妊娠糖尿病の症状

「妊娠糖尿病」は、妊婦に発症する高血糖の症状であり
非常に稀ではありますが、流産や胎児の先天性障害のリスクを
上昇させてしまう、非常に危険な症状になります。

「生活習慣病による合併症」とは、少し事情が異なるものと言えますが
無関係ではない、未然に防ぐべき症状でもあります。

妊娠糖尿病の原因と症状

糖尿病には、先天性の1型糖尿病と生活習慣が原因となる
2型糖尿病の2種類の糖尿病が存在しますが、
この妊娠糖尿病はどちらにも当てはまらない症状であり、根本的な原因は不明です。

妊娠によるホルモンバランスの変化によって、
血糖値が上昇しやすい状態になるためではないか、と考えられますが
元々血糖値が高かった・高くなる要素があった、
女性が発症しやすいのではとも考えられます。

特に肥満体質であった女性や、高齢妊娠にあたる女性は
発症するリスクが、より上昇すると考えられます。

また、妊娠によって「インスリンが効きにくい」状態に
変化することは、全ての女性に言えることです。

いずれにしても、生活習慣によって予防することもできる
ということにもなり、妊娠前の習慣が非常に大切になります。

血糖値が基準異常に上昇することにより、
体内の浸透圧の変化し体がよりむくみやすくなります。

妊娠糖尿病の治療

妊娠中ということもあり、インスリン・投薬治療などの
本格的な治療は制限されてしまいます。

よって、食事制限や運動療法による改善が必要になりますが
これらの関しても、妊娠中ということで
極端な制限や行動をすることは控えるべきであり
改善策をとることが非常に困難な症状になります。

しかし、それ以外に改善を見込める手段もないため
体に取り入れる栄養素や、血糖値を上げないための
食後の軽い運動で、少しでも良化に取り組むしかありません。

出産をきっかけに改善するとは限らない

妊娠糖尿病は、基本的には出産によって改善することが多いですが
稀に出産後も高血糖の状態が続き、本格的な糖尿病の治療が必要になるケースもあります。

また症状が改善したとしても、基本的に糖尿病になりやすい
傾向があるとされるため、油断せずに生活習慣を乱さず注意し続けることが大切です。