そもそも「メタボリックシンドローム」とは、どんな状態なのか




「メタボ」という言葉が使われ始めたのは

おそらく、2000年くらいからでしょうか?

 

正式には「メタボリックシンドローム(症候群)」と呼び

「中高年の健康リスクの代名詞」という印象もあります。

 

このメタボリックシンドロームに関しては

「メタボ腹」等として、使われることも多く

外見が太っている「肥満体の人」を指すと認識している人も多いようです。

 

しかし、メタボリックシンドロームの定義としては

「見た目」の「ぜい肉」は含まれておらず

結果的に「太っている人が当てはまる」ことに過ぎません。

 

「シンドローム」とは、複数の症状が重なっていることであり

本来の定義としては「内臓脂肪型肥満」の症状を絶対条件として

  • 高血糖
  • 高血圧
  • 脂質異常症(高脂血症)

 

以上の3つのうち、2つの症状が加わっている状態を

「メタボリックシンドローム」と診断(定義)します。

 

太っている「だけ」ではない



 

「メタボ」と聞くと、出っ張っているお腹を持つ

体脂肪率の高い、いわゆる「肥満体」の人を指すことが一般的ですが

太っている人というのは、血糖値・血圧・血中脂肪が高く

上記の定義を満たしていることが多いため「その通り」であることも多いです。

 

しかし、痩せていても内臓脂肪が高い人も珍しくありませんし

内臓脂肪が高いということは、血中脂肪が高い状態にある可能性が高く

 

絶対条件である「内臓脂肪型肥満」と「脂質異常症(高脂血症)」が

揃っており、これに高血糖と高血圧が加われば

たとえ痩せている人でも「メタボリックシンドローム」と定義されます。

 

この「痩せているのにも関わらず」メタボリックシンドロームの

定義に含まれる人のことを「隠れメタボ」と呼ぶこともあり

見た目からは想像しずらいため、症状の発見が遅れる

ある意味、太っている人よりもリスクが高い状態でもあります。

 

特に日本人はリスクが高い

 

糖尿病・高血圧共に、日本人にとって「国民病」と呼ばれており

また、内臓脂肪が溜まりやすい体質の傾向があると言われています。

 

そのため、日本人はメタボリックシンドロームに定義される人が多く

その分「特定保健用食品(トクホ)」を中心とした

体脂肪・生活習慣病対策に関して、研究が進んでいます。

 

動脈硬化も高い確率で付随する

 

また、メタボリック症候群の定義に当てはまるということは

同時に「動脈硬化(症)」に関しても、症状が見られる可能性が高いです。

 

糖尿病患者の半数は動脈硬化状態であるといわれ

血圧や血中脂肪が、基準値より高い場合は

更に動脈硬化のリスクが上昇するため

少なくとも、メタボと認定される人の半数以上は

動脈硬化の状態が現れていると認識しましょう。

 

>>中性脂肪を落とすためのダイエットサプリランキングへ

 

 

<PR>

血中脂肪・動脈硬化の対策には「オメガ3」