中年女性特有の薄毛の症状と原因~ホルモン・ライフイベントによる脱毛の対策~

中年女性の抜け毛・薄毛は、主要な「女性ホルモン」である
「エストロゲン」の影響によって引き起こされます。

「更年期」と呼ばれる、「40~50代」にかけてから
また早い人では「30代」から、悩み始める問題になります。

その根本的な原因は「加齢」であり、特に女性の場合は抜けるだけでなく
「ハリ(ツヤ)」や「コシ」が失われるなどの、「劣化」であるとも言えます。

そうは言っても、

髪は長い間大切にしてきた「女性の象徴・宝物」であり
早く改善したいトラブルに違いありません。

女性の薄毛の特徴としては、全体的に薄くなっていくことが挙げられ
この症状は、「びまん性脱毛症」と呼ばれます。

>>「びまん性脱毛症」について詳しく

また「ポニーテール」にすることが多かったり、いつも同じ場所で髪を分けていることで
分け目やつむじ等から脱毛が始まる症状は、「牽引性脱毛症」を呼ばれ
髪型にこだわりを持っている女性、同じ髪型を続けてきた女性に多い症状です。

>>「牽引性脱毛症」について詳しく

LULUSIA-ルルシア-

女性ホルモンが招く中年女性の薄毛

女性の薄毛の原因は、男性の薄毛(AGA)と重なる要素もありますが
「似て非なる」独特な要因もあり、自分の症状をしっかりチェックすることが大切です。

しかし、その鍵を握る要素が「ホルモン」であることは変わりなく
このホルモン環境の面からケアすることが、根本的なケアになることは間違いありません。

女性の薄毛の「キッカケ」を作るものは、ほぼ間違いなく女性ホルモンの減少です。

基本的には加齢が原因であり、避けることはできないことも特徴と言えます。

元々髪の量が多かった人であっても、徐々に少なくなっていき

また元々髪が細く・少ない傾向があった人は、ますます薄くなり

場合によっては、男性の薄毛と同じくらい頭皮が見えてしまう人も珍しくありません。

女性の健康状態・美容の中心となるホルモンは、エストロゲンと呼ばれるものであり
生理・妊娠といった要素にも、大きく影響を与えるものとして知られます。

そしてこのエストロゲンは、およそ30代後半以降に
減少が顕著になることも広く知られます。(減少自体は20代から始まっているものです。)

それによって、ハ」やコシが失われていき(髪だけでなく肌も)
細く・弱く・切れやすくなり、発毛する量も減っていきます。

加齢だけではない「女性ホルモンの乱れ」の要因

そしてこの女性ホルモンの乱れの要因は、加齢だけではありません。

たとえ若くとも、何らかのトラブルによってホルモン環境が乱れ
薄毛の症状が現れ始めてしまう女性もいます。

女性ホルモンが乱れてしまう、加齢以外の主な要因としては

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 出産後(ライフイベント)

といったものが挙げられます。

>>出産をきっかけとした薄毛の症状の改善策

女性の体は非常にデリケートであり、ちょっとしたことが体調を乱しますが
その原因も、突き詰めれば女性ホルモンが乱れていることによるものも多いと言えます。

なるべく「安定」させることが鍵となる

女性ホルモンの減少は、避けられないものですが

  • 減少を緩やかにすること
  • 女性ホルモンによる薄毛への影響を少なくすること

主に、以上の2つの対策をとることができます。

女性ホルモンによる、薄毛の進行を早めに自覚し
「早めの対策」を取っていくことが大切です。


女性の薄毛も遺伝する?

「ハゲは遺伝する」という格言を
聞いたことがある人は多いと思いますが
どちらかと言うと、男性の方が気にしている人が多いようです。

オヤジがハゲてるから・・・

じいいちゃんもハゲてるし・・・

なんて声も、聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし最近の研究では、薄毛に関わる遺伝子は
「女性にしか受け継がれないもの」であるため
父親の頭髪環境ではなく、母方の父親の頭皮環境が
薄毛に大きく影響していることが分かっています。

ドキっとした女性も多いと思いますが
女性の場合も直接の父親ではなく、女性の母方のおじいちゃん
つまりはお母さんのお父さんの影響を受けると考えられます。

そして更に紛らわしいことですが、女性に関しては
男性的な遺伝の遺伝子は、ほとんど関係ないとされています。

母親の更年期の症状を参考にしてケアする

「性の薄毛の根本原因は、女性ホルモンの減少ですが
これによって引き起こされるもう1つの不調が、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる
一定の年齢を経た女性に特有の・典型的な「中年女性の不具合」です。

早い人では、30代後半から現れる人もおり
「閉経」にかけて、様々な体の不調が起きてきます。

その症状の1つとして、薄毛になることも確認されており
多くの女性に、抜け毛の症状が現れます。

この更年期障害の内容は、母親から遺伝すると考えられており
女性が薄毛対策をしていくうえで、自分の母親がどう乗り越えたのか
また、頭髪への症状の現れ方などを聞いてみることも大切です。

食事環境の内容から改善する

体の中で生成・分泌される女性ホルモンが
加齢によって減少していくことは避けることができないため
減っていく分のホルモンを、少しでも補うためは

  • 食事環境を改善していく
  • 外側からチャージしていく

という2つの方法をとるしかありません。

薄毛の原因にもなり、改善にもつながる食事環境は

食生活を改善して薄毛予防

上記ページで解説していますが、
女性の薄毛に関して、「女性ホルモン」という観点から考えた場合
別のアプローチが必要だということは確かです。

エストロゲンの変わりとなるものを取り入れる

女性ホルモンの代表とも言え、加齢と共に減少してくるエストロゲンは
髪の毛を生やして、美しく保つために必要な物質です。

しかし、体の中で作ることが出来なくなったのであれば
食事によって少しでも補う必要があります。

そのため、体の中で

  • エストロゲンと似た働きをしてくれる
  • エストロゲの働きをサポートしてくれる

「植物性エストロゲン」の摂取が推奨されます。

特に、植物性エストロゲンの「代名詞」とも言える
「大豆イソフラボン」を、積極的に摂取していきましょう。

大豆食品に含まれており、納豆よりは豆腐や枝豆などからの摂取が望ましいとされます。


効率的に体の中からホルモンに働きかけるために

女性ホルモン成分や、分泌を増加させるための成分は
食事からの摂取が一番望ましいことではありますが

  • なかなか効果が現れない
  • 改善に時間がかかりそう

そのような状態のままで、改善が難しそうであれば
植物性エストロゲンをサプリで摂取していく手段も検討していきましょう。

昨今では

ぜひ、チェックしてみて欲しいと思います。

>>おススメの女性向け育毛サプリの解説ページへ

更年期のための「サプリ」を利用してみる

また、女性ホルモンからのアプローチと考えた場合、同じく女性ホルモンに働きかける
「更年期障害」を対象として販売られているサプリも、有効であると考えられます。

更年期障害の治療に関しても、ホルモン療法は導入されており
漢方やサプリで女性のための成分を摂取している人も多いようです。

>>「更年期対策サプリ」のランキングを見てみる

女性の薄毛は男性と異なり、「全て完全に抜け落ちる」ということは少なく
早急に・しっかりと・適切な改善策をとることができれば
「元の状態」に近づけるくらいに、改善することも可能です。

またボリュームだけでなく、「ハリ」「ツヤ」といった
美容に関わる要素も、同じように復活させることができます。