非常に種類の多い「腎臓病」の症状と臓器本来の役目




「腎臓」は「肝臓」と並び、非常に幅広い働きをカバーしている

重要な臓器であり、同時に「病気・疾患」の種類が多い臓器になります。

 

そして、腎臓の疾患は「非常に重い」ものであることが多く

初期の自覚症状がないにも関わらず

「徐々に」「確実に」進行していくことが特徴的です。

 

そもそも「腎臓」の機能とは

 

腎臓の主な機能は「老廃物の選別(ろ過)」です。

 

常に流れてくる血液・水分の中から

体にとって「必要なもの」だけを取り出し(場合によっては無害化)

「尿」にとして水分と共に排出したり

汚れた血液・水分を綺麗に洗浄して

再度体の中に供給します。

 

また「綺麗にすること」と同時に、体の「浸透圧」を保つため

血液に含まれる各成分の量を、調節する機能の他

「ホルモン」の分泌・分泌の指令を出す臓器でもあります。

 

この仕事を「絶え間なく」行っており、このことから非常に負担が大きく

絶対になくてはならない・止まってはいけない機能であることが分かります。

 

血液の質によって負担が大きく変わる

 

この腎臓の「仕事」は、血液が汚いほど

負担が大きいことは、想像がしやすいものだと思います。

 

というよりも、腎臓が「壊れてしまう」原因のほとんどが

ろ過機能の酷使による「オーバーヒート」です。

 

「暴飲暴食」「過剰な飲酒」が、腎臓病の原因とされていますが

直接名的な要因は、それらの行為によって「血液」の質が悪化することであり

食生活の改善は「血液を汚さないために」必要なものなのです。

 

様々な「腎臓病」の違いは「発生要因」

 

腎臓にまつわる病気の種類は非常に多く

おおまかなくくりだけでも

  • 腎臓癌
  • 腎不全
  • 糸球体腎炎
  • ネフローゼ症候群(尿たんぱく)
  • 腎結石(尿管結石)

 

と様々なものがあります。

 

これらの疾患の特徴は「ろ過」「ホルモン分泌」といった

「腎臓本来」の機能が果たせなくなっていることであり

「患部」や「症状」といったものは、共通していることが多いです。

 

最も大きな違いは、腎機能が壊れる原因であり

それは「血液の質」を乱す要因であり

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常症

 

といった、全ての生活習慣病が

腎臓機能を壊すリスクを秘めています。

 

腎機能が他の疾患を「加速」させる

 

そして、他の要因によって腎臓が壊れてしまうことによって

その原因となった疾患の症状を、更に重いものにしてしまいます。

 

また、同時に「新たな要因」が発生し

その新たな要因は、更に腎臓機能を悪化させるといった

無限の悪循環が始まってしまうことになります。

 

「生活習慣病の恐ろしい要素は<合併症>」と言われますが

その「起点」は腎臓病であり「悪循環の発火点」とも考えることが出来ます。

 

早期発見が非常に難しい

 

「生活習慣病」にも共通して言えることですが

腎臓病・腎機能の悪化も「初期症状がない」ことが特徴です。

 

各種腎臓病に共通して発生する症状に

「尿たんぱく」というものがありますが

この症状に関しても、肉眼で確認出来ないものになります。

 

最も発見しやすい症状は

  • むくみ
  • 疲れやすい

 

といったものであり、これらも中高年によく見られる症状であり

単なる不調なのか、腎臓病なのか判断が難しいものであり

「早期発見」が困難と言われる所以でもあります。

 

 

<PR>

簡単に始められて「習慣にしやすい」生活習慣病対策