中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

脳卒中(脳血管障害)の症状

脳卒中と呼ばれる、脳内血管のトラブルによる症状は

正式には「脳血管障害」と呼び

脳内の血管から出血したり、脳内の血管がつまることによって

引き起こされる非常に危険な症状であり

死亡率・後遺症の確率が非常に高いことでも知られています。

 

癌に並んで、日本人の死亡原因のトップになっています。

 

また、これらの脳内血管のトラブルが起こる

場所によって、死亡率や残る障害に差があり

くも膜の下で起こる、脳出血を「くも膜下出血」と呼び

区別されて考えられることもあります。

 

脳卒中の原因

 

脳卒中は、その原因や起こる場所によって

様々な種類に区別されています。

 

ここでは、典型的な例を解説したいと思います。

 

脳出血(脳溢血)のメカニズム

 

一般的に「脳卒中」と言われている症状が

脳内の血管が破れることによって、脳内に血液が充満し

脳が圧迫されることによって、重大な症状が引き起こされます。

 

その部位や、出血量によって致死率も変わりますが

早急に血液を取り除かなければ、確実に死に至ります。

 

脳梗塞のメカニズム

 

同じく脳血管障害である脳梗塞は、動脈硬化等によって

血管が狭くなることにより、酸素・栄養素が脳内細胞に

行き届かなくなることによって引き起こされます。

 

この血管が詰まる症状を「虚血性」と呼び

「出血性」と区別されています。

 

また、脳内の太い動脈が詰まることによって

引き起こされる「もやもや病」などの神経障害の

原因ともなります。

 

くも膜下出血のメカニズム

 

脳の表面「くも膜」「動脈瘤」という瘤ができ

それが破裂することによって、引き起こされます。

 

特に女性に多い症状であり、更年期の高血圧の症状が

出始めた人は、特に注意が必要になります。

 

意識が残ることが多く、頭痛と勘違いし

見過ごされるもありますが、早急な治療が必要です。

 

 

脳血管障害の治療

 

基本的には、「突然」起こることが多き症状であり

頭部に激痛が走った直後に、意識を失い

そのまま死亡してしまう例も非常に多いです。

 

しかし、致命的な場所以外で発生した場合は

自力で病院まで行くこともでき、即外科手術となります。

 

「突然死」にならない例も

 

進行性の症状でもあり、意識があるうちに病院に運ばれる

ことによって、一命をとりとめる例も珍しくありません。

 

しかし、ほとんどに後遺症が残り

リハビリや通院が必要になることになります

 

主な脳血管障害に後遺症

 

代表的な後遺症になります。

 

  • 半身不随(右脳で起きたか、左脳で起きたかによる)
  • 記憶障害
  • 言語障害
  • 神経障害

 

以上にくくられている以外にも

程度を含めて、様々な症状が見られます。

 

とにかく血管を大切にする

 

脳出血・脳梗塞は、いずれにしても

血管が狭くなっている・壊れやすくなることによって

引き起こされており、その部位が脳内であるということが

高い死亡率・多様な後遺症の原因となります。

 

そのほとんどが例外なく「高血圧」の状態であり

同時に動脈硬化が進んでいます。(事故等での脳内出血を覗く)

 

また高血圧だけでなく、糖尿病高脂血症によっても

リスクは上昇するため、それらの症状がある場合は

常に覚悟しておかなければならない症状になります。

 

血液をサラサラにしておくことが最良の対策

 

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて