糖尿病性腎症の症状

糖尿病の人の体内において、最も負担をかける臓器が「腎臓」であり
この腎臓のトラブルは、血管のトラブル(動脈硬化)と並び
その他の症状の原因にもなり、結果にもなる
非常に重大な、避けるべき・防ぐべきトラブルです。

そして、高血糖によって引き起こされる腎臓のトラブルが
「糖尿病性腎症」であり、糖尿病の最終段階に現れる非常に重い症状でもあります。

腎臓は心臓の次に重要な臓器

腎臓は、体内で行われる機能の多くを担っており
心臓の次に重要な臓器といっても過言ではありません。

最も負担が多きな臓器でもあり、基本的な役割としては
様々な過程で発生した老廃物を「ろ過」
吸収するものや、排出するものを区別してくれています。

その中には血液も含まれており、汚れた・不純物の混じった
血液を綺麗にろ過し、もう一度体に流す作業も含まれます。

この血液のろ過は、「糸球体」と呼ばれる
毛細血管が集まっている部分で行われるため、
血液が過度に汚れていること自体が、負担となります。

腎臓の疾患・トラブルによって、頻尿や血尿が起きるのは
元々が、これらの機能を持っているためです。

糖尿病性腎症の初期症状

「初期症状」とはしていますが、
基本的には、糖尿病性腎症を発症する時点で
糖尿病が「かなり」進行している状態になります。

まず、ネフローゼ症候群と呼ばれる症状によって
蛋白尿として、血液中のたんぱく質が排出され
それによって血液の浸透圧が乱れてむくみ始めます。

このむくみは、体中に現れることが特徴的です。

非常に不便な生活になってしまう

糖尿病が、かなり進行した際の治療法に
「人工透析」というものがあることは、耳にしたことがある人も多いと思います。

腎臓が、ほぼ機能していない状態
完全に機能していない状態に行う治療であり
この人工透析を受ける患者数の割合が
最も多いのが糖尿病性腎症患者でもあります。

この人工透析は、糖尿病性腎症が進行することによって
腎臓の機能が著しく低下したことによって
血液の「ろ過」が出来なくなってしまった状態を
補うために、機械を使って人工的にろ過する治療法です。

一度この状態に陥ってしまうと、
週に2~4日程、通院して透析を受け続けることになり
日常生活が、非常に制限されてしまうことになります。

ここまでの症状にはしてはいけない

糖尿病性腎症が起きるのは、糖尿病を発症してから
10年程度たった頃であることが多く、すでに長い期間治療を受け続けています。

また、糖尿病性腎症が起きる頃には
動脈硬化にによって、高血圧の症状も発症しているため
完全に負のスパイラルが形成されていることになります。

すでに糖尿病であったとしても、
ここまでにはならないように、対策を立てるべきであり
それは毎日の積み重ねが重要なのは言うまでもありません。

>>>血糖値が不安な人にまず試して欲しいサプリ