「肥満」が結果的に「肝臓癌」のリスクを上昇させる




広い範囲で見た場合、人間の死亡率の最大の要因は「癌」であり
基本的には、各器官の「細胞の異常化」によって引き起こされ
「癌細胞」が発生した部分によって

  • 食道癌
  • 前立腺癌
  • 胃癌

という名称で、呼ばれることになります。

癌細胞は、「転移」によって様々な器官の癌を発症させて行きます。

そのため、最初に発生する癌のリスクを抑えることが重要ですが
現代の医学では「癌の予防」は非常に困難なことも事実です。

しかし、様々な種類が存在し「基本的には」明確な予防法は
存在しない癌ですが「段階」を経て発症する
ある意味「リスクの上昇具合」が分かりやすい「癌」もあります。

スポンサーリンク

段階によってリスクが変化する「肝臓癌」




体の状態段階によって、リスクの大きさ変わってくる
典型的な例が、「肝臓癌(正式には肝癌)」です。

尚、ここでは「転移」による臓癌ではなく
癌の「発症ポイント」としての、肝臓癌を例とします。

基本的には「ウィルス性」の要因が多い

肝臓癌は、肝臓機能低下の原因としての「肝炎」を
最初のきっかけとして、徐々にリスクが上昇することが分かっています。

肝炎が起こる原因としては、「C型肝炎」といった
「ウィルス」が原因となって発症する、「ウィルス性肝炎」がほとんどと言えます。

「血液製剤」が原因となった「C型肝炎訴訟」等が有名ですが
感染経路は血液であり、改善することが出来る「B型」と
非常に回復が艱難な「C型」に分けられます。

そして「肝炎」が進行し、慢性的になった状態が「肝硬変」であり
「ウィルス性肝炎」によるものとは別に、「生活習慣」が招く肝硬変もあります。

「慢性的なアルコールの摂取」と「高脂肪」

アルコールの過剰摂取が、肝臓に負担をかけた結果
肝硬変を招いてしまうことになることは、広く知られている
常識的なことでもあり、お酒に関して注意している人も多いと思います。

しかし、アルコール性の肝硬変とは別に
「脂肪肝」が肝硬変を招くことも珍しくありません。

脂肪が触れうことによって、肝機能の低下を招くことになり
その結果、肝硬変だけでなく「細胞の異常化」という
体の仕組みとして癌を招く、本来のリスクも上昇します。

脂肪肝とは、いわゆる内臓脂肪が多くなっている状態の肝臓であり
生活習慣が大きく関わっていることは言うまでもありません。

また、肝脂肪が増えるということは
「各器官に栄養を分けるための」器官の血流が悪化することなるため
体全体に栄養素が行き渡りづらくなることを意味します。

脂肪肝の原因もまた、
アルコールの、慢性的な摂取であることも多いですが
飲酒習慣が無い人にでも、肝硬変を引き起こす脂肪肝が
進行している人もおり、日常的な注意が必要です。

生活習慣が大きな疾患を招くこともある

もちろん、脂肪肝は1日でできるものではありません。

また、「太らなければ肝臓癌にはならない」というわけではありません。

しかし、生活習慣が大きく関わることは事実であり
「ちょっとした不調」だけでなく、こういった深刻な疾患を招くこともあるのです。

少しでもリスクを予防しておくことは、健康対策としては最も大切なことであり
現段階で「兆候」が見られる人は、すぐにでも始めるべきことです。

<PR>
>>中性脂肪を落とすためのダイエットサプリランキングへ