中年の健康危機

中年の健康危機を守り隊

脂質異常症(高脂血症状)の症状

「脂質異常症」は、以前は「高脂血症状」と呼ばれていた

血中の脂質(血中脂肪)の量が過剰になっている症状です。

 

過剰な体脂肪は、お腹等の「見た目」だけでなく

体内のあらゆる器官に付着していますが

その中でも、体を駆け巡っている「血液中」に存在している

ことによって、様々なトラブルを招きます。

 

血液に存在する様々な脂肪

 

血液中には、様々な栄養素が流れており

その「脂肪」というくくりに中でも、種類が分かれます。

 

そして、脂質異常症の判断基準となるものが

  • HDL(良玉コレステロール)
  • LDL(悪玉コレステロール)
  • 中性脂肪

 

の血中濃度になります。

 

血液中の脂質の量は、「血清脂質値」という数字で判断され

 

HDL(良玉コレステロール)・・・40mmHg以上

LDL(悪玉コレステロール)・・・140mmHg未満

中性脂肪・・・150mmHg未満

 

以上が健康な人の基準とされ、これらの数字をどれか1つでも

超える・下回ることによって、脂質異常症と判断されます。

 

脂質異常症が引き起こされるメカニズム

 

単なる数字として判断するのではなく

その状態になってしまう過程を理解することも大切です。

 

脂質異常症に陥るまでには

中性脂肪LDL・HDLの関係が大きく影響しています。

 

HDLが減らされ、LDLが増えてしまう

 

コレステロールは、食事によって摂取されますが

そのほとんどは体内で作られています。

 

細胞膜やホルモンの生成に欠かすことが出来ない物質であり

特にLDLは多すぎても、少なすぎてもトラブルが発生します。

 

そして、中性脂肪が増えることによって

LDLが増加し、余計なLDLを排除する働きのある

HDLが減少していくということが判明されています。

 

このメカニズムによって、脂質異常症への進行が

加速していきます。

 

基本的には食事内容がリスク要因

 

日常的な、高脂質・高コレステロールの食事によって

また、HDLを含む食材の不足によってリスク要因が上昇し

余計な「中性脂肪」が増え、「HDL」が不足し

結果的に「LDL」が増えることによって引き起こされます。

 

脂質異常症の弊害

 

血液中の中性脂肪・LDLの濃度の上昇は

「ドロドロの血液」を作る大きな要因であり

高血糖と同じく「動脈硬化」のリスクを上昇させます。

 

肥満の人に心筋梗塞や脳卒中が多いのはこのためです。

 

また、血液を流すための圧力(血圧)も必要になるため

「高血圧」になり、更に動脈硬化を加速させます。

 

ここでも、「負の連鎖」が発生してしまいます。

 

お手軽血中脂肪対策



 

高血圧対策の本命
最近の投稿

アロンザ

カテゴリー
圧倒的な【糖タル】ケアを!

ルックルックイヌリンプラス

各種サプリランキング
よく読まれている記事

このサイトについて