頭皮の痛みが原因の抜け毛・薄毛の症状

頭皮のトラブルによって、髪が「一気に」抜けるということは
十分に考えられる要因であり、「痛み」を感じているのであれば
その薄毛の症状は、「頭皮環境」が原因である可能性が非常に高いです。

過剰に傷ついている・敏感になっている

最も懸念すべき事態は、発毛に関わる組織である

  • 毛母細胞
  • 毛乳頭細胞

これらがダメージを受けたり「受けやすく」なっている場合
ほんの少しの刺激で「簡単に」抜けるてしまうことです。

こうなってしまうと、もはや「発毛サイクル」は関係なくなり
場合によっては「ひたすら抜けるだけ」となります。

また、同時に「発毛能力」も失っている
「最悪のケース」の場合、薄毛は今後一気に加速します。

頭皮が傷つく・敏感になる原因は?

頭皮が傷つく原因というのは、

  • 外部からの「突発的な」刺激
  • 「元々もっていた」悪要因の加速

以上の2つが考えられます。

外部からの要因

単純な「裂傷」や「紫外線」によって、「毛穴」と呼ばれている部分が
ダメージを受けてしまっているケースは、最も急激な脱毛を招くことになります。

その多くは「意図せず」受けてしまったものが多く
自分でも気付いていない場合もあるため
痛みを感じた時点の、頭皮環境から判断するしかありません。

一時的な場合が多いものですが、適切な処置をしなければ
長引いてしまう恐れもあり、的確な処置が必要です。

潜在的な要因

これは、元々「乾燥肌」「敏感肌」の傾向がある人に多く
冬の乾燥した時期や、季節の変わり目に、肌の不具合が顕著になっていきます。

「今まで耐えていた」ラインを超えて「荒れて」しまったり

炎症が今までより強く出る場合に、ピンポイントで脱毛が加速することになります。

この場合「円形脱毛症」と誤解してしまうことがありますが
根本原因は全く違うものであり、より「物理的な」早急なケアが必要なケースになります。

いずれにしても頭皮環境の改善は不可欠

いずれにしても、急激な脱毛・薄毛を止めるためには
頭皮環境を改善することは不可欠です。

基本的には「ひこう性(乾燥)頭皮」の人に
現れやすい症状ではありますが、皮脂の分泌の多い
「脂漏性頭皮」の人に関しても「化膿」による
頭皮の負担が原因であるケースも考えられます。

自分の症状に合った対策・改善策を、今スグ始める必要があります。

>>「皮脂」が異常に多くなった男性はコチラ

>>「フケ」が異常に多くなった男性はコチラ