中性脂肪を効率的に分解・燃焼させる新成分「葛の花イソフラボン」とは




「中年の健康」にとって、切っても離せない要素が「肥満」であり

各種生活習慣病・メタボリック症候群の、根本要因と言っても過言ではありません。

 

「中高年の肥満症」とは「不摂生の結果」であり「トラブルの素」でもあります。

 

更に、見た目・ルックスにとっても「マイナス要因」と言え

特に女性(おばさん)は、場合によっては健康問題以上に

何とかしたい、と考えている人も多いはずです。

 

つきやすい・落ちにくい状況に効果的な成分

 

そもそも、太ってしまう原因としては

  • 食べ過ぎ
  • 動かな過ぎ

 

どちらかであり、両方に該当する人も多いと思います。

 

中高年にとっては、否定できない状況の人も多いはずです。

 

「太る」ということは、

「摂取カロリー>消費カロリー」という状況が起きており

余ったエネルギー(カロリー)は、たとえ「元」がどんな栄養素だとしても

最終的に「中性脂肪」として、体内に備蓄されることになります。

 

そして「消費カロリー」の一躍を担う

「基礎代謝」が減少していることが

中高年が太りやすい・痩せにくい原因でもあります。

 

「太り始める」ということは、ある意味で「生理現象」でもあります。

 

>>「脂肪」の正体について詳しく知りたい

 

中高年に限らず、ダイエットは「長きに亘る壮大なテーマ」であり

そのための方法・理論・アイテムというのは、膨大なものがあります。

 

今回は、痩せるための方法を1から解説するのではなく

「中高年だからこそ」取り入れたいダイエット理論

その中でも、最近になって注目されている

「葛の花イソフラボン」について、紹介していきたいと思います。

 

「内臓脂肪」へのダイレクト・ピンポイントアプローチ

 

この「葛の花イソフラボン」が、注目された理由として

中高年を中心に、一番気になる「お腹の脂肪」をピンポイントで狙える

「ダイレクト」に減らすことができる成分であるということが挙げられます。

 

「ダイエットサプリ」と呼ばれる

非常にメジャーな美容アイテムジャンルの中

「現代の主流」となっている成分でもあります。

 

特に利用者の多い「葛の花イソフラボン」配合サプリ



 

 

抑制・分解・燃焼の全てに効果的

 

葛の花イソフラボンとは、「葛の花由来」のイソフラボンであり

葛の花はアジアに生息する、日本においては「秋の七草」の1つです。

 

観賞用としても、魅力的な植物ですが

はるか昔から「和漢」の1つとして、利用されてきました。

 

漢方系の成分というのは、あくまで「民間療法」となりますが

現代科学の力によって、葛の花イソフラボンの「真の効果」が解明され

特に「内臓脂肪」の分解・抑制・燃焼に関わる

全ての過程に対し、大きなメリットが確認されています。

 

脂肪生成の抑制

 

まずは、そもそもの脂肪ができてしまう過程である

「余ったエネルギーを脂肪に変換する」ことを抑制します。

 

「太りにくくなる」ということであり、根本原因への働きかけと言えます。

 

蓄積された脂肪の分解

 

次に、脂肪が「排出」される前の段階である

「分解」を促進し、「燃焼しやすい脂肪」へと変えていきます。

 

脂肪の燃焼

 

最終的な「燃焼」の段階においては

燃やすための「燃料」となる「褐色脂肪細胞」の働きをサポートします。

 

女性にこそおススメの成分

 

以上のように、葛の花イソフラボンは

ダイエットに関わる、あらゆる段階において

非常に大きな役割を果たす成分であり、注目されるのもうなずけます。

 

しかし、それ以上に「植物由来」であること

更に「イソフラボン成分」であることから

特に中高年・更年期の女性にこそ、おススメの成分であると言えます。

 

中高年の肥満と言えば、

男性(おじさん)をイメージしがちですが

女性(おばさん)にとっても、また痩せている人にとっても

内臓脂肪は、他人事とは言えないものなのです。

 

「中年女性」のための特設美容サイトへ

 

 

<PR>

>>中高年のためのダイエットサポートサプリランキングへ