着実に髪の量が減ってきている男性

最近になって、抜け毛が増えてきた男性のパターンとしては

「薄毛の症状の入り口にたってしまった」

「一時的な薄毛の症状が現れてしまった」

という、2つのパターンが考えられます。

そして、この「始まってしまった」脱毛の症状にとって
「年齢」は非常に大きな要素になります。

年齢によって大きな原因の分岐点があり
アプローチの仕方が大きく変わってくるためです。

若ければ若いほど、まだ「助かる」可能性は残されており

油断するのではなく、徹底的に「芽」を潰しておきましょう。

ここで、躊躇しては絶対にいけません。

たとえ若い世代であっても、ある程度の年齢に達した場合には、
それは「始まり」である可能性が高く「覚悟」を持って
これからの対策・改善策を真剣に考えていきましょう。

まずは、自分の症状を客観的に分析しましょう。

>>30歳未満の男性はコチラへ

1日に抜ける量はどれくらい?

脱毛症の「質」を考えた際に、1日に抜ける量・抜け方によっても内容が変わってきます。

この「毎日着実に抜ける」症状を感じている人というのは
「おじさん」になってきた・年をとった証拠でもあり
人間として、当たり前の体の変化でもあります。

そもそも、脱毛・薄毛の「根本原因」は「加齢」であり
加齢によって、いわゆる「毛根」と呼ばれる部分が弱り
「毛髪の素」となる「毛母細胞」が機能しなくなり
徐々に「生える」機能が全体的に衰えてくるため
自然に、ボリュームが少なくなっていくことになります。

薄毛とは、真っ先に「目に見える」老化現象なのです。

根本的なリスクは高まっている

また「発毛機能の衰え」と同時に始まるものが
「男性ホルモンの機能不全・誤作動」になります。

神経組織等の衰えによって、発毛・脱毛に関わる
「ホルモン」や「酵素」といった要素が、「悪玉化」することによって
あらゆる頭髪に関わる要素は、悪い状態へと機能していくことになります。

特に男性の場合、この男性ホルモン「テストステロン」
悪玉化し「ジヒドロテストステロン」となったことによって
脱毛が進行する症状を「AGA(男性型脱毛症)」と呼び
「いわゆる」「男性の」ハゲ要因として、広く知られています。

この症状は、根本原因である「老化」に加え

  • 遺伝
  • 生活習慣
  • 頭皮環境

といった、様々な要因が加わることによって
更に症状が悪化していきます。

そして忘れてはならないことが、加齢による薄毛の症状は「進行性」であり
放っておけば、いずれ「ツルツル」になることです。

避けられないからこそ

老化とも言える「自然な薄毛」の症状は、避けることができません。

今出来ることと言えば「できるだけ長く」
頭髪に関わる組織を健全に保ち
今ある髪を抜けさせない・生やしておくための
対策・改善策を実行し始めることです。

極論を言えば、「死ぬまでハゲない」ことは可能なのです。

最近始まった症状だとしても、

「毎日少しずつ抜けるのか」

「ごっそり抜けるのか」

いずれの、どちらなのかによって質が変わってきます。

この症状は「どこが」薄毛の「根本的原因」となっているのか
確かめるうえで、非常に重要な要素になります。

>>毎日着実に・少しずつ抜けていく

>>抜けるペースが少し速いかもしれない

イクオスシリーズ秋

まだ全然間に合う・・・運命を変える!

「最近抜けてきた」ということに気付いているだけでも、「ラッキー」な状態です。

これから先は、「逃げる」のではなく
自分の運命を「変える」ことを考えていきましょう。

そして、抜け毛が始まった人にとって
最も大切なことは「油断」しないことです。

「まだ大丈夫」と同時に、「運命を変える!」という強い意志を持ちましょう。

一般的な薄毛の症状を改善する最もおススメのアイテムを早く知りたい