バランスを整える成分

DHAとEPAのいずれにしても、微妙に作用は違いながらも同じ食材に含まれることが多く

基本的には「血液」「中性脂肪」にとって、メリットの多い成分になります。

「中性脂肪」と「悪玉コレステロール(LDL)」は
どちらかが増えれば片方も増えるものであり、できるだけ同時に減らしてくことが理想的です。

また「LDL」に関しては、一定量が必要な成分でもあり
「HDL」とのバランスをとるためにも、DHAとEPAは有効な成分になります。

これらの働きを、効率的に作用させるためには
DHAとEPAは、同時に摂取することが必要であり
基本的には、同じ食材で賄えることも多いものになります。

しかしながら、「食の欧米化」と呼ばれる状況によって
昔に比べて「魚」が食卓に挙がることが、少なくなっている傾向もあります。

また、出来るだけ「生」が望ましい食材にもなりますが
毎日お刺身を食べることや、また毎食に高価な油を使うことは負担も多く

そのため、「サプリ」や「ドリンク」を中心とした
「オメガ脂肪酸推し」のアイテムが増ている理由になります。

<PR>
>>「高血圧」対策に取り入れたいおススメサプリランキング

>>「動脈硬化」対策に取り入れたいおススメサプリランキング

「ぼけ(認知症)」の予防にも効果的な成分

そして、このDHAとEPAの働きに関して
昨今、特に注目されているものが「記憶力(脳の働き)」に対する効果です。

そもそも脂肪酸は、細胞間の神経伝達に欠かせない栄養素であり
神経伝達が、最も活発である「脳」へは直接的に影響を与えます。



不足することによって「頭が働かない」という状況になりやすくなり

「認知症」「アルツハイマー」のリスクを高めることにもつながります。

※参考記事:>>認知症予防・物忘れを防ぐための食物・習慣

また何より「血液」とは、体中に酸素と栄養素を供給する
非常に大きな役目を担っている要素であり、
綺麗に保つことは、直接的に健康・長生きにつながる要素にもなります。

現在「お年寄り」と呼ばれている方々が長いきであることにも
「脂質が少ない食生活」や「野菜・魚が中心の食生活」が影響していると考えられ
また、認知症を発生する年齢が下がっていることには
脂質の多い食生活を送ってきた世代が高齢化し始めていると考えられます。

いずれにしても「体に入れるもの」が、健康にとって最も大きな影響を与えます。

<PR>
最も利用者の多い「DHA」「EPA」配合サプリ

最もお手軽な「DHA」「EPA」配合サプリ