発毛しなくなってしまった女性

女性の頭髪における、ボリュームダウンの過程を考えた際
最も典型的な症状が「加齢による」女性ホルモンの
減少を原因とした「びまん性脱毛症」になります。

>>「びまん性脱毛症」とは

この症状は「全体的に」「徐々に」ボリュームが
減っていくことが特徴的ですが、発毛自体は残っており
「ゆったりとした」ボリュームダウンが特徴です。

しかし、そうではなく「全く生えてこない」というのは
女性にしては珍しい症状であり、同じ症状の男性と比べても
やや特殊であり、最も注意しなければならない症状です。

「女性らしくない」脱毛症

全く生えてこなくなってしまったという症状は
男性であれば、比較的「よくある」症状であり
脱毛だけが進行し、発毛が見られないという症状です。

発毛がなければ、もちろん育毛もありません。

一気にボリュームダウンが進行していくことになります。

女性の場合「生えてこなくなってしまった」という症状は
非常に珍しく、一般的な症状とは言えません。

最も疑うべき要因は「びまん性脱毛症」と同じく
「ホルモン環境」ですが「エストロゲンの減少」とは違う
「異常」な事態が起きてしまっていると考えられます。

そして、その場合「円形脱毛症」と同じく「自律神経」が
関わるトラブルが発生している可能性もあります。

>>「円形脱毛症」について詳しく


頭皮環境の影響も考えられる

「発毛が見られない」という症状において
頭皮の痛みを感じているわけでないのであれば
やはり最大の要因は、ホルモン環境であると考えれます。

しかし、頭皮環境に違和感を感じるのであれば
「炎症」といった、何らかのトラブルが発生した結果

「発毛・育毛の妨げられていて、抜け毛が増えている」

ということも、十分に考えることができます。

そういった場合は、まず自分の頭皮の質を振り返り
何が起こっているかを究明することも必要です。

>>頭皮が「乾燥」していて「敏感」な傾向がある

>>頭皮の「皮脂」の分泌が多く「べとべと」している