着実に髪の量が減ってきている女性

女性が「少しずつ」髪が抜けてきたということは
「老化」の過程であるという可能性が最も高いです。

誰にでも起こりうることであり、女性ホルモンの減少が影響していると考えられます。

抜け毛の特徴としては、頭部の全体的にボリュームが落ちてきます。

この女性に顕著な薄毛の症状を「びまん性脱毛症」と呼ぶこともあります。

体の特徴としては、最近生理サイクルが乱れたり
肌や髪のハリ・ツヤが減少しているはずです。

通常は、30代の後半くらいから起こることであり
それくらいの年齢であれば、不思議ではありません。

また、20代の後半から起こる女性もおり
少し早い程度であれば問題はないことがほとんどです。

「更年期障害」の症状が出ている人も多く
そういった場合は、女性ホルモンの減少が原因と考えてほぼ間違いありません。

そうは言っても、女性にとって髪は大切なパーツであり
抜けていくことには、抵抗がある人がほとんどだと思います。


女性特有の特徴がある

女性ホルモンが原因の薄毛の特徴として

  • スピードが緩やかであること
  • 髪のツヤ・コシも同時に失われていくこと

これらが、頭部の全体でまんべんなく進行していきますが

中には、分け目や普段「縛っている部分」から
特徴的に薄くなっていく場合があります。

この特徴は、特別珍しいことではなく
「けん引制脱毛症」として”引っ張られている”部分から
抜けていく、自然とも言える症状です。

自分の薄毛の症状と照らし合わせてみましょう。

>>全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」

>>分け目・基点から抜けていく「牽引制脱毛症」