血圧を下げるための有効成分「サーデンペプチド」とは




健康に関する栄養学は、常に研究され続けており
毎年、毎年、新しい成分が発見されています。

そして発見された成分が、どういった症状に有効であり
何から摂れ、どう摂取していくのかも同時に研究されています。

近年は、特に「血液」に影響する成分の発見も多く
国民病でもある「動脈硬化」に対する研究が盛んです。

また、動脈硬化に付随する症状として「高血圧」があり
動脈硬化と高血圧は切っても切れない関係です。

そしてこの高血圧に有効な新成分として、「サーデンペプチド」という成分が注目され
「特定保健用食品」を中心として、一般的にも摂取できるように開発が進んでいます。

スポンサーリンク

良質なイワシのたんぱく質を更に精製

この「サーデンペプチド」とは、イワシに含まれる
「ペプチド(たんぱく質)」を抽出し精製した成分であり
高血圧の対策・改善に有効であるとして注目されています。

血圧を上昇させる成分「アンジオテンシンⅡ」の生成を
抑える働きがあることが分かっており
直接的に血圧が上がる仕組みに作用する成分は
非常に画期的であり、様々なアイテムに応用が可能です。

「サーデンペプチド」は「アミノ酸」の連鎖の2つであり
体内でも作ることが出来る成分でもありますが
常に分泌されているわけではなく、効率的に作用しない場合もあります。

イワシの底力

イワシを中心とした、青魚といえば
「DHA」「EPA」といった「オメガ3脂肪酸」が含まれており
動脈硬化対策のための「サラサラ成分」が有名です。

「サーデンペプチド」は、青魚の中でも特に良質なたんぱく質を含む
イワシから「更に」良質な・有効なたんぱく質成分を摂取することが
出来ないだろうかと、研究を重ねて精製された「結晶」でもあります。

食事での摂取は難しい

「イワシそのもの」にも「サーデンペプチド」につながる
良質なたんぱく質は含まれていますが、精製前の段階であり
ごくわずかなため、効率よく摂取することができません。

基本的な食生活の中心として、青魚を取り入れることは
非常に望ましいですが「サーデンペプチド」を摂取したい、という場合は
「サプリ」等の、アイテムを有効活用することをおススメします。

※特注:おススメ!
大手製薬会社<エーザイ>が販売する「トクホ(特定保健用食品)」
サーデンペプチド配合の高血圧サプリが500円で購入できるチャンス!

↓↓サーデンペプチド配合の本命アイテム↓↓

直接的に高血圧にアプローチ出来る、画期的な成分なため
少し高価なものが多いですが、すでに高血圧の傾向がある方は
ぜひ、試してみることを検討してみてください。

下げすぎることはない

「血圧を抑える成分」を配合していると聞くと、
「下がりすぎてしまう」ことを、心配する方も多いと思いますが
「サーデンペプチド」は、あくまで「上げてしまう」きっかけとなる
酵素の分泌を抑えて、血圧を上げる成分の生成を阻害するため
基準値よりも「下げる」という働きはありません。

また「特定保健用食品(トクホ)」は「薬」ではなく
あくまで「食品」であるため、食べすぎ(過剰摂取)なければ
安全に、安心して摂取することが出来るものになります。

<PR>
「わかめペプチド」にもぜひ注目