【特茶】に含まれる「イソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)」の効能とは~副作用は?体脂肪を減らす効果は本当?~




昨今の健康ブームを象徴するアイテムに、「トクホ」と呼ばれるものが存在し
トクホが「特定機能性食品」の略であることは、今や常識的なものとなりました。

このトクホアイテムは、昨今劇的に増えた続けており
その中でも【特茶】と呼ばれる商品は、スーパー・コンビニのドリンクコーナーには
必ず存在するものとなり、その種類も日々増え続けています。

そして、そのトクホアイテムの利用者というのは
言うまでもなく、健康志向・健康不安を抱えた方であり
また共通する目的として、「生活習慣病」にアプローチするために利用する方が多いはずです。

特に、

  • 血糖値
  • 血中脂肪

これらの「食後の上昇を抑える」といったアイテムは

「食事のお供」として大ヒットし、売り上げを伸ばし続けているようです。

当サイトでも紹介している、「難消化性デキストリン」という成分は
ブドウ糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあり
この難消化性デキストリンを含むアイテムは、特茶の中心となっています。

※参考記事
>>「難消化性デキストリン」配合!血糖値対策におススメの「大麦若葉青汁」

>>減量にもおススメの糖尿病サプリランキングはこちら

当初は「カテキン」といった、比較的馴染のある成分から始まった特茶も
難消化性デキストリンを含んだものが、徐々にスタンダードになってきましたが
新たに「(酵素処理)イソクエルシトリン」と呼ばれる成分を含んだアイテムが増えてきました。

「体脂肪を減らすのを助ける」という特茶に含まれるこの成分は
どんな効果を持っていて、どんな働きによって体脂肪を減らすのでしょうか?

※「特定保健用食品」とは、

その食品に含まれる成分が持つ、特定の機能を表示できるアイテムであり
簡単に言えば、「こんな効果があります」と明記できる商品になります。

本来であれば、効果を謳えるのは「医薬品(医学部外品)」のみであり
当サイトをはじめ、様々なメディアで非常に「微妙な表現」が見られるのは
「薬事法」といったものによって、表現に制限があるためです。

馴染のあるサプリに関しても、ジャンルとしては「食品」であり
「効果を明記することができない」という事情がありますが
特定保健用食品は、「効果がある成分を含んでいる」と言える存在なのです。

スポンサーリンク

実は身近な食材でも摂取できる成分

イソクエルシトリンという成分に関しては、ほとんどの方が聞いたことがないと思われます。

ヒマラヤ原産の「セイタカダイオウ」と呼ばれる植物に含まれる成分であり
当然のながら日本国内で採取・摂取できないものであり、また摂取するための方法として
トクホアイテムくらいしか存在しないため、確かに特別なアイテムであると言えます。

「ケルセチン配糖体」の1つであり、化学式が似ている(ケルセチンにグルコースを+)ことから
このケルセチン配糖体に関しても、イソクエルシトリンの量で計算さることが多くなっています。
(「イソクエルシトリンで換算」という表記が見られることと思います。)

そして、ケルセチン配糖体(イソクエルシトリン)が持つ
最も大きな効果として、「中性脂肪の分解」が挙げられます。

ケルセチン配糖体は、体内では「ケルセチン」として吸収・機能する成分であり
目的に対する効果として、「玉ねぎ」といったケルセチンを含む食材を摂取することは
実はそれほど変わらないものでもあります。

※参考記事:>>玉ねぎに含まれる血液サラサラ成分「ケルセチン」の効果とは

ケルセチンには、

  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 降圧作用
  • コレステロールの分解

といった様々な効果が存在し、特茶によって手軽に摂取できることは
玉ねぎが苦手・手軽に摂取したい、といった方にとってメリットが大きなものです。

また水に溶けやすく(ケルセチンは本来溶けにくい)、吸収しやすくしたものが
ケルセチン配糖体であり、効率的な脂肪分解にはやはり効果的と言えます。

何より「ノン(ロー)カロリー」でケルセチンを摂取することができますが
やはり気になるのは、副作用・デメリットの存在と思われます。

ケルセチンに特化した超希少サプリはこちら

「用法・容量」と守ってさえいれば副作用はないが

気になるイソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)に存在する副作用ですが
「異常な過剰摂取をしなければ、副作用はない」と言えるものになります。

トクホアイテムのほとんどが、基本的には「1日1本」という表記がされているはずです。

「3倍(つまり3本)」飲んでも、特に重大な副作用はないとされますが
「推奨されている摂取量を守る」ことは、こいったアイテムを利用する際に大切なことです。

ほとんどの場合、「それ以上摂取してもメリットがない」とされる量であり
健康的・経済的にも、デメリットの方が増えてしますことになります。

難消化性デキストリンが、糖(脂質)の「吸収」を抑える一方で
「分解」をサポートするケルセチンは、別の角度からのメタボ対策にもってこいと言えます。

様々な成分・アイテムを組み合わせることもまた
生活習慣病に立ち向かうための、効率的なアプローチであり
トクホアイテムは、常にチェックしておきたいアイテムと言えます。