流行の「バターコーヒー」に必要な「MCTオイル」とは

昨今のダイエットの流行として「ドリンク」という共通点があり

  • 酵素ドリンク
  • スムージー
  • バターコーヒー

と、続々と様々なものが流行り始めているようです。

基本的なコンセプトというのは「置き換え」であり

「食事の代わりに」摂取することによって、
1日の「総摂取カロリー」を抑えるという点が挙げられます。

そしてこの中でも「ダイエット」だけでなく、「健康」のために
特に「中高年」におススメのものとして、「バターコーヒー」が挙げられます。

そもそも「バターコーヒー」とは

「バターコーヒー」は、その名の通りコーヒーにバターを溶かした飲み物です。

しかしただのバターだけでになく、「グラスフェッドバター」と呼ばれる
「醗酵」且つ「無塩」バターを利用します。

このダイエット法は、アメリカののIT企業が集まる
「シリコンバレー」という都市の、科学者が発見した方法であり
「バターコーヒー」を飲むだけで「満腹」になり
「空腹感」を感じなくなることによって、食べすぎを防ぎます。

更に「脂肪燃焼効果」によって、ダイエット効果をもたらすとして
一部で話題になっていたものが、一般的に流行りだしたようです。

そして何よりも「科学者らしい」目的から、発見に至ったという特徴もああります。

 

 

集中力を高める作用も

バターコーヒーの特徴は「空腹感を抑えるダイエット効果」だけではありません。

「完全無欠コーヒー」とも呼ばれる「バターコーヒー」は、
「集中力」を向上させる効果も見込むことが出来るとされています。

実際にこのバターコーヒーを発見した科学者は、「減量」と同時に「IQ」の向上も実現させました。

そして、そのために加える食材が「MCTオイル」なのです。

「醗酵無塩バター」と「MCTオイル」を加えて、
初めて「本物のバターコーヒー」となると言えます。

「MTCオイル」の力

「MTCオイル」とは「ココナッツ」を中心とした食材で作られた
「100%中鎖脂肪酸」の食用油であり、
エネルギー効率が高く太りにくい油として知られています。

「MTCオイル」自体は「飽和脂肪酸」ですが、適量を摂取することで
「DHA」や「EPA」といった、「不飽和脂肪酸」と同じく

  • 動脈硬化の対策・改善
  • 便通の促進・改善

といった、ダイエットにとっても

体の「めぐり」にとっても、非常に効果的な成分になります。

現在では、

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

これらを、両方バランスよく摂取することが理想とされています。

また「集中力の向上」に関しては、様々な説がありますが
実際に飲んだ人の多くに効果があることが確認されています。

「DHA・EPA」によって「記憶力」に働きかけ、
「MTCオイル」によって「集中力」に働きかけることによって、
更年期の「物忘れ」や「イライラ」といったことの、緩和・サポートになると考えられます。

不飽和脂肪酸が豊富な、「青魚」を主食に
お腹がすいたら「バターコーヒー」というのは
非常に理想的な食事習慣であると考えられます。

実際に「バターコーヒー」を作る際は

  • 醗酵無塩バター
  • MCTオイル

どちらかを利用することが主流ですが、「両方少しずつ」の方が
より効果を実感できる、という意見が多くおススメの飲み方になります。

<PR>
>>「中高年の鉄板」おススメの「青汁」ランキングへ

>>「中年女性」に特におススメの「酵素ドリンク」ランキングへ