幅広い不具合を招く「血栓」の症状と予防法




「血栓」という言葉は、知っている人・知らない人が
大きく分かれることになるものですが、中高年が抱えやすい
「血液」にまつわるトラブルに大きく関わっているため
しっかりと知識を身に着け、予防することが不可欠になります。

スポンサーリンク

血栓が引き起こす症状

「血栓」とは、そもそもは「裂傷」等によって「流れ出る血液」を
「止める(固める)」ために作られるものであり「血液の塊(粘度の高い血液)」です。

本来であれば役割を終えた後に、自然と溶けていくはずですであり
何らの要因によって「自然に溶けない」症状を「血栓症」とも呼びます。

一方で「本来の目的」とは関係なく、血液中発生してしまうこともあり
「瘤(プラーク)」と同じく、動脈硬化(血管のつまり)を引き起こす
大きなリスク要因となる、危険な物質になります。

主に、コレステロール・中性脂肪といったものによって
血液が粘度を持ち血栓になってしまう場合と、粘度・濃度の高い血液によって
欠陥が傷つけられ、いわば「血管内の内出血」によって発生してしまうことになります。

どこにでもできるリスクがある

血栓が出来ることによる、最も大きなリスクは「動脈硬化」であり
また動脈硬化自体が、血栓の原因でもあります。

血栓が出来ることによって、招かれる症状は
その血栓が出来た場所・欠陥が詰まりやすい場所によって違います。

脳内であれば「脳卒中」を、心臓付近であれば「心筋梗塞」を招くことになります。

また、腎臓付近の血管の流れが滞ることによって「腎障害」を招くことになり
糖尿病の末期症状でもある「糖尿病性腎障害」が典型的な例です。

血栓の対策・予防方法




血栓が発生しないようにするためには、血液の質を改善・向上していくしかありません。

このサイトでは、様々なトピックにわたって解説していますが
中高年の健康にとって「血液の質」は最も重要であり
それは、致命的なトラブル・死因のほとんどが「血液」が関係する症状であるためです。

基礎的な改善策は、肥満・動脈硬化を予防・改善するための食生活で解説していますが
こと「血栓」に関して、特に効果のある成分を解説していきたいと思います。

「オメガ3」とセットで効果的な新定番「納豆キナーゼ」

血液の「粘度・濃度」に関して「サラサラ」「ドロドロ」と表現されますが
食生活による改善策として、「オメガ3」と呼ばれる「不飽和脂肪酸」に
血液をサラサラにする効果があることは広く知られています。

そして、それに加え「納豆キナーゼ」という成分が
「血液をサラサラに」するだけでなく「血栓を溶かす」という
直接的な働きを、期待することが出来ることが分かっています。

納豆キナーゼとは「納豆のネバネバ」に含まれる「酵素」であり
大豆を発酵した際に発生するものです。

非常に微量にしか存在せず、<納豆>という名称はついているにも関わらず
食用の納豆からは「ほぼ摂取できないだろう」と考えられており、
やはり効果的に摂取するためには、サプリを利用することが最も効率的です。

<PR>
「オメガ3」と「納豆キナーゼ」を配合した「超お得」な大人気サプリ