中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

血栓性微小血管障害症の症状

聞いたことがない人も多いとは思いますが

「生活習慣病」が影響している合併症の中には

「血栓性微小血管障害症」という

血液が壊されてしまう、恐ろしい症状もあります。

 

この症状は、腎臓機能がダメージを受け機能不全に

陥った状態であることによってリスクが上昇します。

 

非常に珍しい症状ではあり、感染性の症状が多いですが

生活習慣病による症状も大きく関わっている症状になります。

 

発症の割合に男女差はなく、40歳以上でリスクが上昇する

警戒しなければならない、重度の危険な症状でもあります。

 

血栓性微小血管障害症のメカニズム

 

血栓性微小血管障害症は、血小板のかたまり(血栓)ができ

それによって血小板が破壊し合い、結果的に

赤血球が減少することによって、主に「貧血」

頻繁に引き起こされることになります。

 

また、腎臓障害から

排尿障害(ほとんど尿が出なくなってしまうことも)の

症状も引き起こされます。

 

高血糖の状態だけでなく、高血圧等の症状による

影響も絡み合って発症する症状であり

改めて腎臓はあらゆる疾患に関係していると考えられます。

 

精神障害が現れることも

 

腎臓や神経系にもダメージを与えるだけでなく

精神障害も引き起こすこともあり

重い症状であることには違いありません。

 

原因となる血栓は、細かい血管に出来ることが多く

動脈硬化等と相まって、更に危険な状態を招きます。

 

血栓性微小血管障害症の治療

 

血栓性微小血管障害症は、免疫機能を抑制する

「ステロイド剤」の投薬治療がメインになります。

 

更に、症状によって人工透析も行い

減少している赤血球を補うために

「輸血」を行うこともあります。

 

メカニズムや原因などが、非常に複雑であり

非常に多くの症状が見られることは

腎臓が絡んだ疾患に特徴的です。

 

そして、完治することが困難であることも特徴的であり

高い確率で腎不全の症状が残ることが多い症状です。

 

生活習慣病が、直接影響していない症状であっても

高血糖や高血圧によって、発症リスクの上昇や

発症した際の重病化が懸念されます。

 

お手軽な一本で最初の一歩



 

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて