「食生活」が原因となる抜け毛・薄毛の症状

食生活が招く薄毛とは、大まかに分けて

1、「脂質(脂肪分)」の過不足による頭髪環境の悪化

2、その他の発毛・育毛への悪影響を及ぼす
「体内環境・発毛メカニズムを壊す」栄養素の摂取

3.そして、「ミネラル」を中心とした
「発毛・育毛に必要な」栄養素の不足

以上の3つを、主要因として挙げることができます。

脂質(脂肪分)のバランス

「脂分」は頭皮環境のに影響する、「皮脂」の分泌に大きな影響を与えます。

自分の頭皮環境は、皮脂が多すぎるの・少なすぎる
その状況・度合いによっても、結果に違いが出ます。

通常の平均的な肌質の場合や、皮脂が多い場合は
脂質のとり過ぎによって皮脂が過剰分泌になり
「脂漏性(しろうせい)脱毛症」を引き起こし

脂質が不足している場合は、頭皮が乾燥することによる
「ひこう性脱毛症」を引き起こします。

男性の脱毛症は、皮脂が多すぎることによるものが多く
女性の場合は、皮脂が少ないことによるものが多いという傾向があります。

この皮脂が増える最たる原因が、高脂質の食事やジャンクフードなどの
「悪質な脂質」を慢性的・継続的に過剰摂取していることによるものですが
あまりにも脂質・皮脂が足りないことは、それはそれで問題でもあるのです。


発毛環境に悪影響を与える栄養素

「たんぱく質」の過剰な摂取は、「脂質を酸化させる酵素」を発生させてしまいます。

また「動物性たんぱく質」には、もれなく脂質も含まれる食材が多く
同時に過剰摂取することで、脂質の酸化と皮脂の過剰分泌の2つのリスクを発生させます。

砂糖の過剰摂取に関しても、男性ホルモンの一種である「アンドロゲン」という
「ステロイドホルモン」を発生させます。

アンドロゲンには、薄毛の直接的な原因となる
「ジヒドロテストステロン」も含まれ、余計な要素が増えることになります。

毛髪を構成する「ミネラル」の不足

栄養過多と呼ばれる現代ですが、毛髪の元となる
「ミネラル」が不足している人が意外に多いです。

ミネラルは「毛髪を作る」と考えた際に
毛髪を構成する、一番大切な要素になります。

食事における、野菜や海藻類の欠如が原因であり
これらは特に男性に多い傾向があることも事実です。

>食生活を改善して薄毛を予防する