「肝臓の機能」とその働きを良くする習慣・栄養素




内臓は、そのどれもが無くてはならないものに違いありませんが
その中でも「腎臓」と並び、非常に重要な役割を果たす臓器が「肝臓」になります。

非常に幅広い役割を果たさなければいけないため
「強い」臓器であると同時に「壊れてしまった」場合
その分、体への悪影響が非常に大きな内臓になります。

そのため、まずはこの肝臓を「壊さない」ようにするため
よりよい状態で保つために、必要な知識を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

「体の調子」を保つための司令塔

肝臓を一言で表すと「仕分け係」であり、「体調」を一定に保つため
トラブルなく生命活動を送るために、体のあらゆる器官・分泌液の
調整を果たす「司令塔」であり、自分自身が「プレイヤー」でもあります。

数ある仕事の中でも、大きく分けると

  • 代謝
  • 分解(解毒)

以上の2つの機能に関して、大きな役割を担っています。

代謝機能

肝臓が持つ「仕分け機能」の最たる例が「代謝能力」であり
食事によって摂取した食材がに含まれる、糖・脂肪・たんぱく質の
3大要素を「適材適所」において、効率良く働けるように変換します。

更に、それらの栄養素が余ってしまった場合
「貯蓄(貯蔵)」するために、適した形に変換します。

この「溜めておく」ということは「太る」ことでもありますが
何らかの理由で「欠乏状態」となってしまった際に
「エネルギー」として利用するために、ある程度は必要なものになります。

その時に「スグに取り出して燃やす」ということが
出来るような形で貯蔵し、来るべき時に変換することも肝臓の仕事になります。

分解(解毒)機能

この分解(解毒)の最たる例が、「アルコール」の分解であり
体内に吸収された「アルコール」を、とりあえず「アセトアルデヒド」に変換し

血中のアルコール濃度を下げることを最優先します。

この解毒作用は、非常に肝臓のエネルギーを使うものであり
解毒作業をしている際は、その他の働きをすることが出来ません。

よって栄養素の貯蔵がおろそかになり、低血糖の状態になってしまった際に

「二日酔い」の症状が、重く出てしまうことがあります。

解毒・分解は非常に負担がかかる作業でもあり、この繰り返しが「肝硬変」招き

そして「肝臓癌」を引き起こす、きっかけとなるケースが多いことが現実です。

もちろん、この昨日は「アルコール」に限ったことではなく

「薬」に関しても、代謝される過程で発生した「余計な」成分を分解する作業を担っています。

胆汁の生成

そして、もう1つ肝臓の働きとして欠かすことができないものが
脂肪の消化に必要な、「胆汁」の生成になります。

実際に使われるのは「十二指腸」になりますが
こういった、他の臓器で利用される「消化酵素」を生成することも
肝臓の大きな働きであり、欠かすことができません。

また胆汁は血中の「コレステロール濃度」の調節に、欠かせないものであり
そういった、「アシスト」的な役割も持っています。


肝臓環境の改善

肝臓の特徴として、非常に「再生能力」が高いことが挙げられます。

良く知られていることであり、それだけに「大丈夫だろう」と
無理をさせている人も多いかもしれません。

しかし、同時に「沈黙の臓器」とも呼ばれており
肝臓の疾患は自覚症状がなく、「気付いた時にはかなり進行していた」という
「糖尿病」等の「生活習慣病」に似た特徴もあります。

そうならないためにも、肝臓・肝機能の「改善」「回復」について考えてみましょう。

「ダメージ」は最小限に

肝臓のケアとして最も重要なことは、「そもそも負担をかけない」ことです。

  • 栄養過多(代謝機能の酷使)
  • アルコールの過剰摂取・習慣

を改善することは言うまでもありません。

肝臓は、常に動いている・食事の度に活発になる臓器であり

「完全に休ませる」ことは出来ないため「できるだけ」になりますが
繰り返される負担を少しでも和らげることが大切です。

そのため、「丸1日完全断食」や
「3日間スポーツドリンクだけ」というような、
内臓の休息目的の断食もおススメです。

「ビタミン」がエネルギー

非常に多くの仕事をこなさなくてはならない肝臓の
それ自体のエネルギー原は「ビタミン」になります。

お酒を飲む日などは、朝食・昼食を「果物だけ」にするなど
「改善」と同時に「対策」をしていう手段もあります。

「タウリン」と「オルニチン」でケアを

「二日酔いにはしじみ汁」と言われるように、しじみに含まれる「オルニチン」
肝臓機能のサポートになることは、近年多くの人に知られています。

また、「ウコン」に含まれる「クルクミン」
肝臓の解毒作用をサポートすることも有名です。

更に「牡蠣」等に含まれる「タウリン」は、肝臓の働きを助けると同時に
「肝脂肪」といった、「肝臓自体が持つトラブル」の要素を

除去・改善してくれるといった効果もあり、
サポートと改善を同時施す、推奨されるべき栄養素になります。

<PR>
特に男性におススメの「牡蠣エキス」サプリの決定版