「炭水化物」も「たんぱく質」も結果的に「脂肪」になる




日々、私達が食事によって摂取している栄養素には様々な種類があり
それらは体内で分解・代謝されることによって、
適切な働きをすることで「消費」されていくことになります。

筋肉や内臓を動かすために「ブドウ糖」が使われ、
筋肉をはじめとした、様々な器官をつくるために「たんぱく質(アミノ酸)」が使われ
肌や細胞を健康に保つために「ビタミン」「ミネラル」といった栄養素が使われます。

「無限の栄養素」が「無限の役割」を果たしていることになりますが
「使われなかったもの」は、体の中に溜め込まれることになります。

そして、その結果はつまり「太る」ということだということは多くの方が認識しているはずです。

スポンサーリンク

多くの栄養素が「中性脂肪」に変化する

過剰な栄養素・生命活動に「今は」必要ない栄養素は、「中性脂肪」となり体に蓄えられます。

一般的に「脂肪」と呼ばれているものは「中性脂肪」のことであり
体の表面についている「皮下脂肪」も、内臓についている「内臓脂肪」
広い意味において、<中性脂肪>という区分になります。

>>「脂肪」について詳しく

これらは「邪魔者」「いらない」と認識されていることが多いですが
「飢餓状態」や、脳に十分な「ブドウ糖」が供給されていない状況では
この蓄えられた中性脂肪を分解して、エネルギーを供給します。

「もしも」の時に必要になるものなのです。

体内で合成され脂肪に変わる

特に、「ブドウ糖」と「たんぱく質」に関しては
「中性脂肪」に変化してしまうリスクが高いものになります。

「エネルギー」にならなかった・必要のなかった
ブドウ糖は「脂肪酸」によって、中性脂肪に合成されます。

また「炭水化物」が、最終的にブドウ糖となる
「代謝」の仕組みは、ご存知の方が多いと思いますが
それはつまり、炭水化物が結果的に「脂肪」となるということです。

また、たんぱく質に関しては、一度「アミノ酸」に変換された後
必要の無かった場合に「脂肪酸」によって、脂肪へと変わります。

つまり、脂肪を摂取しなければ「見た目も、内臓も太らない」というわけではないのです。

あくまで「総摂取カロリー」で考える

「何故太るのか」「脂肪を溜めないためにはどうするべきか」ということに関して、
悩んでいる場合には「総カロリー」で考えて、食事を摂取するようにしましょう。

一切、脂質を摂取しない場合でも
皮下脂肪・内臓脂肪といった、「太っている」要素につながります。

そもそも、「脂質によって太る」というイメージを捨て
あらゆる栄養素が、摂り過ぎれば太ることになると考えましょう。

<PR>
>>当サイト厳選ダイエットサポートアイテムランキング