「産後脱毛症」の症状と改善策

「女性ホルモン」が影響する女性の薄毛の症状は
「加齢(エストロゲンの減少)が関わっているものに限ったことではありません。

女性ホルモンの分泌・機能が、非常に活発になる
妊娠~出産の過程にも「脱毛」が起きることは
広く知られており、経験した人も多いと思います。

この産後の抜け毛は、女性ホルモンが関わる薄毛の
最たるものであり、加齢による薄毛と同じく
油断せずに、しっかりと対処する必要があります。

産後の抜け毛の症状・原因

産後の抜け毛は「産後脱毛症」と呼ぶこともあり
出産後、約2~3ヶ月で始まると言われており
半年~長い人では、1年ほど続くことになります。

症状の特徴としては、女性特有の「びまん性脱毛症」と同じく
全体的に、まんべんなくボリュームダウンしていきます。

入浴時のシャンプーの際に、排水溝の部分に「ごっそり」
抜け毛があることで、気づく女性が多いようです。

妊娠したことよって、活発になっていたホルモン分泌が
出産を経て「元に戻ろうとする」反動によって

ホルモンバランスが乱れ「脱毛」という症状で現れますが
根本的な仕組みは、未だ完全には解明されていません。

産後脱毛症の改善策

時間が経ち、女性ホルモンが徐々に安定してくることで
自然と抜け毛が落ち着いてくることが一般的ですが
そうは言っても、女性にとってとても大切なパーツであり
不安に思ってしまうことは当然のことです。

そういった場合には、やはり女性ホルモンが関係する
薄毛ならではの改善法を実践していきましょう。

本格的な脱毛症に発展させない!

また、この産後の抜け毛の症状は
女性の薄毛(びまん性脱毛症)の、「きかっけ」となることも多く
「だらだら継続してしまう」ということも珍しくありません。

そのため、一般的な薄毛の症状と同じく
「まずいな」と思った際には、早急な対応が必要になります。

産後の抜け毛の症状である「産後脱毛症」
基本的には「自然に」治っていくものではありますが
個人も大きい症状であり「深刻な」薄毛に発展してしまったり
「体質の変化」が起きてしまっていることも考えられ
改善が見られない場合は、しっかりとケアする必要があります。

また、自然に任せる「だけ」ではなく
よりよい、レベルの高いケアをすることで
「元気な髪」を長く保っていくことができるはずです。

「赤ちゃんの安全」もしっかり考えた育毛剤が必要

しかし「女性として」薄毛の改善はしていきたいものではありますが
産後の抜け毛が目立つ時期というのは
同時に「授乳」といった、最も手がかかる時期でもあります。

また「子育て真っ最中」を考慮し、赤ちゃんの安全もしっかり考えた
安心して利用できるアイテムが理想的です。

そのため、何よりも安全に配慮した
「産後専用」の育毛剤を利用することをおススメします。

一般的な育毛剤に関しても、安全基準が設けられており
「無添加」といったことは、常識的でもありますが

やはり「特化している」ことの安心感からも
優先して選ぶべきものになります。

Dolci Bolle(ドルチボーレ)アマンナシャンプー

「Dolci Bolle(ドルチボーレ)アマンナシャンプー」
「産後女性専用」のシャンプーとして発売されました。



お母さんと赤ちゃん両方への刺激をケアしながら
産後の「頭皮環境」と「パサつき」を改善していきます。

「育毛シャンプー」と呼ばれるジャンルの中でも
最新のアイテムであり、そういった面からも
「産後」に関わらず、おすすめのアイテムになります。

>>「ドルチボーレアマンナシャンプー」の解説ページはコチラ

「ドルチボーレアマンナシャンプー」の詳細・販売ページへ