血糖値が高いと薄毛になりやすい理由~頭皮の血流を改善して抜け毛を減らす~

抜け毛や薄毛に悩み始めるお年頃である、中高年の男女の方というのは
頭髪だけでなく、健康に関するトラブルも同時抱えている傾向があります。

その中でも「生活習慣病」と言われる、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 肥満
  • 高脂血症

これらの症状は、非常に典型的なものです。

これらの症状と、薄毛・抜け毛は決して無関係ではありません。

健康問題によって、抜け毛や切れ毛が引き起こされ
結果として、薄毛という症状に表れている可能性もあります。

そしてこの一連の症状に関して、最も影響していると考えられるものが「糖尿病」です。

「汚い血液」が巡る頭皮では髪は育たない

糖尿病とは、(常時)高血糖が進行することによって
各種内臓等に、深刻なトラブルを与えている症状です。

高血糖とは、その名の通り血液中の糖分濃度が一定の基準以上になっている状態です。

濃度が濃くなっているということは、
物理的にも、「ドロドロ」と言われている状態であり
それによって、血流が悪くなることは分かると思います。

こういった、質の悪い血液を流すことによって血管に負担がかかり
血管の壁が厚くなってしまう症状をは、「動脈硬化」と呼ばれます。

この動脈硬化によって、血管は狭くなり
ドロドロの状態と相まって、更に血流は悪化していきます。

そして、その血流の悪化は頭皮にも悪影響を与えます。

必要な栄養がうまく届かない

ただでさえ血流が悪化している状態というのは、
血管が細い傾向のある頭皮は、特にリスクが高くなります。

血液が届かないということは、頭皮が硬くなることにつながり
何よりも、栄養素が頭髪に届かなくなります。

栄養のない土に種をまくことと同じことです。

この状態では、外側からどのようなアプローチを
したとしても「意味が無い」「効果が薄い」結果になります。

この仕組みからも、高血糖によって
薄毛が進行するというということは間違いありません。

高血糖・糖尿病を患っている人の多くが
動脈硬化の傾向があると言われています。

血糖値の上昇と、抜け毛の量は比例すると考えましょう。

そして、薄毛と高血糖に共通していることは
食生活や、生活リズムなどの生活習慣によって
悪化させることも、予防することも可能であることです。

血糖値対策は同時に薄毛対策でもあり、続けていくことによって
健康と頭皮環境の、両方のリスクを下げることができるのです。

※参考記事
>>血糖値を下げる成分・食材・栄養素のまとめ~ピニトールから亜鉛まで~

>>動脈硬化の予防におススメの医薬品「ヘルスオイル」の効果とは

イクオス

頭皮環境の悪化は抜け毛の最大の要因である可能性も

「頭皮環境の悪化」という言葉自体は、よく耳にするものであり
薄毛の症状にとって、マイナスであることは多くの人が理解されているはずです。

一般的にイメージするものとしては、

  • 脂でギトギト
  • 乾燥してフケが発生している

といった、あくまで「表面的」なものになると思われますが
それは「頭皮」が抱える問題の中の、ほんの一面にすぎません。

頭蓋骨を包む、頭部の皮・肉は非常に薄いものであり
表面的なものだけでなく、「頭皮の内部」を含む問題なのです。

そしてこの頭皮の内部に存在する、頭髪環境に関わる要素として
やはり、血管・血液の質の問題を無視することはできません。

血液の質の悪化、それに伴う血管の質の悪化が
発毛・育毛の邪魔をし、薄毛を招くことは上記した通りです。

具体的には、血液の質が悪化することによって
血液を通す血管が受ける負荷」が高くなり、徐々に血管の壁が厚くなります。

その結果として血液が通る部分が細くなり、血の流れが悪い状態になります。

育毛剤のパフォーマンスを引き出せない状況

血液とは、

  • 髪の素となる栄養素
  • 育てるための栄養素

これら両方の運搬役であり、更に言えば「育毛剤」といった
特別なアイテムの「効き」にも、大きく影響することになります。

いくら効果(値段)の高い育毛アイテムを使用したとしても、
頭皮全体に行き届かなければ、意味はありません。

それらの成分(効果)を、頭皮全体に運搬することも
血液・血管のが持つ、大きな役割になります。

まずは、この頭皮の血流環境を改善することが
発毛・育毛に働きかけるための、最初の一歩であると言えます。

頭皮の内部環境の改善のためには、

  • 日常的にできる改善策
  • アイテムを利用した改善策

以上の、2つのアプローチが考えられ
できることであれば、同時に進めていくことが理想になります。

日常の中でできること

「頭皮の血行の促進」と言えば、頭皮マッサージになりますが
それ以前に「体全体」の血流を改善する働きかけが大切になります。

動脈硬化の改善は、食事内容の見直しが中心となりますが
薄毛の改善のための、食生活の改善とは少し異なります。

共通していることとしては、

  • 動物性たんぱく質
  • 動物性脂質

両方を控えることであり、動物由来の成分というのは
どうしても「濃い」成分になるため、控えたいものになります。

また「血糖値対策」として、「ブドウ糖(糖類)」はもちろん
結果的に糖分となる「炭水化物」の摂取制限は、最低限必要なことです。

そして、血液内の「中性脂肪・コレステロールの抑制」のために
「DHA・EPA」を含んでいる「魚介類」中心として、良質な脂質を摂取しましょう。

外部からの働きかけにはやはり育毛アイテムがおススメ

血行促進のための「頭皮マッサージ」の効果が増幅される
最も効果的なタイミングとしては、やはりシャンプーの際になります。

このサイトでも紹介している、スカルプ系シャンプーの中でも
頭皮への浸透力を考えた際には、特に「へアリプロ」がおススメになります。

また頭皮環境の改善と発毛・育毛を、同時に進めるためのアイテムも存在し
これらによって「健康面」とは、また違ったカタチで
頭皮の血管へのアプローチを行うことができます。

<PR>
>>おススメの育毛剤・発毛アイテムの効果と評判のまとめページへ