「ブロッコリースプラウト」に含まれる<スルフォラファン>の効果~肝機能の向上が中高年の健康を救う~

健康状態や栄養学に関するトピックにおいて、度々名前が上がることとなる植物に
「ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)」というものがあります。

知っていても食卓に並ばない典型的な食材、と言える一方で
非常に幅広い働きを秘めており、今改めて注目されている存在になります。

もともとブロッコリースプラウトは、

  • コレステロールの減少
  • 脂肪燃焼の促進
  • 食物繊維による便秘解消

といった効果があるとして、女性を中心としたダイエッターに注目されていました。

現在では以上に挙げた効果に加え、中高年が抱える健康問題に対して
非常に期待できる効果的を秘めているとして、再注目されており
そしてその中心には、「スルフォラファン」と呼ばれる成分が存在します。

注目成分「スルフォラファン」とは

そもそもブロッコリースプラウトは、幅広い栄養素を配合しており
いわゆる「スーパーフード」の1つであるとも、考えることができる存在です。

※「スーパーフード」とは、質量の割に栄養素の高い食材

主な成分としては、

  • ビタミンC
  • β-カロテン
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 葉酸

以上が挙げられ、たんぱくそうな外見からは想像できないほどの栄養素が詰まっており
「ブロッコリー」に比べて、非常に高い濃度で含まれることが人気の秘訣です。

そしてその中の1つとして注目される成分が、スルフォラファンであり

  • 抗酸化作用
  • 解毒作用

といった効果が、衰えていく中高年の健康状態をサポートし
更に、「最も重要な臓器」を守ることにつながります。

肝臓機能のサポート

スルフォラファンの効果として、最も注目すべきものが解毒作用と言えます。

これは年齢が上がれば上がるほどに、重要度を増すものです。

疲れが取れない・取れにくくなったのはなぜ?年をとるごとに増す「疲労感」の正体とは

上記の記事でも解説しましたが、疲れがなかなか取れない状態が
慢性化している人というのは、肝臓機能が低下という症状が十分に疑われます。

そして体のあらゆる臓器の中で、最も大きな解毒作用を担うものが「肝臓」です。

アルコール摂取の後における、「解毒作業」は典型的なものであり
その他にも、あらゆる成分を無毒化するために日夜頑張ってくれている存在です。

  • 解毒酵素を活性させることによる、肝臓の解毒作用を強化
  • 抗酸化酵素の生成を促進による、新陳代謝の向上

肝臓の解毒作用を高め、更に代謝物質である「アセトアルデヒド」等の代謝を高めることから
肝臓の負担を一気に減らすことができ、これらは「γ-GDPの数値の減少」として判明しています。

※「γ-GDP」とは、肝臓機能を測る大きな指標となる数字であり
数値が高いほど肝機能が衰えている、悪化しているとみなされる。

更に、

  • ピロリ菌の減少につながる抗菌作用
  • 発がん性物質の解毒

といった効果にも注目すべきであり、

  • 飲酒
  • 喫煙

といった、解毒が必要な習慣を持っている人に、

特に注目して欲しい、ぜひ取り入れるべき成分なのです。

「結果的なメリット」が非常に多い食材(成分)

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)に限らず、

  • 何を食べれば健康になる
  • 何を食べれば痩せる

といったものは存在せず、あくまで「結果的に」と考えるべきです。

そして現在の健康状態というのは、あらゆる因果関係の結果と言えます。

スルフォラファンは、上記した肝臓のサポートによる作用だけでなく
あらゆる身体機能のサポートにつながるものとして、非常に「効率」が高いと言えます。

「そのまま」食べる

ブロッコリースプラウトを食卓に並べる際、
必ず意識するべきことが、「生」で食べることです。

主にサラダに使われることから、それほど心配はいらないと思われますが
ブロッコリースプラウトに含まれる有効成分は、過熱によって壊れてしまいます。

衰えた代謝機能・抗酸化機能は、健康にも悪影響を与えると同時に
「美容」にとっても、懸念材料となるものです。

そのためお酒を飲まない方、特に女性にも注目して欲しい隠れた食材と言えます。