網膜動脈硬化症(眼底網膜病変)の症状

動脈硬化の症状が、網膜の動脈に起こることを
「網膜動脈硬化症(眼底網膜病変)」と呼びます。

最初は、網膜周辺の血管が細くなる「狭細化」という症状から
段々と血管壁が厚くなる症状が進行します。

血圧が高い状態において、網膜での出血や
白い斑点が見られる状態が現れることは一般的であり
「眼底検査」は、高血圧の判断・進行の診断にも用いられ
網膜の状態はによって、診断されます。

この網膜・眼底に見られる高血圧の症状を
「高血圧性眼底(高血圧性網膜症)」と呼びます。

網膜動脈硬化症は、この状態が進行した結果であり
比較的、長い時間をかけて進行していきます。

網膜動脈硬化症の症状

網膜動脈硬化症による、初期症状としての視力の低下は基本的にはありません。

しかし、一度視覚・視力障害の症状が出てしまうと
回復させることは、困難になります。

その前に、対策をするべき症状になります。

高血圧性眼底の症状が出ている時点で、
すでに網膜への影響は出始めていますが
自覚症状は全くといっていい程ありません。

高血圧の判断基準としても利用される場所柄
基本的には、初期段階で発見されることが多いです。

しかし、進行して血管へのダメージが増えてことにより
「糖尿病性網膜症」と同じく、細い血管の生成→破壊の繰り返しになり非常に危険です。

糖尿病性網膜症に比べ、「失明」のリスクは低いですが
それでも、基本的なメカニズムは同じです。

そして、この網膜の動脈硬化が進行してしまい
「網膜動脈閉鎖症」に至った場合、網膜に栄養や酸素が

行き届かなくなるため、細胞の壊死が始まり
極度の視力の低下や、視野が欠けたりし始めます。

高血圧を改善するしかない

他の合併症と同じく、血圧が高い状態を解消するしか根本的な解決方法はありません。

高血圧の診断基準に使われる場所であり、
発見は早いはずなため、早急な処置はとれるはずです。

しかし、動脈硬化の症状が現れる場所が頭部に近いため
「脳卒中」のリスクが高まっている考えられ

かなり症状が進行していると考えられます。