高くなってしまった「尿酸値」を下げるために必要なこと

中高年が抱える健康問題の中でも、メジャーなのかマイナーなのか
人によって、個人差が大きいトラブルに「尿酸値」の問題があります。

尿酸値が高いことによって招かれる、典型的な疾患に「痛風」というものがあり
この症状に関しては、年配の方からよく聞く症状の1つです。

その名の通り「風が吹いただけでも痛い」と言い伝えられる
日常生活を送るうえで、非常に不便になる症状です。

血液中の「尿酸濃度」が高い状態を、正確には「高尿酸値症」と呼び
一定の基準「7mg/dl(デシリットル)」以上という基準が設けられています。

尿酸値が高くなる原因

尿酸値と言えば「プリン体」という言葉がセットで浮かぶように

プリン体の生成が過剰になってしまったり

排出がうまくいかなくなったりすることによって

尿酸値の上昇につながることになります。

また<プリン体>と聞くと、アルコールの過剰摂取によるものと思いがちであり
実際にプリン体を含むものも多いですが、実際には「直接要因」というよりも
プリン体の生成を、促進してしまう働きによる結果が決定的な要素になります。

基本的には、日常生活での食事によるプリン体の摂取が主であり
脂質を多く含む食材や「魚卵」や「内臓系」に多く含まれており
たとえ含有量が少ないものであっても、過剰摂取によって蓄積されていきます。

一長一短の食材も多い

中性脂肪の分解や、動脈硬化の予防に効果的な
「不飽和脂肪酸」が含まれる青魚の中にも、プリン体を多く含むものもあり
「体にいい」として、過剰摂取してしまうことも問題です。

「体のいいものを食べる」際には、「体に悪いもの」に関しても
同時に摂取してしまうリスクがあることも、注意しましょう。

どうすれば下げることができるのか

尿酸値を上げないためには、高プリン体食材の摂取を注意することですが
プリン体は、細胞の生成にも必要な成分のため
一定の量は必要不可欠であり、不足することでも弊害が起こります。

そのため「高すぎる尿酸値」への対策という面で考えていきましょう。

クエン酸と水分が非常に効果的

日常的に出来る、尿酸値・通風の症状への対策としては

  • クエン酸を含む食材(柑橘系の果物・梅干等)
  • 十分な水分摂取によるスムーズな排尿で血中濃度を下げる

これらに加え、肉類やアルコールの摂取を控えることから始めましょう。

また、尿酸値対策に非常に高い効果を
見込むことができる栄養素に、「アンセリン」という成分があります。

アンセリンは、食事によって摂取することもできますが
十分な量を摂取するためには、プリン体も同時に摂取する必要がります。

それではまさらに本末転倒であり、そうならないためにも
ぜひサプリを利用して、効率的に摂取しましょう。

「アンセリン」が豊富に含まれている貴重なサプリ


内臓の機能の向上によって下げる

また体が持つ、そもそもの代謝機能を向上することによって
尿酸の代謝もスムーズにすることができます。

「タウリン」といった、肝臓の機能を助ける栄養素も
積極的に摂取することで、より根本的な対策をすることができます。

処方箋やアイテムのお世話になる前に

サプリによる改善のサポートや、即効性のある「処方箋」による
治療・改善は確かに効果的ではありますが、
ずっと飲み続けなければならないと、いうことは非常に不便であり根本的な解決にはなりません。

そのためには、生活習慣病と同じく「体質の改善」が重要であり

まずは、一度「ファスティング(絶食)」による
「デトックス(毒素排出)」から初めてみることをおススメします。

完全な「絶食」までいかなくとも

  • ヨーグルト
  • 味の薄いスープ
  • 酵素ドリンク
  • スムージー

といたもので、1~3日我慢してみるだけでも
その「リセット効果」は非常に高いものになります。

尿酸値の改善は血糖値の改善と同じく、生活習慣病の予防・改善に直結します。

血液の濃度・浸透圧のバランスは、非常に重要なものなのです。

<PR>
高品質「アンセリン」を豊富に配合した尿酸値対策の決定版