中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

高血圧性心肥大(不全)の症状

「高血圧性心肥大(不全)」

高血圧による、心臓への負担によって心臓が肥大化し

やがて「心不全」にもつながる危険な状態です。

 

「高血圧性心疾患」の代表的な症状であり

その他の様々な疾患に発展する恐れもあります。

 

心臓が肥大していますが、壁が厚くなっているためであり

内部は徐々に狭くなり、各種心臓の機能に支障が出ます。

 

高血圧性心肥大(不全)の原因

 

血圧が高くなることによって、心臓の負担が増していき

それを補うために、肥大化していきます。

 

また、肥大化した心臓の過剰な働きよって

血管の負担も増えていき、心臓壁が厚くなることにより

動脈硬化の症状が進行し、相乗的にリスクを増していきます。

 

そして、その血管の衰えによって

心臓へ酸素を十分に送ることが出来なくなり

「心不全」の症状を引き起こすことになります。

 

心肥大は、心不全の前段階とも考えられます。

 

また、併せて心筋梗塞や狭心症のリスクも増していきます。

 

心不全のメカニズム

 

血流が滞ることにより、心臓でうっ血(血液の停滞)が起こり

酸素や栄養が届かなくなることにより

心臓の機能を低下(不全)させます。

 

心不全には急性の症状と、慢性の症状があり

急性の症状は、心筋梗塞に付随して起こり

心肥大による心不全は、慢性的心不全の原因に成ります。

 

始めは「右心室」「左心室」のどちらかだけの症状ですが

(基本的には、負担の多い左心室から)

放っておくと最終的には両方の心房が不全を起こします。

 

高血圧性心肥大(不全)の治療

 

基本的には、血圧が高い状態が根本原因となっているため

「血圧降下剤」等による治療がメインになります。

 

また再発を防止するため、血流を改善させる処置も

継続的に続けていくことになります。

 

「心不全」を起こしている場合は

心臓の機能を正常に戻すための各種「強心剤」が使われ

それに加え、血管を拡張するための処方がなされます。

 

慢性的に尿が出にくくなっていることも多いため

浸透圧を改善するための利尿剤を使用することもあります。

 

いわしの力が血圧の正常化をサポート



 

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて